NetBeansでRuby on Railsを開発する

Ruby on Railsに対応した統合開発環境(IDE)にはEclipse(RadRailsプラグイン)や3rdRailなどがありますが、NetBeansもその1つです。
Rubyコマンドを実行できるのはもちろんコード補完やWebサーバ・DBサーバ連携の機能も含まれていて、これらのIDEの中では特に優れているようです。

[参考記事] NetBeansのインストール
[参考記事] EclipseでRuby on Railsを開発する場合(RadRails)





『DBの作成』ボタンをクリックすると、新規データベースを作成することができます。
しかしユーザが『root』で、パスワードの設定がない場合となります。


rootにパスワードが設定されていると、エラーが出ます。


rootにパスワードが設定されているときには、データベースを別途作って設定情報を入力します。


プロジェクトの作成中にRuby on Railsのバージョンアップなどもできますし、Ruby on Railsのバージョンの指定もできます。


プロジェクトが作成されると、次のような画面になります。


NetBeansからWebサーバを立ち上げることもできますが、初回起動時にはWindowsファイアウォールの警告が出ます。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

caption-side テーブル(表)のキャプションの位置を指定する

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る