UsageMonitor plugin UsageMonitorプラグイン

Plugin=UsageMonitor retrieves infromation from the Windows Performance Monitor.Plugin=UsageMonitorWindowsパフォーマンスモニタから情報を取得します。

The Windows Performance Monitor exposes counters, which monitor various kinds of system metrics in different categories, and tracks their usage. All available counters can be viewed using the Performance Monitor application. To open it, run Perfmon.exe.Windowsパフォーマンスモニタは、さまざまなカテゴリのさまざまな種類のシステムメトリックを監視するカウンタを公開し、それらの使用状況を追跡します。使用可能なすべてのカウンターは、パフォーマンスモニターアプリケーションを使用して表示できます。それを開くには、Perfmon.exeを実行します。

Counters in Windows Performance Monitor have the following hierarchy:Windowsパフォーマンスモニタのカウンタには、次のような階層があります。

  • Category - Counters are organized into related categories like "Process" or "PhysicalDisk". This is also referred to as Object in Perfmon.exeカテゴリ - カウンタは、 "Process"や "PhysicalDisk"などの関連カテゴリに分類されています。これは、Perfmon.exeではObjectとも呼ばれます。
  • Counter - Categories have individual counters like "%Processor Time" or "Bytes Read/sec"カウンタ - カテゴリには、 "%Processor Time"や "Bytes Read / sec"などの個々のカウンタがあります
  • Instance - Counters may have individual instances like "Rainmeter" or "C:"インスタンス - カウンターは"Rainmeter"や "C:"のような個々のインスタンスを持つことができます

The UsageMonitor plugin will allow you to define instance in the measure in one of two ways:UsageMonitorプラグインを使用すると、次の2つの方法のいずれかでメジャーにインスタンスを定義できます。

  • Name
    This will be the specific (case sensitive) text name of a single given instance, and will return the current value for that specific instance of a counter.名前
    これは与えられた単一のインスタンスの特定の(大文字と小文字を区別する)テキスト名になり、カウンタのその特定のインスタンスの現在の値を返します。
  • Index
    This will be either Index=0, which will always return the current total of all instances for a given counter, Index=-1, which will always return the current average of all instances for a given counter,or Index=N, which will return the instance at the defined point in a sorted list of all instances, with their values ordered from most to least. So for example, Index=1 would return the current value and name of the instance with the highest value for that counter.Index
    これはIndex=0常に、与えられたカウンタのすべてのインスタンスの現在の合計をIndex=-1返すかIndex=N、または与えられたカウンタのすべてのインスタンスの現在の平均を返すか、またはaの定義された時点のインスタンスを返します。すべてのインスタンスのソートされたリスト。値は最大から最小の順になっています。そのため、たとえば、Index=1そのカウンタの最大値を持つインスタンスの現在の値と名前を返します。

The measure will return the current number value of the instance, and the current string value of the name of the instance. So each measure will have distinct number and string values.対策は、現在返されます番号インスタンスの値、および現在の文字列のインスタンスの名前の値を。そのため、各小節は異なる数値と文字列値を持ちます。

The UsageMonitor plugin will optionally allow you to select common counters with a single Alias, rather than the specific, case-sensitive Category and Counter names. Additional Alias values may be supported over time.UsageMonitorプラグインを使用すると、大文字と小文字が区別される特定のカテゴリ名とカウンタ名ではなく、オプションで単一のエイリアスを持つ共通のカウンタを選択できます。追加のAlias値は、将来サポートされる可能性があります。

Optionsオプション

General measure options一般的な測定オプション

All general measure options are valid.一般的な測定オプションはすべて有効です。

AliasDefault: NoneAliasデフォルト:なし

Alias or "shortcut" for a particular Category and Counter combination. This may optionally be used in place of specific Category and Counter options on the measure.特定のカテゴリとカウンタの組み合わせのエイリアスまたは「ショートカット」。これは、メジャーの特定のカテゴリおよびカウンタオプションの代わりにオプションで使用できます。


The currently supported Alias names and what they reference are:現在サポートされている別名とその参照先は次のとおりです。


Alias=CPU
Category: Process | Counter: % Processor Time
CPU usage of each process, across all cores, as a percentage of total CPU.エイリアス= CPU
カテゴリ:プロセス | カウンタ:%Processor Time
すべてのコアにおける各プロセスのCPU使用率(合計CPUに対するパーセンテージ)。

