{include}関数 他のテンプレートを読み込む

現在のテンプレートに他のテンプレートを読み込みます。
現在のテンプレートにて利用可能な変数は、読み込まれたテンプレートでも同じく利用可能です。

{include} の出力をブラウザに表示する代わりに変数に格納したい場合は、 オプションの assign 属性にその変数名を定義します。


読み込まれたテンプレートに変数を渡すには、属性値を使用します。
ここで明示的に渡された変数は、読み込まれたファイルの範囲でのみ有効となります。
そのテンプレートに同じ名前の変数が存在する場合は、渡された変数がそれを上書きします。

全ての割り当て変数の値は、読み込まれたテンプレートの処理が完了すると元に戻ります。
このため読み込まれたテンプレート内での変数の変更は、読み込んだ側のテンプレート内では見ることはできません。

$template_dir ディレクトリ外にあるファイルを {include} するには、 テンプレートリソース を指定します。

属性名必須デフォルト概要
filestringYesn/aインクルードするテンプレートファイル名
assignstringNon/aインクルードしたコンテンツの出力を格納する変数名
[var ...][var type]Non/aローカルからテンプレートに渡す変数

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

background 背景に関する指定をまとめて行う

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る