電話機の数字ボタンの右下にある「#」は、シャープではありません

電話機の数字ボタンの右下にある「#」は、音楽の「♯」シャープとは違います。
「#」と「♯」をよく見ると字体の違うのが分かるはずです。

電話のボタンの「#」は、『シャープ』ではなくて『井げた(イゲタ)』です。
通信業界の世界基準が書かれた文書には、勧告として『スクエア』と呼ぶことが望ましいとあります。
JIS規格では、電話の「#」は『番号記号』や『井げた』、音楽の「♯」は『シャープ』や『ミュージックシャープサイン』と規定されています。

番号ボタンの左下にある「*」は『米印(こめじるし)』ではなく、『星印』または『スター』です。 正確には電話機にあるのは「*」を90度回転させたもので縦線ではなく、横線になっています。
横線になっているものはJISでは規定されていません。
また『米印』というのは「※」のことです。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

SELECT FOR UPDATE 行ロックを獲得する

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る