{html_table}関数 HTMLの<table>にデータの配列を出力する

{html_table} は、HTMLの <table> にデータの配列を出力するカスタム関数です。

属性名必須デフォルト概要
looparrayYesn/aループに用いるデータ配列
colsmixedNo3テーブルのカラム数。cols属性は空であるがrows属性が与えられたという場合、 colsの数は、すべての要素を表示するのに事足りるcolsが表示されるように rowsの数と要素の数によって計算されます。 rowsとcolsの両方が空だった場合、 colsのデフォルトは 3 として計算は省かれます。 リストあるいは配列を渡すと、そのリストあるいは配列の要素数がカラム数となります。
rowsintegerNoemptyテーブルの行数。rows属性は空であるがcols属性が与えられたという場合、 rowsの数は、すべての要素を表示するのに事足りるrowsが表示されるように colsの数と要素の数によって計算されます。
innerstringNocolsループ配列から参照される連続要素の進行方向。 cols なら要素が列方向へ、 rows なら要素が行方向へ記述されることを意味します。
captionstringNoemptyテーブルの <caption> 要素に使用する文字列
table_attrstringNoborder="1"<table> タグの属性
th_attrstringNoempty<th> タグの属性 (配列は循環します)
tr_attrstringNoempty<tr> タグの属性 (配列は循環します)
td_attrstringNoempty<td> タグの属性 (配列は循環します)
trailpadstringNo&nbsp;行の最後に余ったセルがあればそれらを埋めるのに用いられる値
hdirstringNoright各行の表示される方向。有効な値: right (左から右へ)、 left (右から左へ)
vdirstringNodown各カラムの表示される方向。有効な値: down (上から下へ)、 up (下から上へ)

cols 属性は、テーブルのカラム数を定義します。

table_attr、tr_attr および td_attr の値は、それぞれ <table>、<tr> および <td> タグの属性を表します。

tr_attr や td_attr が配列の場合は、循環して処理します。

trailpad は、テーブルの最後の行でセルが余った場合に そこを埋める値として使用します。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

ファイル操作

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る