Alias=RAM
Category: Process | Counter: Working Set - Private
Bytes of Private Working Set RAM used by each process.エイリアス= RAM
カテゴリ:プロセス | カウンター:ワーキングセット -
各プロセスで使用されるプライベートワーキングセットRAMのプライベートバイト。

Alias=RAMSHARED
Category: Process | Counter: Working Set
Bytes of shared Working Set RAM used by each process.Alias = RAMSHARED
カテゴリー:プロセス | カウンタ:各プロセスで使用される共有ワーキングセットRAMのワーキングセット
バイト。

Alias=IO
Category: Process | Counter: IO Data Bytes/sec
Bytes per second of read and write usage by each process, across all disks.エイリアス= IO
カテゴリ:プロセス | カウンター:IO Data Bytes / sec
すべてのディスクにおける、各プロセスによる読み取りおよび書き込み使用の1 当たりのバイト数。

Alias=IOREAD
Category: Process | Counter: IO Read Bytes/sec
Bytes per second of read usage by each process, across all disks.Alias = IOREAD
カテゴリー:プロセス | カウンタ:IO Read Bytes / sec
すべてのディスクにおける、各プロセスの1 あたりの読み取り使用量。

Alias=IOWRITE
Category: Process | Counter: IO Write Bytes/sec
Bytes per second of write usage by each process, across all disks.Alias = IOWRITE
カテゴリー:プロセス | カウンタ:IO Write Bytes / sec
すべてのディスクにおける、各プロセスの1 あたりの書き込み使用量。

Alias=GPU
Category: GPU Engine | Counter: Utilization Percentage
Percentage of GPU usage of each process, across all GPU engines.
Note: Requires Windows 10 Fall Creators Update or later.エイリアス= GPU
カテゴリ:GPUエンジン | カウンタ:Utilization Percentage
すべてのGPUエンジンにおける各プロセスのGPU使用率の割合。
注: Windows 10 Fall Creators Update以降が必要です。

Alias=VRAM
Category: GPU Process Memory | Counter: Dedicated Usage
Bytes of private video RAM usage of each process, across all GPU engines.
Note: Requires Windows 10 Fall Creators Update or later.別名= VRAM
カテゴリー:GPUのプロセスメモリ | カウンタ:専用使用状況
すべてのGPUエンジンにおける、各プロセスのプライベートビデオRAM使用量のバイト数。
注: Windows 10 Fall Creators Update以降が必要です。

Alias=VRAMSHARED
Category: GPU Process Memory | Counter: Shared Usage
Bytes of shared video RAM usage of each process, across all GPU engines.
Note: Requires Windows 10 Fall Creators Update or later.別名= VRAMSHARED
カテゴリー:GPUのプロセスメモリ | カウンタ:Shared Usage
各GPUエンジン全体での各プロセスの共有ビデオRAM使用量のバイト数。
注: Windows 10 Fall Creators Update以降が必要です。

CategoryDefault: NoneCategoryデフォルト:なし

The Category name from Perfmon.exe for the desired counter. This is case-sensitive.目的のカウンターのPerfmon.exeのカテゴリ名。これは大文字と小文字を区別します。

Note: If Category is defined, then Counter must also be defined, and any Alias is ignored.注:カテゴリが定義されている場合は、カウンタも定義する必要があり、エイリアスは無視されます。


Examples: Category=Process, Category=PhysicalDisk例: Category=ProcessCategory=PhysicalDisk

CounterDefault: NoneCounterデフォルト:なし

The Counter name from Perfmon.exe for the desired counter. This is case-sensitive.目的のカウンターのPerfmon.exeからのカウンター名。これは大文字と小文字を区別します。

Note: If Counter is defined, then Category must also be defined, and any Alias is ignored.注:カウンタが定義されている場合は、カテゴリも定義する必要があり、エイリアスはすべて無視されます。


Examples: Counter=%Processor Time, Counter=Bytes Read/sec例: Counter=%Processor TimeCounter=Bytes Read/sec

Index Default: 0Index デフォルト: 0

All instances for the counter are evaluated, totaled and sorted in an indexed list from highest value to lowest value. Index is used to return the total, or one of these indexed values based on the position in the list. This list will include all instances that are not excluded by a Blacklist on the measure.カウンタのすべてのインスタンスが評価され、合計され、インデックス付きリストで最高値から最低値までソートされます。インデックスは、リスト内の位置に基づいて合計、またはこれらのインデックス値の1つを返すために使用されます。このリストには、メジャーのブラックリストによって除外されていないすべてのインスタンスが含まれます。


