General Image Options 一般的な画像オプション

Options available for use with all images. These options are to modify the display of an image file, and do not work with square/rectangle Image meters created entirely with SolidColor / SolidColor2, or with any shape created by a Shape meter.すべての画像で使用可能なオプション これらのオプションは画像ファイルの表示を変更するためのもので、SolidColor / SolidColor2で完全に作成された正方形/長方形のイメージメーター、またはシェイプメーターで作成された形状では機能しません。

Note: Valid image file types in Rainmeter are .png, .jpg, .bmp, .gif, .tif and .ico. If no extension is provided on an image file name, .png is assumed.注意: Rainmeterで有効な画像ファイルの種類は、.png.jpg.bmp.gif.tif、および.icoです。イメージファイル名に拡張子が指定されていない場合は、.pngが想定されます。

Optionsオプション

ImagePath

Folder path where an image is located. (e.g. ImagePath=#@#Images\)画像が保存されているフォルダのパス。(例ImagePath=#@#Images\

ImageCrop

Crops out and uses a defined part of the image. The option value should be in the form: X, Y, W, H, Origin.画像の定義された部分をトリミングして使用します。オプション値は次の形式になります。X, Y, W, H, Origin

Origin is optional and can be set to one of the following:

原点はオプションで、次のいずれかに設定できます。

原文


  • 1 : Top left (default)1 :左上(デフォルト)
  • 2 : Top right2 : 右上
  • 3 : Bottom right3 : 右下
  • 4 : Bottom left4 : 左下の
  • 5 : Center5 :センター

A way to envision what ImageCrop is doing is:ImageCropが何をしているのかを想像する方法は次のとおりです。

ImageCrop=-50,-30,100,60,5

Start at the Origin of 5 or "Center". Then move -50 pixels left (negative number is left, positive number is right) and -30 pixels up (negative number is up, positive number is down). Then capture 100 pixels of width, and 60 pixels of height, and that is the new image. This will crop and use 100 X 60 pixels of the center of the image.原点5または "Center" から始めます。次に、-50ピクセルを左(負の数は左、正の数は右)および-30ピクセルを上(負の数は上、正の数は下)に移動します。それから100幅の60ピクセル、高さのピクセルをキャプチャすれば、それが新しい画像です。これは画像の中心の100 x 60ピクセルをトリミングして使用します。

Notes:ノート:

ImageCrop is done before any resizing of the image with the W and H general meter options. If W and H are set, the new "cropped" image will be resized to fit.ImageCropは、WH一般的なメーターオプションで画像のサイズを変更する前に行われます。場合WH設定され、新しい画像が収まるようにリサイズされます「トリミング」。

If W and H are not defined, ImageCrop will change the size of the entire meter container to the size of the "cropped" image.WHが定義されていない場合、ImageCropはメーターコンテナー全体のサイズを "トリミングされた"画像のサイズに変更します。

Greyscale Default: 0Greyscale デフォルト: 0

If set to 1, the image is greyscaled. (color desaturated)に設定する1と、イメージはグレースケールになります。(彩度の低い色)

ImageTint Default: 255,255,255,255ImageTint デフォルト: 255,255,255,255

Color to tint the image with. If the alpha value is specified, the image can be made semi-transparent (0 means invisible, 255 mean fully opaque). The default value (255,255,255,255 for opaque white) leaves the image unaltered.画像を着色する。アルファ値を指定すると、画像を半透明にすることができます(0は非表示、255は完全に不透明です)。デフォルト値(255,255,255,255不透明白)では、画像は変更されません。

Note: Combining Greyscale and ImageTint recolors the image to the specified color. Without Greyscale, the specified color is added to the image (i.e. the original image color is tinted).注:組み合わせるGreyscaleImageTint指定した色に画像を復色します。Greyscale指定しないと、指定した色が画像に追加されます(つまり、元の画像の色が薄くなります)。

ImageAlpha Default: 255ImageAlpha デフォルト: 255

Opacity of the image ranging from 0 (invisible) to 255 (opaque). If set, this overrides the alpha component specified in ImageTint.画像の不透明度は、(非表示0)から255(不透明)の範囲です。設定されている場合、これはで指定されたアルファ成分を上書きしますImageTint

ImageFlip Default: NoneImageFlip デフォルト: None

Flips the image. Valid values are None, Horizontal, Vertical or Both.画像を反転します。有効な値はNoneHorizontalVerticalまたはBoth

ImageRotate Default: 0.0ImageRotate デフォルト: 0.0

Rotates the image by the specified angle in degrees. Negative angles can be used for counter-clockwise rotation.指定された角度でイメージを回転します。反時計回りに負の角度を使用することができます。

ImageRotate is done before any resizing of the image with the W and H general meter options. If W and H are set, the new "rotated" image will be resized to fit.ImageRotateは、WH一般的なメーターオプションで画像のサイズを変更する前に行われます。WHが設定されている場合は、新しい「回転」画像が収まるようにサイズ変更されます。

If W and H are not defined, ImageRotate will change the size of the entire meter container to the size of the "rotated" image.WHが定義されていない場合、ImageRotateはメーターコンテナー全体のサイズを「回転された」画像のサイズに変更します。

UseExifOrientation Default: 0UseExifOrientation デフォルト: 0

If set to 1, the image is rotated based on the EXIF data encoded in the image by a camera.に設定されている1場合、画像はカメラによって画像にエンコードされたEXIFデータに基づいて回転されます。

ColorMatrixN

Defines a 5x5 matrix used to manipulate the color values of the image. It is divided into five separate options, one for each row, each numbered. The default matrix is as follows:画像のカラー値を操作するために使用される5 x 5の行列を定義します。それは5つの別々のオプションに分けられます。各行に1つ、それぞれ番号が付いています。デフォルトの行列は次のとおりです。

ColorMatrix1=1; 0; 0; 0; 0
ColorMatrix2=0; 1; 0; 0; 0
ColorMatrix3=0; 0; 1; 0; 0
ColorMatrix4=0; 0; 0; 1; 0
ColorMatrix5=0; 0; 0; 0; 1

The values on the main diagonal are, from top-left to bottom-right: Red, Green, Blue, Alpha and a placeholder. The values represent the percentage of the particular value present in the image, where 0.0 is none and 1.0 is normal. The remaining entries in the matrix allow a color to have its value modified in terms of another color (e.g. the value of Red might have half of the Blue value added), with the entries in the final row (ColorMatrix5) determining offset values that are added directly to the color (e.g. ColorMatrix5=0.5; 0; 0; 0; 1 adds 50% to the red value).主対角線上の値は、左上から右下へ、赤、緑、青、アルファ、およびプレースホルダーです。値は画像に存在する特定の値のパーセンテージを表し、0.0はなし、1.0は通常です。マトリックスの残りのエントリは、ある色の値が別の色で変更されることを許可します(たとえば、Redの値にBlueの半分の値が追加されるなど)。最後の行のエントリ(ColorMatrix5)は、色に直接追加されます(例:ColorMatrix5=0.5; 0; 0; 0; 1赤の値に50%追加)。

If set, this overrides ImageTint and ImageAlpha.設定すると、これはImageTintandをオーバーライドしますImageAlpha

See also: ColorMatrix Guide. ColorMatrixガイドも参照してください

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る