Inline Options インラインオプション

Inline options on a String meter are used to add or modify character formatting features to all or part of a string displayed by the meter.文字列メーターのインラインオプションは、メーターによって表示される文字列の全部または一部に文字フォーマット機能を追加または変更するために使用されます。

This has three primary purposes:これには3つの主な目的があります。

  • Changing the inline format of part of the string. What this means is that you might have two or more FontFace, FontSize or FontColor (or other) settings in a string, without needing to use multiple meters and relative positioning.文字列の一部のインライン形式を変更します。これが意味することは、あなたが複数のメートルと相対的な位置決めを使用する必要なしで、あなたが文字列の2つ以上のFontFace、FontSizeまたはFontColor(または他の)設定を持つかもしれないということです。

  • Adding some Direct2D character formatting features to the String meter. These include things like more robust control of the Weight of the font, new style features like Character Spacing, Oblique, Underline and Strikethrough, and control of Stretch and Typography features when used with supporting fonts.文字列メーターにDirect2Dの文字フォーマット機能を追加する。これには、フォントの太さのより堅牢な制御、文字間隔、斜め、下線、取り消し線などの新しいスタイル機能、およびサポートフォントで使用した場合のストレッチ機能とタイポグラフィ機能の制御などが含まれます。

  • Support for a color Gradient on part or all of the string.文字列の一部または全部にカラーグラデーションをサポートします。

Inline options are defined by pairs of InlineSetting ... InlineSettingN and InlinePattern ... InlinePatternN options on the meter. InlineSettingN defines the character formatting setting you wish to add or change, and the matching InlinePatternN uses regular expressions to define the part of the string you wish to change. These must be matching pairs, and there may not be missing N number postfixes in InlineSetting, which start with 2.インラインオプションは、メーターのInlineSetting ... InlineSetting NおよびInlinePattern ... InlinePattern Nオプションのペアによって定義されます。InlineSetting Nは追加または変更したい文字フォーマット設定を定義し、対応するInlinePattern Nは正規表現を使用して変更したい文字列の部分を定義します。これらは一致するペアでなければならず、InlineSettingには2で始まるN個の後置記号が欠落していないかもしれません。

The inline formatting is applied to the final string as it will be displayed by the meter, reflecting the value of any measures bound to the meter with MeasureNameN, any Text option on the meter, and any string manipulation applied with other meter options like StringCase, Percentual or NumOfDecimals.インライン書式は、メーターによって表示される最後の文字列に適用されます。これは、MeasureName Nでメーターにバインドされた小節の値、メーターの任意のTextオプション、およびStringCaseなどの他のメーターオプションで適用された文字列操作を反映します。 、パーセントまたはNumOfDecimals。

While not required, AccurateText=1 should be set in the [Rainmeter] section of the skin, to ensure that the formatting is done on fonts using proper D2D font spacing and metrics.必須でAccurateText=1はありませんが、適切なD2Dフォント間隔とメトリックを使用してフォント上でフォーマットが行われるようにするために、スキンの[Rainmeter]セクションで設定する必要があります。

Optionsオプション

InlineSetting, InlineSetting2, InlineSetting3...InlineSettingInlineSetting2InlineSetting3...

This takes the form of the setting name to be added, a (pipe) character, and the value for the setting.これは、追加する設定名、(パイプ)文字、および設定値の形式を取ります。

Example: InlineSetting=Size | 12例: InlineSetting=Size | 12

Supported settings:サポートされている設定

  • Face font family name.
    This uses the same values as the setting for FontFace on the meter.フェイス フォントファミリ名
    これはメーターのFontFaceの設定と同じ値を使用します。


  • Size numeric point size.
    This uses the same values as the setting for FontSize on the meter.サイズ ポイントサイズ
    これはメーターのFontSizeの設定と同じ値を使用します。


  • Color rrr,ggg,bbb,aaa or RRGGBBAA color code.
    This uses the same values as the setting for FontColor on the meter.カラー rrr、ggg、bbb、aaa、またはRRGGBBAAカラーコード
    これはメーターのFontColorの設定と同じ値を使用します。


  • Weight numeric value in the range 1-999..
    The following are common values and their meanings. If the value is supported by the font family, it will be used. If not, the closest value that is supported by the font family will be used.

