Output - ドキュメントを保存する、または送信する

Output

string Output([string name [, string dest]])

バージョン

1.0

説明

PDFドキュメントを次の3つの指定先へ送信(表示)します。 指定できる送信先:文字列、ローカルファイル、ブラウザ ブラウザに送信(表示)する場合、(存在するなら)プラグインが利用されます。 プラグインが存在しなければ「保存する(Save as)」ダイアログが強制的に表示されます。
もしドキュメントの終了コマンドが呼び出されていなければ、このメンバ関数は Close()メンバ関数を先にコールします。

パラメータ

name
ファイルの名前です。もし値がセットされなかった場合、 ドキュメントは(送信先(dest)パラメータが Iとして)、doc.pdfという名前でブラウザに送信(表示)されます。
dest
ドキュメントを送信する送信先。 以下のうちのひとつを指定します。
  • I:ブラウザにインラインにて送信します。存在すればプラグインが利用されます。 「保存する(Save as)」ボタンが押された際は、nameパラメータに指定した名前が使用されます。
  • D: ブラウザに送信し、nameパラメータにて指定された名前で生成したPDFファイルを強制的にダウンロードさせます。
  • F: nameパラメータにて指定された名前でローカルファイルとして保存します。
  • S: PDFドキュメントを文字列として返します。 name パラメータは無視されます。
このdestパラメータが指定されない状態でname パラメータが指定されていた場合、送信先はFとして扱われます。 パラメータがまったく指定されていない場合、送信先はIになります。

注意:以前のバージョンとの互換性維持のため、boolean型の値も判別します。 (falseFtrueDとして解釈されます)。

参照

Close().

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

正しい電話番号か調べる

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る