RFC4941 日本語訳

4941 Privacy Extensions for Stateless Address Autoconfiguration inIPv6. T. Narten, R. Draves, S. Krishnan. September 2007. (Format: TXT=56699 bytes) (Obsoletes RFC3041) (Status: DRAFT STANDARD)
プログラムでの自動翻訳です。
英語原文

Network Working Group                                          T. Narten
Request for Comments: 4941                               IBM Corporation
Obsoletes: 3041                                                R. Draves
Category: Standards Track                             Microsoft Research
                                                             S. Krishnan
                                                       Ericsson Research
                                                          September 2007

Nartenがコメントのために要求するワーキンググループT.をネットワークでつないでください: 4941 IBM社は以下を時代遅れにします。 3041年のR.Dravesカテゴリ: 標準化過程マイクロソフト研究S.クリシュナンエリクソン研究2007年9月

   Privacy Extensions for Stateless Address Autoconfiguration in IPv6

IPv6での状態がないアドレス自動構成のためのプライバシー拡大

Status of This Memo

このメモの状態

   This document specifies an Internet standards track protocol for the
   Internet community, and requests discussion and suggestions for
   improvements.  Please refer to the current edition of the "Internet
   Official Protocol Standards" (STD 1) for the standardization state
   and status of this protocol.  Distribution of this memo is unlimited.

このドキュメントは、インターネットコミュニティにインターネット標準化過程プロトコルを指定して、改良のために議論と提案を要求します。 このプロトコルの標準化状態と状態への「インターネット公式プロトコル標準」(STD1)の現行版を参照してください。 このメモの分配は無制限です。

Abstract

要約

   Nodes use IPv6 stateless address autoconfiguration to generate
   addresses using a combination of locally available information and
   information advertised by routers.  Addresses are formed by combining
   network prefixes with an interface identifier.  On an interface that
   contains an embedded IEEE Identifier, the interface identifier is
   typically derived from it.  On other interface types, the interface
   identifier is generated through other means, for example, via random
   number generation.  This document describes an extension to IPv6
   stateless address autoconfiguration for interfaces whose interface
   identifier is derived from an IEEE identifier.  Use of the extension
   causes nodes to generate global scope addresses from interface
   identifiers that change over time, even in cases where the interface
   contains an embedded IEEE identifier.  Changing the interface
   identifier (and the global scope addresses generated from it) over
   time makes it more difficult for eavesdroppers and other information
   collectors to identify when different addresses used in different
   transactions actually correspond to the same node.

ノードは、アドレスが局所的に利用可能な情報の組み合わせを使用して、ルータによって広告に掲載された情報であると生成するのにIPv6の状態がないアドレス自動構成を使用します。 アドレスは、ネットワーク接頭語をインタフェース識別子に結合することによって、形成されます。 埋め込まれたIEEE Identifierを含むインタフェースでは、それからインタフェース識別子を通常得ます。 他のインターフェース型の上では、例えば、インタフェース識別子は乱数発生を通して他の手段で生成されます。 このドキュメントはインタフェース識別子がIEEE識別子から得られるインタフェースのためのIPv6の状態がないアドレス自動構成に拡大について説明します。 ノードは、時間がたつにつれて拡張子の使用でインタフェース識別子からのグローバルな範囲アドレスがその変化であると生成します、インタフェースが埋め込まれたIEEE識別子を含む場合でさえ。 時間がたつにつれてインタフェース識別子(そして、それから作られたグローバルな範囲アドレス)を変えるのに、立ち聞きする者と他の情報コレクタが、異なったトランザクションに使用される異なったアドレスがいつ実際に同じノードに一致しているかを特定するのが、より難しくなります。

Narten, et al.              Standards Track                     [Page 1]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[1ページ]。

Table of Contents

目次

   1.  Introduction . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  3
     1.1.  Conventions Used in This Document  . . . . . . . . . . . .  4
     1.2.  Problem Statement  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  4
   2.  Background . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  5
     2.1.  Extended Use of the Same Identifier  . . . . . . . . . . .  5
     2.2.  Address Usage in IPv4 Today  . . . . . . . . . . . . . . .  6
     2.3.  The Concern with IPv6 Addresses  . . . . . . . . . . . . .  7
     2.4.  Possible Approaches  . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  8
   3.  Protocol Description . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  9
     3.1.  Assumptions  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
     3.2.  Generation of Randomized Interface Identifiers . . . . . . 10
       3.2.1.  When Stable Storage Is Present . . . . . . . . . . . . 11
       3.2.2.  In The Absence of Stable Storage . . . . . . . . . . . 12
       3.2.3.  Alternate Approaches . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
     3.3.  Generating Temporary Addresses . . . . . . . . . . . . . . 13
     3.4.  Expiration of Temporary Addresses  . . . . . . . . . . . . 14
     3.5.  Regeneration of Randomized Interface Identifiers . . . . . 15
     3.6.  Deployment Considerations  . . . . . . . . . . . . . . . . 16
   4.  Implications of Changing Interface Identifiers . . . . . . . . 17
   5.  Defined Constants  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
   6.  Future Work  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
   7.  Security Considerations  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
   8.  Significant Changes from RFC 3041  . . . . . . . . . . . . . . 19
   9.  Acknowledgments  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
   10. References . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
     10.1. Normative References . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
     10.2. Informative References . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20

1. 序論. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3 1.1。 コンベンションは本書では.41.2を使用しました。 問題声明. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4 2。 バックグラウンド. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5 2.1。 同じ識別子. . . . . . . . . . . 5 2.2の拡張使用。 今日、.62.3にIPv4の用法を扱ってください。 IPv6がある関心は.72.4を扱います。 可能なアプローチ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8 3。 記述. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9 3.1について議定書の中で述べてください。 仮定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10 3.2。 ランダマイズされたインタフェース識別子. . . . . . 10 3.2.1人の世代。 安定貯蔵が.2にプレゼント. . . . . . . . . . . . 11 3.2であるときに 安定貯蔵. . . . . . . . . . . 12 3.2.3がないとき。 アプローチ. . . . . . . . . . . . . . . . . 12 3.3を交替してください。 仮の住所. . . . . . . . . . . . . . 13 3.4を作ります。 仮の住所. . . . . . . . . . . . 14 3.5の満了。 ランダマイズされたインタフェース識別子. . . . . 15 3.6の再生。 展開問題. . . . . . . . . . . . . . . . 16 4。 変化の含意は識別子. . . . . . . . 17 5を連結します。 定数. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18 6を定義しました。 今後の活動. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18 7。 セキュリティ問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19 8。 RFC3041.199からの著しい変化。 承認. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20 10。 参照. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20 10.1。 引用規格. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20 10.2。 有益な参照. . . . . . . . . . . . . . . . . . 20

Narten, et al.              Standards Track                     [Page 2]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[2ページ]。

1.  Introduction

1. 序論

   Stateless address autoconfiguration [ADDRCONF] defines how an IPv6
   node generates addresses without the need for a Dynamic Host
   Configuration Protocol for IPv6 (DHCPv6) server.  Some types of
   network interfaces come with an embedded IEEE Identifier (i.e., a
   link-layer MAC address), and in those cases, stateless address
   autoconfiguration uses the IEEE identifier to generate a 64-bit
   interface identifier [ADDRARCH].  By design, the interface identifier
   is likely to be globally unique when generated in this fashion.  The
   interface identifier is in turn appended to a prefix to form a
   128-bit IPv6 address.  Note that an IPv6 identifier does not
   necessarily have to be 64 bits in length, but the algorithm specified
   in this document is targeted towards 64-bit interface identifiers.

