インストール 初期設定

Step1 ソースファイルのダウンロード

EC-CUBEのソースファイルをダウンロードします。

公式サイト
ダウンロード

サポートが終了したバージョンのファイルはダウンロードもできなくなるため、 ダウンロードした圧縮ファイルは、バックアップとして保存しておいたほうがいいです。

Step2 ファイルのアップロード

ダウンロードしたファイルを解凍し、公開するサーバにアップロードします。

ファイル書き込みができるようにパーミッションを変更します。

ディレクトリパーミッション
/data/install.inc666
/user_data777
/html/upload777
/data/Smarty/templates_c777
/data/update777
/data/logs777

Step3 webサーバの設定

webサーバの設定のDocument Rootを /html にします。

Step4 データベースサーバの設定

データベースサーバでEC-CUBE用のデータベースを作成します。
テーブルなどはインストール画面で自動で作成されるので、作成する必要はありません。

文字コードは UTF-8 です。
テーブル作成時にそれぞれの文字コードを指定してくれないので、データベースの文字コードが継承されます。
テーブルは dtb_ と mtb_ から始まるテーブルが作成されます。テーブル名のプレフィックスなどには対応していません。

Step5 ブラウザよりインストール設定

ブラウザから設定を行います。 EC-CUBEの設置先のURLを
http://ec-cube.example.com/
とすると、
インストール画面は
http://ec-cube.example.com/install/
となります。
EC-CUBEのソースファイルをアップロードして、初期設定を行っていない場合は自動的にインストール画面に遷移します。



パーミッションのチェックをします。

ディレクトリパーミッション
/data/install.inc666
/user_data777
/html/upload777
/data/Smarty/templates_c777
/data/update777
/data/logs777



サンプルの商品画像などがコピーされます。


サイトの最低限必要な基本的な設定をします。


DBサーバ接続の設定をします。




データベーステーブルを作成します。


EC-CUBEのサイト情報を製作側に送信するかどうかです。


これで完了です。
インストールのためのディレクトリ /html/install をサーバから削除します。


http://ec-cube.example.com/admin/
にアクセスすると管理画面が開きます。


ショップ情報の管理を設定します。


まずは郵便番号データを更新します。
郵便番号データの登録

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

画像の保存やメール転送を制限する方法

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る