SysInfo plugin SysInfoプラグイン

Plugin=SysInfo measures various information about your system.Plugin=SysInfo システムに関するさまざまな情報を測定します。

Optionsオプション

General measure options一般的な測定オプション
All general measure options are valid.一般的な測定オプションはすべて有効です。
SysInfoType

Item of system information to retrieve. Some returned values are String for use in string measures or meters, and some are Number for use in any measure or meter.取得するシステム情報の項目 返される値の中には、文字列のメジャーまたはメーターで使用するためのStringや、任意のメジャーまたはメーターで使用するためのNumberとなるものがあります。

General system values一般システム値
  • COMPUTER_NAME : [String] The computer's name as specified in the system settings.COMPUTER_NAME :[文字列]システム設定で指定されているコンピュータの名前。
  • USER_NAME : [String] The name of the current Windows user account.USER_NAME :[文字列]現在のWindowsユーザーアカウントの名前。
  • USER_LOGONTIME : [Number] A timestamp number (number of seconds since January 1, 1601) reflecting the date and time the current user account logged onto Windows. Use with a Time measure to get a formatted string of the date/time, or subtract from the current time and use with an Uptime measure to get a formatted string of the elapsed time.USER_LOGONTIME:[Number]現在のユーザーアカウントがWindowsにログオンした日時を表すタイムスタンプ番号(1601年1月1日からの経過秒数)。Timeメジャーと共に使用して日付/時刻のフォーマットされた文字列を取得するか、現在時刻から減算してUptimeメジャーと共に使用して経過時間のフォーマットされた文字列を取得します。
  • OS_VERSION : [String] The version of Windows. E.g. Windows 10.0.OS_VERSION:[文字列] Windowsのバージョン。例えばWindows 10.0
  • OS_BITS : [Number] Returns whether the version of Windows is 32 or 64 bit.OS_BITS:[数値] Windowsのバージョンがbit 3264bit かを返します。
  • PAGESIZE : [Number] The size in bytes of the current contiguous page size allocated for system memory.PAGESIZE :[Number]システムメモリに割り当てられている現在の連続ページサイズのサイズ(バイト単位)。
  • IDLE_TIME : [Number] The time in seconds since the last mouse or keyboard input to the operating system.IDLE_TIME :[Number]最後のマウスまたはキーボード入力からオペレーティングシステムへの入力からの経過時間(秒)。
Network valuesネットワーク値
  • HOST_NAME : [String] The computer's network host name.HOST_NAME :[文字列]コンピュータのネットワークホスト名。
  • DOMAIN_NAME : [String] The computer's network domain name.DOMAIN_NAME :[文字列]コンピュータのネットワークドメイン名。
  • DOMAINWORKGROUP : [String] The computer's network domain or workgroup name.DOMAINWORKGROUP :[文字列]コンピュータのネットワークドメインまたはワークグループの名前。
  • DNS_SERVER : [String] The computer's network primary DNS server IP address.DNS_SERVER :[文字列]コンピュータのネットワークプライマリDNSサーバーのIPアドレス。
  • ADAPTER_DESCRIPTION : [String] The description of the network adapter specified by SysInfoData.ADAPTER_DESCRIPTION:[String]で指定されたネットワークアダプタの説明SysInfoData
  • ADAPTER_TYPE : [String and Number] The type of network adapter specified by SysInfoData.

    The string value will be one of Ethernet, Wireless or Other. The number value will be one of 6 (Ethernet), 71 (Wireless), or some other number in the range 0-280 (Other). The meaning of numeric codes other than 6 and 71 can be found at: MSDN Adapter Info.

