{counter}関数 カウントした回数を表示する

{counter} はカウントした回数を表示します。
{counter} は各反復の回数を記憶します。
数字、カウントの間隔や進行方向、値の表示/非表示などを設定できます。
また、各々にユニークなname属性を与える事によって、同時に複数のカウンタを実行する事ができます。
name属性を指定しなかった場合は、"default" を使用します。

assign 属性を指定した場合は、{counter} 関数の出力がこのテンプレート変数に格納され、テンプレートには出力されません。

属性名必須デフォルト概要
namestringNodefaultカウンタの名前
startnumberNo1カウントを開始する数
skipnumberNo1カウントの間隔
directionstringNoupカウントの進行方向 (up/down)
printbooleanNoTRUE値を表示するかどうか
assignstringNon/a出力が割り当てられるテンプレート変数

テンプレート

{counter start=0 skip=2}
{counter}
{counter}
{counter}

出力

0
2
4
6

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

/ 演算子

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る