    100 - Thin (Hairline)
    200 - Extra Light (Ultra Light)
    300 - Light
    400 - Regular (Normal)
    500 - Medium
    600 - Semi Bold (Demi Bold)
    700 - Bold
    800 - Extra Bold (Ultra Bold)
    900 - Black (Heavy)
    950 - Extra Black (Ultra Black)

    If the font does not support any additional weights, then 500 and below will use the font's normal weight, and 600 and above will simulate a bold effect.1から 999の範囲の重み数値。
    以下は一般的な値とその意味です。値がフォントファミリによってサポートされている場合は、それが使用されます。そうでない場合は、フォントファミリでサポートされている最も近い値が使用されます。

    100 - 細い(ヘアライン)
    200 - エクストラライト(ウルトラライト)
    300 - ライト
    400 - レギュラー(ノーマル)
    500 - ミディアム
    600 - セミボールド(デミボールド)
    700 - ボールド
    800 - エクストラボールド(ウルトラボールド)
    900 - ブラック(ヘビー) )
    950 - エクストラブラック(ウルトラブラック)

    フォントが他の太さをサポートしていない場合、500以下ではフォントの通常の太さが使用され、600以上では太字の効果がシミュレートされます。


  • Case One of the following string case options:

    Lower - All characters lower case
    Upper - All characters upper case
    Proper - First character of each word upper case, the balance lower case
    Sentence - First character of each sentence upper case, the balance lower caseケース 以下の文字列のケースの中の選択肢の一つ:

    -すべての文字の小文字
    アッパー -すべての文字大文字
    適切な -各単語大文字の最初の文字、バランス小文字
    -各文大文字の最初の文字、バランス下部ケース


  • CharacterSpacing Leading | Trailing | Minimum Advance Width
    Defines the inter-character spacing for part or all of the string. Leading and Trailing may be any positive or negative integer or fractional number. The value is based on DIP (Device-Independent-Pixels), and does not have to be an integer. Minimum Advance Width must be a positive integer. Any value may be set to an asterisk * to ignore.

    Example:

    InlineSetting=CharacterSpacing | 2 | 2
    That will increase the leading space before characters and the trailing space after characters by 2 DIP.キャラクター スペース 末尾| 最小前進幅
    文字列の一部または全部の文字間隔を定義します。先頭末尾は、任意の正または負の整数または分数になります。値はDIP(Device-Independent-Pixels)に基づいており、整数である必要はありません。最小前進幅は正の整数でなければなりません。無視するために、任意の値をアスタリスク*に設定できます。

    例:

    InlineSetting=CharacterSpacing | 2 | 2
    文字の前の先行スペースと文字の後の後続スペースが2 DIP増加します。


  • Italic
    Uses Italic characters in part or all of the string. No parameter required. This will be simulated by Rainmeter if not supported by the font family.斜体文字列の一部または全部に斜体文字を
    使用します。パラメータは必要ありません。フォントファミリでサポートされていない場合、これはRainmeterによってシミュレートされます。


  • Oblique
    Uses Oblique characters in part or all of the string. No parameter required. This will be simulated by Rainmeter if not supported by the font family.斜体文字列の一部または全部に斜体文字を
    使用します。パラメータは必要ありません。フォントファミリでサポートされていない場合、これはRainmeterによってシミュレートされます。


  • Underline
    Used to Underline characters in part or all of the string. No parameter required.下線
    するために使用下線部分の文字または文字列のすべてを。パラメータは必要ありません。


  • Strikethrough
    Used to Strikethrough characters in part or all of the string. No parameter required.取り消し線
    に使用されます取り消し線文字列の一部または全部に含まれる文字。パラメータは必要ありません。


  • Shadow X Offset | Y Offset | Blur Amount | Color
    Used to create a Drop Shadow on all or part of the string.

    X Offset - Number of positive (right) or negative (left) pixels to offset the shadow from the string.
    Y Offset - Number of positive (below) or negative (above) pixels to offset the shadow from the string.
    Blur Amount - Amount of blur transition in pixels. The number of pixels used to transition the shadow from solid to fully transparent. The value is based on DIP (Device-Independent-Pixels), and does not have to be an integer.
    Color - rrr,ggg,bbb,aaa or RRGGBBAA color code. The alpha component of the shadow color is multiplied with the alpha component of the string color.

