Distributing Skins (.rmskin) スキンを配布する(.rmskin)

Rainmeter includes tools that make it easier to share skins that you have created with other users. This page describes how to use the Skin Packager feature, and offers some guidelines for distributing a new skin in a public gallery, such as deviantArt.Rainmeterには、作成したスキンを他のユーザーと簡単に共有できるようにするツールが含まれています。このページではスキンパッケージャー機能の使用方法について説明し、deviantArtなどのパブリックギャラリーで新しいスキンを配布するためのガイドラインをいくつか提供します。

Skin Packagerスキンパッケージャ

The Skin Packager is used to create a "package" file that contains all of the files needed to install a skin in Rainmeter.Skin Packagerは、Rainmeterにスキンインストールするために必要なすべてのファイルを含む「パッケージ」ファイルを作成するために使用されます。

The package file is created in the "Rainmeter Skin Installer" format, with the extension .rmskin. The file is actually a modified zip file, with the addition of certain metadata that is used to verify the integrity of the package. (As of version 2.3, Rainmeter will not install a normal ZIP file changed to the ".rmskin" extension; the package must be created with the Skin Packager.)パッケージファイルがで作成された「Rainmeterスキンインストーラ」の拡張で、フォーマット.rmskin。ファイルは実際には修正されたzipファイルで、パッケージの整合性を検証するために使用される特定のメタデータが追加されています。(バージョン2.3以降、Rainmeterは拡張子「.rmskin」に変更された通常のZIPファイルをインストールしません。パッケージはSkin Packagerで作成する必要があります。)

To launch the Skin Packager, open the Manage window and click the button labeled Create .rmskin package... in the bottom-left.Skin Packagerを起動するには、[管理 ]ウィンドウを開き、左下にある [ .rmskinパッケージの作成... ]というラベルの付いたボタンをクリックします。

Step 1: Information and Componentsステップ1:情報と構成要素

Start by providing some basic information about the skin:スキンに関する基本的な情報を提供することから始めます。

  • Name:
    The name of the skin. (Required.)名前:
    スキンの名前。(必須。)

  • Author:
    The name of the skin's author. (Required.)作者:
    スキンの作者の名前。(必須。)

  • Version:
    The current version of the skin. This can be a number (such as "1.0"), a date ("15 November 2008"), or any other identifying string. (Optional.)バージョン:
    スキンの現在のバージョン。これは、数字( "1.0"など)、日付( "15 November 2008")、またはその他の識別文字列です。(オプション)

Next, choose the files that will be added to the package:次に、パッケージに追加するファイルを選択します。

  • Add skin...
    Choose the root config folder of your skin. This is the folder that will be copied to the user's Skins directory when the skin is installed. It must be a single folder that contains the entire skin or skins, including any resource files needed, such as addon utilities or fonts. You may choose a folder from your own Skins directory, or somewhere else on your computer. Only one root config folder is allowed in a single package. (Required.)スキンを追加...スキン
    ルート設定フォルダを選択します。これは、スキンがインストールされたときにユーザーのSkinsディレクトリにコピーされるフォルダです。アドオンユーティリティやフォントなど、必要なリソースファイルを含む、スキン全体またはスキン全体を含む単一のフォルダにする必要があります。あなたはあなた自身のSkinsディレクトリから、あるいはあなたのコンピュータのどこか他の場所からフォルダを選ぶことができます。単一のパッケージで許可されるルート設定フォルダは1つだけです。(必須。)

  • Add layout...
    You may choose any number of layouts to be installed along with the skin.レイアウトを追加...スキンと一緒にインストールするレイアウト
    いくつでも選択できます。

