RFC2231 日本語訳

2231 MIME Parameter Value and Encoded Word Extensions: Character Sets,Languages, and Continuations. N. Freed, K. Moore. November 1997. (Format: TXT=19280 bytes) (Obsoletes RFC2184) (Updates RFC2045, RFC2047, RFC2183) (Status: PROPOSED STANDARD)
プログラムでの自動翻訳です。
英語原文

Network Working Group                                         N. Freed
Request for Comments: 2231                                    Innosoft
Updates: 2045, 2047, 2183                                     K. Moore
Obsoletes: 2184                                University of Tennessee
Category: Standards Track                                November 1997

ネットワークワーキンググループN.はコメントを求める要求を解放しました: 2231のInnosoftアップデート: 2045、2047、K.ムーアが時代遅れにする2183: 2184年のテネシー大学カテゴリ: 標準化過程1997年11月

           MIME Parameter Value and Encoded Word Extensions:
              Character Sets, Languages, and Continuations

パラメタ値とコード化されたWord拡大をまねてください: 文字コード、言語、および続刊

Status of this Memo

このMemoの状態

   This document specifies an Internet standards track protocol for the
   Internet community, and requests discussion and suggestions for
   improvements.  Please refer to the current edition of the "Internet
   Official Protocol Standards" (STD 1) for the standardization state
   and status of this protocol.  Distribution of this memo is unlimited.

このドキュメントは、インターネットコミュニティにインターネット標準化過程プロトコルを指定して、改良のために議論と提案を要求します。 このプロトコルの標準化状態と状態への「インターネット公式プロトコル標準」(STD1)の現行版を参照してください。 このメモの分配は無制限です。

Copyright Notice

版権情報

   Copyright (C) The Internet Society (1997).  All Rights Reserved.

Copyright(C)インターネット協会(1997)。 All rights reserved。

1.  Abstract

1. 要約

   This memo defines extensions to the RFC 2045 media type and RFC 2183
   disposition parameter value mechanisms to provide

このメモは、提供するためにRFC2045メディアタイプとRFC2183気質パラメタ値のメカニズムと拡大を定義します。

    (1)   a means to specify parameter values in character sets
          other than US-ASCII,

(1) 米国-ASCIIを除いて、パラメタ値を指定する手段はぴったりしたセットします。

    (2)   to specify the language to be used should the value be
          displayed, and

そして値を表示するなら使用されるために言語を指定する(2)。

    (3)   a continuation mechanism for long parameter values to
          avoid problems with header line wrapping.

(3) 長いパラメタ値がヘッダー系列ラッピングに関する問題を避ける継続メカニズム。

   This memo also defines an extension to the encoded words defined in
   RFC 2047 to allow the specification of the language to be used for
   display as well as the character set.

また、このメモは言語の仕様が文字集合と同様にディスプレイに使用されるのを許容するためにRFC2047で定義されたコード化された単語と拡大を定義します。

2.  Introduction

2. 序論

   The Multipurpose Internet Mail Extensions, or MIME [RFC-2045, RFC-
   2046, RFC-2047, RFC-2048, RFC-2049], define a message format that
   allows for:

マルチパーパスインターネットメールエクステンション、またはMIME[RFC-2045、RFC2046、RFC-2047、RFC-2048、RFC-2049]が以下を考慮するメッセージ・フォーマットを定義します。

Freed & Moore               Standards Track                     [Page 1]

RFC 2231         MIME Value and Encoded Word Extensions    November 1997

解放されるのとムーア標準化過程[1ページ]RFC2231は拡大1997年11月に値とコード化されたWordをまねます。

    (1)   textual message bodies in character sets other than
          US-ASCII,

(1) 米国-ASCIIを除いた文字集合における原文のメッセージ本体

    (2)   non-textual message bodies,

(2) 非原文のメッセージ本体

    (3)   multi-part message bodies, and

そして(3) 複合メッセージ本体。

    (4)   textual header information in character sets other than
          US-ASCII.

(4) 米国-ASCIIを除いて、原文のヘッダー情報はぴったりしたセットします。

   MIME is now widely deployed and is used by a variety of Internet
   protocols, including, of course, Internet email.  However, MIME's
   success has resulted in the need for additional mechanisms that were
   not provided in the original protocol specification.

MIMEは、現在、広く配布されて、もちろんインターネットメールを含むさまざまなインターネットプロトコルによって使用されます。 しかしながら、MIMEの成功は当初のプロトコル仕様に提供されない追加メカニズムの必要性をもたらしました。

   In particular, existing MIME mechanisms provide for named media type
   (content-type field) parameters as well as named disposition
   (content-disposition field).  A MIME media type may specify any
   number of parameters associated with all of its subtypes, and any
   specific subtype may specify additional parameters for its own use. A
   MIME disposition value may specify any number of associated
   parameters, the most important of which is probably the attachment
   disposition's filename parameter.