  • NET_MASK : [String] The subnet mask of the network adapter specified by SysInfoData.ADAPTER_TYPE:[String and Number]で指定されたネットワークアダプタの種類SysInfoData

    文字列値はEthernetWirelessまたはのいずれかになりOtherます。数値は、6(イーサネット)、71(ワイヤレス)、または0から280(その他)の範囲のその他の数字のいずれかになります。6と71以外の数値コードの意味は、MSDN Adapter Infoにあります。

  • NET_MASK:[文字列]で指定されたネットワークアダプタのサブネットマスクSysInfoData
  • IP_ADDRESS : [String] The LAN IP address of the network adapter specified by SysInfoData.IP_ADDRESS:[文字列]で指定されたネットワークアダプタのLAN IPアドレスSysInfoData
  • GATEWAY_ADDRESS : [String] The gateway IP address of the network adapter specified by SysInfoData.GATEWAY_ADDRESS:[文字列]で指定されたネットワークアダプタのゲートウェイIPアドレスSysInfoData
  • LAN_CONNECTIVITY : [Number] Returns 1 if your computer is connected to a LAN, -1 if not.LAN_CONNECTIVITY :[Number]コンピュータがLANに接続されている場合は1を返し、そうでない場合は-1を返します。
  • INTERNET_CONNECTIVITY : [Number] Returns 1 if your computer is connected to the Internet, -1 if not.INTERNET_CONNECTIVITY :[番号]コンピュータがインターネットに接続されている場合は1、そうでない場合は-1を返します。
Monitor and screen valuesモニターと画面の値
  • NUM_MONITORS : [Number] The number of display monitors currently active.NUM_MONITORS :[Number]現在アクティブなディスプレイモニタの数。
  • SCREEN_SIZE : [String] The resolution of the primary display monitor in the form "width x height".SCREEN_SIZE :[文字列]プライマリディスプレイモニタの解像度( "幅x高さ")。
  • SCREEN_WIDTH : [Number] The width, in pixels, of the monitor. SysInfoData specifies which monitor if there are multiple.SCREEN_WIDTH:[Number]モニタの幅(ピクセル単位)。SysInfoData複数ある場合はどのモニターを指定するかを指定します。
  • SCREEN_HEIGHT : [Number] The height, in pixels, of the monitor specified by SysInfoData.SCREEN_HEIGHT:[Number]で指定されたモニターの高さ(ピクセル単位)SysInfoData
  • VIRTUAL_SCREEN_TOP : [Number] Y-Coordinate of the upper left corner of the virtual screen. Use SysInfoData to specify a monitor. These coordinates are relative to the primary monitor and can be negative.VIRTUAL_SCREEN_TOP:[番号]仮想画面の左上隅のY座標。SysInfoDataモニターを指定するために使用します。これらの座標はプライマリモニタを基準にしているため、負の値になることがあります。
  • VIRTUAL_SCREEN_LEFT : [Number] X-Coordinate of the upper left corner of the virtual screen. Use SysInfoData to specify a monitor. These coordinates are relative to the primary monitor and can be negative.VIRTUAL_SCREEN_LEFT:[番号]仮想画面の左上隅のX座標。SysInfoDataモニターを指定するために使用します。これらの座標はプライマリモニタを基準にしているため、負の値になることがあります。
  • VIRTUAL_SCREEN_WIDTH : [Number] Width of the virtual screen which encompasses all display monitors.VIRTUAL_SCREEN_WIDTH :[Number]すべてのディスプレイモニタを囲む仮想画面の幅。
  • VIRTUAL_SCREEN_HEIGHT : [Number] Height of the virtual screen which encompasses all display monitors.VIRTUAL_SCREEN_HEIGHT :[Number]すべてのディスプレイモニタを囲む仮想画面の高さ。
  • WORK_AREA : [String] The size of the client area of the primary display monitor in the form "width x height".WORK_AREA :[文字列]プライマリディスプレイモニタのクライアント領域のサイズ( "幅x高さ")。
  • WORK_AREA_TOP : [Number] Y-Coordinate of the upper left corner of the client area. Use SysInfoData to specify a monitor. These coordinates are relative to the primary monitor and can be negative.WORK_AREA_TOP:[番号] Y - クライアントエリアの左上隅のY座標。SysInfoDataモニターを指定するために使用します。これらの座標はプライマリモニタを基準にしているため、負の値になることがあります。