状態がないアドレス自動構成[ADDRCONF]はIPv6ノードがIPv6(DHCPv6)サーバのためにDynamic Host Configuration Protocolの必要性なしでアドレスをどう作るかを定義します。何人かのタイプのネットワーク・インターフェースは埋め込まれたIEEE Identifier(すなわち、リンクレイヤMACアドレス)と共に来ます、そして、それらの場合では、状態がないアドレス自動構成は64ビットのインタフェースが識別子[ADDRARCH]であると生成するのにIEEE識別子を使用します。 故意に、こんなやり方で生成されると、インタフェース識別子はグローバルに特有である傾向があります。 128ビットのIPv6アドレスを形成するために順番にインタフェース識別子を接頭語に追加します。 IPv6識別子は長さが必ず64ビットである必要はありませんが、本書では指定されたアルゴリズムが64ビットのインタフェース識別子に向かって狙うことに注意してください。

   All nodes combine interface identifiers (whether derived from an IEEE
   identifier or generated through some other technique) with the
   reserved link-local prefix to generate link-local addresses for their
   attached interfaces.  Additional addresses can then be created by
   combining prefixes advertised in Router Advertisements via Neighbor
   Discovery [DISCOVERY] with the interface identifier.

すべてのノードが、それらの付属インタフェースへのリンクローカルのアドレスを作るために、インタフェース識別子(IEEE識別子から派生するか、またはある他のテクニックで生成することにかかわらず)を予約されたリンクローカルの接頭語に結合します。 そして、Router AdvertisementsのNeighborディスカバリーで広告に掲載された接頭語[ディスカバリー]をインタフェース識別子に結合することによって、追加アドレスを作成できます。

   Not all nodes and interfaces contain IEEE identifiers.  In such
   cases, an interface identifier is generated through some other means
   (e.g., at random), and the resultant interface identifier may not be
   globally unique and may also change over time.  The focus of this
   document is on addresses derived from IEEE identifiers because
   tracking of individual devices, the concern being addressed here, is
   possible only in those cases where the interface identifier is
   globally unique and non-changing.  The rest of this document assumes
   that IEEE identifiers are being used, but the techniques described
   may also apply to interfaces with other types of globally unique
   and/or persistent identifiers.

すべてのノードとどんなインタフェースもIEEE識別子を含んでいません。 ある他の手段(例えば、無作為である)でそのような場合、インタフェース識別子が生成されて、結果のインタフェース識別子は、グローバルにユニークでないかもしれなく、また、時間がたつにつれて、変化するかもしれません。 このドキュメントの焦点が個々のデバイスの追跡(ここで扱われる関心)がインタフェース識別子がグローバルにユニーク、そして、非変化であるそれらの場合だけで可能であるのでIEEE識別子から得られたアドレスにあります。 このドキュメントの残りは、IEEE識別子が使用されていると仮定しますが、また、説明されたテクニックは他のタイプのグローバルにユニークな、そして/または、永続的な識別子とのインタフェースに適用されるかもしれません。

   This document discusses concerns associated with the embedding of
   non-changing interface identifiers within IPv6 addresses and
   describes extensions to stateless address autoconfiguration that can
   help mitigate those concerns for individual users and in environments
   where such concerns are significant.  Section 2 provides background
   information on the issue.  Section 3 describes a procedure for
   generating alternate interface identifiers and global scope
   addresses.  Section 4 discusses implications of changing interface
   identifiers.  The term "global scope addresses" is used in this
   document to collectively refer to "Global unicast addresses" as
   defined in [ADDRARCH] and "Unique local addresses" as defined in
   [ULA].

このドキュメントは、IPv6アドレスの中で非変化インタフェース識別子の埋め込みに関連している関心について議論して、そのような関心が重要であるところで個々のユーザと環境におけるそれらの関心を緩和するのを助けることができる状態がないアドレス自動構成に拡大について説明します。 セクション2は問題に関する基礎的な情報を提供します。 セクション3は代替のインタフェース識別子とグローバルな範囲アドレスを作るための手順について説明します。 セクション4は変化しているインタフェース識別子の含意について論じます。 「グローバルな範囲アドレス」という用語は、[ADDRARCH]で定義される「グローバルなユニキャストアドレス」と「ユニークなローカルのアドレス」についてまとめて言及するのに[ULA]で定義されるように本書では使用されます。

Narten, et al.              Standards Track                     [Page 3]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[3ページ]。

1.1.  Conventions Used in This Document

1.1. 本書では使用されるコンベンション

   The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT",
   "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this
   document are to be interpreted as described in [RFC2119].

キーワード“MUST"、「必須NOT」が「必要です」、“SHALL"、「」、“SHOULD"、「「推薦され」て、「5月」の、そして、「任意」のNOTは[RFC2119]で説明されるように本書では解釈されることであるべきですか?

1.2.  Problem Statement

1.2. 問題声明

   Addresses generated using stateless address autoconfiguration
   [ADDRCONF] contain an embedded interface identifier, which remains
   constant over time.  Anytime a fixed identifier is used in multiple
   contexts, it becomes possible to correlate seemingly unrelated
   activity using this identifier.

状態がないアドレス自動構成[ADDRCONF]を使用することで作られたアドレスは埋め込まれたインタフェース識別子を含んでいます。(それは、時間がたつにつれて、一定のままで残っています)。 いつでも、固定識別子は複数の文脈で使用されて、この識別子を使用する外観上関係ない活動を関連させるのは可能になります。

   The correlation can be performed by

相関関係で、実行できます。

   o  An attacker who is in the path between the node in question and
      the peer(s) to which it is communicating, and who can view the
      IPv6 addresses present in the datagrams.

o それが交信する予定である問題のノードと同輩の間の経路にいて、データグラムの現在のIPv6アドレスを見ることができる攻撃者。

   o  An attacker who can access the communication logs of the peers
      with which the node has communicated.

o ノードと交信した同輩のコミュニケーションログにアクセスできる攻撃者。

   Since the identifier is embedded within the IPv6 address, which is a
   fundamental requirement of communication, it cannot be easily hidden.
   This document proposes a solution to this issue by generating
   interface identifiers that vary over time.

識別子がIPv6アドレスの中で埋め込まれているので、容易にそれを隠すことができません。アドレスはコミュニケーションの基本的な要件です。 このドキュメントは、時間がたつにつれて異なるインタフェース識別子を生成することによって、この問題にソリューションを提案します。

   Note that an attacker, who is on path, may be able to perform
   significant correlation based on

攻撃者(経路にいる)がベースの重要な相関関係を実行できるかもしれない注意

   o  The payload contents of the packets on the wire

o ワイヤの上のパケットのペイロードコンテンツ

   o  The characteristics of the packets such as packet size and timing

o パケットサイズやタイミングなどのパケットの特性

   Use of temporary addresses will not prevent such payload-based
   correlation.

仮の住所の使用はそのようなペイロードベースの相関関係を防がないでしょう。

Narten, et al.              Standards Track                     [Page 4]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[4ページ]。

2.  Background

2. バックグラウンド

   This section discusses the problem in more detail, provides context
   for evaluating the significance of the concerns in specific
   environments and makes comparisons with existing practices.

このセクションは、さらに詳細に問題について論じて、特定の環境で関心の意味を評価するのに文脈を提供して、既存の習慣との比較をします。

2.1.  Extended Use of the Same Identifier

2.1. 同じ識別子の拡張使用

   The use of a non-changing interface identifier to form addresses is a
   specific instance of the more general case where a constant
   identifier is reused over an extended period of time and in multiple
   independent activities.  Any time the same identifier is used in
   multiple contexts, it becomes possible for that identifier to be used
   to correlate seemingly unrelated activity.  For example, a network
   sniffer placed strategically on a link across which all traffic to/
   from a particular host crosses could keep track of which destinations
   a node communicated with and at what times.  Such information can in
   some cases be used to infer things, such as what hours an employee
   was active, when someone is at home, etc.  Although it might appear
   that changing an address regularly in such environments would be
   desirable to lessen privacy concerns, it should be noted that the
   network prefix portion of an address also serves as a constant
   identifier.  All nodes at, say, a home, would have the same network
   prefix, which identifies the topological location of those nodes.
   This has implications for privacy, though not at the same granularity
   as the concern that this document addresses.  Specifically, all nodes
   within a home could be grouped together for the purposes of
   collecting information.  If the network contains a very small number
   of nodes, say, just one, changing just the interface identifier will
   not enhance privacy at all, since the prefix serves as a constant
   identifier.