メカニズムが備える既存のMIMEは、特に、タイプ(content type分野)パラメタとメディアを命名して、(満足している気質分野)と気質を命名しました。 MIMEメディアタイプは血液型亜型のすべてに関連しているいろいろなパラメタを指定するかもしれません、そして、どんな特定の「副-タイプ」もそれ自身の使用のための追加パラメタを指定するかもしれません。 MIME気質価値はたぶん中でそれのもの最も重要である付属気質のファイル名パラメタであるいろいろな関連パラメタを指定するかもしれません。

   These parameter names and values end up appearing in the content-type
   and content-disposition header fields in Internet email.  This
   inherently imposes three crucial limitations:

これらのパラメタ名と値は結局、インターネットメールによるcontent typeと満足している気質ヘッダーフィールドに現れます。 これは本来3つの重要な制限を課します:

    (1)   Lines in Internet email header fields are folded
          according to RFC 822 folding rules.  This makes long
          parameter values problematic.

(1) RFC822折り尺によると、インターネットメールヘッダーフィールドにおける線は折り重ねられます。 これで、長いパラメタ値は問題が多くなります。

    (2)   MIME headers, like the RFC 822 headers they often
          appear in, are limited to 7bit US-ASCII, and the
          encoded-word mechanisms of RFC 2047 are not available
          to parameter values.  This makes it impossible to have
          parameter values in character sets other than US-ASCII
          without specifying some sort of private per-parameter
          encoding.

(2) MIMEヘッダー、RFCのように、彼らがしばしば現れる822個のヘッダーが7ビットに米国のASCIIで限られていて、RFC2047のコード化された単語メカニズムはパラメタ値に利用可能ではありません。 これで、ある種の1パラメタあたりの個人的なコード化を指定することのない米国-ASCIIを除いた文字集合におけるパラメタ値を持っているのは不可能になります。

    (3)   It has recently become clear that character set
          information is not sufficient to properly display some
          sorts of information -- language information is also
          needed [RFC-2130].  For example, support for
          handicapped users may require reading text string

(3) 適切に数種類の情報を表示するのは最近、文字集合情報が十分でないことが明確になりました--また、言語情報が必要です[RFC-2130]。 例えば、ハンディキャップがあるユーザのサポートは、テキスト文字列を読むのを必要とするかもしれません。

Freed & Moore               Standards Track                     [Page 2]

RFC 2231         MIME Value and Encoded Word Extensions    November 1997

解放されるのとムーア標準化過程[2ページ]RFC2231は拡大1997年11月に値とコード化されたWordをまねます。

          aloud. The language the text is written in is needed
          for this to be done correctly.  Some parameter values
          may need to be displayed, hence there is a need to
          allow for the inclusion of language information.

声を出して。 テキストが書かれている言語が、これが正しく完了しているのに必要です。 いくつかのパラメタ値が、表示される必要があるかもしれません、したがって、言語情報の包含を考慮する必要があります。

   The last problem on this list is also an issue for the encoded words
   defined by RFC 2047, as encoded words are intended primarily for
   display purposes.

また、このリストの上の最後の問題はRFC2047によって定義されたコード化された単語のための問題です、コード化された単語が主としてディスプレイ目的のために意図するとき。

   This document defines extensions that address all of these
   limitations. All of these extensions are implemented in a fashion
   that is completely compatible at a syntactic level with existing MIME
   implementations. In addition, the extensions are designed to have as
   little impact as possible on existing uses of MIME.

このドキュメントはこれらの制限のすべてを扱う拡大を定義します。 これらの拡大のすべてが構文のレベルにおいて既存のMIME実装と完全に互換性があるファッションで実装されます。 さらに、拡大は、MIMEの既存の用途のときにできるだけほとんど影響力を持たないように設計されています。

   IMPORTANT NOTE:  These mechanisms end up being somewhat gibbous when
   they actually are used. As such, these mechanisms should not be used
   lightly; they should be reserved for situations where a real need for
   them exists.

重要な注意: それらが結局実際に使用されているとき、これらのメカニズムはいくらか凸状です。 そういうものとして、軽くこれらのメカニズムを使用するべきではありません。 それらはそれらの本当の必要性が存在する状況のために予約されるべきです。

2.1.  Requirements notation

2.1. 要件記法

   This document occasionally uses terms that appear in capital letters.
   When the terms "MUST", "SHOULD", "MUST NOT", "SHOULD NOT", and "MAY"
   appear capitalized, they are being used to indicate particular
   requirements of this specification. A discussion of the meanings of
   these terms appears in [RFC- 2119].

