MySQLでクエリーをログに記録する方法

発行されたSQL文を、デバックなどで確認したい場合、MySQLでは実行された全てのSQL文をログに書き出すことができます。

[参考記事] MySQLのログファイル ログの種類と保存先

Linuxでは

/etc/my.cnf

Windowsでは

C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 5.1\my.ini

[mysqld]ディレクティブ以下に

log=【ログの出力先パス】

log=/var/log/mysql.log

のように書き、MySQLを再起動すると、SQL文がログに書き出されます。

ただし全てのクエリーがログに出力されるため、アクセス頻度によっては膨大なログとなります。
デバックなどで一時的に設定する場合のみ使用するか、ログローテートなどを併用するようにしたほうがいいです。

MySQLの再起動

WindowsでMySQLを再起動するには下記のようにします。
スタート
 ↓
コントロール パネル
 ↓
パフォーマンスとメンテナンス
 ↓
管理ツール
 ↓
サービス
 ↓
MySQLの項を選択
 ↓
『サービスの再起動』をクリックします。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

LENGTH関数 文字列長を求める

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る