アドレスを形成する非変化インタフェース識別子の使用は一定の識別子が時間の長期間の上と、そして、複数の独立している活動で再利用されるより一般的なケースの特定のインスタンスです。 いつでも、同じ識別子は複数の文脈で使用されて、その識別子が外観上関係ない活動を関連させるのに使用されるのは可能になります。 例えば、戦略上リンクに上特定のホストからの/へのすべてのトラフィックが交差する置かれたネットワーク障害解析ソフトウェアはノードが時とどんな時にどの目的地を伝えたかに関する道を保つかもしれません。 いくつかの場合、ものを推論するのにそのような情報を使用できます、従業員が何の数時間に活発であったのなどように、ホームなどにだれかがいるとき そのような環境でアドレスを定期的に変えるのがプライバシーの問題を少なくするのにおいて望ましいように見えるかもしれませんが、また、アドレスのネットワーク接頭語部分が一定の識別子として機能することに注意されるべきです。 すべてのノードがたとえば、aで家へ帰って、それらのノードの位相的な位置を特定するのと同じネットワーク接頭語を持っているでしょう。 これには、どんな同じ粒状でも持っていませんが、このドキュメントが扱う関心としてプライバシーのための意味があります。 明確に、情報集めの目的のためにホームの中のすべてのノードを一緒に分類できました。 ネットワークがたとえば、非常に少ない数のノード、ちょうど1を含んでいると、まさしくインタフェース識別子を変えるのは全くプライバシーを高めないでしょう、接頭語が一定の識別子として機能するので。

   One of the requirements for correlating seemingly unrelated
   activities is the use (and reuse) of an identifier that is
   recognizable over time within different contexts.  IP addresses
   provide one obvious example, but there are more.  Many nodes also
   have DNS names associated with their addresses, in which case the DNS
   name serves as a similar identifier.  Although the DNS name
   associated with an address is more work to obtain (it may require a
   DNS query), the information is often readily available.  In such
   cases, changing the address on a machine over time would do little to
   address the concerns raised in this document, unless the DNS name is
   changed as well (see Section 4).

外観上関係ない活動を関連させるための要件の1つは時間がたつにつれて異なった文脈の中で認識可能な識別子の使用(そして、再利用)です。 IPアドレスは1つの明白な例を提供しますが、以上があります。 また、多くのノードには、それらのアドレスに関連しているDNS名があります、その場合、DNS名は同様の識別子として機能します。 アドレスに関連しているDNS名は得るより多くの仕事(それはDNS質問を必要とするかもしれない)ですが、情報はしばしば容易に利用可能です。 そのような場合、時間がたつにつれてマシンに関するアドレスを変えるのは本書では高められた関心を扱うために少ししかしないでしょう、DNS名がまた、変えられない場合(セクション4を見てください)。

   Web browsers and servers typically exchange "cookies" with each other
   [COOKIES].  Cookies allow Web servers to correlate a current activity
   with a previous activity.  One common usage is to send back targeted
   advertising to a user by using the cookie supplied by the browser to

ウェブブラウザとサーバは互い[COOKIES]と「クッキー」を通常交換します。 クッキーで、ウェブサーバは前の活動で現在の活動を関連させることができます。 ある一般的な用法がブラウザによって供給されたクッキーを使用することによってユーザに広告を出しながら狙う後部を送ることになっています。

Narten, et al.              Standards Track                     [Page 5]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[5ページ]。

   identify what earlier queries had been made (e.g., for what type of
   information).  Based on the earlier queries, advertisements can be
   targeted to match the (assumed) interests of the end user.

どんな以前の質問をしたか(例えば、どんな情報の種類のために)特定してください。 以前の質問に基づいて、広告は、エンドユーザの(想定されます)関心を合わせるために狙うことができます。

   The use of a constant identifier within an address is of special
   concern because addresses are a fundamental requirement of
   communication and cannot easily be hidden from eavesdroppers and
   other parties.  Even when higher layers encrypt their payloads,
   addresses in packet headers appear in the clear.  Consequently, if a
   mobile host (e.g., laptop) accessed the network from several
   different locations, an eavesdropper might be able to track the
   movement of that mobile host from place to place, even if the upper
   layer payloads were encrypted.

アドレスの中の一定の識別子の使用は、アドレスがコミュニケーションの基本的な要件であることが特別な関心の理由であり、容易に立ち聞きする者と相手から隠すことができません。 より高い層がそれらのペイロードを暗号化さえするとき、パケットのヘッダーのアドレスは明確に現れます。 その結果、モバイルホスト(例えば、ラップトップ)がいくつかの別の場所からネットワークにアクセスするなら、立ち聞きする者は場所からのそのモバイルホストが入賞する動きを追跡できるでしょうに、上側の層のペイロードが暗号化されたとしても。

2.2.  Address Usage in IPv4 Today

2.2. 今日のIPv4のアドレス用法

   Addresses used in today's Internet are often non-changing in practice
   for extended periods of time.  In an increasing number of sites,
   addresses are assigned statically and typically change infrequently.
   Over the last few years, sites have begun moving away from static
   allocation to dynamic allocation via DHCP [DHCP].  In theory, the
   address a client gets via DHCP can change over time, but in practice
   servers often return the same address to the same client (unless
   addresses are in such short supply that they are reused immediately
   by a different node when they become free).  Thus, even within sites
   using DHCP, clients frequently end up using the same address for
   weeks to months at a time.

今日のインターネットで使用されるアドレスが延ばされた期間ときの実際にはしばしば非変化することである。 増加する数のサイトでは、アドレスは、静的に割り当てられて、通常、まれに変化します。 ここ数年間にわたって、サイトはDHCP[DHCP]を通して静的割り付けから動的割当てまでの遠くに移行し始めました。 理論上、クライアントがDHCPを通して得るアドレスは時間がたつにつれて、変化できますが、実際には、サーバはしばしば同じアドレスを同じクライアントに返します(自由になるとき、それらがすぐ異なったノードによって再利用されるくらいの供給不足にアドレスがない場合)。 DHCPを使用するサイトの中でさえ、クライアントは一度に、結局、何週間も何カ月も頻繁に同じアドレスを使用します。

   For home users accessing the Internet over dial-up lines, the
   situation is generally different.  Such users do not have permanent
   connections and are often assigned temporary addresses each time they
   connect to their ISP.  Consequently, the addresses they use change
   frequently over time and are shared among a number of different
   users.  Thus, an address does not reliably identify a particular
   device over time spans of more than a few minutes.

一般に、ダイヤルアップ系列の上でインターネットにアクセスする家庭でのユーザにとって、状況は異なっています。 そのようなユーザは永久接続がいないで、自己のISPに接続するたびにしばしば仮の住所を割り当てられます。 その結果、それらが使用するアドレスは、時間がたつにつれて、頻繁に変化して、多くの異なったユーザの中で共有されます。 したがって、アドレスは確かに特定のデバイスをかなり多くの分のタイム・スパンにわたって特定しません。

   A more interesting case concerns always-on connections (e.g., cable
   modems, ISDN, DSL, etc.) that result in a home site using the same
   address for extended periods of time.  This is a scenario that is
   just starting to become common in IPv4 and promises to become more of
   a concern as always-on Internet connectivity becomes widely
   available.

