SetFont - フォント設定

SetFont

SetFont(string family [, string style [, float size]])

バージョン

1.0

説明

文字列を出力する際のフォントを設定します。 文字列を出力する前に必ず1回はこのメンバ関数をコールしないと、ドキュメントは無効になります。
フォントは標準のものでも、AddFont()メンバ関数によって追加されたフォントでも良いです。 標準フォントはWindowsのcp1252(Western Europe)エンコーディングを使います。
このメンバ関数は最初のページが生成される前にコールした場合、 (その後生成する)すべてのページにその設定が引き継がれます。
カレント(現在の)フォントサイズだけを変更したい場合、単純にSetFontSize()メンバ関数をコールする方が簡単です。

注意: 標準のフォントを利用する場合、フォント定義ファイル(font metric files)の参照が可能である必要があります。 これを行うには3種類の方法があります。

  • (実行するスクリプトが存在する同じ)カレント(現在の)ディレクトリに配置する
  • include_path パラメータによって指定された(複数の)ディレクトリの中のひとつに配置する
  • FPDF_FONTPATH 定数によって定義されたディレクトリに配置する
最後の方法の例(/に続く部分に注目):

define('FPDF_FONTPATH','/home/www/font/');
require('fpdf.php');

もし指定したフォントが見つからない場合、"Could not includefont metric file"というエラーが表示されます。

パラメータ

family
フォント(ファミリー、群)。 AddFont()メンバ関数によって定義した名前か、以下の標準のものを指定できます。(完全一致する必要があります):
  • Courier 等幅(fixed-width)
  • Helvetica or Arial (両方とも sans serif)
  • Times (serif)
  • Symbol (symbolic)
  • ZapfDingbats (symbolic)
空文字をセットすることもできます。その場合、カレント(現在の)フォントが利用されます。
style
フォントスタイル。 指定できる値(完全一致する必要があります):
  • 空文字: 標準(regular)
  • B: 太字(bold)
  • I: 斜体(italic)
  • U: 下線付(underline)
または、上記の任意の組み合わせ。 デフォルトの値は、標準(regular)になります。 太字(bold)、斜体(italic)はSymbolZapfDingbatsには適用されません。
size
フォントサイズ(ポイント)。
デフォルトの値はカレント(現在の)サイズになります。 もしドキュメントの開始以降1回もサイズが指定されていない場合、12ポイントに設定されます。

//Times regular 12
$pdf->SetFont('Times');
//Arial bold 14
$pdf->SetFont('Arial','B',14);
//boldを取り除く
$pdf->SetFont('');
//Times bold, italic and underlined 14
$pdf->SetFont('Times','BIU');

参照

AddFont(), SetFontSize(), Cell(), MultiCell(), Write().

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

選択列リスト データを取り出すカラムを選ぶ

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る