JavaScriptとは?

JavaScriptとは、Netscape Communications社が開発したプログラミング言語です。
同社のNetscape Navigator 2.0で初めてサポートされ、Microsoft社のInternet Explorer 3.0でもJScriptとして導入されました。

各ブラウザで独自に実装された部分が多いため、ブラウザごとに記述が違う場合があります。
このためブラウザごとの違いを吸収すべく開発されたのが、prototype.jsjQueryです。

当初はブラウザによって仕様も様々でしたが、 現在ではECMA(European Computer Manufacturer Association 欧州電子計算機工業会)によって 標準化されている。
ECMAによって標準化されたJavaScriptはECMAScriptと呼ばれます。

ソースコードを1行ずつ解釈しながら実行していくインタプリタ型言語のため、コンパイルの必要がありません。 (逆にコンパイルが必要な言語はコンパイル型言語といわれます。)

HTMLに組み込んで、ブラウザ上で動作させることが多いため「クライアントサイドスクリプト」といわれがちですが、 実際には汎用プログラミング言語であるためサーバサイドでも使用できます。

サーバサイドスクリプトとしてのJavaScript

用途名称
IIS webサーバJScript
Windows Scripting HostJScript
Flashのプレーヤーのスクリプト機能JavaScriptベースにしたプログラミング言語
Java 6.0JavaScriptインタプリタ

JavaScript と名前の似たプログラミング言語に、Sun Microsystems 社が開発した Java がありますが、この2つは同じではありません。
JavaScript は元々 LiveScript という名前で開発されていましたが、Netscape 社と Sun 社が技術提携したこともあり、 JavaScript と名前を変えたようです。このため構文も似ている部分があります。

MSDNライブラリ(マイクロソフト社のドキュメント)

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

アンカーを:hover状態にすると%値指定のマージンやパディングの量が変化する

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る