よりおもしろいケースは延ばされた期間に同じアドレスを使用することでホームサイトをもたらす常時接続(例えば、ケーブルモデム、ISDN、DSLなど)に関係があります。 これはいつもオンなインターネットの接続性が広く利用可能になるとき、ただIPv4で一般的になり始めていて、一層の関心になると約束するシナリオです。

   Finally, it should be noted that nodes that need a (non-changing) DNS
   name generally have static addresses assigned to them to simplify the
   configuration of DNS servers.  Although Dynamic DNS [DDNS] can be
   used to update the DNS dynamically, it may not always be available
   depending on the administrative policy.  In addition, changing an

最終的に、一般に、DNSサーバの構成を簡素化するために(非変化)のDNS名を必要とするノードで静的なアドレスをそれらに割り当てることに注意されるべきです。 ダイナミックにDNSをアップデートするのに、Dynamic DNS[DDNS]を使用できますが、施政方針によって、それはいつも利用可能であるかもしれないというわけではありません。 追加、変化

Narten, et al.              Standards Track                     [Page 6]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[6ページ]。

   address but keeping the same DNS name does not really address the
   underlying concern, since the DNS name becomes a non-changing
   identifier.  Servers generally require a DNS name (so clients can
   connect to them), and clients often do as well (e.g., some servers
   refuse to speak to a client whose address cannot be mapped into a DNS
   name that also maps back into the same address).  Section 4 describes
   one approach to this issue.

アドレスにもかかわらず、同じDNS名を保つのは本当に基本的な関心を扱いません、DNS名が非変化識別子になるので。 一般に、サーバはDNS名を必要とします、そして、(したがって、クライアントは彼らに接続できます)また、クライアントはしばしば必要です(例えばいくつかのサーバが、また、同じアドレスに後部を写像するDNS名にアドレスを写像できないクライアントと話すのを拒否します)。 セクション4は1つのアプローチをこの問題に説明します。

2.3.  The Concern with IPv6 Addresses

2.3. IPv6アドレスがある関心

   The division of IPv6 addresses into distinct topology and interface
   identifier portions raises an issue new to IPv6 in that a fixed
   portion of an IPv6 address (i.e., the interface identifier) can
   contain an identifier that remains constant even when the topology
   portion of an address changes (e.g., as the result of connecting to a
   different part of the Internet).  In IPv4, when an address changes,
   the entire address (including the local part of the address) usually
   changes.  It is this new issue that this document addresses.

IPv6アドレス(すなわち、インタフェース識別子)の固定部分がアドレスのトポロジーの部分が変化さえするとき(例えば、インターネットの異なった地域に接続するという結果として)一定のままで残っている識別子を含むことができるので、異なったトポロジーとインタフェース識別子部分へのIPv6アドレスの区画はIPv6に新しい問題を提起します。 アドレスが変化するとき、IPv4では、通常、全体のアドレス(アドレスの地方の部分を含んでいる)は変化します。 それはこのドキュメントが扱うこの新規発行です。

   If addresses are generated from an interface identifier, a home
   user's address could contain an interface identifier that remains the
   same from one dial-up session to the next, even if the rest of the
   address changes.  The way PPP is used today, however, PPP servers
   typically unilaterally inform the client what address they are to use
   (i.e., the client doesn't generate one on its own).  This practice,
   if continued in IPv6, would avoid the concerns that are the focus of
   this document.

アドレスがインタフェース識別子から作られるなら、家庭でのユーザのアドレスは1つのダイヤルアップセッションから次まで同じままで残っているインタフェース識別子を含むかもしれません、アドレスの残りが変化しても。 PPPが今日使用される方法、しかしながら、PPPサーバはそれらがどんなアドレスを使用することになっているかをクライアントに通常一方的に知らせます(すなわち、クライアントはそれ自身のところの1つを生成しません)。 IPv6で続けられているなら、この習慣はこのドキュメントの焦点である関心を避けるでしょう。

   A more troubling case concerns mobile devices (e.g., laptops, PDAs,
   etc.) that move topologically within the Internet.  Whenever they
   move, they form new addresses for their current topological point of
   attachment.  This is typified today by the "road warrior" who has
   Internet connectivity both at home and at the office.  While the
   node's address changes as it moves, the interface identifier
   contained within the address remains the same (when derived from an
   IEEE Identifier).  In such cases, the interface identifier can be
   used to track the movement and usage of a particular machine.  For
   example, a server that logs usage information together with source
   addresses, is also recording the interface identifier since it is
   embedded within an address.  Consequently, any data-mining technique
   that correlates activity based on addresses could easily be extended
   to do the same using the interface identifier.  This is of particular
   concern with the expected proliferation of next-generation network-
   connected devices (e.g., PDAs, cell phones, etc.) in which large
   numbers of devices are, in practice, associated with individual users
   (i.e., not shared).  Thus, the interface identifier embedded within
   an address could be used to track activities of an individual, even
   as they move topologically within the Internet.

より厄介なケースはインターネットの中で位相的に移行するモバイル機器(例えば、ラップトップ、PDAなど)に関係があります。 移行するときはいつも、彼らはそれらの現在の位相的な接着点新しいアドレスを形成します。 これは今日、ホームにおいてオフィスにインターネットの接続性を持っている「道行く戦士」によって代表されます。 移行するとき、ノードのアドレスは変化しますが、アドレスの中に含まれたインタフェース識別子は同じままで残っています(IEEE Identifierから派生すると)。 そのような場合、特定のマシンの動きと使用法を追跡するのにインタフェース識別子を使用できます。 また、それがアドレスの中で埋め込まれているので、例えば、ソースアドレスと共に用法情報を登録するサーバはインタフェース識別子を記録しています。 その結果、インタフェース識別子を使用することで同じようにするために容易にアドレスに基づく活動を関連させるどんなデータマイニングのテクニックも広げることができました。 これが次世代のネットワークの予想された増殖がある特別の関心のものである、-、多くのデバイスが実際にはある接続デバイス(例えば、PDA、携帯電話など)は個々のユーザ(すなわち、共有されません)と交際しました。 したがって、個人の活動を追跡するのにアドレスの中で埋め込まれたインタフェース識別子は使用できました、インターネットの中で位相的に移行するときさえ。

Narten, et al.              Standards Track                     [Page 7]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[7ページ]。

   In summary, IPv6 addresses on a given interface generated via
   Stateless Autoconfiguration contain the same interface identifier,
   regardless of where within the Internet the device connects.  This
   facilitates the tracking of individual devices (and thus,
   potentially, users).  The purpose of this document is to define
   mechanisms that eliminate this issue in those situations where it is
   a concern.

概要では、Stateless Autoconfigurationを通して生成された与えられたインタフェースに関するIPv6アドレスはどこにかかわらずデバイスがつなげるインターネットの中に同じインタフェース識別子を保管しているか。 これは個々のデバイス(そして、その結果、潜在的にユーザ)の追跡を容易にします。 このドキュメントの目的はそれが関心であるそれらの状況でこの問題を排除するメカニズムを定義することです。

2.4.  Possible Approaches

2.4. 可能なアプローチ

   One way to avoid having a static non-changing address is to use
   DHCPv6 [DHCPV6] for obtaining addresses.  Section 12 of [DHCPV6]
   discusses the use of DHCPv6 for the assignment and management of
   "temporary addresses", which are never renewed and provide the same
   property of temporary addresses described in this document with
   regards to the privacy concern.

静的な非変化アドレスを持っているのを避ける1つの方法はアドレスを得るのに、DHCPv6[DHCPV6]を使用することです。 [DHCPV6]のセクション12はDHCPv6の課題の使用と決して取り替えられないで、本書ではあいさつでプライバシーの問題に説明された仮の住所の同じ資産を提供する「仮の住所」の管理について論じます。

   Another approach, compatible with the stateless address
   autoconfiguration architecture, would be to change the interface
   identifier portion of an address over time and generate new addresses
   from the interface identifier for some address scopes.  Changing the
   interface identifier can make it more difficult to look at the IP
   addresses in independent transactions and identify which ones
   actually correspond to the same node, both in the case where the
   routing prefix portion of an address changes and when it does not.

