変数の渡し方

単純な変数 (配列やオブジェクト以外) を表示します。

PHP

$smarty->assign('hoge','テスト');

テンプレート

{$hoge}

0から始まるインデックスを持った配列の3番目の要素を表示します。

PHP

$hoge[2]='テスト';
$smarty->assign('hoge',$hoge);

テンプレート

{$hoge[2]}

"foo"というキーに対応する連想配列の値を表示します。

PHP

$hoge['foo']='テスト';
$smarty->assign('hoge',$hoge);

テンプレート

{$hoge.foo}

このように多階層の連想配列でも可能です。

PHP

$hoge['foo']['baz']='テスト';
$smarty->assign('hoge',$hoge);

テンプレート

{$hoge.foo.baz}

変数のキーに対応する配列の値を表示します。

PHP

$hoge[$foo]='テスト';
$smarty->assign('hoge',$hoge);

テンプレート

{$hoge.$foo}

このように多階層の変数のキーに対応する配列でも可能です。

PHP

$hoge[$foo][$baz]='テスト';
$smarty->assign('hoge',$hoge);

テンプレート

{$hoge.$foo.$baz}

オブジェクトのプロパティ "foo"を表示します。

テンプレート

{$hoge->foo}

オブジェクトのメソッド"foo"の返り値を表示します。

テンプレート

{$hoge->foo()}

パラメータを渡すこともできます。

テンプレート

{$hoge->foo($baz,2,$foo)}

configファイル変数"hoge"を表示します。

設定ファイル foo.conf:

hoge = "test"

テンプレート

{config_load file='foo.conf'}
{#hoge#}

次の書き方は{#hoge#}と同じです。

テンプレート

{$smarty.config.hoge}

sectionループ内でのみ構文です。

テンプレート

{$hoge[foo]}

テンプレート内で変数を与えることもできます。(1)

テンプレート

{assign var=hoge value='テスト'}
{$hoge}

テンプレート内で変数を与えることもできます。(2)

テンプレート

{capture name=hoge}
テスト
{/capture}

{$smarty.capture.hoge}

サーバ変数を表示します。($_SERVER['SERVER_NAME'])

テンプレート

{$smarty.server.SERVER_NAME}

$_GET変数を表示します。($_GET['hoge'])

テンプレート

{$smarty.get.hoge}

$_POST変数を表示します。($_POST['hoge'])

テンプレート

{$smarty.post.hoge}

クッキーの変数を表示します。($_COOKIE['hoge'])

テンプレート

{$smarty.cookies.hoge}

環境変数の値を表示します。(環境変数"PATH")

テンプレート

{$smarty.env.PATH}

phpのセッション変数の値を表示します。($_SESSION['hoge'])

テンプレート

{$smarty.session.hoge}

get/post/cookies/server/envの値を表示します。(変数"hoge")

テンプレート

{$smarty.request.hoge}

PHP 定数の値を表示します。

PHP

define('HOGE','テスト');

テンプレート

{$smarty.const.HOGE}

静的な値を使用できます。

テンプレート

{"hoge"}

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Smartyを利用する方法

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る