SetDisplayMode - 表示モードの設定

SetDisplayMode

SetDisplayMode(mixed zoom [, string layout])

バージョン

1.2

説明

ドキュメントがビューアにどのように表示されるかを定義します。 拡大縮小倍率(ズームレベル)の指定ができます: 全画面表示、 ウインドウの中での最大表示、 実際のサイズ(100%)で表示、 指定の拡縮倍率による表示、 ビューアのデフォルト設定(アクロバットの設定メニューにて指定)。 ページのレイアウト(配置方法)も同様に定義できます: 1ページにすべてを配置、 ページを連続して配置、 2ページ単位で配置、 ビューアのデフォルト設定。
デフォルトでは、ウインドウの中での最大表示、ページを連続して配置する設定になっています。

パラメータ

zoom
拡縮(ズーム)方法を指定します。 以下のうちのいずれかを指定:
  • fullpage: 全画面に拡大して表示
  • fullwidth: ウインドウの中での最大サイズに拡大して表示※デフォルト
  • real: 実際のサイズで表示。(倍率を100%にするのと同義)
  • default: ビューアのデフォルト設定によって表示
または、倍率を「数値」で指定して表示させます。
layout
ページのレイアウト(配置方法)。 指定できる値:
  • single: 1ページにすべて配置
  • continuous: ページを連続して配置
  • two: 2ページ単位(見開き)で配置
  • default: ビューアのデフォルト設定によって配置
デフォルトの値はcontinuousです。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

『Pleiades でエラーが発生しました。』の対処法

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る