General Meter Options 一般メーターオプション

Options available for use with all meters.すべてのメーターで使用可能なオプション

Optionsオプション

Meter

Type of the meter (e.g. Bar or String). This option is required and may not be changed dynamically.メーターの種類(BarまたはString)。このオプションは必須であり、動的に変更することはできません。

MeterStyle

Specifies one or more sections as MeterStyles from which option values are inherited. Multiple MeterStyles are delimited with pipes (|).オプション値が継承されるMeterStylesとして1つ以上のセクションを指定します。複数のMeterStylesはpipe(|)で区切られています。

MeasureName, MeasureName2, MeasureName3...MeasureNameMeasureName2MeasureName3...

"Binds" the meter to one or more measures. This means that the meter displays the values of these measures in some way. The exact form of the display depends on the type of meter. See each meter type's page for details about what kind of values are valid for that type, and how the values are displayed.メーターを1つ以上の小節に「バインド」します。つまり、メーターはこれらの測定値を何らかの方法で表示します。正確な表示形式はメーターの種類によって異なります。その種類に有効な値の種類、および値の表示方法の詳細については、各メーターの種類のページを参照してください。

X, Y Default: 0XY デフォルト:0

Specifies the x (horizontal) and y (vertical) position of the meter in pixels relative to the top-left edge of the skin.

Relative positioning: If the value is appended with r, the position is relative to the top/left edge of the previous meter. If the value is appended with R, the position is relative to the bottom/right edge of the previous meter.スキンの左上端を基準にした、メーターのx(水平)およびy(垂直)位置をピクセル単位で指定します。

相対位置:値が追加されているr場合、位置は前のメーターの上/左端からの相対位置です。値が追加されているR場合、位置は前のメーターの下端/右端からの相対位置です。

Examples:
X=150 : Meter begins 150 horizontal pixels from the left edge of the skin window.
Y=75 : Meter begins 75 vertical pixels from the top edge of the skin window.

X=10R : Meter begins 10 horizontal pixels to the right of the previous meter.
Y=0r : Meter begins at the same vertical position as the previous meter.例::
X=150メーターはスキンウィンドウの左端から150水平ピクセルの位置から始まります。
Y=75:メーターはスキンウィンドウの上端から75垂直ピクセルの位置から始まります。

X=10R:メーターは、前のメーターの右側に10水平ピクセルで始まります。
Y=0r:メーターは、前のメーターと同じ垂直位置から始まります。

W, HWH

Specifies the width and height of the meter in pixels. String meters and meters which display an image file can automatically determine the width and height. For all other cases, W and H must be defined.メーターの幅と高さをピクセル単位で指定します。画像ファイルを表示する文字列メーターは、幅と高さを自動的に決定できます。他のすべてのケースでは、WH定義する必要があります。

Padding Format: Left,Top,Right,BottomPadding フォーマット: Left,Top,Right,Bottom

Adds padding in pixels around any or all sides of a meter. The width and height of the meter will dynamically be adjusted to the new size. The padding will be drawn using the Color defined with SolidColor / SolidColor2.メーターの一部または全部の周囲にパディングをピクセル単位で追加します。メーターの幅と高さは新しいサイズに合わせて動的に調整されます。パディングは、SolidColor / SolidColor2で定義されたを使って描画されます

Format: Padding=Left,Top,Right,Bottomフォーマット: Padding=Left,Top,Right,Bottom

Example: Padding=5,10,5,10例: Padding=5,10,5,10

Hidden Default: 0Hidden デフォルト: 0

If set to 1, the meter is hidden. The visibility can also be changed with the !ShowMeter and !HideMeter bangs.に設定する1と、メーターは非表示になります。また、!ShowMeterおよび!HideMeter bangを使用して表示設定を変更することもできます。

Note: This is done by setting the width and height of the meter to zero, so some care should be taken when using the R relative positioning suffix on X or Y on any following meters. While in effect a "singularity", the hidden meter still exists and occupies a position in space.注:これは、メーターの幅と高さをゼロに設定することによって行われます。そのため、後続のメーターのRXまたはY上に相対位置サフィックスを使用するときは、注意が必要です。事実上「特異点」である間、隠されたメーターはまだ存在していて、空間の位置を占めます。

Container

Define a meter to be used as a "container" for the "content" of this meter.このメーターの「内容」の「コンテナー」として使用されるメーターを定義します。

Example: Container=SomeOtherMeter.例: Container=SomeOtherMeter

See the Container option for details on this functionality.この機能の詳細についてはContainerオプションを見てください。

UpdateDivider Default: 1UpdateDivider デフォルト: 1

Frequency at which the meter is updated. The Update option in the [Rainmeter] section of the skin is multiplied by the specified value to determine how often the meter is updated.メーターが更新される頻度。Updateスキンの[Rainmeter]セクションのオプションに指定された値を掛けて、メーターを更新する頻度を決定します。