Index=0
This will always return the total of all instances, and the string "Total". This is the default for Index.Index=0
これは常にすべてのインスタンスの合計と文字列 "Total"を返します。これはIndexのデフォルトです。

Index=-1
This will always return the average of all instances, and the string "Average".Index=-1
これは常にすべてのインスタンスの平均と文字列 "Average"を返します。

Index=1, Index=2 etc.
This will return the value of the instance in that position in the sorted list, and the name of the corresponding instance as the string value.Index=1Index=2など
これは、ソートされたリスト内のその位置にインスタンスの値を返し、文字列値として対応するインスタンスの名前になります。


Note: Any Index which returns a current value of 0 will return an empty string as the string value. An instance without a value can't be sorted, and can't exist in this indexed list, as it is indistinguishable from all other instances that are 0.

Name Default: NoneName デフォルト:なし

Returns the current value of a specifically named instance in the counter. This is case-sensitive.

Note: If Name is defined, then any Index option is ignored.注:名前が定義されている場合、インデックスオプションは無視されます。


Examples: Name=Rainmeter, Name=chrome例: Name=RainmeterName=chrome

Blacklist Default: _Total|IdleBlacklist デフォルト: _Total|Idle

A list of specific instance names to be ignored by the measure. Instance names are separated with the | (pipe) character. All other instances will be used. This is case-sensitive.メジャーによって無視される特定のインスタンス名のリスト。インスタンス名は|で区切られています。(パイプ)文字 他のすべてのインスタンスが使用されます。これは大文字と小文字を区別します。

Note: The instance names _Total and Idle are in the Blacklist by default. If you want to define other names, be sure to add these back in as well. Setting any Blacklist replaces the default.注:インスタンス名を_TotalしてIdle、デフォルトでブラックリストです。他の名前を定義したい場合は、必ずこれらも追加してください。ブラックリストを設定すると、デフォルトが置き換えられます。


Example: Blacklist=_Total|Idle|dwm|csrss|svchost|lsass|system|spoolsv例: Blacklist=_Total|Idle|dwm|csrss|svchost|lsass|system|spoolsv

Whitelist Default: NoneWhitelist デフォルト:なし

A list of specific instance names to be used by the measure. Instance names are separated with the | (pipe) character. All other instances will be ignored. This is case-sensitive.メジャーによって使用される特定のインスタンス名のリスト。インスタンス名は|で区切られています。(パイプ)文字 他のすべてのインスタンスは無視されます。これは大文字と小文字を区別します。

Note: If Whitelist is defined, then any Blacklist option is ignored.注:ホワイトリストが定義されている場合、ブラックリストオプションは無視されます。


Example: Whitelist=Rainmeter|firefox|hexchat例: Whitelist=Rainmeter|firefox|hexchat

Rollup Default: 1Rollup デフォルト: 1

When set to the default 1, this will cause a process that spawns multiple copies of itself to be rolled-up into a single process, rather than the individual processName#1, processName#2 etc. If set to 0, the separate processes are treated an individuals.デフォルトに設定すると1、これは、単一のプロセスにロールアップではなく、個々のProcessNameの第1位であることが自身の複数のコピーを生成しますプロセスの原因となり、ProcessNameの#2等に設定した場合0、別のプロセスが処理され個人です。


This will be common with applications like chrome, firefox, or dropbox, and some internal Windows processes like explorer, RunTimeBroker, or svchost.これは、chrome、firefox、dropboxなどのアプリケーションや、explorer、RunTimeBroker、svchostなどの一部のWindows内部プロセスに共通しています。

Percent Default: 0Percent デフォルト: 0

This should be set to 1 when the counter you are getting does not return the value as a percentage from 0-100, and it has a _Total instance, and you want to return the value as a percentage of the _Total instance.これは1、取得しているカウンタが0から100までの割合として値を返さず、_Totalインスタンスを持ち、_Totalインスタンスの割合として値を返したい場合に設定する必要があります。


It will not work, and should not be used, if the counter has no _Total instance, or already returns the value as a percentage value from 0-100 in the perfmon GUI.カウンタに_Totalインスタンスがない場合、またはperfmon GUIで0から100までのパーセント値としてすでに値が返されている場合は、機能しません。使用しないでください。