  • WORK_AREA_LEFT : [Number] X-Coordinate of the upper left corner of the client area. Use SysInfoData to specify a monitor. These coordinates are relative to the primary monitor and can be negative.WORK_AREA_LEFT:[番号]クライアントエリアの左上隅のX座標。SysInfoDataモニターを指定するために使用します。これらの座標はプライマリモニタを基準にしているため、負の値になることがあります。
  • WORK_AREA_WIDTH : [Number] Width of the client area of the primary display monitor. Use SysInfoData to specify a different monitor.WORK_AREA_WIDTH:[Number]プライマリディスプレイモニタのクライアント領域の幅。SysInfoData別のモニターを指定するために使用します。
  • WORK_AREA_HEIGHT : [Number] Height of the client area of the primary display monitor. Use SysInfoData to specify a different monitor.WORK_AREA_HEIGHT:[Number]プライマリディスプレイモニタのクライアント領域の高さ。SysInfoData別のモニターを指定するために使用します。
Time Zone valuesタイムゾーンの値
  • TIMEZONE_ISDST
    [Number] A flag indicating the current state of Daylight Savings Time for the local computer.
    Possible return values are:
    1 : Daylight Savings Time is currently in effect
    0 : Daylight Savings Time is currently not in effect
    -1 : The local region does not use Daylight Savings Time, or the functionality is disabled in Windows.TIMEZONE_ISDST
    [数値]ローカルコンピュータの夏時間の現在の状態を示すフラグ。
    返される値は次の
    1とおりです。:Daylight Savings Timeは現在有効
    0です:Daylight Savings Timeは現在有効で
    -1はありません:ローカル地域ではDaylight Savings Timeを使用していないか、Windowsで機能が無効になっています。
  • TIMEZONE_BIAS
    [Number] The difference, in minutes, between standard local time and Coordinated Universal Time (UTC). This is the difference from the standard local time to UTC, or UTC = standard local time + time zone bias.TIMEZONE_BIAS
    [数値]標準現地時間と協定世界時(UTC)との間の差(分単位)。これが違いですから、標準の現地時間 UTC、またはUTC = standard local time + time zone bias
  • TIMEZONE_STANDARD_NAME
    [String] The full name of the local computer's Time Zone when Daylight Savings Time is not in effect. For example, "Eastern Standard Time".TIMEZONE_STANDARD_NAME
    [文字列]夏時間が適用されていないときのローカルコンピュータのタイムゾーンのフルネーム。たとえば、「東部標準時」などです。
  • TIMEZONE_STANDARD_BIAS
    [Number] The difference in minutes between standard local time and the local time when Daylight Savings Time is not in effect. For most areas, this will always be zero. Adding this to the value of TIMEZONE_BIAS will produce the total actual difference in minutes between the local computer and UTC when Daylight Savings Time is not in effect, or UTC = standard local time + time zone bias + standard bias.TIMEZONE_STANDARD_BIAS
    [数値]標準の現地時間と夏時間が適用されていない現地時間との時差(分)。ほとんどの地域では、これは常にゼロになります。TIMEZONE_BIASの値にこれを加算すると、夏時間が適用されていないときに、ローカルコンピュータとUTCとの間の実際の合計差が分単位で生成されますUTC = standard local time + time zone bias + standard bias
  • TIMEZONE_DAYLIGHT_NAME
    [String] The full name of the local computer's Time Zone when Daylight Savings Time is in effect. For example, "Eastern Daylight Time".TIMEZONE_DAYLIGHT_NAME
    [文字列]夏時間が適用されているときのローカルコンピュータのタイムゾーンのフルネーム。たとえば、 "Eastern Daylight Time"です。
  • TIMEZONE_DAYLIGHT_BIAS
    [Number] The difference in minutes between standard local time and the local time when Daylight Savings Time is in effect. For most areas, this will always be -60. Adding this to the value of TIMEZONE_BIAS will produce the total actual difference in minutes between the local computer and UTC when Daylight Savings Time is in effect, or UTC = standard local time + time zone bias + daylight bias.

