MultiCell - 文章を改行して出力

MultiCell

MultiCell(float w, float h, string txt [, mixed border [, string align [, int fill]]])

バージョン

1.3

説明

このメンバ関数は文章を改行付で出力します。 自動(文章がセルの右マージンに達するか)、または明示(改行コード(\n文字列)に達するか)を 指定できます。 必要な数だけセルを下に追加して出力できます。
文章は配置位置を指定するか、センタリング、または揃えて配置(justified)することができます。 セルは境界線の描画、背景色を設定できます。

パラメータ

w
セルの幅(width)。0を指定するとページの右マージンまで伸びます。
h
セルの高さ(height)。
txt
出力する文章。
border
もし、表の周りに境界線(ボーダー)が必要なら指定します。 値は、数字で指定する場合、以下のように指定します。
  • 0: 境界線なし
  • 1: 境界線あり
または、値は文字列で以下のように指定できます。 順序は関係なく、下記の中から複数、またはすべてを指定することもできます。
  • L: left
  • T: top
  • R: right
  • B: bottom
デフォルトの値は0です。
align
テキストの位置を設定します。 指定できる値:
  • L: 左寄せ
  • C: センタリング
  • R: 右寄せ
  • J: 揃えて配置(justification)※デフォルト値
fill
表(セル)に背景色をセットする場合1、 透過色にするばあい0を指定します。 デフォルトの値は: 0です。

参照

SetFont(), SetDrawColor(), SetFillColor(), SetTextColor(), SetLineWidth(), Cell(), Write(), SetAutoPageBreak().

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

usermod ユーザーのアカウント情報を変更する

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る