Note: This is automatically set to 1 when Alias=CPU is used, but may be manually forced to 0 if desired.注:これは1when Alias=CPUが使用されるときに自動的に設定されますが0、必要に応じて手動で強制することもできます。

RawValue Default: 0RawValue デフォルト: 0

When set to 1, this will return the raw value from the Perfmon database, instead of the "human readable" format shown in the Perfmon.exe GUI.に設定する1と、Perfmon.exe GUIに表示される「人間が読める形式」ではなく、Perfmonデータベースからの生の値が返されます。

PIDToName Default: 0PIDToName デフォルト: 0

When set to 1, this will lookup and return the text name of the process associated with any PID returned as the value of an instance.に設定する1と、インスタンスの値として返される任意のPIDに関連付けられているプロセスのテキスト名を検索して返します。


Note: This is automatically set to 1 when Alias=GPU, Alias=VRAM, or Alias=VRAMSHARED is used, but may be manually forced to 0 if desired.注:これは、1when Alias=GPUAlias=VRAMまたはAlias=VRAMSHAREDusedに自動的に設定されますが、0必要に応じて手動で強制することもできます。

A note on number value vs. string value数値と文字列の値に関するメモ

UsageMonitor will return both the current number value of the instance, and the string value of the name of the instance. There will always be distinct number and string values for the measure.UsageMonitorは、インスタンスの現在の数値とインスタンスの名前の文字列値の両方を返します。メジャーには常に異なる数値と文字列値があります。

This should be kept in mind when you use the values in a String meter, as the MeasureName option on a String meter will always use the string value of the measure in the meter.文字列メーターのMeasureNameオプションでは常にメーターの小節の文字列値が使用されるため、文字列メーターの値を使用するときは、この点に注意してください。

If you want to use the number value in the meter, you can use [MyMeasure:] as a section variable to display the number value in the Text option. Be sure to set DynamicVariables=1 on the meter.メーターで数値を使用する[MyMeasure:]場合は、テキストオプションで数値を表示するためのセクション変数として使用できます。必ずDynamicVariables=1メーターをセットしてください。

Be aware though, that when [MyMeasure:] is used in the Text option, number formatting options on the meter like NumOfDecimals or AutoScale are not used. Those only apply to values obtained by MeasureName, and used with %1 in the Text option.ただし、[MyMeasure:]Textオプションで使用されている場合、NumOfDecimalsやAutoScaleなどのメーターの数値フォーマットオプションは使用されません。これらは、Textオプションによって取得され、TextオプションでMeasureName使用される値にのみ適用され%1ます。

NumOfDecimals can be obtained by defining the number of decimals you want in the section variable. [MyMeasure:2] will display the number value with two decimal places.NumOfDecimalsは、section変数に必要な小数点以下の桁数を定義することによって取得できます。[MyMeasure:2]小数点以下2桁で数値を表示します。

AutoScale can be obtained by creating a second Calc measure that uses the number value of the measure in question, with that measure name as the Formula option of the Calc measure. Then you can use MeasureName on the String meter, and AutoScale (and NumOfDecimals) will be obeyed.

[MeasureHighestUsedRAM]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Alias=RAM
Index=1

[MeasureRAMforScaling]
Measure=Calc
Formula=MeasureHighestUsedRAM

[MeterHighestUsedRAM]
Meter=String
MeasureName=MeasureHighestUsedRAM
MeasureName2=MeasureRAMforScaling
AutoScale=1
NumOfDecimals=1
DynamicVariables=1
Text=%1 : %2B

Note that other meter types, like Bar, Line, Roundline, Rotator, and other math-based meters will always use the number value of the measure, and nothing special needs to be done with those.問題のメジャーの数値を使用し、そのメジャー名をFormulaCalcメジャーのオプションとして使用する2番目のCalcメジャーを作成することで、オートスケールを取得できます。それからあなたMeasureNameは文字列メーターで使うことができ、そしてAutoScale(そしてNumOfDecimals)は従うでしょう。

[MeasureHighestUsedRAM] 
メジャー =プラグ
インプラグイン = UsageMonitor
エイリアス = RAM
インデックス = 1

[MeasureRAMforScaling]
Measure = Calc
Formula = MeasureHighestUsedRAM

[MeterHighestUsedRAM]
Meter =文字列
MeasureName = MeasureHighestUsedRAM
MeasureName2 = MeasureRAMforScalling
AutoScale = 1
NumOfDecimals = 1
DynamicVariables = 1
Text =%1:%2 B

