{html_select_date}関数 日付のドロップダウンリストを作成する

{html_select_date} は、日付のドロップダウンリストを作成するカスタム関数です。
年・月・日のいずれか又は全てを表示する事が出来ます。
以下の属性リストに無いパラメータが与えられた場合は、作成された年、月、日の各<select>タグの内側に 名前/値 のペアで表されます。

属性名必須デフォルト概要
prefixstringNoDate_name属性に付加する接頭辞
timetimestamp/ YYYY-MM-DDNoUNIXタイムスタンプ又はYYYY-MM-DDフォーマットによる現在の時間使用する日付/時間
start_yearstringNo現在の年ドロップダウンリストの始めの年 (年を表す数字又は現在の年からの相対年数(+/- N))
end_yearstringNostart_yearと同じドロップダウンリストの終わりの年 (年を表す数字又は現在の年からの相対年数(+/- N))
display_daysbooleanNoTRUE日を表示するかどうか
display_monthsbooleanNoTRUE月を表示するかどうか
display_yearsbooleanNoTRUE年を表示するかどうか
month_formatstringNo%B月の表示フォーマット(strftime)
day_formatstringNo%02d日の出力のフォーマット(sprintf)
day_value_formatstringNo%d日の値のフォーマット (sprintf)
year_as_textbooleanNoFALSE年をテキストとして表示するかどうか
reverse_yearsbooleanNoFALSE年を逆順で表示する
field_arraystringNonullname属性が与えられた場合、結果の値を name[Day],name[Month],name[Year]の形の連想配列にしてPHPに返す
day_sizestringNonull日のselectタグにsize属性を追加
month_sizestringNonull月のselectタグにsize属性を追加
year_sizestringNonull年のselectタグにsize属性を追加
all_extrastringNonull全てのselect/inputタグに拡張属性を追加
day_extrastringNonull日のselect/inputタグに拡張属性を追加
month_extrastringNonull月のselect/inputタグに拡張属性を追加
year_extrastringNonull年のselect/inputタグに拡張属性を追加
field_orderstringNoMDYフィールドを表示する順序
field_separatorstringNo¥nフィールド間に表示する文字列
month_value_formatstringNo%mstrftime() フォーマットによる月の値(デフォルトは%m)
year_emptystringNonull年のセレクトボックスの最初の要素に、指定した文字列をlabelとして、 空文字 "" のvalueを持たせます。 例えば、セレクトボックスに "年を選択して下さい" と表示させる時に便利です。 年を選択しないことを示唆するのに、time属性に対して "-MM-DD" という値が指定できることに注意してください。
month_emptystringNonull月のセレクトボックスの最初の要素に、指定した文字列をlabelとして、 空文字 "" のvalueを持たせます。月を選択しないことを示唆するのに、 time属性に対して "YYYY--DD" という値が指定できることに注意してください。
day_emptystringNonull日のセレクトボックスの最初の要素に、指定した文字列をlabelとして、 空文字 "" のvalueを持たせます。日を選択しないことを示唆するのに、 time属性に対して "YYYY-MM-" という値が指定できることに注意してください。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

which コマンドを探す

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る