別の状態がないアドレス自動構成アーキテクチャと互換性があるアプローチは、時間がたつにつれて、アドレスのインタフェース識別子部分を変えて、いくつかのアドレスの範囲のためのインタフェース識別子からの新しいアドレスを作るだろうことです。 インタフェース識別子を変えるのは、独立しているトランザクションでIPアドレスを見るのをより難しくして、どれが実際に同じノードに対応するかを特定できます、アドレスのルーティング接頭語部分が変化して、そうしないときの場合で両方の、。

   Many machines function as both clients and servers.  In such cases,
   the machine would need a DNS name for its use as a server.  Whether
   the address stays fixed or changes has little privacy implication
   since the DNS name remains constant and serves as a constant
   identifier.  When acting as a client (e.g., initiating
   communication), however, such a machine may want to vary the
   addresses it uses.  In such environments, one may need multiple
   addresses: a "public" (i.e., non-secret) server address, registered
   in the DNS, that is used to accept incoming connection requests from
   other machines, and a "temporary" address used to shield the identity
   of the client when it initiates communication.  These two cases are
   roughly analogous to telephone numbers and caller ID, where a user
   may list their telephone number in the public phone book, but disable
   the display of its number via caller ID when initiating calls.

多くのマシンがクライアントとサーバの両方として機能します。 そのような場合、マシンはサーバとしてDNS名を使用に必要とするでしょう。アドレスが修理されていたままである、または変化するかにおいて、DNS名が一定の識別子として一定のままで残っていて、機能するので、プライバシー意味がほとんどありません。 しかしながら、クライアント(例えば、コミュニケーションを開始する)として機能するとき、そのようなマシンはそれが使用するアドレスを変えたがっているかもしれません。 そのような環境で、複数のアドレスを必要とするかもしれません: 「公共」(すなわち、非秘密の)のサーバアドレス、DNSに登録されています、それは他のマシンから接続要求要求を受け入れるのに使用されて、コミュニケーションを開始するとき、「一時的な」アドレスは以前はよくクライアントのアイデンティティを保護していました。 これらの2つのケースがおよそ電話番号と発信者番号に類似していますが、呼び出しを開始するときには発信者番号で番号のディスプレイを無効にしてください。(そこでは、ユーザが公衆電話の本にそれらの電話番号を記載するかもしれません)。

   To make it difficult to make educated guesses as to whether two
   different interface identifiers belong to the same node, the
   algorithm for generating alternate identifiers must include input
   that has an unpredictable component from the perspective of the
   outside entities that are collecting information.  Picking
   identifiers from a pseudo-random sequence suffices, so long as the
   specific sequence cannot be determined by an outsider examining

2つの異なったインタフェース識別子が同じノードに属すかどうかに関して経験に基づいた推測をするのを難しくするように、代替の識別子を生成するためのアルゴリズムは情報集めである外の実体の見解からの予測できないコンポーネントを持っている入力を含まなければなりません。 特定の系列が部外者審査で決定できない限り、擬似ランダム系列からの識別子を選ぶのは十分です。

Narten, et al.              Standards Track                     [Page 8]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[8ページ]。

   information that is readily available or easily determinable (e.g.,
   by examining packet contents).  This document proposes the generation
   of a pseudo-random sequence of interface identifiers via an MD5 hash.
   Periodically, the next interface identifier in the sequence is
   generated, a new set of temporary addresses is created, and the
   previous temporary addresses are deprecated to discourage their
   further use.  The precise pseudo-random sequence depends on both a
   random component and the globally unique interface identifier (when
   available), to increase the likelihood that different nodes generate
   different sequences.

容易に利用可能であるか、または容易に決定できる(例えば、パケットコンテンツを調べるのによる)情報。 このドキュメントはMD5ハッシュでインタフェース識別子の擬似ランダム系列の世代を提案します。 定期的に、系列の次のインタフェース識別子は発生しています、そして、新しい仮の住所は作成されます、そして、前の仮の住所は、彼らのさらなる使用に水をさしているために推奨しないです。 正確な擬似ランダム系列は、異なったノードが異なった系列を生成する可能性を広げるために無作為のコンポーネントとグローバルにユニークなインタフェース識別子の両方(利用可能であるときに)に依存します。

3.  Protocol Description

3. プロトコル記述

   The goal of this section is to define procedures that:

このセクションの目標が手順を定義することである、それ:

   1.  Do not result in any changes to the basic behavior of addresses
       generated via stateless address autoconfiguration [ADDRCONF].

1. 状態がないアドレス自動構成[ADDRCONF]で作られたアドレスの基本的な振舞いへの少しの変化ももたらさないでください。

   2.  Create additional addresses based on a random interface
       identifier for the purpose of initiating outgoing sessions.
       These "random" or temporary addresses would be used for a short
       period of time (hours to days) and would then be deprecated.
       Deprecated address can continue to be used for already
       established connections, but are not used to initiate new
       connections.  New temporary addresses are generated periodically
       to replace temporary addresses that expire, with the exact time
       between address generation a matter of local policy.

2. 外向的なセッションを開始する目的のための無作為のインタフェース識別子に基づく追加アドレスを作成してください。 これらの「無作為」の、または、一時的なアドレスは短期間の間、使用されるでしょう、そして、(何時間も何日も)そして、推奨しないでしょう。 推奨しないアドレスは、既に確立した接続に使用され続けることができますが、新しい接続を開始するのに使用されません。 新しい仮の住所は期限が切れる仮の住所を置き換えるために定期的に作られます、アドレス・ジェネレーションの間で正確な時間によるローカルの方針の問題。

   3.  Produce a sequence of temporary global scope addresses from a
       sequence of interface identifiers that appear to be random in the
       sense that it is difficult for an outside observer to predict a
       future address (or identifier) based on a current one, and it is
       difficult to determine previous addresses (or identifiers)
       knowing only the present one.

3. 現在のものだけを知りながら傍観者が現在のものに基づく将来のアドレス(または、識別子)を予測するのが、難しく、旧住所(または、識別子)を決定するのが難しいという意味で無作為であるように見えるインタフェース識別子の系列から一時的なグローバルな範囲アドレスの系列を作成してください。

   4.  By default, generate a set of addresses from the same
       (randomized) interface identifier, one address for each prefix
       for which a global address has been generated via stateless
       address autoconfiguration.  Using the same interface identifier
       to generate a set of temporary addresses reduces the number of IP
       multicast groups a host must join.  Nodes join the solicited-node
       multicast address for each unicast address they support, and
       solicited-node addresses are dependent only on the low-order bits
       of the corresponding address.  This default behavior was made to
       address the concern that a node that joins a large number of
       multicast groups may be required to put its interface into
       promiscuous mode, resulting in possible reduced performance.

4. デフォルトで、同じ(ランダマイズされます)インタフェース識別子(グローバルアドレスが状態がないアドレス自動構成で生成された各接頭語あたり1つのアドレス)からの1セットのアドレスを作ってください。 1セットの仮の住所を作るのに同じインタフェース識別子を使用すると、ホストが加わらなければならないIPマルチキャストグループの数は減少します。 ノードはそれらがサポートするそれぞれのユニキャストアドレスのための請求されたノードマルチキャストアドレスを接合します、そして、請求されたノードアドレスは対応するアドレスの下位のビットだけに依存しています。 多くのマルチキャストグループに加わるノードが無差別なモードにインタフェースを入れるのに必要であるかもしれないという関心を扱うのをこのデフォルトの振舞いをしました、可能な減少している性能をもたらして。

Narten, et al.              Standards Track                     [Page 9]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[9ページ]。

       A node highly concerned about privacy MAY use different interface
       identifiers on different prefixes, resulting in a set of global
       addresses that cannot be easily tied to each other.  For example
       a node MAY create different interface identifiers I1, I2, and I3
       for use with different prefixes P1, P2, and P3 on the same
       interface.