バー、ライン、ラウンドライン、ローテーター、その他の数学ベースのメーターなど、他のタイプのメーターでは常に数値データの数値が使用されるため、これらを使用して特別な操作を行う必要はありません。

A note on performanceパフォーマンスに関するメモ

UsageMonitor is very much more efficient in its use of CPU than the PerfMon and AdvancedCPU plugins. It is strongly recommended that this plugin be used exclusively in place of them. The difference in the CPU used, and how smoothly other things in Rainmeter work when this is running, is dramatic.UsageMonitorは、PerfMonおよびAdvancedCPUプラグインよりもはるかに効率的にCPUを使用します。このプラグインはそれらの代わりに排他的に使用することを強くお勧めします。使用されているCPUの違い、およびこれが実行されているときにRainmeterの他のものがどれほどスムーズに動作するかは、劇的です。

The way UsageMonitor works is to spawn a single separate thread, independent of Rainmeter, for each Category that is asked for by any measures in any skin, in all of Rainmeter. The plugin is then gathering information for that Category, once a second, and is not dependent on, nor reacts to, any setting for Update on the skin, or UpdateDivider on the measure. UpdateDivider should only be used on the measure if you want to control how often actions like OnChangeAction or OnUpdateAction are executed, or how often comparisons like IfCondition or IfMatch are done.UsageMonitorが機能する方法は、すべてのRainmeterで、任意のスキンの任意のメジャーから要求された各カテゴリに対して、Rainmeterとは独立した単一の別々のスレッドを生成することです。プラグインは、そのカテゴリの情報を1秒に1回収集しています。スキンのUpdateまたはメジャーのUpdateDividerの設定には依存しておらず、反応もしていません。UpdateDividerは、OnChangeActionやOnUpdateActionなどのアクションが実行される頻度、またはIfConditionやIfMatchなどの比較が実行される頻度を制御する場合にのみ、メジャーで使用する必要があります。

The plugin is always gathering data, and the measure is simply used to retrieve a single element of data from it. The plugin is not told "when to do its work" by the measure.プラグインは常にデータを収集しており、メジャーはそこからデータの単一要素を取得するために使用されます。このプラグインは、「その作業をいつ行うか」というメジャーでは説明されていません。

Individual Category threads are disposed of when no plugin measures in any skins are using them, and the plugin is entirely unloaded when no running skins have measures using it.個々のカテゴリスレッドは、どのスキンのプラグインメジャーもそれらを使用していない場合は破棄され、実行中のスキンがそれを使用するメジャーを持っていない場合はプラグインが完全にアンロードされます。

A note on localizationローカライゼーションに関するメモ

UsageMonitor is fully localized for Category and Counter names, and should work without problems on any language used by Windows.UsageMonitorは、カテゴリ名とカウンタ名に完全にローカライズされており、Windowsで使用される言語では問題なく動作するはずです。

However, the way this works is that if you define the names of Category and Counter in English, they will automatically work with those names, no matter what language Perfmon is in on your system. This should be done with any skin you expect to distribute, so it will work without issue on any user's computer. If you define the names for Category and Counter in your language other than English, it will only work on your computer, or another computer using your language.ただし、これが機能する方法は、カテゴリとカウンタの名前を英語で定義した場合、Perfmonがシステム上でどの言語で使用されていても、それらは自動的にそれらの名前で機能するということです。これはあなたが配布しようと思っているどんなスキンでも行われるべきです、それでそれはどんなユーザのコンピュータでも問題なく動作します。CategoryとCounterの名前を英語以外の言語で定義した場合、それはあなたのコンピュータ、またはあなたの言語を使用している他のコンピュータでのみ機能します。

If you need a reference to the Category and Counter names in English, it can be found on any Windows system in the Windows Registry, at:カテゴリ名とカウンタ名を英語で参照する必要がある場合は、次の場所にあるWindowsレジストリの任意のWindowsシステムにあります。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Perflib%%BODY%%09\Counter

Examples

Some common uses for the UsageMonitor plugin might be:UsageMonitorプラグインの一般的な用途は次のとおりです。

Total CPU used使用された合計CPU

[MeasureCPU]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Alias=CPU
Index=0

Top process CPU usage and nameトッププロセスのCPU使用率と名前

[MeasureTop]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Alias=CPU
Index=1