このドキュメントは時折大文字で現れる用語を使用します。 用語“MUST"、“SHOULD"、「必須NOT」である、「」 「5月」は大文字で書かれるように見えて、それらは、この仕様の特定の要件を示すのに使用されるべきです。 これらの用語の意味の議論は[RFC2119]に現れます。

3.  Parameter Value Continuations

3. パラメタ値の続刊

   Long MIME media type or disposition parameter values do not interact
   well with header line wrapping conventions.  In particular, proper
   header line wrapping depends on there being places where linear
   whitespace (LWSP) is allowed, which may or may not be present in a
   parameter value, and even if present may not be recognizable as such
   since specific knowledge of parameter value syntax may not be
   available to the agent doing the line wrapping. The result is that
   long parameter values may end up getting truncated or otherwise
   damaged by incorrect line wrapping implementations.

長いMIMEメディアがタイプされるか、または気質パラメタ値はヘッダー系列ラッピングコンベンションとよく対話しません。 特に、適切なヘッダー系列ラッピングは、直線的な空白(LWSP)(パラメタ値で存在しているかもしれません)が許容されていて、系列ラッピングをしているエージェントには、プレゼントが以来そういうものとして認識可能でなくてもパラメタ値の構文に関する特定の知識が利用可能でないかもしれない場所であるのでそこによります。 結果は端が欠けるか長いパラメタ値が結局別の方法で不正確な系列ラッピング実装によって破損させられているかもしれないということです。

   A mechanism is therefore needed to break up parameter values into
   smaller units that are amenable to line wrapping. Any such mechanism
   MUST be compatible with existing MIME processors. This means that

したがって、メカニズムが、系列ラッピングに従順なより小さい単位にパラメタ値を終えるのに必要です。 どんなそのようなメカニズムも既存のMIMEプロセッサとは互換性がなければなりません。 これはそれを意味します。

    (1)   the mechanism MUST NOT change the syntax of MIME media
          type and disposition lines, and

そして(1) メカニズムがMIMEメディアタイプと気質系列の構文を変えてはいけない。

Freed & Moore               Standards Track                     [Page 3]

RFC 2231         MIME Value and Encoded Word Extensions    November 1997

解放されるのとムーア標準化過程[3ページ]RFC2231は拡大1997年11月に値とコード化されたWordをまねます。

    (2)   the mechanism MUST NOT depend on parameter ordering
          since MIME states that parameters are not order
          sensitive.  Note that while MIME does prohibit
          modification of MIME headers during transport, it is
          still possible that parameters will be reordered when
          user agent level processing is done.

(2) MIMEが、パラメタがオーダー機密でないと述べるので、メカニズムはパラメタ注文であることによってはいけません。 MIMEが輸送の間MIMEヘッダーの変更を禁止しますが、ユーザエージェントレベル処理が完了しているとパラメタが再命令されるのが、まだ可能であることに注意してください。

   The obvious solution, then, is to use multiple parameters to contain
   a single parameter value and to use some kind of distinguished name
   to indicate when this is being done.  And this obvious solution is
   exactly what is specified here: The asterisk character ("*") followed
   by a decimal count is employed to indicate that multiple parameters
   are being used to encapsulate a single parameter value.  The count
   starts at 0 and increments by 1 for each subsequent section of the
   parameter value.  Decimal values are used and neither leading zeroes
   nor gaps in the sequence are allowed.

明らかな解決法はそして、ただ一つのパラメタ値を含んで、いつこれをしているかを示すのにある種の分類名を使用するのに複数のパラメタを使用することです。 そして、この明らかな解決法はまさにここで指定されることです: アスタリスクキャラクタ(「*」)は複数のパラメタがただ一つのパラメタ値をカプセル化するのに使用されているのを示すために雇われます、続いて、10進カウントを雇います。 カウントはパラメタ価値のそれぞれのその後のセクションあたり1時までに0と増分で始まります。 デシマル値は使用されています、そして、系列の主なゼロもギャップも許容されていません。

   The original parameter value is recovered by concatenating the
   various sections of the parameter, in order.  For example, the
   content-type field

元のパラメタ値は、オーダーにおけるパラメタの様々なセクションを連結することによって、回復されます。 例えば、content type分野

        Content-Type: message/external-body; access-type=URL;
         URL*0="ftp://";
         URL*1="cs.utk.edu/pub/moore/bulk-mailer/bulk-mailer.tar"

コンテントタイプ: 外部のメッセージ/ボディー。 アクセス型はURLと等しいです。 URL*0は「ftp://」と等しいです。 URL*1は「大量の大量のcs.utk.edu/パブ/moore/郵送者/mailer.tar」と等しいです。

   is semantically identical to

意味的に同じです。

        Content-Type: message/external-body; access-type=URL;
          URL="ftp://cs.utk.edu/pub/moore/bulk-mailer/bulk-mailer.tar"

コンテントタイプ: 外部のメッセージ/ボディー。 アクセス型はURLと等しいです。 URL= " ftp://cs.utk.edu/pub/moore/bulk-mailer/bulk-mailer.tar "

   Note that quotes around parameter values are part of the value
   syntax; they are NOT part of the value itself.  Furthermore, it is
   explicitly permitted to have a mixture of quoted and unquoted
   continuation fields.

