スクリプトでiframeを参照すると履歴が余分に追加される

症状

iframe要素またはiframe要素を子に持つ要素をJavaScriptで参照すると、現在表示しているページがブラウザの閲覧履歴に追加される。特に、ブロック表示系プロパティ(overflow, displayなど)を操作した場合に発生しやすい。

例示

<script type="text/javascript">
function disp() {
  var obj = document.getElementById('f1');
  if (obj.style.display != 'none') {
    obj.style.display = 'none';
  } else {
    obj.style.display = 'block';
  }
}
</script>

<div id="f1">
<iframe src="b006a.html" width="200" height="100"></iframe>
</div>
<form action="#">
<input type="button" value="displayプロパティ変更" onclick="disp()">
</form>

ボタンを押すことで、インラインフレームを含んでいるdiv要素の表示形態を「表示しない←→ブロック」のように切り替えることができます。

スクリーンショット

各画像の上段は「displayプロパティ変更」ボタンを押す前、下段は同ボタンを5回押した後のセッション履歴のリストです。

Moz1.0Moz1.0での結果

N6.2N6.2.3での結果

修正状況

N6.2.3では履歴が追加される現象が発生しています。Moz1.0では修正されています。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Mobile Network Code(MNC)の一覧[A-B]

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る