  • Add plugin...
    You may choose any number of plugins to be installed along with the skin. Only custom plugins should be distributed in this way. The standard plugins described in this manual are included with all versions of Rainmeter, and never need to be installed separately. To include a custom plugin, you must provide both the 32-bit and 64-bit versions of the plugin to ensure compatibility on all systems.プラグインを追加する...スキンと一緒にインストールするプラグイン
    いくつでも選択できます。この方法で配布するのはカスタムプラグインだけです。標準のプラグインこのマニュアルに記載さはRainmeterのすべてのバージョンに含まれており、別途インストールする必要はありません。カスタムプラグインを含めるには、32ビット版と64ビット版の両方のプラグインを提供して、すべてのシステムでの互換性を確保する必要があります。

Click Next to continue.Nextをクリックして続けます。

Step 2: Optionsステップ2:オプション

All of the following fields are optional. The default settings are appropriate for most skins.以下のフィールドはすべてオプションです。デフォルト設定はほとんどのスキンに適しています。

  • Save package to:
    Choose where the new package file will be created. Defaults to the current user's Desktop folder.パッケージの保存先:
    新しいパッケージファイルを作成する場所を選択します。デフォルトは現在のユーザーのデスクトップフォルダです。

  • After installation
    You may choose one of two actions for Rainmeter to take after installing the skin. (Before installing, the user will have the option to skip this action.)インストール
    後スキンをインストールした後にRainmeterが実行する2つのアクションのうちの1つを選択できます。(インストールする前に、ユーザーはこの操作をスキップすることができます。)

    • Load skin:
      You may choose one of the skin ".ini" files in your package. This skin will be automatically loaded alongside any other skins that the user is already running. This setting is recommended for most skins.スキンのロード:
      あなたはあなたのパッケージの中のスキン ".ini"ファイルの一つを選ぶことができます。このスキンは、ユーザーが既に実行している他のスキンと一緒に自動的にロードされます。この設定はほとんどのスキンにお勧めです。

    • Load layout:
      If you added any layouts to the package, you may choose one layout to be loaded automatically, replacing the user's existing layout.レイアウトのロード:パッケージにレイアウト
      追加した場合は、自動的にロードするレイアウトを1つ選択し、ユーザーの既存のレイアウトを置き換えることができます。

  • Minimum requirements
    You may set the minimum versions of Rainmeter and/or Windows required for the skin. Rainmeter will not install the skin on a system that does not meet these requirements.最小要件
    スキンに必要なRainmeterやWindowsの最小バージョンを設定できます。Rainmeterはこれらの要件を満たしていないシステムにスキンをインストールしません。

    • Rainmeter version:
      Defaults to the current version of Rainmeter on your system. If you are sure that the skin will work on an earlier version, you may change the minimum requirement accordingly. Rainmeter version numbers are written in the form Major.Minor.Patch.Revision. For example, Rainmeter 4.0.0 (r2551) would be written as 4.0.0.2551.

      Note That the revision number is just a minimum, intended to allow you to target a specific build of Rainmeter. So to target the .rmskin at any revision of 4.0 or later you can leave off most of the number, and just use 4, target any revision of 4.2 with 4.2 or a specific revision number with 4.2.0.3111.Rainmeter version:
      システム上のRainmeterの現在のバージョンがデフォルトになります。スキンが以前のバージョンで機能することが確実である場合は、それに応じて最小要件を変更することができます。Rainmeterのバージョン番号は、Major.Minor.Patch.Revisionの形式で書かれています。たとえば、Rainmeter 4.0.0(r2551)は、と書きます4.0.0.2551

      改訂番号はごくわずかなもので、Rainmeterの特定のビルドをターゲットにできるようにするためのものです。したがって、.rmskin を4.0以降の任意のリビジョンでターゲットにするには、番号の大部分を省略して4、4.2の任意のリビジョン4.2または特定のリビジョン番号を使用するだけで使用できます4.2.0.3111