パラメタ値の周りの引用文が値の構文の一部であることに注意してください。 それらは価値自体の一部ではありません。 その上、引用されて引用を終わっている継続欄の混合物を持っていることが明らかに許可されています。

4.  Parameter Value Character Set and Language Information

4. パラメタ値の文字コードと言語情報

   Some parameter values may need to be qualified with character set or
   language information.  It is clear that a distinguished parameter
   name is needed to identify when this information is present along
   with a specific syntax for the information in the value itself.  In
   addition, a lightweight encoding mechanism is needed to accommodate 8
   bit information in parameter values.

いくつかのパラメタ値が、文字集合か言語情報で資格がある必要があるかもしれません。 顕著なパラメタ名がこの情報がいつ値自体における情報のために特定の構文と共に存在しているかを特定するのに必要であるのは、明確です。 さらに、メカニズムをコード化するライト級が、パラメタ値における8ビットの情報に対応するのに必要です。

Freed & Moore               Standards Track                     [Page 4]

RFC 2231         MIME Value and Encoded Word Extensions    November 1997

解放されるのとムーア標準化過程[4ページ]RFC2231は拡大1997年11月に値とコード化されたWordをまねます。

   Asterisks ("*") are reused to provide the indicator that language and
   character set information is present and encoding is being used. A
   single quote ("'") is used to delimit the character set and language
   information at the beginning of the parameter value. Percent signs
   ("%") are used as the encoding flag, which agrees with RFC 2047.

アスタリスク(「*」)は言語と文字集合情報が存在しているというインディケータを提供するために再利用されます、そして、コード化は使用されています。 ただ一つの引用文、(「'、「)、パラメタ価値の始めに文字集合と言語情報を区切るのに使用される、」、' パーセント記号(「%」)はコード化旗として使用されます。(それは、RFC2047に同意します)。

   Specifically, an asterisk at the end of a parameter name acts as an
   indicator that character set and language information may appear at
   the beginning of the parameter value. A single quote is used to
   separate the character set, language, and actual value information in
   the parameter value string, and an percent sign is used to flag
   octets encoded in hexadecimal.  For example:

明確に、パラメタ名の終わりのアスタリスクはインディケータとしてその文字集合を機能させます、そして、言語情報はパラメタ価値の始めに現れるかもしれません。 ただ一つの引用文は文字集合、言語、およびパラメタ値のストリングの実価情報を切り離すのに使用されます、そして、パーセント記号は、16進でコード化された八重奏に旗を揚げさせるのに使用されます。 例えば:

        Content-Type: application/x-stuff;
         title*=us-ascii'en-us'This%20is%20%2A%2A%2Afun%2A%2A%2A

コンテントタイプ: xアプリケーション/もの。 タイトル*が私たちと等しい、-、ascii'en-us'This%20is%20%の2A%2A%2Afun%2A%2A%2A

   Note that it is perfectly permissible to leave either the character
   set or language field blank.  Note also that the single quote
   delimiters MUST be present even when one of the field values is
   omitted.  This is done when either character set, language, or both
   are not relevant to the parameter value at hand.  This MUST NOT be
   done in order to indicate a default character set or language --
   parameter field definitions MUST NOT assign a default character set
   or language.

空白の状態で文字集合か言語野原を出るのが完全に許されていることに注意してください。 また、分野値の1つが省略さえされるとき、ただ一つの引用文のデリミタが存在していなければならないことに注意してください。 文字集合、言語、または両方が手元のパラメタ値に関連していないとき、これをします。 デフォルト文字集合か言語を示すためにこれをしてはいけません--パラメタフィールド定義はデフォルト文字集合か言語を割り当ててはいけません。

4.1.  Combining Character Set, Language, and Parameter Continuations

4.1. 文字コード、言語、およびパラメタ続刊を結合します。

   Character set and language information may be combined with the
   parameter continuation mechanism. For example:

文字集合と言語情報はパラメタ継続メカニズムに結合されるかもしれません。 例えば:

   Content-Type: application/x-stuff
    title*0*=us-ascii'en'This%20is%20even%20more%20
    title*1*=%2A%2A%2Afun%2A%2A%2A%20
    title*2="isn't it!"