プライバシーに関して非常に心配しているノードは異なった接頭語に関する異なったインタフェース識別子を使用するかもしれません、容易に互いに結ぶことができない1セットのグローバルなアドレスをもたらして。 例えば、ノードは使用のために同じインタフェースの異なった接頭語のP1、P2、およびP3と共に異なったインタフェース識別子のI1、I2、およびI3を作成するかもしれません。

3.1.  Assumptions

3.1. 仮定

   The following algorithm assumes that each interface maintains an
   associated randomized interface identifier.  When temporary addresses
   are generated, the current value of the associated randomized
   interface identifier is used.  While the same identifier can be used
   to create more than one temporary address, the value SHOULD change
   over time as described in Section 3.5.

以下のアルゴリズムは、各インタフェースが関連ランダマイズされたインタフェース識別子を維持すると仮定します。 仮の住所が発生しているとき、関連ランダマイズされたインタフェース識別子の現行価値は使用されています。 1つ以上の仮の住所を作成するのに同じ識別子を使用できる間、値のSHOULDは時間がたつにつれて、セクション3.5で説明されるように変化します。

   The algorithm also assumes that, for a given temporary address, an
   implementation can determine the prefix from which it was generated.
   When a temporary address is deprecated, a new temporary address is
   generated.  The specific valid and preferred lifetimes for the new
   address are dependent on the corresponding lifetime values set for
   the prefix from which it was generated.

また、アルゴリズムは、実装が与えられた仮の住所のために、それが生成された接頭語を決定できると仮定します。 仮の住所が推奨しないときに、新しい仮の住所は発生しています。 新しいアドレスのための特定の有効で都合のよい寿命は値がそれが生成された接頭語に決める対応する生涯に依存しています。

   Finally, this document assumes that when a node initiates outgoing
   communication, temporary addresses can be given preference over
   public addresses when the device is configured to do so.
   [ADDR_SELECT] mandates implementations to provide a mechanism, which
   allows an application to configure its preference for temporary
   addresses over public addresses.  It also allows for an
   implementation to prefer temporary addresses by default, so that the
   connections initiated by the node can use temporary addresses without
   requiring application-specific enablement.  This document also
   assumes that an API will exist that allows individual applications to
   indicate whether they prefer to use temporary or public addresses and
   override the system defaults.

最終的に、このドキュメントは、ノードが送信するコミュニケーションを開始するとき、デバイスがそうするために構成されるとき、場内放送の上の優先を仮の住所に与えることができると仮定します。 [ADDR_SELECT]は、メカニズムを提供するために実装を強制します。(アプリケーションはメカニズムで場内放送の上の仮の住所のための好みを構成できます)。 また、それはデフォルトで仮の住所を好むために実装を考慮します、ノードを開始された接続がアプリケーション特有の権能割賦を必要としないで仮の住所を使用できるように。 また、このドキュメントは、個々のアプリケーションが、それらが一時的であるか公共のアドレスを使用して、システム・デフォルトをくつがえすのを好むかどうかを示すことができるAPIが存在すると仮定します。

3.2.  Generation of Randomized Interface Identifiers

3.2. ランダマイズされたインタフェース識別子の世代

   We describe two approaches for the generation and maintenance of the
   randomized interface identifier.  The first assumes the presence of
   stable storage that can be used to record state history for use as
   input into the next iteration of the algorithm across system
   restarts.  A second approach addresses the case where stable storage
   is unavailable and there is a need to generate randomized interface
   identifiers without previous state.

私たちはランダマイズされたインタフェース識別子の世代とメインテナンスのための2つのアプローチについて説明します。 1番目は、システムリスタートの向こう側にアルゴリズムの次の繰り返しに入力されるように使用できる安定貯蔵の存在が使用のための州の歴史を記録すると仮定します。 2番目のアプローチは安定貯蔵が入手できなく、先になしでランダマイズされたインタフェース識別子を生成する必要があるケースを扱います。

Narten, et al.              Standards Track                    [Page 10]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[10ページ]。

   The random interface identifier generation algorithm, as described in
   this document, uses MD5 as the hash algorithm.  The node MAY use
   another algorithm instead of MD5 to produce the random interface
   identifier.

本書では説明される無作為のインタフェース識別子世代アルゴリズムはハッシュアルゴリズムとしてMD5を使用します。 ノードは、無作為のインタフェース識別子を作り出すのにMD5の代わりに別のアルゴリズムを使用するかもしれません。

3.2.1.  When Stable Storage Is Present

3.2.1. 安定貯蔵が存在しているとき

   The following algorithm assumes the presence of a 64-bit "history
   value" that is used as input in generating a randomized interface
   identifier.  The very first time the system boots (i.e., out-of-the-
   box), a random value SHOULD be generated using techniques that help
   ensure the initial value is hard to guess [RANDOM].  Whenever a new
   interface identifier is generated, a value generated by the
   computation is saved in the history value for the next iteration of
   the algorithm.

以下のアルゴリズムはランダマイズされたインタフェース識別子を生成する際に入力されるように使用された64ビットの「歴史値」の存在を仮定します。 システムがブートするまさしくその1回目、(すなわち、外、-、-、-、箱)、a無作為である、推測するのが確実に初期の値が困難になるようにするのを助けた発生している使用のテクニックが[RANDOM]であったならSHOULDを評価してください。 新しいインタフェース識別子が発生しているときはいつも、計算で生成された値はアルゴリズムの次の繰り返しのために歴史値で節約されます。

   A randomized interface identifier is created as follows:

ランダマイズされたインタフェース識別子は以下の通りで作成されます:

   1.  Take the history value from the previous iteration of this
       algorithm (or a random value if there is no previous value) and
       append to it the interface identifier generated as described in
       [ADDRARCH].

1. このアルゴリズム(そこであるなら、無作為の値は前の値でない)の前の繰り返しから歴史値を取ってください、そして、[ADDRARCH]で説明されるように生成されたインタフェース識別子をそれに追加してください。

   2.  Compute the MD5 message digest [MD5] over the quantity created in
       the previous step.

2. MD5メッセージダイジェスト[MD5]を前のステップで作成された量の上計算してください。

   3.  Take the leftmost 64-bits of the MD5 digest and set bit 6 (the
       leftmost bit is numbered 0) to zero.  This creates an interface
       identifier with the universal/local bit indicating local
       significance only.

3. MD5ダイジェストの一番左64ビット取ってください、そして、ビット6(一番左ビットは番号付の0です)をゼロに設定してください。 普遍的であるか地方のビットがローカルの意味だけを示していて、これはインタフェース識別子を作成します。

   4.  Compare the generated identifier against a list of reserved
       interface identifiers and to those already assigned to an address
       on the local device.  In the event that an unacceptable
       identifier has been generated, the node MUST restart the process
       at step 1 above, using the rightmost 64 bits of the MD5 digest
       obtained in step 2 in place of the history value in step 1.

4. 予約されたインタフェース識別子のリストに対してローカル装置で既にアドレスに割り当てられたものに発生している識別子をたとえてください。 容認できない識別子が生成された場合、ノードは上のステップ1でプロセスを再開しなければなりません、ステップ2でステップ1における歴史値に代わって得られたMD5ダイジェストの一番右の64ビットを使用して。

   5.  Save the generated identifier as the associated randomized
       interface identifier.

5. 関連ランダマイズされたインタフェース識別子として発生している識別子を保存してください。

   6.  Take the rightmost 64-bits of the MD5 digest computed in step 2)
       and save them in stable storage as the history value to be used
       in the next iteration of the algorithm.

