Windows11でオフラインアカウントを作成する方法(Microsoftアカウントを使わない)

Windows11ではPC購入時やインストール後、リカバリ(初期化)後などの初期設定のときにMicrosoftアカウントのログインを求められます。
このため初期設定ではインターネット接続が必須となります。

Microsoftアカウントで初期設定を進めると、作成されるユーザ名はMicrosoftアカウントで登録したときのメールアドレスなどが使用されます。
またユーザフォルダもこの名称で作成されます。

・初期設定時にインターネットに接続できない、インターネット環境がない
・Microsoftアカウントを作りたくない、登録したくない
・旧来のローカルアカウントを作成したい
・ユーザ名やユーザフォルダの名前を自分で決めたい
このような場合、Microsoftアカウントではなくオフラインアカウントでのユーザ作成をすると回避できます。

オフラインアカウントを作る方法

通常と異なる方法を行うので、リカバリメディア(回復ディスク)がない場合は、まずMicrosoftアカウントで登録を行いリカバリメディアを作成したのち初期化を行ったほうがいいです。

初期設定の画面が表示されたら、Shiftを押しながらF10を押します。

コマンドプロンプト(黒い画面)が立ち上がるので、下記を入力してEnterを押します。
(このコマンドはTabキーで補完ができます)

.\oobe\BYPASSNRO.cmd

するとPCが再起動され、初期設定の画面に戻ります。

ネットワーク接続を選択する画面で「インターネットに接続していません」が選択できるようになるので、選択して進めるとオフラインアカウントを作成することができます。

この方法で初期設定を行うと、コンピュータ名の入力がないときがあるので、変更する場合は起動後の設定画面より変更を行います。

「OOBE」とは

「Out of Box Experience」の略です。

Out of Box=箱から出す
つまり購入直後の設定という意味です。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

SVNリポジトリを別のサーバに移行する方法

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る