@Resources folder @Resourcesフォルダ

The @Resources folder in the root folder of a skin is the recommended location to store and access images, fonts, sounds, include files, addons or other additional files used by the skin. The @Resources folder is ignored when scanning for skins, so using it to store images and other resources will improve the initial load time of Rainmeter.スキンのルートフォルダにある@Resourcesフォルダは、画像、フォント、サウンド、インクルードファイル、アドオン、またはその他のスキンで使用される追加ファイルを格納してアクセスするための推奨場所です。スキンのスキャン時に@Resourcesフォルダは無視されるため、画像やその他のリソースを保存するためにそれを使用すると、Rainmeterの初期ロード時間が向上します。

The @Resources folder must be created at the root config level of the skin (e.g. Skins\illustro\@Resources) and the #@# built-in variable can be used as a shortcut to specify it.@Resourcesフォルダはスキンのルート設定レベル(例えばSkins\illustro\@Resources)で作成されなければならず、#@# 組み込み変数はそれを指定するためのショートカットとして使用することができます。

Note: The #@# built-in variable should always be used to specify the location of the @Resources folder. Since @Resources must be at the root config level of the skin, a relative path like ImageName=@Resources\Images\MyImage.png will assume that @Resources is in the same folder as the skin .ini file, and that can be wrong. Using ImageName=#@#Images\MyImage.png is much more reliable.注意:#@# 組み込みの変数は常に@Resourcesフォルダの場所を指定するために使用する必要があります。@Resources はスキンのルート設定レベルになければならないので、のような相対パスImageName=@Resources\Images\MyImage.pngは@Resourcesがスキンの.iniファイルと同じフォルダにあると仮定し、それは間違っている可能性があります。使用ImageName=#@#Images\MyImage.pngははるかに信頼性があります。

Fontsフォント

TrueType (.ttf) or OpenType (.otf) fonts in the @Resources\Fonts folder are automatically loaded and can be used with the FontFace option in string meters.TrueTypeフォント(.TTF)またはOpenTypeフォント(.OTF)フォントでの@Resources\Fontsフォルダが自動的にロードされ、一緒に使用することができFontFaceの内のオプションの文字列メートル。

For example, to include the font SomeFont.ttf, it should be placed in: Skins\SomeSkin\@Resources\Fonts\SomeFont.ttf, and used with FontFace=SomeFontFamily.たとえば、SomeFont.ttfというフォントを含めるには、それを:Skins\SomeSkin\@Resources\Fonts\SomeFont.ttfに置き、で使用する必要がありFontFace=SomeFontFamilyます。

Cursorsカーソル

Custom cursors (.ani or .cur) in the @Resources\Cursors folder are automatically loaded and can be used with MouseActionCursorName.@Resources\Cursorsフォルダ内のカスタムカーソル(.aniまたは.cur)は自動的にロードされ、MouseActionCursorNameとともに使用できます。

Examples

ImageName=#@#Images\MyImage.png
LeftMouseUpAction=["#@#Addons\MyAddon.exe" "Parameter"]
@Include=#@#Variables.inc

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

札幌市円山動物園

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る