コンテントタイプ: x-もののタイトル*0アプリケーション/*が私たちと等しい、-、'この%20is%20even%20more%20は%20が*2=「それはそうではありません」と題をつける*1*=%2A%2A%2Afun%2A%2A%2Aと題をつける'ascii'en

   Note that:

以下のことに注意してください。

    (1)   Language and character set information only appear at
          the beginning of a given parameter value.

(1) 言語と文字集合情報は与えられたパラメタ価値の始めに現れるだけです。

    (2)   Continuations do not provide a facility for using more
          than one character set or language in the same
          parameter value.

(2) 続刊は同じパラメタ値に1つ以上の文字集合か言語を使用するのに施設を提供しません。

    (3)   A value presented using multiple continuations may
          contain a mixture of encoded and unencoded segments.

(3) 複数の続刊を使用することで提示された値はコード化されて暗号化されていないセグメントの混合物を含むかもしれません。

Freed & Moore               Standards Track                     [Page 5]

RFC 2231         MIME Value and Encoded Word Extensions    November 1997

解放されるのとムーア標準化過程[5ページ]RFC2231は拡大1997年11月に値とコード化されたWordをまねます。

    (4)   The first segment of a continuation MUST be encoded if
          language and character set information are given.

(4) 言語と文字集合情報を与えるなら、継続の最初のセグメントをコード化しなければなりません。

    (5)   If the first segment of a continued parameter value is
          encoded the language and character set field delimiters
          MUST be present even when the fields are left blank.

野原が空白のままにされるときさえ、(5) 継続的なパラメタ価値の最初のセグメントがコード化されるなら、言語と文字集合フイールド・デリミタは存在していなければなりません。

5.  Language specification in Encoded Words

5. Encodedワーズにおける言語仕様

   RFC 2047 provides support for non-US-ASCII character sets in RFC 822
   message header comments, phrases, and any unstructured text field.
   This is done by defining an encoded word construct which can appear
   in any of these places.  Given that these are fields intended for
   display, it is sometimes necessary to associate language information
   with encoded words as well as just the character set.  This
   specification extends the definition of an encoded word to allow the
   inclusion of such information.  This is simply done by suffixing the
   character set specification with an asterisk followed by the language
   tag.  For example:

RFC2047はRFC822メッセージの非米国のASCII文字の組のサポートにヘッダーコメント、句、およびどんな不統一なテキストフィールドも提供します。 これらの場所のいずれにも現れることができるコード化された単語構造物を定義することによって、これをします。 これらがディスプレイのために意図する分野であるなら、まさしく文字集合と同様にコード化された単語に言語情報を関連づけるのが時々必要です。 この仕様は、そのような情報の包含を許容するためにコード化された単語の定義を広げています。 言語タグがアスタリスクを支えていて文字集合仕様をsuffixingすることによって、単にこれをします。 例えば:

          From: =?US-ASCII*EN?Q?Keith_Moore?= <moore@cs.utk.edu>

From: =--、米国のASCII*アン?Q(キース_ムーア)が <moore@cs.utk.edu と等しいgt。

6.  IMAP4 Handling of Parameter Values

6. パラメタ値のIMAP4取り扱い

   IMAP4 [RFC-2060] servers SHOULD decode parameter value continuations
   when generating the BODY and BODYSTRUCTURE fetch attributes.

BODYを生成するとき、IMAP4[RFC-2060]サーバSHOULDはパラメタ値の続刊を解読します、そして、BODYSTRUCTUREは属性をとって来ます。

7.  Modifications to MIME ABNF

7. ABNFをまねる変更

   The ABNF for MIME parameter values given in RFC 2045 is:

RFC2045で与えられたMIMEパラメタ値のためのABNFは以下の通りです。

   parameter := attribute "=" value

パラメタ:=属性「=」価値

   attribute := token
                ; Matching of attributes
                ; is ALWAYS case-insensitive.

:=トークンを結果と考えてください。 属性のマッチング。 ALWAYSは大文字と小文字を区別しないですか?