    • Windows version:
      Defaults to Windows 7, which is the lowest version of Windows supported by Rainmeter 4.0 or later. Some skins may require higher versions of Windows, depending on their plugins, addons, or other factors. You can set this to a lower version of Windows, but should only do so if you are targeting a Rainmeter version less than 4.0, such as 3.3.0.2519.Windowsのバージョン:
      デフォルトはWindows 7で、これはRainmeter 4.0以降でサポートされているWindowsの最も低いバージョンです。プラグイン、アドオン、またはその他の要因によっては、より新しいバージョンのWindowsが必要なスキンもあります。これは、より低いバージョンのWindowsに設定できますが、Rainmeterのバージョンが4.0未満の場合などにのみ設定してください3.3.0.2519

Step 3: Advancedステップ3:上級

For additional options, click the Advanced tab at the top of the window.その他のオプションについては、ウィンドウ上部の[ 詳細設定 ]タブをクリックしてください。

  • Header image:
    You may choose a custom header image to be displayed in the Skin Installer. The image must be a bitmap image (.bmp) that is exactly 400x60 pixels in size.ヘッダ画像:スキンインストーラに
    表示されるカスタムヘッダ画像を選択できます。イメージは、正確に400 x 60ピクセルのサイズのビットマップイメージ(.bmp)でなければなりません。

  • Variables files:
    Some skins have one or more include files to store variables that can be changed by the user. If a user is reinstalling or upgrading a skin that they already have in their library, they will most likely want to preserve their existing preferences. You may specify these files in your skin package, so that the existing variable values are used instead of the defaults in the package.変数ファイル:
    スキンによっては、ユーザーが変更できる変数を格納するための1つ以上のインクルードファイルがあります。ユーザーが自分のライブラリに既にあるスキンを再インストールまたはアップグレードしている場合、ユーザーは既存の設定を保持したいと考えるでしょう。スキンパッケージでこれらのファイルを指定して、パッケージ内のデフォルトの代わりに既存の変数値が使用されるようにすることができます。

    Specify the file location starting with the root config folder, e.g. illustro\Clock\Variables.inc. You may specify multiple files by separating them with pipes (|), e.g. illustro\Clock\Variables.inc | illustro\Feeds\Variables.inc.ルート設定フォルダで始まるファイルの場所を指定しますillustro\Clock\Variables.inc。複数のファイルをpipe(|)で区切って指定できますillustro\Clock\Variables.inc | illustro\Feeds\Variables.inc

  • Merge skins
    If selected, the Skin Installer will not remove any existing files found in the user's Skins directory. (Normally, the root config folder is removed and replaced with the version in the skin package.) This can be used to install an "expansion" or a "patch" to a previously-installed skin, without duplicating unchanged files.スキンをマージ
    選択すると、スキンインストーラはユーザーのスキンディレクトリにある既存のファイルを削除しません。これは、変更されていないファイルを複製することなく、以前にインストールされたスキンに "拡張"または "パッチ"をインストールするために使用できます。

Finally, click Create package to complete the process. It may take several seconds to create the package, depending on the size of your skin. The file will be saved in your chosen location as Name_Version.rmskin (using the "Name" and "Version" fields that you entered in the first step).最後に、パッケージ作成をクリックしてプロセスを完了します。スキンのサイズによっては、パッケージの作成に数秒かかる場合があります。ファイルは選択した場所Name_Version.rmskinとして保存されます(最初の手順で入力した[名前]フィールドと[バージョン]フィールドを使用)。

Hidden Files隠しファイル

The Skin Packager will ignore any hidden files or folders in your root config folder. You can take advantage of this behavior by storing development files (such as Photoshop "PSD" files, or backup copies of skin code) as hidden files, so that they are excluded from the final product.Skin Packagerは、ルート設定フォルダ内の隠しファイルやフォルダを無視します。開発ファイル(Photoshopの「PSD」ファイル、スキンコードのバックアップコピーなど)を隠しファイルとして保存することで、この動作を利用して、最終製品から除外することができます。

