WiFiStatus plugin WiFiStatusプラグイン

Plugin=WiFiStatus can be used to display various attributes of visible wireless networks in your area.Plugin=WiFiStatus お住まいの地域の可視無線ネットワークのさまざまな属性を表示するために使用できます。

Optionsオプション

General measure options一般的な測定オプション
All general measure options are valid.一般的な測定オプションはすべて有効です。
WiFiInfoType

This defines what is measured. This option is required. Valid values are:これは何を測定するかを定義します。このオプションは必須です。有効な値は以下のとおりです。

  • SSID: The broadcast name for your current connection. When trying to connect, you may see a 'connecting...' or 'authorizing...' next to the name, but only if your update speed is around 2 seconds.SSID:現在の接続のブロードキャスト名 接続しようとすると、名前の横に「接続中」または「認証中」と表示されることがありますが、これは更新速度が約2秒の場合に限られます。
  • Quality: Percentage value of the maximum dBm signal strength for your current connection.Quality:現在の接続における最大dBm信号強度のパーセンテージ値。
  • Encryption: The cipher algorithm being used for your current connection. Possible values are: NONE, WEP40, TKIP, AES, WEP104, WPA_GROUP, and WEP. An unknown algorithm will return ???.Encryption:現在の接続に使用されている暗号化アルゴリズム。可能な値は以下のとおりNONEWEP40TKIPAESWEP104WPA_GROUP、とWEP。未知のアルゴリズムが返され???ます。
  • AUTH: The authentication algorithm being used for your current connection. Possible values are: Open, Shared, WPA-NONE, WPA-Enterprise, WPA-Personal, WPA2-Enterprise, and WPA2-Personal. An unknown algorithm will return ???.AUTH:現在の接続に使用されている認証アルゴリズム。可能な値は以下のとおりOpenSharedWPA-NONEWPA-EnterpriseWPA-PersonalWPA2-Enterprise、とWPA2-Personal。未知のアルゴリズムが返され???ます。
  • PHY: The supported bands for your connection (not your adapter). Possible values are 802.11a, 802.11ac, 802.11b, 802.11g, 802.11n, DSSS, FHSSS, and IR-Band. An unknown band will return ???.PHY:接続用にサポートされているバンド(アダプタではありません)。可能な値は802.11a802.11ac802.11b802.11g802.11nDSSSFHSSS、とIR-Band。未知のバンドが戻ってき???ます。
  • List: Returns a list of all visible networks. The list is automatically separated by line-breaks \n, so each network appears on a separate line. It will also display the PHY, Encryption, and AUTH algorithms next the the network SSID.List:すべての可視ネットワークのリストを返します。リストは改行\nで自動的に区切られるため、各ネットワークは別々の行に表示されます。また、表示されますPHYEncryptionと、AUTHネットワークの次のアルゴリズムをSSID
WiFiIntfID Default: 0WiFiIntfID デフォルト: 0
Only use this if you have more than 1 wireless interface adapter (which may include any bluetooth or infrared receivers). If you do not get any response from the measure with this value at 0, then try other values starting from 1, then 2 and so on.あなたが1つ以上の無線インターフェースアダプター(どんなブルートゥースまたは赤外線受信機を含むかもしれない)も持っているならば、これを使用してください。あなたは時にこの値を指標から任意の応答を取得しない場合は0、その後から始まる他の値を試し1、その後、2というように。
WiFiListStyle Default: 0WiFiListStyle デフォルト: 0

This allows you to control what information appears along with the names of all visible networks when WiFiInfoType=List. Valid values are:これにより、表示されているすべてのネットワークの名前とともに表示される情報を制御できますWiFiInfoType=List。有効な値は以下のとおりです。

  • 0: SSID.0:SSID
  • 1: SSID @band.1:SSID @バンド
  • 2: SSID (Encryption:Authentication).2:SSID(暗号化:認証)。
  • 3: SSID @band (Encryption:Authentication).3:SSID @ band(暗号化:認証)。
WiFiListLimit Default: 5WiFiListLimit デフォルト: 5

Allows you to control the number of networks that are will be displayed when used with WiFiInfoType=List.と一緒に使用しWiFiInfoType=Listたときに表示されるネットワークの数を制御できます。

Note: The list is sorted in descending order based on the signal quality of each network (i.e. strongest first, weakest last).注:リストは、各ネットワークの信号品質に基づいて降順でソートされています(つまり、最強、最弱の順に並んでいます)。

Example

[MeasureSSID]
Measure=Plugin
Plugin=WiFiStatus
WiFiInfoType=SSID
WiFiIntfID=0

[MeasureNetworks]
Measure=Plugin
Plugin=WiFiStatus
WiFiInfoType=LIST
WiFiIntfID=0
WiFiListStyle=3

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

init

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る