    Example:

    InlineSetting=Shadow | 2 | 2 | 3.5 | 150,150,150,200

    Note: The shadow effect does not change the size or position of the overall meter, and you should ensure that the meter is sized and positioned appropriately to display the shadow without clipping. The overall amount that the shadow effect impacts the desired meter size is a function the font size, the offset amounts and the blur amount. Xのオフセット Yオフセット ぼかし量 色文字列の全部または一部にドロップシャドウ
    を作成するために使用されます。X Offset - 文字列から影をオフセットするための正(右)または負(左)のピクセル数。Y Offset - 文字列から影をオフセットするための正(下)または負(上)のピクセル数。ブラー量 - ブラートランジションの量(ピクセル単位)。影を純色から完全透明に変換するために使用されるピクセル数。値はDIP(Device-Independent-Pixels)に基づいており、整数である必要はありません。 - rrr、ggg、bbb、aaa、またはRRGGBBAAカラーコード。シャドウカラーのアルファ成分は、文字列カラーのアルファ成分と掛け合わされます。






    例:

    InlineSetting=Shadow | 2 | 2 | 3.5 | 150,150,150,200

    注:影効果によってメーター全体のサイズや位置が変わることはありませんしたがって、メーターが適切なサイズと位置になっていることを確認して、クリッピングなしで影を表示するようにしてください。シャドウ効果が目的のメーターサイズに影響する全体的な量は、フォントサイズ、オフセット量、およびぼかし量の関数です。


  • Stretch one of 9 numeric compressed / expanded values if supported by the font.
    The following values can be set. If the value is supported by the font family, it will be used. If not, the closest value that is supported by the font family will be used.

    1 - Ultra-Condensed
    2 - Extra-Condensed
    3 - Condensed
    4 - Semi-Condensed
    5 - Normal
    6 - Semi-Expanded
    7 - Expanded
    8 - Extra-Expanded
    9 - Ultra-Expanded

    Note: There are relatively few fonts that support alternative stretch values for glyphs. In many cases the CharacterSpacing setting might be a better choice to get a similar "wide" or "compressed" effect.ストレッチ フォントでサポートされている場合/拡大値圧縮9の数字の1を。
    以下の値が設定できます。値がフォントファミリによってサポートされている場合は、それが使用されます。そうでない場合は、フォントファミリでサポートされている最も近い値が使用されます。

    1 - ウルトラコンデンス
    2 - エクストラコンデンス
    3 - コンデンス
    4 - セミコンデンス
    5 - ノーマル
    6 - セミ拡張
    7 - 拡張
    8 - エクストラ拡張
    9 - ウルトラ拡張

    注:代替ストレッチをサポートするフォントは比較的少ないグリフの値 多くの場合、CharacterSpacingは 設定は、同様の "ワイド"または "圧縮"効果を得るためのより良い選択かもしれません。


  • Typography one of 80 Typography codes.
    Used to select alternative glyphs in a font, these must be explicitly supported by the font being used. A few common examples might be:

    smcp - Small Capitals
    onum - Old Style Figures
    sups - Superscript
    subs - Subscript
    cpsp - Capital Spacing
    ss01 - Stylistic Set 1
    ss02 - Stylistic Set 2

    Note that a few Typography codes support an additional second parameter which is a numeric index to a variant of the code. If that is required, the format Typography | code | index should be used.

    A full list of supported codes can be found at Font FeaturesTypography 80のタイポグラフィコードのうちの1つ。
    フォント内の代替グリフを選択するために使用されます。これらは、使用されているフォントによって明示的にサポートされている必要があります。いくつかの一般的な例は次のようになります。

    SMCP -スモールキャピタル
    onum -オールド・スタイルフィギュア
    SUPSを -上付き
    潜水艦 -添字
    CPSP -資本スペーシング
    SS01 -文体のセット1
    SS02 -文体のセット2

    注いくつかのタイポグラフィコードがある追加の二番目のパラメータをサポートしていることコードのバリアントへの数値インデックス。それが必要な場合は、フォーマットTypography | code | indexを使用する必要があります。

    サポートされているコードの完全なリストはFont Featuresにあります。


  • GradientColor Angle | Color ; Percentage | Color ; Percentage | ...
    Defines a color gradient, at any angle, to be used on the selected text. This can consist of two or more colors as desired, with percentage points being used to define transition points for each color.

