「VCRUNTIME140_1.dllが見つからないため、コードの実効を続行できません」の対処法

Windows10などでアプリケーションをインストールして実行しようとすると、次のようなメッセージが出て実行できないことがあります。

VCRUNTIME140_1.dllが見つからないため、コードの実効を続行できません。
プログラムを再インストールすると、この問題が解決する可能性があります。

このエラーは、Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージがインストールされていない場合に発生します。
Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージとは、Microsoft Visual C++で作成されたプログラムで使用されるライブラリ(共通するプログラム)群のことです。

Visual Studio 2015、2017 および 2019は下記のページからダウンロードできます。
最新のサポートされる Visual C++ のダウンロード

x64: vc_redist.x64.exe 64bit版用(一般的なWindows10の場合)
x86: vc_redist.x86.exe 32bit版用(格安PCなど)
ARM64: vc_redist.arm64.exe

このアプリケーションをインストールして、目的のアプリケーションの実行が止まったりエラーが出る場合は、Visual Studio 2013をインストールすると実行できる場合があります。

Visual Studio 2013 (VC++ 12.0)は下記のページからダウンロードできます。
Visual Studio 2013 (VC++ 12.0)

x64: vcredist_x64.exe 64bit版用(一般的なWindows10の場合)
x86: vcredist_x86.exe 32bit版用(格安PCなど)

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

setAttribute('class',*)でclass属性の属性値を変更できない

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る