String meter ストリングメーター

Meter=String displays text.Meter=String テキストを表示します。

Optionsオプション

General meter options一般メーターオプション

All general meter options are valid.一般的なメーターオプションはすべて有効です。

MeasureName, MeasureName2, ..., MeasureNameNMeasureNameMeasureName2、...、MeasureNameN

Name(s) of the measure(s) bound to the meter. The meter will display the current value of the measure defined in MeasureName, with values for additional measures bound to the meter available using the %N syntax in the Text option.メーターにバインドされているメジャーの名前。メーターはMeasureName、で定義されている小節の現在の値を、[ テキスト ]オプションの構文を使用して使用可能なメーターにバインドされている追加の小節の値と共に表示します。%N

The meter does not require a MeasureNameN option if the Text option alone will be used to define the string to display.表示する文字列を定義するのにTextオプションだけを使用する場合、メーターはオプションを必要としません。MeasureNameN

Text Default: %1Text デフォルト: %1

Text to display. If MeasureName is specified, Text will default to the value of the measure.表示するテキスト MeasureNameが指定されている場合は、Textデフォルトで数値データの値になります。

The values of the measure(s) specified with MeasureName can be used with the %N syntax as follows:で指定された数値データの値は、次のような構文MeasureNameで使用できます。%N

MeasureName=SomeMeasure
MeasureName2=SomeMeasure2
Text=This is text containing %1 and %2.
; %1 and %2 will be replaced by the string values of SomeMeasure and
; SomeMeasure2, respectively.

The Text option can take any combination of the following forms:このTextオプションは、以下の形式の任意の組み合わせをとることができます。

  • Display the value of a measure bound with MeasureNameでバインドされた数値データの値を表示します MeasureName
  • Display the values of multiple measures bound with MeasureNameN, and formatted with the %N syntax.バインドされ、構文でフォーマットされた複数の数値データの値を表示します。MeasureNameN%N
  • Display static text defined in the option.オプションで定義された静的テキストを表示します。
  • Display the current value of any variables or section variables. Note that the meter must contain the DynamicVariables option to use the current value of variables or measures defined as a section variable.変数またはセクション変数の現在の値を表示しますセクション変数として定義された変数またはメジャーの現在値を使用するには、メーターにDynamicVariablesオプションを含める必要があります。
Prefix

Text displayed before Text.テキストが前に表示されましたText

Note: It is preferable to put the entire string in Text instead of using this option.注:Textこのオプションを使用する代わりに、文字列全体を入力することをお勧めします。

Postfix

Text displayed after Text.テキストが後に表示されますText

Note: It is preferable to put the entire string in Text instead of using this option.注:Textこのオプションを使用する代わりに、文字列全体を入力することをお勧めします。

FontFace Default: ArialFontFace デフォルト: Arial

Family name of the font to use for the text. The font must either be installed in Windows directly or be loaded at runtime.テキストに使用するフォントの姓。フォントはWindowsに直接インストールするか、実行時ロードする必要があります

See also: Fonts Guide. フォントガイドも参照してください

FontSize Default: 10FontSize デフォルト: 10

Size of the font in points. This is an integer value, with decimal values rounded down.ポイント単位のフォントサイズ。これは、小数値を切り捨てた整数値です。

FontColor Default: 0,0,0,255FontColor デフォルト: 0,0,0,255

Color of the font.フォントの

FontWeight

The weight of the font in the range 1-999.1から999までの範囲のフォントの太さ。

The following are common values and their meanings. If the value is supported by the font family, it will be used. If not, the closest value that is supported by the font family will be used.