    This takes the form of the Angle for the gradient in degrees, a pipe character, then a series of Color codes, a ; semi-colon, and a Percentage from 0.0 to 1.0 to define the position of the color in the text. Each series of Color ; Percentage are separated by a pipe character.

    Example:

    InlineSetting=GradientColor | 180 | 255,0,0,255 ; 0.0 | 0,255,0,255 ; 0.5 | 0,0,255,255 ; 1.0

    That will define a gradient at 180 degrees. It will start with a color of 255,0,0,255 (red) at percentage 0.0 (the start), will transition to a color of 0,255,0,255 (green) at percentage 0.5 (50 percent), and to 0,0,255,255 (blue) at percentage 1.0 (100 percent).

    While you can have as many sets of Color ; Percentage as desired, you must have a minimum of two to create a gradient. The percentage points define the point where the color will be exactly the associated color code. Think of it as the "center" of the color as it transitions toward and away from the defined color code.

    Alpha transparency can be used to create a gradient fade effect on the text.

    The Angle is defined as any number of degrees, with 0 or 360 starting directly to the right and rotating clockwise. This results in the following gradient directions on the text:

    0 (360) - Right to Left
    90 - Bottom to Top
    180 - Left to Right
    270 - Top to Bottom

    If a string is displayed on more than one line in the meter, due either to wrapping with ClipString=2, or literal linefeed characters or #CRLF# variables being embedded in the string, any selected text that spans the linefeed will have the GradientColor setting applied to it separately on each line. Gradients will not "wrap".

    Most fonts have extra space above or below (or both) the actual character "glyph" in the font. This will vary from font to font. The gradient will be applied to the entire font character including the invisible extra space, so particularly when creating gradients that are vertical in direction, some tweaking of the percentage points may be required to have the gradient position as desired on the text. Hint: Nothing says that the first point must be 0.0 and the last point must be 1.0.

    Note: An alternative form of GradientColor, GradientColor1, can be used. This uses the same setting values as GradientColor, but interpolates the gradient using an alternative method of handling gamma correction. In some cases you may find this makes for a smoother or brighter gradient transition.グラデーションカラー 角度 色 ; 割合| 色 ; 割合| ...
    選択したテキストに使用する色のグラデーションを任意の角度で定義します。これは、必要に応じて2つ以上の色で構成され、各色のトランジションポイントを定義するためにパーセンテージポイントが使用されます。

    これは、の形式を取り角を度の勾配、次いで、パイプ文字、一連のカラーコードテキスト内の色の位置を定義するための、セミコロン、および0.0から1.0までのパーセントカラーの各シリーズパーセントはパイプ文字で区切られています。

    例:

    InlineSetting=GradientColor | 180 | 255,0,0,255 ; 0.0 | 0,255,0,255 ; 0.5 | 0,0,255,255 ; 1.0

    それは180度の勾配を定義します。パーセンテージ0.0(開始)で255,0,0,255(赤)の色で始まり、パーセンテージ0.5(50%)で0,255,0,255(緑)の色に、そして0,0,255,255(青)に変わります。 )1.0(100パーセント)

    あなたは色のセットをいくつでも持つことができますが必要に応じてパーセンテージ、グラデーションを作成するには最低2つ必要です。パーセンテージポイントは、色が正確に関連付けられたカラーコードになる点を定義します。それが定義されたカラーコードに近づいたり離れたりするときの色の「中心」と考えてください。

    アルファ透明度を使用して、テキストにグラデーションフェード効果を作成できます。角度

    0から360の範囲で、右から右回りに回転します。これは、以下の勾配になり方向性本文:

    0(360) -右から左に
    90 -トップにボトム
    180左から右へ-を
    270 -上から下に

    文字列がメートルで、複数の行に表示されている場合は、原因のいずれかClipString = 2、または文字列に埋め込まれているリテラル改行文字または#CRLF#変数で折り返す場合、改行にまたがる選択されたテキストにはGradientColor設定が各行に個別に適用されます。グラデーションは「ラップ」しません。

    ほとんどのフォントは、フォント内の実際の文字 "glyph"の上下(または両方)に余分なスペースがあります。これはフォントごとに異なります。グラデーションは、目に見えない余分なスペースを含むフォント文字全体に適用されるため、特に垂直方向のグラデーションを作成する場合は、テキスト上でグラデーションの位置を変更するためにパーセント点を微調整する必要があります。ヒント:最初の点を0.0にし、最後の点を1.0にする必要はありません。