6. ステップ2)で計算されたMD5ダイジェストの一番右の64ビット取ってください、そして、歴史値として安定貯蔵でそれらを貯蓄して、アルゴリズムの次の繰り返しに使用されてください。

Narten, et al.              Standards Track                    [Page 11]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[11ページ]。

   MD5 was chosen for convenience, and because its particular properties
   were adequate to produce the desired level of randomization.  The
   node MAY use another algorithm instead of MD5 to produce the random
   interface identifier

MD5は便利に選ばれていて、特定の特性が必要なレベルの無作為化を作成するために適切であったからです。 ノードは、無作為のインタフェース識別子を作り出すのにMD5の代わりに別のアルゴリズムを使用するかもしれません。

   In theory, generating successive randomized interface identifiers
   using a history scheme as above has no advantages over generating
   them at random.  In practice, however, generating truly random
   numbers can be tricky.  Use of a history value is intended to avoid
   the particular scenario where two nodes generate the same randomized
   interface identifier, both detect the situation via DAD, but then
   proceed to generate identical randomized interface identifiers via
   the same (flawed) random number generation algorithm.  The above
   algorithm avoids this problem by having the interface identifier
   (which will often be globally unique) used in the calculation that
   generates subsequent randomized interface identifiers.  Thus, if two
   nodes happen to generate the same randomized interface identifier,
   they should generate different ones on the follow-up attempt.

理論上、同じくらい上で歴史体系を使用することで連続したランダマイズされたインタフェース識別子を生成するのにおいて、無作為にそれらを生成するより利点が全くありません。 しかしながら、実際には、本当に、乱数を生成するのは扱いにくい場合があります。 歴史価値の使用が同じ(失敗する)の乱数発生アルゴリズムで2つのノードが同じランダマイズされたインタフェース識別子を生成して、両方がDADを通して状況を検出しますが、次に同じランダマイズされたインタフェース識別子を生成しかける特定のシナリオを避けることを意図します。 上のアルゴリズムは、その後のランダマイズされたインタフェース識別子を生成する計算にインタフェース識別子(しばしばグローバルにユニークになる)を使用させることによって、この問題を避けます。 したがって、2つのノードがたまたま同じランダマイズされたインタフェース識別子を生成するなら、それらは追跡している試みのときに異なったものを生成するべきです。

3.2.2.  In The Absence of Stable Storage

3.2.2. 安定貯蔵が不在のとき

   In the absence of stable storage, no history value will be available
   across system restarts to generate a pseudo-random sequence of
   interface identifiers.  Consequently, the initial history value used
   above SHOULD be generated at random.  A number of techniques might be
   appropriate.  Consult [RANDOM] for suggestions on good sources for
   obtaining random numbers.  Note that even though machines may not
   have stable storage for storing a history value, they will in many
   cases have configuration information that differs from one machine to
   another (e.g., user identity, security keys, serial numbers, etc.).
   One approach to generating a random initial history value in such
   cases is to use the configuration information to generate some data
   bits (which may remain constant for the life of the machine, but will
   vary from one machine to another), append some random data, and
   compute the MD5 digest as before.

安定貯蔵が不在のとき、どんな歴史値も、インタフェース識別子の擬似ランダム系列を生成するためにシステムリスタートの向こう側に利用可能にならないでしょう。 その結果、初期の歴史値は上でSHOULDを使用しました。無作為に生成されます。 多くのテクニックが適切であるかもしれません。 提案のために乱数を得るための良いソースに関して[RANDOM]に相談してください。 マシンには歴史値を保存するための安定貯蔵がないかもしれませんが、多くの場合、1台のマシンから別のもの(例えば、ユーザのアイデンティティ、セキュリティキー、通し番号など)まで異なる設定情報を持つことに注意してください。 無作為の初期の歴史が値であるとそのような場合生成することへの1つのアプローチは、従来と同様いくつかのデータがビット(マシンの寿命に一定のままで残るかもしれませんが、1台のマシンから別のものに異なる)であると生成するのに設定情報を使用して、いくつかの無作為のデータを追加して、MD5ダイジェストを計算することです。

3.2.3.  Alternate Approaches

3.2.3. 代替のアプローチ

   Note that there are other approaches to generate random interface
   identifiers, albeit with different goals and applicability.  One such
   approach is Cryptographically Generated Addresses (CGAs) [CGA], which
   generate a random interface identifier based on the public key of the
   node.  The goal of CGAs is to prove ownership of an address and to
   prevent spoofing and stealing of existing IPv6 addresses.  They are
   used for securing neighbor discovery using [SEND].  The CGA random
   interface identifier generation algorithm may not be suitable for
   privacy addresses because of the following properties:

異なった目標と適用性で注意しますが、無作為のインタフェース識別子を生成するために他のアプローチがあることに注意してください。 そのようなアプローチの1つはCryptographically Generated Addresses(CGAs)[CGA]です。(そのCryptographically Generated Addressesはノードの公開鍵に基づく無作為のインタフェース識別子を生成します)。 CGAsの目標は、アドレスの所有権を立証して、IPv6が扱う存在を偽造して、横取りするのを防ぐことです。 それらは、[SEND]を使用することで隣人に発見を保証するのに使用されます。 CGAの無作為のインタフェース識別子世代アルゴリズムは以下の特性のためにプライバシーアドレスに適していないかもしれません:

Narten, et al.              Standards Track                    [Page 12]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[12ページ]。

   o  It requires the node to have a public key.  This means that the
      node can still be identified by its public key.

o 公開鍵を持っているのがノードを必要とします。 これは、公開鍵でまだノードを特定できることを意味します。

   o  The random interface identifier process is computationally
      intensive and hence discourages frequent regeneration.

o 無作為のインタフェース識別子プロセスは、計算上徹底的であり、したがって、頻繁な再生に水をさしています。

3.3.  Generating Temporary Addresses

3.3. 仮の住所を作ります。

   [ADDRCONF] describes the steps for generating a link-local address
   when an interface becomes enabled as well as the steps for generating
   addresses for other scopes.  This document extends [ADDRCONF] as
   follows.  When processing a Router Advertisement with a Prefix
   Information option carrying a global scope prefix for the purposes of
   address autoconfiguration (i.e., the A bit is set), the node MUST
   perform the following steps:

[ADDRCONF]はインタフェースが他の範囲へのアドレスを作るためのステップと同様に可能にされるようになるとリンクローカルアドレスを生成するためのステップについて説明します。 このドキュメントは以下の[ADDRCONF]を広げています。 Prefix情報オプションがアドレス自動構成(すなわち、Aビットは設定される)の目的のためにグローバルな範囲接頭語を運んでいるRouter Advertisementを処理するとき、ノードは以下のステップを実行しなければなりません:

   1.  Process the Prefix Information Option as defined in [ADDRCONF],
       either creating a new public address or adjusting the lifetimes
       of existing addresses, both public and temporary.  If a received
       option will extend the lifetime of a public address, the
       lifetimes of temporary addresses should be extended, subject to
       the overall constraint that no temporary addresses should ever
       remain "valid" or "preferred" for a time longer than
       (TEMP_VALID_LIFETIME) or (TEMP_PREFERRED_LIFETIME -
       DESYNC_FACTOR), respectively.  The configuration variables
       TEMP_VALID_LIFETIME and TEMP_PREFERRED_LIFETIME correspond to
       approximate target lifetimes for temporary addresses.

1. ともに[ADDRCONF](新しい場内放送を作成するか、存在する寿命が扱う調整のどちらか)で定義されて、公共で一時的であるとしてPrefix情報Optionを処理してください。 または、容認されたオプションが場内放送の生涯を広げるなら、仮の住所の寿命が仮の住所が全く「有効な」ままで残るべきでないという総合的な規制を条件として広げられるか、または(TEMP_VALID_LIFETIME)より長いときに時間「好まれるべきである」、(TEMP_PREFERRED_LIFETIME--DESYNC_FACTOR)、それぞれ。 構成変数のTEMP_VALID_LIFETIMEとTEMP_PREFERRED_LIFETIMEは、仮の住所のための目的の生涯に近似するために対応しています。

   2.  One way an implementation can satisfy the above constraints is to
       associate with each temporary address a creation time (called
       CREATION_TIME) that indicates the time at which the address was
       created.  When updating the preferred lifetime of an existing
       temporary address, it would be set to expire at whichever time is
       earlier: the time indicated by the received lifetime or
       (CREATION_TIME + TEMP_PREFERRED_LIFETIME - DESYNC_FACTOR).  A
       similar approach can be used with the valid lifetime.