100 - Thin (Hairline)
200 - Extra Light (Ultra Light)
300 - Light
400 - Regular (Normal)
500 - Medium
600 - Semi Bold (Demi Bold)
700 - Bold
800 - Extra Bold (Ultra Bold)
900 - Black (Heavy)
950 - Extra Black (Ultra Black)

If the font does not support any additional weights, then 500 and below will use the font's normal weight, and 600 and above will simulate a bold effect.以下は一般的な値とその意味です。値がフォントファミリによってサポートされている場合は、それが使用されます。そうでない場合は、フォントファミリでサポートされている最も近い値が使用されます。

100 - 細い(ヘアライン)
200 - エクストラライト(ウルトラライト)
300 - ライト
400 - レギュラー(ノーマル)
500 - ミディアム
600 - セミボールド(デミボールド)
700 - ボールド
800 - エクストラボールド(ウルトラボールド)
900 - ブラック(ヘビー) )
950 -エクストラブラック(ウルトラブラック)

フォントが500、その後、追加の重みをサポートしていないと、以下のフォントの標準体重、および600を使用し、上記の大胆な効果をシミュレートする場合は。

StringAlign Default: LeftStringAlign デフォルト: Left

Horizontal and vertical alignment of the string within the meter. Valid values are:メーター内の弦の水平方向と垂直方向の配置。有効な値は以下のとおりです。

  • Left, Right, Center (or LeftTop, RightTop, CenterTop)LeftRightCenter(またはLeftTopRightTopCenterTop
  • LeftBottom, RightBottom, CenterBottomLeftBottomRightBottomCenterBottom
  • LeftCenter, RightCenter, CenterCenterLeftCenterRightCenterCenterCenter

The string will be aligned using the values of the X and or Y settings as the anchor point. So to CenterCenter align a string within a meter with a width and height of 100, set X=50, Y=50 and StringAlign=CenterCenter.文字列は、XandまたはorのY設定値をアンカーポイントとして使用して整列されます。そのためCenterCenterでは、幅と高さが100、set X=50Y=50と1メートル内の文字列を揃えますStringAlign=CenterCenter

StringStyle Default: NormalStringStyle デフォルト: Normal

Style of the string. Valid values are Normal, Bold, Italic, and BoldItalic.文字列のスタイル。有効な値はNormalBoldItalic、とBoldItalic

Note: This option is for the most part deprecated and replaced by the far more powerful functionality in the FontWeight option above. It should only be used in new skins to obtain the Italic effect, and should not be used to control the weight attributes.注:このオプションは、ほとんどが非推奨で、上記のFontWeightオプションのはるかに強力な機能に置き換えられています。イタリック体の効果を得るために新しいスキンでのみ使用し、ウェイト属性を制御するためには使用しないでください。

StringCase Default: NoneStringCase デフォルト: None

Converts the string to a case. Valid values are None, Upper, Lower, and Proper.文字列をケースに変換します。有効な値はNoneUpperLower、とProper

StringEffect Default: NoneStringEffect デフォルト: None

Effect applied to a string. Valid values are None, Shadow, and Border.文字列に適用される効果。有効な値はNoneShadowBorder

Shadow makes a background copy of the string, offset 1px "right" and 1px "down", in the color defined in FontEffectColor.Shadowで定義された色で、オフセット1px "right"と1px "down"の文字列の背景コピーを作成しFontEffectColorます。

Border makes a background copy of the string, 2px "larger", and offset 1px "left" and 1px "up", in the color defined in FontEffectColor.Borderで定義された色で、2px "large"、およびoffset 1px "left"と1px "up"の文字列の背景コピーを作成しFontEffectColorます。

The size of the font used in the string has no effect on the fixed 1px size of the Shadow or Border effect.文字列で使用されるフォントのサイズは、固定された1ピクセルの大きさには影響がありませんShadowまたはBorder効果。

Due to how these effects are created, transparent colors on the string may have undesirable results.これらの効果がどのように作成されるかのために、文字列の透明な色は望ましくない結果をもたらすかもしれません。

FontEffectColor Default: 0,0,0,255FontEffectColor デフォルト: 0,0,0,255

Color of the StringEffect.StringEffectのです。

ClipString Default: 0ClipString デフォルト: 0

Controls how strings are truncated (clipped) or wrapped to fit in or expand the containing meter. Valid values are:文字列を切り取る(切り取る)または折り返す方法で、含まれているメーターに合わせたり拡大したりする方法を制御します。有効な値は以下のとおりです。