    注意: GradientColor、別の形態のGradientColor1を、使用することができます。これはGradientColorと同じ設定値を使用しますが、ガンマ補正を処理する別の方法を使用してグラデーションを補間します。場合によっては、これがより滑らかなまたは明るいグラデーションの移行に役立つことがあります。


  • None
    When InlineSetting=None, no setting will be applied. This is generally going to be used with the !SetOption bang, in order to dynamically "turn off" and "turn on" a particular setting. Using a !SetOption that sets the value to "" will as always "remove" the option entirely, and as there can't be "missing" or "skipped" InlineSettingN numbers, all subsequent ones will be ignored.

InlinePattern, InlinePattern2, InlinePattern3... A Regular Expression - Default .*InlinePatternInlinePattern2InlinePattern3... 正規表現-デフォルト.*

A Perl Compatible Regular Expression (PCRE) used to define all or part(s) of the string to which to apply the corresponding InlineSettingN.Perl互換正規表現(PCRE)は、対応するInlineSetting適用すると、文字列の全部又は一部(複数可)を定義するために使用されるNを

If (parentheses) are used to capture parts of the string, then that is what the setting will be applied to. If (parentheses) are not used, then the part(s) of the string that match the regular expression will be used.(括弧)を使用して文字列の一部をキャプチャすると、設定が適用されます。(括弧)が使用されていない場合は、正規表現に一致する文字列の部分が使用されます。

InlinePattern=.* (default) is how you would simply add or change a setting on the entire string.InlinePattern=.* (デフォルト)は、文字列全体の設定を単純に追加または変更する方法です。

The full range of PCRE regular expression functionality is supported, so the pattern can match on all or part of the meter's string value. Logical OR and AND matching can be done in the regular expression, using the | character to support OR and Lookahead assertions (?=..) to support AND.PCRE正規表現機能の全範囲がサポートされているので、パターンはメーターの文字列値の全部または一部に一致することができます。論理ORとANDのマッチングは、|ORをサポートする文字とANDをサポートする先読みアサーション (?=..)を使用して、正規表現で行うことができます。

Reserved characters in regular expression, which are .^$*+?()[{\| must be escaped with the \ character when used as a literal in the InLinePattern option. If using a measure value as a section variable in the option, the :EscapeRegExp modifier can be used to properly escape reserved characters in the measure.正規表現内の予約文字。オプションでリテラルとして使用する場合.^$*+?()[{\|は、その\文字をエスケープする必要がありInLinePatternます。オプションでメジャー値をセクション変数として使用する場合は、:EscapeRegExp修飾子を使用して、メジャー内の予約文字を正しくエスケープすることができます。

If the !SetOption bang is being used to dynamically "turn off" and "turn on" an InlinePattern, InlinePattern=^$ should be used to indicate "nothing", as Using a !SetOption that sets the value to "" will as always "remove" the option entirely, and this will set it to the default of .*, or the entire string.場合!のSetOptionメソッドの強打を動的に「オフ」とInlinePattern「をオンにする」ために使用されている、InlinePattern=^$「」いつものようになります「」削除する値を設定します!のSetOptionメソッドを使用して、「何を」示さないために使用されるべきですこれは完全にオプションであり、これはデフォルトの.*、または文字列全体に設定されます。

Some Examplesいくつかの例

[Rainmeter]
Update=1000
DynamicWindowSize=1
AccurateText=1

[MeasureString]
Measure=String
String=This is an InlinePattern test string.#CRLF#It contains numbers like 123 and 456#CRLF#and colors like red and blue. How#CRLF#about GreenToYellow as well!

