String.sub

タグで囲んだ値を得る

構文

stringObject.sub()

例文

<html>
<head>
<title>String.sub</title>
</head>

<body>

<!--<sub>タグで囲んだ値を得るのサンプル-->
<script type="text/javascript">
var str="String";
document.write(str.sub());
// <sub>String</sub> を返す
</script>

</body>
</html>

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

cronを実行すると『TERM environment variable not set.』というエラーメールが飛ぶ

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る