   This specification changes this ABNF to:

この仕様は以下のことのためにこのABNFを変えます。

   parameter := regular-parameter / extended-parameter

拡張パラメタの:=の通常のパラメタ/パラメタ

   regular-parameter := regular-parameter-name "=" value

通常のパラメタ:=通常のパラメタ名の「=」価値

   regular-parameter-name := attribute [section]

通常のパラメタ名の:=属性[セクション]

   attribute := 1*attribute-char

属性:=1*属性炭

Freed & Moore               Standards Track                     [Page 6]

RFC 2231         MIME Value and Encoded Word Extensions    November 1997

解放されるのとムーア標準化過程[6ページ]RFC2231は拡大1997年11月に値とコード化されたWordをまねます。

   attribute-char := <any (US-ASCII) CHAR except SPACE, CTLs,
                     "*", "'", "%", or tspecials>

どんな(米国のASCII)のCHARも除く属性炭の:=<SPACE、CTLs、「*」、「'「「%」、またはtspecials>」'

   section := initial-section / other-sections

他のセクションの:=の初期の部分/セクション

   initial-section := "*0"

「初期のセクション:=」*0インチ

   other-sections := "*" ("1" / "2" / "3" / "4" / "5" /
                          "6" / "7" / "8" / "9") *DIGIT)

:=「*」という他のセクション、(「1インチ/、「2インチ/、「3インチ/、「4インチ/、「5インチ/、「6インチ/、「7インチ/、「8インチ/、「9インチ) *ケタ、)、」

   extended-parameter := (extended-initial-name "="
                          extended-value) /
                         (extended-other-names "="
                          extended-other-values)

拡張パラメタ:=(拡張初期の名前は拡張値と「等しい」)/(他の名前を拡張している「=」拡張他の値)

   extended-initial-name := attribute [initial-section] "*"

拡張初期の名前:=属性[初期のセクションの]「*」

   extended-other-names := attribute other-sections "*"

他の名前を拡張している:=属性他のセクション「*」

   extended-initial-value := [charset] "'" [language] "'"
                             extended-other-values

拡張初期の値の:=[charset]、「'、「[言語]「'「他の拡張値」'

   extended-other-values := *(ext-octet / attribute-char)

他の値を拡張している:=*(属性ext-八重奏/炭)

   ext-octet := "%" 2(DIGIT / "A" / "B" / "C" / "D" / "E" / "F")

ext-八重奏:=「%」2(/「B」/ケタ/「C」/「D」/「E」/「F」)

   charset := <registered character set name>

charset:=<は文字集合名の>を登録しました。

   language := <registered language tag [RFC-1766]>

言語:=<は言語タグを登録しました。[RFC-1766]>。

   The ABNF given in RFC 2047 for encoded-words is:

コード化された単語のためにRFC2047で与えられているABNFは以下の通りです。

   encoded-word := "=?" charset "?" encoding "?" encoded-text "?="

「コード化された単語:=は「」 “?"のコード化されたテキストをコード化するcharset “?"と等しいです」--=」

   This specification changes this ABNF to:

この仕様は以下のことのためにこのABNFを変えます。

   encoded-word := "=?" charset ["*" language] "?" encoded-text "?="

「コード化された単語:=は「」 charset[「*」言語]の“?"のコード化されたテキストと等しいです」--=」

8.  Character sets which allow specification of language

8. 言語の仕様を許容する文字集合

   In the future it is likely that some character sets will provide
   facilities for inline language labeling. Such facilities are
   inherently more flexible than those defined here as they allow for
   language switching in the middle of a string.

将来、いくつかの文字集合がインライン言語ラベリングのために便宜を与えそうでしょう。 彼らがストリングの中央で切り替わる言語を考慮するので、施設は本来ここで定義されたものと同じくらいフレキシブルです。

Freed & Moore               Standards Track                     [Page 7]

RFC 2231         MIME Value and Encoded Word Extensions    November 1997

解放されるのとムーア標準化過程[7ページ]RFC2231は拡大1997年11月に値とコード化されたWordをまねます。

   If and when such facilities are developed they SHOULD be used in
   preference to the language labeling facilities specified here. Note
   that all the mechanisms defined here allow for the omission of
   language labels so as to be able to accommodate this possible future
   usage.

そのような施設であるなら、開発されたそれらはSHOULDです。言語に優先して、ここで指定された施設をラベルしながら、使用されてください。 この可能な将来の用法に対応できて、ここで定義されたすべてのメカニズムが言語の省略のためにラベルを許容することに注意してください。

9.  Security Considerations

9. セキュリティ問題

   This RFC does not discuss security issues and is not believed to
   raise any security issues not already endemic in electronic mail and
   present in fully conforming implementations of MIME.

このRFCは安全保障問題について議論しないで、また既に電子メールの風土病の、そして、MIMEの実装を完全に従わせることにおける現在でないどんな安全保障問題も提起すると信じられていません。

10.  References

10. 参照

   [RFC-822]
        Crocker, D., "Standard for the Format of ARPA Internet
        Text Messages", STD 11, RFC 822 August 1982.

[RFC-822] クロッカー、D.、「アルパインターネットテキスト・メッセージの形式の規格」、STD11、RFC822 1982年8月。

   [RFC-1766]
        Alvestrand, H., "Tags for the Identification of
        Languages", RFC 1766, March 1995.