[MeterString]
Meter=String
MeasureName=MeasureString
FontSize=15
FontColor=255,255,255,255
SolidColor=20,20,20,255
Padding=5,5,5,5
AntiAlias=1
InlineSetting=Weight | 700
InlinePattern=^(.*) is
InlineSetting2=Oblique
InlinePattern2=test string
InlineSetting3=Underline
InlinePattern3=test string
InlineSetting4=Size | 17
InlinePattern4=(\d\d\d)
InlineSetting5=Color | 255,97,97,255
InlinePattern5=colors like (.*) and
InlineSetting6=Color | 117,199,235,255
InlinePattern6=colors like .* and (.*)\.
InlineSetting7=Face | Segoe Script
InlinePattern7=colors like .* and (.*)\.
InlineSetting8=GradientColor | 180 | 57,204,79,255 ; 0.0 | 250,247,157,255 ; 1.0
InlinePattern8=GreenToYellow

Using that string defined in [MeasureString], let's look at each of our InlineSetting / InlinePattern options.[MeasureString]で定義されたその文字列を使って、InlineSetting / InlinePatternオプションのそれぞれを見てみましょう。

InlineSetting=Weight | 700
InlinePattern=^(.*) is

We are starting at the beginning of the string, and (capturing) all characters until we reach a space and the word "is". That will change the Weight of the word "This" at the start of the string to Bold.InlineSetting = Weight | 700
InlinePattern = ^(。*)は

、文字列の先頭から開始し、スペースに到達して "is"となるまですべての文字を(キャプチャして)います。これにより、文字列の先頭にある「This」という単語の太さが太字に変わります。

InlineSetting2=Oblique
InlinePattern2=test string

We are searching for the phrase "test string", and applying the Oblique style to it.InlineSetting2 = Oblique
InlinePattern2 = test string

"test string"というフレーズを検索し、それにObliqueスタイルを適用しています。

InlineSetting3=Underline
InlinePattern3=test string

We are searching for the same phrase "test string", and applying the Underline style to it. So "test string" will be both Oblique and Underline.InlineSetting3 = Underline
InlinePattern3 = test string

同じフレーズ "test string"を検索し、それにUnderlineスタイルを適用しています。そのため、 "test string"はObliqueとUnderlineの両方になります。

InlineSetting4=Size | 17
InlinePattern4=(\d\d\d)

We are capturing any parts of the string that are three consecutive numeric digits. This will change the font Size of both "123" and "456" to 17.InlineSetting4 =サイズ| 17
InlinePattern4 =(\ d \ d \ d)

連続した3桁の数字からなる文字列の一部をキャプチャしています。これにより、 "123"と "456"の両方のフォントサイズが17に変更されます。

InlineSetting5=Color | 255,97,97,255
InlinePattern5=colors like (.*) and

We are capturing the part of the string that is after "colors like ", and before " and". This will change the font Color of the word "red" to 255,97,97,255.InlineSetting5 =色| 255,97,97,255
InlinePattern5 = colors like(。*)and

"colors like"の後、および "and"の前にある文字列の一部をキャプチャしています。これにより、 "red"という単語のフォントの色が255,97,97,255に変更されます。

InlineSetting6=Color | 117,199,235,255
InlinePattern6=colors like .* and (.*)\.

We are capturing the part of the string that is after "colors like ", Then after " and ". This will change the font Color of the word "blue" to 117,199,235,255.InlineSetting6 =色| 117,199,235,255
InlinePattern6 =。*や(。*)\のような色

「colors like」の後、「and」の後の文字列の一部をキャプチャしています。これにより、 "blue"という単語のフォントの色が117,199,235,255に変更されます。

InlineSetting7=Face | Segoe Script
InlinePattern7=colors like .* and (.*)\.

We are again capturing the part of the string that is after "colors like ", Then after " and ". This will change the font Face of the word "blue" to Segoe Script.InlineSetting7 =フェイス| Segoeスクリプト
InlinePattern7 =。*や(。*)\のような色

"colors like"の後、次に "and"の後の文字列の一部を再度キャプチャします。これにより、フォント "Face" of the blueの語がSegoe Scriptに変更されます。

InlineSetting8=GradientColor | 180 | 57,204,79,255 ; 0.0 | 250,247,157,255 ; 1.0
InlinePattern8=GreenToYellow

We are defining a GradientColor for the word "GreenToYellow" that will transition from 57,204,79,255 (green) to 250,247,157,255 (yellow) at an angle of 180 degrees (left to right).InlineSetting8 = GradientColor | 180 | 57,204,79,255。0.0 | 250,247,157,255; M.1.0
InlinePattern8 = GreenToYellow

"GreenToYellow"という単語に対してGradientColorを定義し、これは180度の角度(左から右)で57,204,79,255(緑)から250,247,157,255(黄)に遷移します。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

WindowMessage plugin WindowMessageプラグイン

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る