LIMITで件数制限をしつつ、全件数を取得する方法 SQL_CALC_FOUND_ROWS FOUND_ROWS()

LIMITでの件数制限と全件数の取得を合わせて行う方法です。

単純に全件数を取得するにはcountを使用します。

SELECT count(*) FROM `table`;

LIMITで制限すると、countで得られる値も制限された数となります。

MySQLではLIMITと同時に全件数を調べることができます。
方法はLIMITするSELECT文のカラムにSQL_CALC_FOUND_ROWSを追加し、そのSQLを実行した直後にSELECT FOUND_ROWS()で取得します。

SELECT SQL_CALC_FOUND_ROWS * FROM FROM `table`;

SELECT FOUND_ROWS() as `allcnt`;

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

mcopy MS-DOSファイルのコピー

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る