Publishing Guidelines発行ガイドライン

When distributing a skin to a small or private group of users, strict adherence to standards probably isn't too important. However, you may want to publish your finished work in a public repository like the Rainmeter skin galleries on deviantArt for other users to discover, download and share. In this case, taking the time to follow a few simple guidelines will be helpful to you, your users, and the Rainmeter community at large.スキンを小規模または個人のユーザーグループに配布する場合、標準を厳守することはおそらくそれほど重要ではありません。ただし、他のユーザーが発見、ダウンロード、共有できるように、完成した作品をdeviantArtの Rainmeterスキンギャラリーなどの公開リポジトリに公開することをお勧めします。この場合、時間をかけていくつかの簡単なガイドラインに従うことが、あなた、あなたのユーザー、そしてRainmeterコミュニティ全体に役立ちます。

Use the Skin Packager.スキンパッケージャを使用してください。

Most sites that allow users to publish their Rainmeter skins now require the skins to be uploaded in the official ".rmskin" format created by Rainmeter's built-in Skin Packager. This is not only more convenient for regular users, since a skin package can be installed automatically in just a few clicks—it is also safer. Rainmeter always checks the validity of a skin package before installing it, to ensure that the package was created by the Skin Packager and not modified or tampered with in any way.ユーザーが自分のRainmeterスキンを公開できるようにするほとんどのサイトでは、現在、Rainmeterの組み込みSkin Packagerによって作成された公式の ".rmskin"フォーマットでスキンをアップロードする必要があります。スキンパッケージは数回クリックするだけで自動的にインストールできるため、これは通常のユーザーにとって便利なだけではありません - 安全です。Rainmeterはスキンパッケージをインストールする前にその有効性を常にチェックして、パッケージがスキンパッケージャによって作成されたものであり、いかなる方法でも変更または改ざんされていないことを確認します。

As with any open-source software ecosystem, malware disguised as Rainmeter skins has been an occasional concern for the community. By using the official format, you can help us reduce this concern by promoting a more secure method of distribution.あらゆるオープンソースソフトウェアエコシステムと同様に、Rainmeterのスキンに見せかけたマルウェアはコミュニティにとって時折懸念されてきました。公式フォーマットを使用することで、より安全な配布方法を促進することでこの懸念を軽減することができます。

Use metadata.メタデータを使用する

Many skin authors tend to ignore the [Metadata] section in their skins, because it has no effect on a skin's function or performance. But there are good reasons to make sure your skin is fully-tagged before you release it into the wild. A skin with complete metadata is easier to find in the Manage window, and offers a reliable, built-in way to provide users with setup and usage instructions, or at least direct them to a webpage or readme file with more information.多くのスキン作成者はスキンの[Metadata]セクションを無視する傾向があります。これはスキンの機能やパフォーマンスに影響を与えないためです。しかし、あなたがそれを野生に解放する前にあなたのスキンが完全にタグ付けされていることを確認することには良い理由があります。完全なメタデータを持つスキンは管理ウィンドウで見つけやすく、信頼性の高い組み込みの方法でユーザーにセットアップと使用方法の説明を提供するか、少なくともWebページまたは詳細情報を含むReadmeファイルに直接アクセスする方法を提供します。

In addition, because a skin's code is often copied or excerpted in posts and comments across the Internet, good metadata makes it easier to trace the code back to its source. The Version tag is especially helpful to avoid confusing multiple revisions of the same skin that have been released at different times.さらに、スキンのコードはインターネット上の投稿やコメントにコピーされたり抜粋されたりすることが多いため、優れたメタデータを使用するとコードをそのソースまで簡単にたどることができます。バージョンタグは、異なる時間にリリースされたのと同じスキンの混乱複数のリビジョンを避けるために特に便利です。

Choose the right license for your skin (and respect others').あなたのスキンに合ったライセンスを選んでください(そして他人を尊重してください)。

