{capture}関数 出力を変数に受け渡す

{capture} は、タグの間のテンプレートの出力を集め、それをブラウザに表示する代わりに変数に受け渡す。
{capture name='foo'} と {/capture} の間のあらゆるコンテンツは、name 属性で指定した変数に格納される。

キャプチャされたコンテンツは、特別な変数 $smarty.capture.foo ("foo" は name 属性で指定した変数) によって利用できる。
name 属性を指定しない場合は "default" が使われ、$smarty.capture.default のようになる。

{capture} はネスト(入れ子での使用)可能です。

注意
{insert} の出力をキャプチャする際には注意が必要です。
$caching が有効の時に、実行したい {insert} コマンドがもしキャッシュされたコンテンツ内にあるのなら、そのコンテンツはキャプチャされない。

属性名必須デフォルト概要
namestringNodefaultキャプチャされるブロックの名前
assignstringNon/aキャプチャされた出力を割り当てるための変数名

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

wget ファイルをダウンロードする

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る