[RFC-1766]Alvestrand、H.、「言語の識別のためのタグ」、RFC1766、1995年3月。

   [RFC-2045]
        Freed, N., and N. Borenstein, "Multipurpose Internet Mail
        Extensions (MIME) Part One: Format of Internet Message
        Bodies", RFC 2045, December 1996.

解放された[RFC-2045]、N.、およびN.Borenstein、「マルチパーパスインターネットメールエクステンション(MIME)は1つを分けます」。 「インターネットメッセージ本体の形式」、RFC2045、1996年12月。

   [RFC-2046]
        Freed, N. and N. Borenstein, "Multipurpose Internet Mail
        Extensions (MIME) Part Two: Media Types", RFC 2046,
        December 1996.

解放された[RFC-2046]、N.、およびN.Borenstein、「マルチパーパスインターネットメールエクステンション(MIME)は2を分けます」。 「メディアタイプ」、RFC2046、1996年12月。

   [RFC-2047]
        Moore, K., "Multipurpose Internet Mail Extensions (MIME)
        Part Three: Representation of Non-ASCII Text in Internet
        Message Headers", RFC 2047, December 1996.

[RFC-2047]ムーア、K.、「マルチパーパスインターネットメールエクステンション(MIME)は3を分けます」。 「インターネットメッセージヘッダーの非ASCIIテキストの表現」、RFC2047、1996年12月。

   [RFC-2048]
        Freed, N., Klensin, J. and J. Postel, "Multipurpose
        Internet Mail Extensions (MIME) Part Four: MIME
        Registration Procedures", RFC 2048, December 1996.

解放された[RFC-2048]、N.、Klensin、J.、およびJ.ポステル、「マルチパーパスインターネットメールエクステンション(MIME)は4を分けます」。 「MIME登録手順」、RFC2048、1996年12月。

   [RFC-2049]
        Freed, N. and N. Borenstein, "Multipurpose Internet Mail
        Extensions (MIME) Part Five: Conformance Criteria and
        Examples", RFC 2049, December 1996.

解放された[RFC-2049]、N.、およびN.Borenstein、「マルチパーパスインターネットメールエクステンション(MIME)は5を分けます」。 「順応評価基準と例」、RFC2049、12月1996日

Freed & Moore               Standards Track                     [Page 8]

RFC 2231         MIME Value and Encoded Word Extensions    November 1997

解放されるのとムーア標準化過程[8ページ]RFC2231は拡大1997年11月に値とコード化されたWordをまねます。

   [RFC-2060]
        Crispin, M., "Internet Message Access Protocol - Version
        4rev1", RFC 2060, December 1996.

[RFC-2060] クリスピン、M.、「バージョン4rev1"、RFC2060、1996年インターネットメッセージアクセス・プロトコル--12月。」

   [RFC-2119]
        Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate
        Requirement Levels", RFC 2119, March 1997.

[RFC-2119] ブラドナー、S.、「Indicate Requirement LevelsへのRFCsにおける使用のためのキーワード」、RFC2119、1997年3月。

   [RFC-2130]
        Weider, C., Preston, C., Simonsen, K., Alvestrand, H.,
        Atkinson, R., Crispin, M., and P. Svanberg, "Report from the
        IAB Character Set Workshop", RFC 2130, April 1997.

[RFC-2130]ワイダーとC.とプレストンとC.とシモンセンとK.とAlvestrandとH.とアトキンソンとR.とクリスピン、M.とP.スバンベルク、「IAB文字コードワークショップからのレポート」RFC2130(1997年4月)。

   [RFC-2183]
        Troost, R., Dorner, S. and K. Moore, "Communicating
        Presentation Information in Internet Messages:  The
        Content-Disposition Header", RFC 2183, August 1997.

[RFC-2183] Troost、R.、デルナー、S.、およびK.ムーア、「中でプレゼンテーション情報を伝えて、インターネットは通信します」。 「満足している気質ヘッダー」、RFC2183、1997年8月。

11.  Authors' Addresses

11. 作者のアドレス

   Ned Freed
   Innosoft International, Inc.
   1050 Lakes Drive
   West Covina, CA 91790
   USA

ネッド解放されたInnosoft国際Inc.1050Lakesはウエストコビナ、カリフォルニア91790米国を運転します。

   Phone: +1 626 919 3600
   Fax:   +1 626 919 3614
   EMail: ned.freed@innosoft.com

以下に電話をしてください。 +1 626 919、3600Fax: +1 3614年の626 919メール: ned.freed@innosoft.com

   Keith Moore
   Computer Science Dept.
   University of Tennessee
   107 Ayres Hall
   Knoxville, TN 37996-1301
   USA

キースムーアコンピュータサイエンス部 テネシー大学107歌曲Hallテネシー37996-1301ノクスビル(米国)

   EMail: moore@cs.utk.edu

メール: moore@cs.utk.edu

Freed & Moore               Standards Track                     [Page 9]

RFC 2231         MIME Value and Encoded Word Extensions    November 1997

解放されるのとムーア標準化過程[9ページ]RFC2231は拡大1997年11月に値とコード化されたWordをまねます。

12.  Full Copyright Statement

12. 完全な著作権宣言文

   Copyright (C) The Internet Society (1997).  All Rights Reserved.

