{include_php}関数 PHP スクリプトを読み込む

セキュリティ上で問題があるなどの理由で、非推奨です。

PHP スクリプトをテンプレートにインクルード(読み込む)します。
$security が有効な場合は、PHP スクリプトは $trusted_dir で指定されたディレクトリに存在する必要があります。
PHP ファイルへのパスは $trusted_dir からの相対パスか絶対パスのいずれかとなります。

デフォルトでは、PHPファイルはテンプレート内で複数回呼ばれても一度しかインクルードしません。
once 属性によって毎回インクルードするかどうかを指定できます。
この属性を FALSE に設定すると、インクルードの指示がある毎に PHP スクリプトをインクルードします。

オプションで assign 属性を渡すこともできます。
これは、{include_php} の出力をブラウザに表示させる代わりに 変数に格納したい場合に、その変数名を指定します。

Smarty オブジェクトは、インクルードした PHP スクリプト内で $this として使用可能です。

属性名必須デフォルト概要
filestringYesn/aインクルードする PHP ファイル名
oncebooleanNoTRUE同じ PHP ファイルが複数回インクルードされた場合に、
一度だけインクルードするかどうか
assignstringNon/ainclude_php の出力を格納する変数名

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

コミットエラー『 405 Method Not Allowed 』とは

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る