ISO-2022-JPで22を含む文字を「"」と判断する

症状

スタイルシートをISO-2022-JPで記述したとき、16進表記で「\22」を含む文字(「◆」など)をダブルクォーテーション「"」と判断する。このため、このような文字の後にあるスタイル宣言が適用されなくなることがある。

例示

content: "◇◆◇";

このような宣言があると、「◆」がcontentプロパティの値の終端と判断されてしまいます。ちなみに、ISO-2022-JPで「◇」は\217e、「◆」は\2221です。

補足

以下の方法を採ることでバグを回避できます。

  • 問題を起こす文字を使用しない。
  • エスケープする(◆ → \25c6)。
  • 値をシングルクォーテーションで括る(content: '◇◆◇';)。
  • スタイルシートをISO-2022-JP以外の文字コードで記述する。

詳しくはMacIE5 : CSS 中の日本語文字の怪を参照してください。

修正状況

MacIE5.0で不具合の発生が確認されています。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

表要素では%値指定のleft、topプロパティが無視される

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る