Copyright(C)インターネット協会(1997)。 All rights reserved。

   This document and translations of it may be copied and furnished to
   others, and derivative works that comment on or otherwise explain it
   or assist in its implementation may be prepared, copied, published
   and distributed, in whole or in part, without restriction of any
   kind, provided that the above copyright notice and this paragraph are
   included on all such copies and derivative works.  However, this
   document itself may not be modified in any way, such as by removing
   the copyright notice or references to the Internet Society or other
   Internet organizations, except as needed for the purpose of
   developing Internet standards in which case the procedures for
   copyrights defined in the Internet Standards process must be
   followed, or as required to translate it into languages other than
   English.

それに関するこのドキュメントと翻訳は、コピーして、それが批評するか、またはそうでなければわかる他のもの、および派生している作品に提供するか、または準備されているかもしれなくて、コピーされて、発行されて、全体か一部分配された実装を助けるかもしれません、どんな種類の制限なしでも、上の版権情報とこのパラグラフがそのようなすべてのコピーと派生している作品の上に含まれていれば。 しかしながら、このドキュメント自体は何らかの方法で変更されないかもしれません、インターネット協会か他のインターネット組織の版権情報か参照を取り除くのなどように、それを英語以外の言語に翻訳するのが著作権のための手順がインターネットStandardsプロセスで定義したどのケースに従わなければならないか、必要に応じてさもなければ、インターネット標準を開発する目的に必要であるのを除いて。

   The limited permissions granted above are perpetual and will not be
   revoked by the Internet Society or its successors or assigns.

上に承諾された限られた許容は、永久であり、インターネット協会、後継者または案配によって取り消されないでしょう。

   This document and the information contained herein is provided on an
   "AS IS" basis and THE INTERNET SOCIETY AND THE INTERNET ENGINEERING
   TASK FORCE DISCLAIMS ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING
   BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION
   HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF
   MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

このドキュメントとそして、「そのままで」という基礎とインターネットの振興発展を目的とする組織に、インターネット・エンジニアリング・タスク・フォースが速達の、または、暗示しているすべての保証を放棄するかどうかというここにことであり、他を含んでいて、含まれて、情報の使用がここに侵害しないどんな保証も少しもまっすぐになるという情報か市場性か特定目的への適合性のどんな黙示的な保証。

Freed & Moore               Standards Track                    [Page 10]

解放されるのとムーア標準化過程[10ページ]

スポンサーリンク

一覧

 RFC 1〜100  RFC 1401〜1500  RFC 2801〜2900  RFC 4201〜4300 
 RFC 101〜200  RFC 1501〜1600  RFC 2901〜3000  RFC 4301〜4400 
 RFC 201〜300  RFC 1601〜1700  RFC 3001〜3100  RFC 4401〜4500 
 RFC 301〜400  RFC 1701〜1800  RFC 3101〜3200  RFC 4501〜4600 
 RFC 401〜500  RFC 1801〜1900  RFC 3201〜3300  RFC 4601〜4700 
 RFC 501〜600  RFC 1901〜2000  RFC 3301〜3400  RFC 4701〜4800 
 RFC 601〜700  RFC 2001〜2100  RFC 3401〜3500  RFC 4801〜4900 
 RFC 701〜800  RFC 2101〜2200  RFC 3501〜3600  RFC 4901〜5000 
 RFC 801〜900  RFC 2201〜2300  RFC 3601〜3700  RFC 5001〜5100 
 RFC 901〜1000  RFC 2301〜2400  RFC 3701〜3800  RFC 5101〜5200 
 RFC 1001〜1100  RFC 2401〜2500  RFC 3801〜3900  RFC 5201〜5300 
 RFC 1101〜1200  RFC 2501〜2600  RFC 3901〜4000  RFC 5301〜5400 
 RFC 1201〜1300  RFC 2601〜2700  RFC 4001〜4100  RFC 5401〜5500 
 RFC 1301〜1400  RFC 2701〜2800  RFC 4101〜4200 

スポンサーリンク

CREATE VIEW ビューを作成する

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る