The Rainmeter community is built around a free, open exchange of ideas and resources. We wholeheartedly encourage skin authors to release their works under terms that allow other users to borrow their code and concepts, modify them, and release them in a new, unique form. We believe that this kind of frictionless collaboration is a big part of what has made the Rainmeter ecosystem thrive.Rainmeterコミュニティは、自由で開かれたアイデアやリソースの交換を中心に構築されています。私たちは、他のユーザーが自分のコードや概念を借用したり、それらを修正したり、新しい独自の形式でそれらをリリースすることを可能にする条項の下で彼らの作品をリリースすることを心から奨励します。このような摩擦のないコラボレーションが、Rainmeterエコシステムを成功させた要因の大部分を占めていると考えています。

There are a number of open-source software licenses available, and it couldn't be easier to add them to your Rainmeter skin: just paste the name into the License tag in your [Metadata] section. The following licenses are commonly used for Rainmeter skins, plugins and addons:利用可能なオープンソースソフトウェアライセンスはたくさんありますが、それらをRainmeterスキンに追加するのは簡単ではありません。[Metadata]セクションのLicenseタグに名前を貼り付けるだけです。以下のライセンスは、Rainmeterスキン、プラグインおよびアドオンに一般的に使用されています。

That said, the same rule applies to Rainmeter skins as it does to any other content on the Internet: if you are not explicitly given permission to use it, you don't have permission. You really need some indication of consent from the creator - even a quick email is enough. In addition, it's always a good idea to credit the original creators when you post your own skin, even if their license doesn't require it. This means not only the original author of some code that you have modified, but also any images, addons, plugins and fonts that are not your own.そうは言っても、インターネット上の他のコンテンツと同じ規則がRainmeterスキンにも適用されます。明示的に使用を許可されていない場合は、許可がありません。あなたは本当に作成者からの同意の表示を必要としています - 簡単なEメールでさえ十分です。さらに、自分のスキンを投稿するときには、元の作成者にクレジットを付与することをお勧めします。これは、あなたが修正したいくつかのコードの原作者だけでなく、あなた自身のものではないすべての画像、アドオン、プラグインおよびフォントも意味します。

Make sure your license and credits are included both on your download page (for example, in the deviation comments on deviantArt) and somewhere in your skin package (either in your metadata tags, or a separate "readme" file).あなたのライセンスとクレジットがあなたのダウンロードページ(例えば、deviantArtの逸脱コメント)とあなたのスキンパッケージのどこか(あなたのメタデータタグ、あるいは別の "readme"ファイル)の両方に含まれていることを確認してください。

Clean up your layouts.あなたのレイアウトをきれいにする。

The ability to include a custom layout with your skin can make for a great presentation, especially in a large "suite", where it is helpful to provide a template or starting point for your users to get started on customizing their desktops instead of loading skins one by one.カスタムレイアウトをスキンに含める機能は、特に大きな「スイート」で優れたプレゼンテーションを行うことができます。スキンをロードするのではなく、デスクトップをカスタマイズするためのテンプレートまたは開始点をユーザーに提供すると便利です。一つずつ。

While arranging a layout on your own desktop, and using the Manage window to save it to a file, there are some steps you can take to make your layout load smoothly and cleanly on other users' desktops:自分のデスクトップにレイアウトを配置し、それをファイルに保存するために[管理]ウィンドウを使用しながら、他のユーザーのデスクトップにレイアウトをスムーズかつクリーンにロードするために実行できる手順がいくつかあります。

  • Remove [Skin] sections that don't belong to your suite. An easy way to keep only the sections you need is to check the "Exclude unloaded skins" option when saving the layout.あなたのスイートに属していない[Skin]セクションを削除してください。必要なセクションだけを保持する簡単な方法は、レイアウトを保存するときに[Exclude unloaded skins]オプションをチェックすることです。

  • Remove options from your skin sections if they are unchanged from Rainmeter's default settings, such as Draggable or SnapEdges. This will both reduce the size of your layout file, and make it easier to keep track of your code if you need to edit any layout settings by hand.DraggableSnapEdgesなど、Rainmeterのデフォルト設定と変わらない場合は、スキンセクションからオプションを削除します。これにより、レイアウトファイルのサイズが小さくなり、レイアウト設定を手動で編集する必要がある場合にコードを追跡しやすくなります。

