@Include option @Includeオプション

The @Include option loads the content of an external .ini at the position it is defined. The loaded file is treated as if the contents were included in the actual skin .ini file. A frequent use case is to have an include file with a [Variables] section in order to share variables between multiple skins.この@Includeオプションは、定義された位置に外部の.iniの内容をロードします。ロードされたファイルは、コンテンツが実際のスキンの.iniファイルに含まれているかのように扱われます。頻繁に使用されるケースは、複数のスキン間で変数を共有するために[Variables]セクションを含むインクルードファイルを用意することです。

Optionsオプション

@Include, @Include2, @IncludeN@Include@Include2@IncludeN

Path to the INI formatted file to include. It is recommended that include files use the .inc extension (rather than .ini) and are placed in the @Resources folder.含めるINIフォーマットファイルへのパス。インクルードファイルは(.iniではなく).inc拡張子を使用して@Resourcesフォルダに配置することをお勧めします

The N in @IncludeN can also represent text. For example: @Include2, @Include3, @IncludeVariables, and @IncludeMeters are all valid.Nは中もテキストを表すことができます。たとえば、次のように、、、およびすべて有効です。@IncludeN@Include2@Include3@IncludeVariables@IncludeMeters

Remarks備考

The statement may be placed in any section. When the skin is loaded, all new sections from the included file are inserted immediately after the section where the statement is placed. Rainmeter treats these sections - whether they're measures, meters, MeterStyles, etc. - exactly as if they had been written in the skin .ini itself, and appropriately determines things like layering, relative positions and referenced measure values.ステートメントはどのセクションにも置くことができます。スキンがロードされると、インクルードファイルの新しいセクションはすべて、ステートメントが配置されているセクションの直後に挿入されます。Rainmeterは、これらのセクション(メジャー、メーター、MeterStylesなど)をスキン自体に記述されているかのように扱い、レイヤー化、相対位置、参照メジャー値などを適切に決定します。

You may also include files within files. Once again, the ordering is determined by placement: when any file includes another file, the new contents are added within its own sections, immediately after the section where the statement is made.ファイル内にファイルを含めることもできます。繰り返しになりますが、順序は配置によって決まります。あるファイルに別のファイルが含まれている場合は、新しい内容がそのステートメントのあるセクションの直後に、それ自体のセクション内に追加されます。

If there is a conflict - that is, if the same section exists in more than one file - Rainmeter will treat whichever one comes first in the ordering as the "real" section. Any options on the later instances will be added to the first one, and otherwise the later instances are simply ignored. If there are different values given for the same key, the last value is taken. Unlike new sections, options on pre-existing sections are added in their original order, so the calling section may overwrite values from the included file if they are placed below the @include statement.競合がある場合、つまり、同じセクションが複数のファイルに存在する場合、Rainmeterは、順序の先頭にあるものが「実際の」セクションとして扱われます。それ以降のインスタンスのオプションは最初のものに追加されます。それ以外の場合は、後のインスタンスは単に無視されます。同じキーに異なる値が指定されている場合は、最後の値が採用されます。新しいセクションとは異なり、既存のセクションのオプションは元の順序で追加されるため、呼び出しセクションは@includeステートメントの下に配置されているとインクルードファイルの値を上書きする可能性があります。

See also: @Include Guide @Includeガイドも参照してください。

Example

IncludeFile.inc:IncludeFile.inc:

[Variables]
Color=255,255,255,255

Skin.ini:Skin.ini:

[Variables]
Font=Arial
@Include=IncludeFile.inc

[SomeMeter]
FontFace=#Font#
FontColor=#Color#

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Postfixからpostmaster宛に451Server configuration errorメールが届く

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る