CPU usage for a given process name特定のプロセス名に対するCPU使用率

[MeasureRainmeter]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Alias=CPU
Name=Rainmeter

Various other examples他のさまざまな例

[Rainmeter]
Update=1000
DynamicWindowSize=1
AccurateText=1
SkinWidth=360
BackgroundMode=2
SolidColor=0,0,0,1

[Variables]
Browser=firefox
;Browser=chrome

[MeasureCPU]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Alias=CPU
Index=0

[MeasureMyApps]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Alias=CPU
Index=1
Whitelist=Rainmeter|#Browser#|hexchat|CCleaner64

[MeasureTop1byAlias]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Alias=CPU
Index=1
Blacklist=_Total|Idle|dwm|wmpnetwk|csrss|svchost|lsass|System|system|Memory Compression|wininit|RemindersServer|spoolsv|IpOverUsbSvc

[MeasureTop1byCounter]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Category=Process
Counter=% Processor Time
Index=1
Percent=1
Blacklist=_Total|Idle|dwm|wmpnetwk|csrss|svchost|lsass|System|system|Memory Compression|wininit|RemindersServer|spoolsv|IpOverUsbSvc

[MeasureRainmeter]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Alias=CPU
Name=Rainmeter

[MeasureBrowser]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Alias=CPU
Name=#Browser#

[TotalThreads]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Category=System
Counter=Threads
Index=0

[Core0Usage]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Category=Processor
Counter=% Processor Time
Name=0
MinValue=0
MaxValue=100

[Core1Usage]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Category=Processor
Counter=% Processor Time
Name=1
MinValue=0
MaxValue=100

[TopGPU]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Alias=GPU
Index=1
MinValue=0
MaxValue=100
Blacklist=dwm|csrss

[TotalVRAM]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Alias=VRAM
Index=0
MinValue=0
MaxValue=4831838208

[TotalVRAMScaled]
Measure=Calc
Formula=TotalVRAM

[RainmeterIO]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Alias=IO
Name=Rainmeter

[RainmeterIOScaled]
Measure=Calc
Formula=RainmeterIO

[TopIORead]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Alias=IO
Index=1

[TopIOReadScaled]
Measure=Calc
Formula=TopIORead

[BrowserIOWrite]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Alias=IOWrite
Name=#Browser#

[BrowserIOWriteScaled]
Measure=Calc
Formula=BrowserIOWrite

[BrowserRAM]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Alias=RAM
Name=#Browser#

[BrowserRAMScaled]
Measure=Calc
Formula=BrowserRAM

[NetworkIn]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Category=Network Adapter
Counter=Bytes Received/sec
Index=1

[NetworkInScaled]
Measure=Calc
Formula=NetworkIn
IfAboveValue=0
IfAboveAction=[!SetOption MeterNetworkName Text "[NetworkIn]"][!UpdateMeter *][!Redraw]

[NetworkOut]
Measure=Plugin
Plugin=UsageMonitor
Category=Network Adapter
Counter=Bytes Sent/sec
Index=1

[NetworkOutScaled]
Measure=Calc
Formula=NetworkOut
IfAboveValue=0
IfAboveAction=[!SetOption MeterNetworkName Text "[NetworkOut]"][!UpdateMeter *][!Redraw]

; Meters

[AllStyle]
FontSize=11
FontWeight=400
FontColor=255,255,255,255
AntiAlias=1
DynamicVariables=1

[RightStyle]
X=360
StringAlign=Right

[MeterCPULabel]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle
Text=Total CPU Usage

[MeterCPUValues]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle | RightStyle
Text=[MeasureCPU] : [MeasureCPU:1]%

[MeterMyAppsLabel]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle
Y=3R
Text=Top MyApps

[MeterMyAppsValues]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle | RightStyle
Y=0r
Text=[MeasureMyApps] : [MeasureMyApps:1]%

[MeterTop1byAliasLabel]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle
Y=3R
Text=Top Process by Alias

[MeterTop1byAliasValues]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle | RightStyle
Y=0r
Text=[MeasureTop1byAlias] : [MeasureTop1byAlias:1]%

[MeterTop1byCounterLabel]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle
Y=3R
Text=Top Process by Counter

[MeterTop1byCounterValues]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle | RightStyle
Y=0r
Text=[MeasureTop1byCounter] : [MeasureTop1byCounter:1]%

