両端揃えを指定した要素内の表示が崩れる

症状

自動折り返しが行われる量の内容物(長い文章など)を持つ要素に対して両端揃え(text-align: justify;)を指定すると、表示が崩れる。

例示

<p style="text-align:justify;">MacIEは……あります。</p>

MacIEは、DOCTYPEの記述によってCSSのレンダリングが変わります。 W3C勧告に準拠した「標準モード」と従来のIEのレンダリングを継承した「互換モード」の2種類のモードがあります。 MacIEは、DOCTYPEの記述によってCSSのレンダリングが変わります。 W3C勧告に準拠した「標準モード」と従来のIEのレンダリングを継承した「互換モード」の2種類のモードがあります。

補足

このバグは要素内に多バイト文字が含まれている場合に発生するもので、内容物が1バイト文字だけの場合は発生しないようです。(2002-12-02追記)

修正状況

MacIE4〜5で発生する模様。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

動画を再生する方法 MediaPlayer

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る