先行するフロートの上方に後続のフロートが置かれる

症状

CSS2では、フロートは自身より前にあるフロートより上に置かれてはならないと決められている。しかしWinIEでは、フロートを置ける領域がある場合に、自身より前にあるフロートより上に後続のフロートが置かれてしまうことがある。

例示

<div style="float:left; width:4em;
  height:4em; background:aqua;">A</div>
<div style="float:left; width:4em;
  height:3em; background:lime;">B</div>
<div style="float:left; clear:left; width:4em;
  height:3em; background:fuchsia;">C</div>
<div style="float:left; width:4em;
  height:4em; background:teal;">D</div>
<div style="clear:left;">(Clear)</div>
A
B
C
D
(Clear)

Cのフロートはclearプロパティにより回り込みが抑制されています。Bのフロートの右にはフロートを置ける領域がありますが、Dのフロートは前にあるCのフロートより上に置かれてはならないため、DのフロートはCのフロートの真横(右)に置かれるはずです。

スクリーンショット

N7N7.02での表示(標準モード)

WinIE6WinIE6.0での表示(標準モード)

補足

このバグは、フロート化したボックスを並べているとき発生します。しかし、フロートでないボックスを途中に挟むとこのバグは発生しません。

なお、このバグに似た現象がOpera7でも発生しますがOpera7ではこの方法を用いてもバグを完全には回避できません。詳しくは『先行するフロートの上方に後続のフロートが置かれる』を参照してください。

<div style="float:left; width:4em;
  height:4em; background:aqua;">A</div>
<div style="float:none; margin-left:4em; width:4em;
  height:3em; background:lime;">B</div>
<div style="float:left; clear:left; width:4em;
  height:3em; background:fuchsia;">C</div>
<div style="float:left; width:4em; height:4em;
  background:teal;">D</div>
A
B
C
D
(Clear)

修正状況

WinIE6.0では標準・互換モードともに不具合の発生が確認されました。

WinIE7でも発生します。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

{textformat}関数 テキストを整形する

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る