WindowsやMacのコマンドライン(CLI)でダブルクリックで高速にChiaをマイニング(Plot:耕作)する方法

WindowsやMacでは、Chia blockchainというアプリをインストールして、Chiaのマイニングを行います。
このアプリはGUI(ウインドウツール)でなくともCLI(CUI コマンドライン)で実行することができます。

GUI:グラフィカルユーザインターフェース Graphical User Interface
CLI:コマンドラインインターフェース Command Line Interface
CUI:キャラクタユーザインターフェース Character User Interface

GUIは、内部的にCLIのコマンドを実行しているだけなので動作は同じです。
またCLIのほうがリソースを食わず軽量で高速です。

Chiaではマイニングのことをファーミングともいいます。

アプリケーション本体の場所
コマンドの実行方法
ダブルクリックだけで実行できるようにするには

[関連記事] 仮想通貨Chia Network(XCH)とは 多くの報酬を得る方法
[関連記事] WindowsでChia Network(XCH)をHDDマイニングする方法
[参考記事] WindowsでソフトウエアRAIDを構築する方法 ストレージの高速化

アプリケーション本体の場所

Chiaコマンドの本体は
Windowsでは

C:¥Users¥【ユーザー名】¥AppData¥Local¥chia-blockchain¥app-1.1.6¥resources¥app.asar.unpacked¥daemon

Macでは

/Applications/Chia.app/Contents/Resources/app.asar.unpacked/daemon

にあります。

コマンドの実行方法

Windowsでは、スタートメニューからWindowsシステムツール以下のコマンドプロンプトを開きます。
Macでは、アプリケーションからターミナル(FinderにTerminalと入力すると出てくる)を開きます。

作業ディレクトリを移動します。
Windowsでは

> cd C:¥Users¥【ユーザー名】¥AppData¥Local¥chia-blockchain¥app-1.1.6¥resources¥app.asar.unpacked¥daemon

Macでは

% cd /Applications/Chia.app/Contents/Resources/app.asar.unpacked/daemon

下記のコマンドで耕作(Plot)が実行できます。

chia plots create -k 32 -b 4000 -r 2 -n 6 -t 【一時ディレクトリのパス】 -d 【最終ディレクトリのパス】
-k 32Plotのサイズ
-b 4000割り当てメモリ
-r 2スレッド数
-n 6生成するPlotの数
-t /chia_tmp一時ディレクトリ
-d /chia_data最終ディレクトリ

[参考記事] plots createコマンドの詳細
[参考記事] Plot(耕作)中の各フェーズの動作

ダブルクリックだけで実行できるようにするには

毎度コマンドを入力するのが面倒な場合は、バッチファイルを作成すると、ダブルクリックのみで実行ができます。

Windows

Windowsではテキストエディタで下記の内容を記述して、「chia.bat」という感じで拡張子batのファイルを作成します。
このファイルをダブルクリックで実行するだけで、Plotが実行できます。

title chia %date% %time%
cd C:¥Users¥【ユーザー名】¥AppData¥Local¥chia-blockchain¥app-1.1.6¥resources¥app.asar.unpacked¥daemon
chia plots create -k 32 -b 4000 -r 2 -n 6 -t 【一時ディレクトリのパス】 -d 【最終ディレクトリのパス】
cmd /k

最初の行でコマンドプロンプトのタイトルバーに開始時間を表示させています。
最後の行で処理が終了したときにウインドウを閉じないようにしています。

並列で実行しないなら、下記の行を最初に記載すると一時ディレクトリ以下のファイルを実行前に削除してくれます。

del /Q 【一時ディレクトリのパス】 

下記の行を最初に記載すると一時ディレクトリと最終ディレクトリのパスがなければ、自動的に作成してくれます。

mkdir ​【一時ディレクトリのパス】 
mkdir ​【最終ディレクトリのパス】

Mac

Macではテキストエディタで下記の内容を記述して、「chia.sh」という感じで拡張子shのファイルを作成します。

#!/bin/sh
cd /Applications/Chia.app/Contents/Resources/app.asar.unpacked/daemon
chia plots create -k 32 -b 4000 -r 2 -n 6 -t 【一時ディレクトリのパス】 -d 【最終ディレクトリのパス】

このファイルに実行権限を付与します。

$ chmod +x chia.sh

拡張子をshからcommandに変更することで、ダブルクリックで実行するだけで、ターミナルでPlotが実行できます。

$ mv chia.sh chia.command

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

複雑なExcelファイルをプログラムで作成する方法

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る