ビューヘルパー

ビューヘルパーの使い方です。

ヘルパーはビューディレクトリにhelpersディレクトリを作って、その中にphpファイルを設置するだけで、使用することができます。

viewshelpers
│└ [ヘルパー名].php
└ scripts

ヘルパーの書式は次のようになります。

<?php

class Zend_View_Helper_[ヘルパー名]
{
    function [ヘルパー名]([引数])
    {
        return [戻り値];
    }
}

ビューの中での使用方法は次のようになります。

<?php echo $this->[ヘルパー名]([引数]) ?>

<?php

class Zend_View_Helper_BaseUrl
{
    function baseUrl()
    {
        return Zend_Controller_Front::getInstance()->getBaseUrl();
    }
}

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

STDEV関数 標準偏差を求める

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る