  • 0: Disabled. The string will not be clipped or wrapped. (default)0:無効 文字列はクリップまたはラップされません。(デフォルト)
  • 1: Enabled. The string will be clipped with an added ellipsis ... when it exceeds the specified W (width) option on the meter. If the H (height) option is large enough to allow multiple lines, the text is wrapped until the value of H is reached, then clipped.1:有効にします。メーターの...指定されたW)オプションを超えると、文字列は省略記号で切り取られます。Hheight)オプションが複数行を許可するのに十分な大きさの場合、テキストはの値にH達するまで折り返されてから切り取られます。
  • 2: Auto. The string will be clipped or wrapped based on the value of W and/or H. If the width or height are not specified, the meter itself will change size to accommodate the string. This setting works in conjunction with the ClipStringW and ClipStringH options below, to set a "maximum" size that the meter should expand to accommodate the string before clipping.

Notes: The changing size of meters when ClipString=2 can cause truncation issues with the overall window size of the skin, unless DynamicWindowSize=1 is set in the [Rainmeter] section of the skin.注:ClipString=2スキンの[Rainmeter]セクションでDynamicWindowSize = 1が設定されていない限り、メートルのサイズを変更すると、スキンのウィンドウ全体のサイズで切り捨ての問題が発生する可能性があります。

ClipString=2 will always wrap on word boundaries (spaces or tabs). Any single word that is longer than the defined or maximum width will clip that line, rather than breaking the word in two.ClipString=2常に単語の境界(スペースまたはタブ)を折り返します。定義された幅または最大幅より長い単一の単語は、単語を2つに分割するのではなく、その行を切り取ります。

When ClipString=2 is used with bound measures that have an initial value of "", (WebParser and QuotePlugin for example) DynamicVariables=1 must be set on the meter.ClipString=2初期値が ""のバウンドメジャーで使用する場合(WebParserやQuotePluginなど)、DynamicVariables = 1をメーターに設定する必要があります。

ClipStringW

Sets a maximum width that the meter will expand to accommodate the string when ClipString=2. This setting is ignored if the W option is set.弦が収まるときにメーターが拡大する最大幅を設定しますClipString=2Wオプションが設定されている場合、この設定は無視されます。

ClipStringH

Sets a maximum height that the meter will expand to accommodate the string when ClipString=2. This setting is ignored if the H option is set.弦に合わせてメーターが拡大する最大の高さを設定しますClipString=2Hオプションが設定されている場合、この設定は無視されます。

Angle Default: 0.0Angle デフォルト: 0.0

Defines the angle of the text in radians.テキストの角度をラジアンで定義します。

Note: The size and position of the text are always calculated as if the text is horizontal. This also means that the click-able field used for Mouse Actions does not change. It remains where the text would be with no Angle.注意:テキストのサイズと位置は、常にテキストが水平であるかのように計算されます。これはまた、マウスアクションに使用されるクリック可能フィールドが変更されないことを意味します。テキストが角度なしであるところにそれは残ります。

More information about using Angle can be found at Working with Angle on a String Meter.角度の使用に関する詳細は、文字列メーターで角度を操作するを参照してください

Percentual Default: 0Percentual デフォルト: 0

If set to 1, the value of bound measures are converted to a percentage. This is useful if a measure does not return a percentage value, but either automatically defines a valid "range" of values (e.g. FreeDiskSpace) or when the MinValue and/or MaxValue options are manually set on the measure.に設定されて1いる場合、バウンドメジャーの値はパーセンテージに変換されます。尺度はパーセンテージ値を返さない場合、これは便利ですが、どちらかが自動的に有効な値の「範囲」(例えば定義FreeDiskSpace)またはときMinValueプロパティおよび/またはMaxValueをするオプションを手動測定に設定されているが。

