auの留守番電話サービス 20秒経つと留守電になる

auの携帯電話には端末内に保存される「簡易留守メモ」とauセンターに保存される「お留守番サービス」があります。
この「お留守番サービス」は意外とわかりにくい部分があります。

初期状態のauの携帯電話では着信があって一定以上、応答しない(電話に出ない)と端末の簡易留守電ではなく、auセンターの留守番サービスに転送されます。
転送されるまでの時間は約20秒で、この時間は変更することができません。

端末の簡易留守電の呼び出し時間(応答時間)の設定が20秒以下であれば簡易留守電が先に起動するため、こちらが優先されます。

またこのお留守番サービスには2種類あります。
「留守番開始1」と「留守番開始2」です。

留守番開始1 通話中にかかってきた電話をお留守番サービスに転送する場合
電波が届かない場所にいたり、電源が切れていた場合
着信があってから約20秒応答しなかった場合(無応答転送)
通話中に電話がかかってきた場合(通話中転送)
着信中に「着信転送」にした場合(選択転送)
留守番開始2 通話中にかかってきた電話をお留守番サービスに転送しない場合
電波が届かない場所にいたり、電源が切れていた場合
着信があってから約20秒応答しなかった場合(無応答転送)
着信中に「着信転送」にした場合(選択転送)

この2パターンの設定しかできません。
つまり「圏外の時には留守番電話にしたいけど、20秒以上電話に出れなかったときには留守番電話に転送しない」という設定はできません。

EZwebのauお客さまサポート内では設定変更ができません。

設定を変更するには4桁の電話番号へ電話をかけます。

端末メニューから設定する場合

メニュー ⇒ ユーザー補助 ⇒ ネットワーク

直接電話をかける場合

留守伝言再生1417
留守番開始11411
留守番開始21413
留守番停止1410
応答内容変更
応答メッセージの設定
1414

端末を紛失したり家に置き忘れたりして、手元に設定したい端末がない場合でも遠隔操作で設定変更ができます。

090-4444-XXXXに電話をかける。

総合案内0141
サービスの開始1411
サービスの開始 (話中転送なし) 1413
伝言再生1417
サービスの停止1410

ほかにも設定方法がわかりにくいサービスとしてキャッチホン(割込通話)があります。

割り込み通話開始1451
割り込み通話停止1450

このページはau公式のものではないので、正確にはauに問い合わせてください。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

ROUND関数 まるめる

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る