[MeterRainmeterLabel]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle
Y=3R
Text=Rainmeter CPU

[MeterRainmeterValues]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle | RightStyle
Y=0r
Text=[MeasureRainmeter] : [MeasureRainmeter:1]%

[MeterBrowserLabel]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle
Y=3R
Text=Browser CPU

[MeterBrowserValues]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle | RightStyle
Y=0r
Text=[MeasureBrowser] : [MeasureBrowser:1]%

[MeterTotalThreadsLabel]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle
Y=3R
Text=Total Threads

[MeterTotalThreadsValues]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle | RightStyle
Y=0r
Text=[TotalThreads] : [TotalThreads:0]

[MeterCore0UsageLabel]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle
Y=3R
Text=CPU Core 0 Usage

[MeterCore0UsageValues]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle | RightStyle
Y=0r
Text=[Core0Usage] : [Core0Usage:1]%

[MeterCore1UsageLabel]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle
Y=3R
Text=CPU Core 1 Usage

[MeterCore1UsageValues]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle | RightStyle
Y=0r
Text=[Core1Usage] : [Core1Usage:1]%

[MeterTopGPULabel]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle
Y=3R
Text=Top GPU Usage

[MeterTopGPUValues]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle | RightStyle
Y=0r
Text=[TopGPU] : [TopGPU:1]%

[MeterTotalVRAMLabel]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle
Y=3R
Text=Total VRAM Usage

[MeterTotalVRAMValues]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle | RightStyle
MeasureName=TotalVRAMScaled
Y=0r
AutoScale=1
NumOfDecimals=1
Text=[TotalVRAM] : %1B

[MeterRainmeterIOLabel]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle
Y=3R
Text=Rainmeter IO

[MeterRainmeterIOValues]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle | RightStyle
MeasureName=RainmeterIOScaled
Y=0r
AutoScale=1
NumOfDecimals=1
Text=[RainmeterIO] : %1B

[MeterTopIOReadLabel]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle
Y=3R
Text=Top IO Read

[MeterTopIOReadValues]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle | RightStyle
MeasureName=TopIOReadScaled
Y=0r
AutoScale=1
NumOfDecimals=1
Text=[TopIORead] : %1B

[MeterBrowserIOWriteLabel]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle
Y=3R
Text=Browser IO Write

[MeterBrowserIOWriteValues]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle | RightStyle
MeasureName=BrowserIOWriteScaled
Y=0r
AutoScale=1
NumOfDecimals=1
Text=[BrowserIOWrite] : %1B

[MeterBrowserRAMLabel]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle
Y=3R
Text=Browser RAM Usage

[MeterBrowserRAMValues]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle | RightStyle
MeasureName=BrowserRAMScaled
Y=0r
AutoScale=1
NumOfDecimals=1
Text=[BrowserRAM] : %1B

[MeterNetworkInLabel]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle
Y=15R
Text=Net IN

[MeterNetworkInValues]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle | RightStyle
MeasureName=NetworkInScaled
Y=0r
AutoScale=1
NumOfDecimals=1
Text=%1B

[MeterNetworkOutLabel]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle
Y=3R
Text=Net OUT

[MeterNetworkOutValues]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle | RightStyle
MeasureName=NetworkOutScaled
Y=0r
AutoScale=1
NumOfDecimals=1
Text=%1B

[MeterNetworkName]
Meter=String
MeterStyle=AllStyle
Y=3R
ClipString=1

Note:注意:

While rare, it is possible for the database of counters that is maintained by Performance Monitor in Windows to become damaged, which will cause the UsageMonitor plugin to stop functioning correctly.まれですが、Windowsのパフォーマンスモニタで管理されているカウンタのデータベースが破損し、UsageMonitorプラグインが正常に機能しなくなる可能性があります。

In many cases, this can be corrected by "rebuilding" the database from the Windows command line.多くの場合、これはWindowsのコマンドラインからデータベースを「再構築」することで修正できます。

Run cmd.exe, being sure to run "As administrator". At the command line, enter the following commands in order:必ず "管理者として"を実行して、cmd.exeを実行します。コマンドラインで、次のコマンドを順番に入力します。

cd c:\windows\system32
lodctr /R
cd c:\windows\sysWOW64
lodctr /R

You should see the following results:次のような結果になるはずです。

Info: Successfully rebuilt performance counter setting from system backup store

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

すべて漢字かどうか調べる

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る