NumOfDecimals Default: 0NumOfDecimals デフォルト: 0

Number of decimals to display with numerical measure values.数値データで表示する小数点以下の桁数。

Scale Default: 1Scale デフォルト: 1

Scaling factor used for the measure values. The measure value is divided by the specified value. If the specified value has a decimal point (e.g. 1000.0), the result will also display decimals.メジャー値に使用されるスケーリング係数。測定値は指定された値で除算されます。指定された値に小数点がある場合(例えば1000.0)、結果には小数点も表示されます。

Note: If AutoScale is enabled, this option is ignored.注:AutoScaleが有効な場合、このオプションは無視されます。

AutoScale Default: 0AutoScale デフォルト: 0

Automatically scales the measure values. The scaled result is appended with k, M, G, etc. as appropriate. Valid values are:数値データを自動的に調整します。スケーリングされた結果には、必要に応じてk、M、Gなどが追加されます。有効な値は以下のとおりです。

  • 0: Disabled.
  • 1: Scales by 1024.1:1024倍になります。
  • 1k: Scales by 1024 with kilo as the lowest unit.1k:キロを最小単位として1024で拡大縮小します。
  • 2: Scales by 1000.2:1000倍になります。
  • 2k: Scales by 1000 with kilo as the lowest unit.2k:キロを最小単位として1000倍します。

By default the value will be displayed with one decimal point of precision. Use NumOfDecimals to control this.デフォルトでは、値は小数点以下1桁の精度で表示されます。これを制御するにはNumOfDecimalsを使用します。

Note: The value returned by AutoScale adds a space between the scaled number and the scale unit abbreviation. To remove this space simply add Substitute=" ":"" to the Measure that the AutoScale is being applied to.注:オートスケールによって返される値は、スケールされた数値とスケール単位の省略形の間にスペースを追加します。このスペースを削除するSubstitute=" ":""には、オートスケールが適用されている数値データに単純に追加します。

Note: Using the SolidColor option, with a value of SolidColor=0,0,0,1, will give a string meter a solid but virtually transparent background. This can make executing mouse actions on the text easier and more reliable.注意:値をに設定してSolidColorオプションを使用するSolidColor=0,0,0,1と、文字列メーターの背景はベタになりますが、ほぼ透明になります。これにより、テキストに対するマウス操作の実行がより簡単かつ信頼性の高いものになります。

Example

[Rainmeter]
Update=1000
AccurateText=1
DynamicWindowSize=1

[Metadata]
Name=ExampleMeterString
Author=The Rainmeter Team
Information=Example of the String meter
License=Creative Commons Attribution-Non-Commercial-Share Alike 3.0
Version=1.0

[MeasureDate]
Measure=Time
Format=%A, %b %#d, %Y

[MeterDate]
Meter=String
MeasureName=MeasureDate
X=0
Y=0
FontColor=255,255,255,255
FontFace=Segoe UI
FontSize=17
StringEffect=Shadow
FontEffectColor=0,0,0,255
AntiAlias=1
Text=Today is: %1

[MeterText1]
Meter=String
X=0
Y=0R
FontColor=197,239,252,255
FontSize=12
AntiAlias=1
Text=Relative to bottom of previous meter

[MeterText2]
Meter=String
X=300
Y=10R
W=300
H=20
StringAlign=Right
FontColor=255,255,255,255
FontSize=14
FontWeight=400
StringStyle=Italic
AntiAlias=1
Text=Right justified italic text

[MeterText3]
Meter=String
X=150
Y=5R
W=300
H=20
StringAlign=Center
FontColor=252,245,197,255
FontSize=14
FontWeight=700
AntiAlias=1
Text=Centered bold text

[MeterText4]
Meter=String
X=0
Y=10R
W=200
H=50
FontColor=197,252,223,255
FontSize=14
FontWeight=700
ClipString=1
AntiAlias=1
Text="This text will wrap due to ClipString=1"

An example skin showing various string options.さまざまな文字列オプションを表示しているスキンの例。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

layout-flow 文字の表示方向(筆記方向)を指定する

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る