AcceptPageBreak - 自動改ページの設定

AcceptPageBreak

boolean AcceptPageBreak()

バージョン

1.4

説明

改ページが必要な状況が発生した場合、この関数がコールされ、 改ページが発生したか、しなかったかが返されます。 標準の実装ではSetAutoPageBreak()メンバ関数によって設定されたモードに応じて値を返します。
このメンバ関数は自動的にコールされますので、明示的にコールしてはいけません。

3つのカラムによるレイアウトを実現するためにクラスを継承してオーバライドしています。

class PDF extends FPDF
{
var $col=0;

function SetCol($col)
{
    //カラムに移動する
    $this->col=$col;
    $x=10+$col*65;
    $this->SetLeftMargin($x);
    $this->SetX($x);
}

function AcceptPageBreak()
{
    if($this->col<2)
    {
        //次のカラムへ移動
        $this->SetCol($this->col+1);
        $this->SetY(10);
        return false;
    }
    else
    {
        //最初のカラムへ戻って、改ページ発生
        $this->SetCol(0);
        return true;
    }
}
}

$pdf=new PDF();
$pdf->Open();
$pdf->AddPage();
$pdf->SetFont('Arial','',12);
for($i=1;$i<=300;$i++)
    $pdf->Cell(0,5,"Line $i",0,1);
$pdf->Output();

参照

SetAutoPageBreak().

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

cat ファイルを連結して標準出力に出力する

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る