$secure_dirクラス変数 セキュアであるとみなすファイルを格納するディレクトリ

これは、セキュアであるとみなすローカルファイルやディレクトリを格納する配列です。
{include} および {fetch} は、$security が有効な場合にこの設定を使用します。
デフォルトは array() です。

$secure_dirs[] = '/path/to/site/root/templates/';
$secure_dirs[] = '/path/to/includes/';
$smarty->secure_dir = $secure_dirs;

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

cronを実行すると『TERM environment variable not set.』というエラーメールが飛ぶ

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る