{math}関数 テンプレート内で数学の計算をする

{math} を使用すると、テンプレート内で数学の計算を実行できます。

式の中では、数値型のテンプレート変数を使用でき、結果はタグの位置に出力されます。

式で使用する変数はパラメータとして渡します。
これはテンプレート変数あるいは静的な値のいずれかとなります。

+, -, /, *, abs, ceil, cos, exp, floor, log, log10, max, min, pi, pow, rand, round, sin, sqrt, srans および tan を使用できます。

assign 属性を指定すると、{math} 関数の出力はテンプレート変数に格納され、テンプレートには出力されません。

{math} は PHP の eval() 関数を使用するので処理が遅くなります。
PHP 内で math 関数を実行するほうが、テンプレートで行うよりもはるかに効率的で、 mathの計算がPHPで可能な場合はPHPで行い、結果をテンプレートに assign() するようにしましょう。
{section} ループ内のような反復動作で {math} 関数を呼び出す事は避けたほうがいいです。

属性名必須デフォルト概要
equationstringYesn/a実行する式
formatstringNon/a結果の表示フォーマット (sprintf)
varnumericYesn/a式の変数に渡す値
assignstringNon/a出力を割り当てるテンプレート変数
[var ...]numericYesn/a式の変数の値

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

<KBD> キーボード入力される文字であることを示す

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る