content 内容(コンテンツ)を挿入する

Safari1ではopen-quote、close-quoteは使用できません。
(Safari2からは対応しているらしい【要確認】)

HTML

<span class="sample">引用</span>


CSS

span.sample {
  quotes: '【' '】';
}
span.sample:before {
  content: open-quote;
}
span.sample:after {
  content: close-quote;
}

対応ブラウザ

  • Netscape6
  • Netscape7
  • Firefox1
  • Firefox2
  • Firefox3
  • Opera8
  • Opera9
  • Safari1
  • Safari2
  • Safari3

仕様

なし

内容
文字列挿入する文字列を「"」または「'」で括って指定する
ファイルをURI(URL)で指定画像や音声等のファイルをURI(URL)で指定する
カウンタここでいうカウンタとは要素内容に自動連番をつけるということです
counter()関数、またはcounters()関数により、カウンタ(連番)を呼び出した値が、contentプロパティの値として指定される
attr()()内には属性の名前を指定する
contentプロパティを適用する要素の、該当属性で指定されている値が、contentプロパティの値として指定される
例えば、attr(alt)とすると、alt属性で指定されている文字列が要素の直前または直後に挿入される
尚、attrとはAttributeの略で属性という意味です
open-quotequotesプロパティで指定されている引用符が挿入される
開始引用符が挿入される
close-quotequotesプロパティで指定されている引用符が挿入される
終了引用符が挿入される
no-open-quote引用符は表示されませんが、quotesプロパティで指定されている引用符の入れ子の深さが一階層深くなる
no-close-quote引用符は表示されませんが、quotesプロパティで指定されている引用符の入れ子の深さが一階層浅くなる

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

POWER関数 べき乗

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る