{foreach}関数 テンプレート内で繰り返し

通常の数値添字配列と同じように 連想配列 を繰り返します。
{section} のように、数値添字の配列のみ を繰り返すということはありません。
{foreach} の構文は {section} よりずっと簡単ですが、その代わりに 1つの配列 しか扱えません。
すべての {foreach} タグは、 終了タグ {/foreach} とペア(対)である必要があります。

これはPHPのforeach とは使い勝手が違います。

属性名必須デフォルト概要
fromarrayYesn/aループに使用する配列
itemstringYesn/a現在の要素を示す変数の名前
keystringNon/a現在のキーを示す変数の名前
namestringNon/aforeach プロパティにアクセスするための foreach ループ名
{foreach from=$data key="key" item="value" name="test"}
{if $smarty.foreach.test.first}
最初:{$key}:{$value}
{elseif $smarty.foreach.test.last}
最後:{$key}:{$value}
{else}
{$smarty.foreach.test.iteration}:{$key}:{$value}

{/if}
{foreachelse}
データがありません
{/foreach}
{$smarty.foreach.test.total}件のデータ

foreach from=$data key="key" item="value" name="test"
ですが、

まず、from で、どの配列をループさせるかを指定します。
次に、key , item にそれぞれ、キー名、値名を指定してやります。
name はループ自体の名前をつけてやってあとでアクセスする際に使います。

これで、ループ内で、{$key} {$value} が使えます。

また、ループ内では以下の特殊変数が使えます。
$smarty.foreach.test.first … 最初の要素かどうか
$smarty.foreach.test.last … 最後の要素かどうか
$smarty.foreach.test.iteration … 現在のインデクス

foreach.test. のように test となっていますが、これは foreach で最初に

name="test"

として指定したため、ここで指定しています。

{foreachelse}

によって、データが空だった場合においての出力を指定出来ます。

from 属性は、通常は値の配列で、 {foreach} のループ回数を決定するために使われます。

{foreachelse} は、 from 変数の値が存在しない場合に実行されます。

name は、英数字とアンダースコアを使用して自由に命名できます。

ネスト(入れ子)可能で、ネストした {foreach} の name はお互いに違う名前である必要があります。

{$smarty.foreach.【name 属性の値】.【プロパティ名】}のように、
プロパティを操作する変数を{foreach}自身で持っています。
name 属性が必要となるのは {foreach} のプロパティにアクセスする必要がある場合のみです。

{foreach} のプロパティには index、 iteration、 first、 last、 show、 total があります。

プロパティ説明
$smarty.foreach.test.index現在の配列のインデックスをゼロから数えた値
$smarty.foreach.test.iteration現在のループが反復された回数(.index + 1 の値)
$smarty.foreach.test.first最初の要素かどうか 最初のものであるときに TRUE
$smarty.foreach.test.last最後の要素かどうか 最後のものであるときに TRUE
$smarty.foreach.test.showパラメータとして使用します。 show は boolean 値(TRUE/FALSE)です。
FALSE の場合は {foreach} は表示されず、 もし {foreachelse} が存在すれば、それが代わりに表示されます。
$smarty.foreach.test.total繰り返しのトータル回数
{foreach} の内部だけではなく ループを抜けた後でも使用できる

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Nucleus

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る