EclipseでRuby on Rails開発環境を作る RadRails

RadRailsはRuby on Rails開発のためのEclipse用プラグインです。
もともとはAptana Studioのプラグインとして作成されたようです。
Rubyが赤をイメージさせるためRedRailsと間違いそうですが、Redではありません。Radです。

scaffoldコマンドやmigrationコマンドなどの実行、スケルトンの作成、WEBrickサーバ、Mongrelサーバとの連携とRuby on Railsには欠かせない機能が充実しています。

機能詳細
インストール

RadRails機能詳細



プロジェクトを作成するときにスケルトンを作ることもできます。
Ruby on Railsでは、スケルトンありきなので便利な機能です。


ジェネレータからscaffoldコマンドやmigrationコマンドを実行することができます。

この機能があってこそのRuby on Rails開発ツールです。

更新マネージャーでRDTプラグインをインストール

ヘルプ → ソフトウェア更新 → 検索及びインストール






更新サイトにhttp://radrails.sourceforge.net/updateを追加します。


追加したサイトにチェックが入っていることを確認して、『終了』をクリックします。










プラグインの反映にはEclipseの再起動が必要になります。


Eclipse起動後に ウインドウ → 設定 よりRubyの設定をします。
Railsパス、Rakeパス、MongrelをインストールしていればMongrelパスをRubyインストールパス以下にあるbinフォルダのrailsおよびrakeに設定します。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

String.link

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る