Date.getUTCDay

協定世界時の曜日を数値で返します。数値と曜日は以下のように対応しています。

getDayの値曜日
0日曜日
1月曜日
2火曜日
3水曜日
4木曜日
5金曜日
6土曜日

構文

日付オブジェクト.getUTCDay()

例文

<html>
 <head>
  <title>Date.getUTCDay</title>
</head>
 <body>
  <script type="text/javascript"><!--
  dateObj = new Date();
  d = dateObj.getUTCDay();
  document.write("日月火水木金土".charAt(d)+"曜日");
  // --></script>
 </body>
</html>

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

nextSibling

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る