Example: If Update=1000 (in the [Rainmeter] section) and UpdateDivider=30, the meter is updated every 30 seconds.例:もしUpdate=1000([Rainmeter]セクションで)とUpdateDivider=30、メーターが30秒ごとに更新されます。

If UpdateDivider=-1 or any negative number, then the meter is only updated once when the skin is loaded or refreshed.UpdateDivider=-1負の数の場合、メーターはスキンがロードまたはリフレッシュされたときに一度だけ更新されます。

OnUpdateAction

Action to execute each time the meter is updated.メーターが更新されるたびに実行するアクション

Note: This may be based on the values in Update in the [Rainmeter] section and any UpdateDivider on the meter, or if the meter is updated with a Meter Bang or other relevant bang.注:これは[Rainmeter]セクションのUpdateの値とメーターのUpdateDividerに基づいている場合、またはメーターがMeter Bangまたはその他の関連するbangで更新されているかどうかに基づいている可能性があります。

SolidColor, SolidColor2 Default: 0,0,0,0SolidColorSolidColor2 デフォルト:0,0,0,0

Color of the meter background. If SolidColor2 is also specified, the background is a gradient composed of SolidColor and SolidColor2.メーターの背景。場合SolidColor2も指定され、背景があるグラデーションで構成SolidColorしてSolidColor2

Hint: SolidColor=0,0,0,1 can be used to make transparent areas of the meter clickable.ヒント: SolidColor=0,0,0,1メーターの透明部分をクリック可能にするために使用できます。

GradientAngle

Angle of the gradient in degrees when both SolidColor and SolidColor2 are defined.SolidColorとの両方SolidColor2が定義されている場合の勾配の角度(度単位)。

BevelType Default: 0BevelType デフォルト: 0

If enabled, draws a bevel around the edges of the rectangle specified by H and W. Valid values are:有効にするHと、andで指定された長方形の端にベベルを描きますW。有効な値は以下のとおりです。

  • 0: No bevel0ベベルなし
  • 1: Raised1:上げた
  • 2: Sunken2サンケン
AntiAlias Default: 0AntiAlias デフォルト: 0

If set to 1, antialising (edge smoothing) is used when the meter is drawn.に設定する1と、メーターが描画されるときにアンチエイリアシング(エッジスムージング)が使用されます。

DynamicVariables Default: 0DynamicVariables デフォルト: 0

If set to 1, the meter is dynamic.に設定する1と、メーターは動的になります。

See also: Dynamic Variables 動的変数も参照してください。

TransformationMatrix Default: 1;0;0;1;0;0TransformationMatrix デフォルト: 1;0;0;1;0;0

Defines a 3x2 matrix which can be used to transform the meter. Transformations include: scaling, skewing, and translating (ie. moving). There must be exactly 6 values separated by semicolons ;.メーターを変換するために使用できる3×2の行列を定義します。変換には、拡大縮小、傾斜、および平行移動(移動)が含まれます。セミコロンで区切られた正確に 6つの値がなければなりません;

TransformationMatrix={scale x};{skew y};{skew x};{scale y};{move x};{move y}TransformationMatrix = {スケールx}; {スキューy}; {スキューx}; {スケールy}; {移動x}; {移動y}

Combining these can have drastic effects on the meter it is applied to.これらを組み合わせると、それが適用されるメーターに大きな影響を与える可能性があります。

See also: Transformation Matrix 変換行列も参照してください。

Examples:

  • TransformationMatrix=-1; 0; 0; 1; 40; 0: This will flip X along the line X=20.TransformationMatrix=-1; 0; 0; 1; 40; 0:これはX線に沿って反転しますX=20
  • TransformationMatrix=1; 0; 0; -1; 0; 100: This will flip Y along the line Y=50.TransformationMatrix=1; 0; 0; -1; 0; 100:これはY線に沿って反転しますY=50
  • TransformationMatrix=0.5; 0; 0; 1; 25; 0: This will scale X by 0.5 at X=50.TransformationMatrix=0.5; 0; 0; 1; 25; 0:これはスケールしますXによって0.5X=50

Note: All transformations are relative to the top left corner of the window and not to the meter itself. So if you want to rotate the meter by its center the translation component in the matrix must be relative to the top left corner of the window.注意:すべての変換は、メーター自体ではなく、ウィンドウの左上隅を基準にしています。そのため、メーターを中央で回転させたい場合は、マトリックス内の平行移動成分はウィンドウの左上隅を基準にしている必要があります。

Also note that the even if the meter's visual location and orientation is changed by the transformation the place where it would be located without the transformation will still be used to define the window size and register the mouse clicks. This might change in the future though.メーターの視覚的な位置と方向が変換によって変更されたとしても、変換されずに配置される場所はウィンドウサイズの定義とマウスクリックの登録に使用されます。これは将来変わるかもしれません。

Group

Defines a group or series of groups that the meter belongs to. For more information please see the Groups page.メーターが属するグループまたは一連のグループを定義します。詳しくはグループページをご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Gitを自動的にpullする方法(常に最新の状態にする)

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る