document.write

ドキュメント上にデータを出力します。サブウィンドウやフレームにデータを書き出す場合にはopen()でストリームを開いておく必要があります。

構文

document.write(書き出すデータ)

例文

<html>
 <head>
  <title>document.write</title>
</head>
 <body>
  <script type="text/javascript"><!--
   document.write("write test");
  // --></script>
 </body>
</html>

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

leftプロパティが指定された要素ではrightプロパティが無視される

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る