  • Use the "From right" and "From bottom" options to make sure your skins are loaded in the correct position regardless of the user's screen resolution. If you need to determine the skin's position in a more complex way, you can edit the "Rainmeter.ini" settings file for your layout and write your own formulas for the WindowX, WindowY, AnchorX and AnchorY options for each skin section, using built-in variables. Here are some basic formulas you can use:使用する「右から」と「下から」のオプションあなたのスキンは関係なく、ユーザーの画面の解像度の正しい位置にロードされていることを確認します。より複雑な方法でスキンの位置を決定する必要がある場合は、レイアウト用に "Rainmeter.ini"設定ファイルを編集し、各スキンセクションのWindowX、WindowY、 AnchorX、およびAnchorYオプションに独自の数式を作成して使用できます。 -in変数。使用できる基本的な式は次のとおりです。

    • Center a skin on the desktop:
      WindowX=(#WORKAREAX# + (#WORKAREAWIDTH# / 2 ) - (SkinWidth / 2) + Offset)1
      WindowY=(#WORKAREAY# + (#WORKAREAHEIGHT# / 2 ) - (SkinHeight / 2) + Offset)デスクトップをデスクトップの中央に配置します
      WindowX=(#WORKAREAX# + (#WORKAREAWIDTH# / 2 ) - (SkinWidth / 2) + Offset)。1
      WindowY=(#WORKAREAY# + (#WORKAREAHEIGHT# / 2 ) - (SkinHeight / 2) + Offset)

    • Center a skin on the screen:
      WindowX=((#SCREENAREAWIDTH# / 2) - (SkinWidth / 2) + Offset)
      WindowY=((#SCREENAREAHEIGHT# / 2) - (SkinHeight / 2) + Offset)画面の中央にスキンを配置します。
      WindowX=((#SCREENAREAWIDTH# / 2) - (SkinWidth / 2) + Offset)
      WindowY=((#SCREENAREAHEIGHT# / 2) - (SkinHeight / 2) + Offset)

    • Align relative to the left edge of the desktop:
      WindowX=(#WORKAREAX# + Offset)デスクトップの左端を基準にして整列します。
      WindowX=(#WORKAREAX# + Offset)

    • Align relative to the right edge of the desktop:
      WindowX=(Offset + SkinWidth)R
      or
      WindowX=(#WORKAREAX# + #WORKAREAWIDTH# - SkinWidth - Offset)デスクトップの右端を基準にして整列します。
      WindowX=(Offset + SkinWidth)R
      または
      WindowX=(#WORKAREAX# + #WORKAREAWIDTH# - SkinWidth - Offset)

    • Align relative to the top edge of the desktop:
      WindowY=(#WORKAREAY# + Offset)デスクトップの上端に合わせて整列します。
      WindowY=(#WORKAREAY# + Offset)

    • Align relative to the bottom edge of the desktop:
      WindowY=(Offset + SkinHeight)B
      or
      WindowY=(#WORKAREAY# + #WORKAREAHEIGHT# - SkinHeight - Offset)デスクトップの下端に対して揃えます。
      WindowY=(Offset + SkinHeight)B
      または
      WindowY=(#WORKAREAY# + #WORKAREAHEIGHT# - SkinHeight - Offset)

    1. "Offset" should be a number, e.g. 25R, -10B, (#WORKAREAX# + 75). If you don't need an offset (the skin is exactly centered or adjacent to the edge of the screen), leave it out. "SkinWidth" and "SkinHeight" should be the probable width and height of the skin.1.例えば、数あるべき「オフセット」25R-10B(#WORKAREAX# + 75)。オフセットを必要としない場合(スキンは画面の端に正確に中央揃えまたは隣接しています)、省略します。"SkinWidth"と "SkinHeight"は、スキンの幅と高さになるはずです。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Smart Defrag パソコンを使っていないときに自動的に最適化してくれるデフラグツール

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る