    Note: Also see Daylight Savings Time TimeStamp options on Time measures.TIMEZONE_DAYLIGHT_BIAS
    [数値]標準の現地時間と夏時間が施行されている現地時間の時差(分)。ほとんどの地域では、これは常に-60になります。TIMEZONE_BIASの値にこれを加算すると、夏時間が適用されているときに、ローカルコンピュータとUTCとの間の実際の合計差が分単位で生成されますUTC = standard local time + time zone bias + daylight bias

    注:時間のメジャーの夏時間のタイムスタンプオプションも参照してください。
SysInfoData

An additional selector option that can be used to define an instance for some SysInfoType values.SysInfoType値のインスタンスを定義するために使用できる追加のセレクタオプション。

Network Interface Controllerネットワークインタフェースコントローラ

For SysInfoType values related to network information, this will identify the network interface controller (NIC) to use.

This can be defined in one of several ways:

  • The string value Best, which will automatically detect the active interface.Bestアクティブなインターフェースを自動的に検出するストリング値。
  • The name of the network interface controller. For example, Qualcomm AR938x Wireless Network Adapter.ネットワークインタフェースコントローラの名前。たとえば、Qualcomm AR938x Wireless Network Adapter
  • The index number of the network interface controller.ネットワークインタフェースコントローラのインデックス番号。

Example: SysInfoData=Best例: SysInfoData=Best

Note: When the option is set to Best, the function will select a "wired" network connection in preference to a "wireless" one, if both are active.注:このオプションがに設定されているBestと、両方の機能が有効になっている場合、この機能は "無線"接続よりも "有線"ネットワーク接続を選択します。

When the option is set to Best, DynamicVariables=1 must be set on the measure if you want it to automatically react to changes in the active interface. This should be done if for instance you have a laptop or other computer that you switch between wired and wireless connections.オプションに設定されている場合BestDynamicVariables=1あなたはそれが自動的にアクティブなインタフェースの変化に反応するようにしたい場合は測定に設定する必要があります。これは、たとえば、有線接続と無線接続を切り替えるラップトップコンピュータまたはその他のコンピュータがある場合に実行する必要があります。

Monitor numberモニター番号

For SysInfoType values related to monitor information, this will identify the monitor number to use.SysInfoType情報を監視するために、関連する値、これは使用するモニタ番号を識別します。

Note: The appropriate value to use can be found by opening the Windows Display Properties dialog. It is important to note that "1" is not always the primary display monitor.注:適切な値は、Windowsの[画面のプロパティ]ダイアログを開いて確認できます。「1」が常にプライマリディスプレイモニタになるとは限らないことに注意することが重要です。

Example

[Rainmeter]
Update=1000
DynamicWindowSize=1
BackgroundMode=2
SolidColor=0,0,0,255

[MeasureOSVersion]
Measure=Plugin
Plugin=SysInfo
SysInfoType=OS_VERSION
UpdateDivider=-1

[MeasureScreenWidth]
Measure=Plugin
Plugin=SysInfo
SysInfoType=SCREEN_WIDTH
SysInfoData=1

[MeasureScreenHeight]
Measure=Plugin
Plugin=SysInfo
SysInfoType=SCREEN_HEIGHT
SysInfoData=1

[MeterOSVersion]
Meter=String
MeasureName=MeasureOSVersion
FontSize=12
FontColor=255,255,255,255
StringStyle=Bold
AntiAlias=1
Text=OS Version: %1

[MeterScreenSize]
Meter=String
MeasureName=MeasureScreenWidth
MeasureName2=MeasureScreenHeight
Y=2R
FontSize=12
FontColor=255,255,255,255
StringStyle=Bold
AntiAlias=1
Text=Screen Size: %1 x %2

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

=演算子 等しい

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る