2. 実装が上の規制を満たすことができる1つの方法はアドレスが作成された時を示す作成時間(CREATION_タイム誌と呼ばれる)を各仮の住所に関連づけることです。 既存の仮の住所の都合のよい生涯アップデートするとき、それがどれでも時間より前半であるとき期限が切れるように設定されるでしょう: または、時間が容認された生涯までに示した、(CREATION_タイム誌+TEMP_PREFERRED_LIFETIME--DESYNC_FACTOR)。 有効な生涯と共に同様のアプローチを使用できます。

   3.  When a new public address is created as described in [ADDRCONF],
       the node SHOULD also create a new temporary address.

3. また、新しい場内放送が[ADDRCONF]で説明されるように作成されるとき、ノードSHOULDは新しい仮の住所を作成します。

   4.  When creating a temporary address, the lifetime values MUST be
       derived from the corresponding prefix as follows:

4. 仮の住所を作成するとき、以下の対応する接頭語から生涯値を得なければなりません:

       *  Its Valid Lifetime is the lower of the Valid Lifetime of the
          public address or TEMP_VALID_LIFETIME.

* 場内放送のValid LifetimeかTEMP_VALID_LIFETIMEではValid Lifetimeは、より低いです。

Narten, et al.              Standards Track                    [Page 13]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[13ページ]。

       *  Its Preferred Lifetime is the lower of the Preferred Lifetime
          of the public address or TEMP_PREFERRED_LIFETIME -
          DESYNC_FACTOR.

* 場内放送のPreferred LifetimeかTEMP_PREFERRED_LIFETIMEではPreferred Lifetimeは、より低いです--DESYNC_FACTOR。

   5.  A temporary address is created only if this calculated Preferred
       Lifetime is greater than REGEN_ADVANCE time units.  In
       particular, an implementation MUST NOT create a temporary address
       with a zero Preferred Lifetime.

5. この計算されたPreferred LifetimeがREGEN_ADVANCEタイム・ユニットより大きい場合にだけ、仮の住所は作成されます。 特に、実装はどんなPreferred Lifetimeと共にも仮の住所を作成してはいけません。

   6.  New temporary addresses MUST be created by appending the
       interface's current randomized interface identifier to the prefix
       that was received.

6. インタフェースの現在のランダマイズされたインタフェース識別子を受け取られた接頭語に追加することによって、新しい仮の住所を作成しなければなりません。

   7.  The node MUST perform duplicate address detection (DAD) on the
       generated temporary address.  If DAD indicates the address is
       already in use, the node MUST generate a new randomized interface
       identifier as described in Section 3.2 above, and repeat the
       previous steps as appropriate up to TEMP_IDGEN_RETRIES times.  If
       after TEMP_IDGEN_RETRIES consecutive attempts no non-unique
       address was generated, the node MUST log a system error and MUST
       NOT attempt to generate temporary addresses for that interface.
       Note that DAD MUST be performed on every unicast address
       generated from this randomized interface identifier.

7. ノードは写しアドレス検出(DAD)を発生している仮の住所に実行しなければなりません。 DADが、アドレスが既に使用中であることを示すなら、ノードは、TEMP_IDGEN_RETRIES回数まで上でセクション3.2で説明される新しいランダマイズされたインタフェース識別子を生成して、適切な前の同じくらいステップを繰り返さなければなりません。 どんな非ユニークなアドレスもTEMP_IDGENの_のRETRIESの連続した試みの後に作られなかったなら、ノードは、システム・エラーを登録しなければならなくて、そのインタフェースへの仮の住所を作るのを試みてはいけません。 このランダマイズされたインタフェース識別子から作られたあらゆるユニキャストアドレスにおとうさんを実行しなければならないことに注意してください。

3.4.  Expiration of Temporary Addresses

3.4. 仮の住所の満了

   When a temporary address becomes deprecated, a new one MUST be
   generated.  This is done by repeating the actions described in
   Section 3.3, starting at step 3).  Note that, except for the
   transient period when a temporary address is being regenerated, in
   normal operation at most one temporary address per prefix should be
   in a non-deprecated state at any given time on a given interface.
   Note that if a temporary address becomes deprecated as result of
   processing a Prefix Information Option with a zero Preferred
   Lifetime, then a new temporary address MUST NOT be generated.  To
   ensure that a preferred temporary address is always available, a new
   temporary address SHOULD be regenerated slightly before its
   predecessor is deprecated.  This is to allow sufficient time to avoid
   race conditions in the case where generating a new temporary address
   is not instantaneous, such as when duplicate address detection must
   be run.  The node SHOULD start the address regeneration process
   REGEN_ADVANCE time units before a temporary address would actually be
   deprecated.

仮の住所が推奨しなくなるとき、新しい生成しなければなりません。 ステップ3)で始まって、セクション3.3で説明された動作を繰り返すことによって、これをします。 通常、仮の住所が作り直される予定である一時的な期間を除いて、1接頭語あたりの仮の住所がその時々で与えられたインタフェースの非推奨しない状態で最も1つで稼働中であるべきであることに、注意してください。 仮の住所がどんなPreferred Lifetimeと共にもPrefix情報Optionを処理しないという結果として推奨しなくなるなら新しい仮の住所を作ってはいけないことに注意してください。 都合のよい仮の住所がいつも利用可能であり、新しい仮の住所がSHOULDであることを保証するには、前任者が推奨しなくなるわずかに前に作り直されてください。 場合で競合条件を避けることができるくらいの時間を許容するために、これは新しい仮の住所を作るのが瞬時に起こっていないところにあります、写しアドレス検出を実行しなければならない時のように。 仮の住所が実際に推奨しなくなる前にノードSHOULDはアドレス再生成プロセスREGEN_ADVANCE時間単位を始動します。

   As an optional optimization, an implementation MAY remove a
   deprecated temporary address that is not in use by applications or
   upper layers as detailed in Section 6.

任意の最適化として、実装はセクション6で詳しく述べられるようにアプリケーションか上側の層で使用中でない推奨しない仮の住所を取り除くかもしれません。

Narten, et al.              Standards Track                    [Page 14]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[14ページ]。

3.5.  Regeneration of Randomized Interface Identifiers

3.5. ランダマイズされたインタフェース識別子の再生

   The frequency at which temporary addresses changes depends on how a
   device is being used (e.g., how frequently it initiates new
   communication) and the concerns of the end user.  The most egregious
   privacy concerns appear to involve addresses used for long periods of
   time (weeks to months to years).  The more frequently an address
   changes, the less feasible collecting or coordinating information
   keyed on interface identifiers becomes.  Moreover, the cost of
   collecting information and attempting to correlate it based on
   interface identifiers will only be justified if enough addresses
   contain non-changing identifiers to make it worthwhile.  Thus, having
   large numbers of clients change their address on a daily or weekly
   basis is likely to be sufficient to alleviate most privacy concerns.

頻度はどの仮の住所変化でデバイスがどう使用されて(例えば、それはどれくらい頻繁に新しいコミュニケーションを開始しますか)、エンドユーザの関心であるかに依存するか。 最もとてもひどいプライバシーの問題は長期間(何週間も何カ月も何年も)の間に使用されるアドレスにかかわるように見えます。 アドレスが、より頻繁に変化すれば変えるほど、情報がインタフェース識別子で合わせた可能な収集か調整が、より少ないです。 そのうえ、十分なアドレスがそれを価値があるようにする非変化識別子を含んでいる場合にだけ、情報集めの費用とインタフェース識別子に基づいてそれを関連させる試みは正当化されるでしょう。 したがって、多くのクライアントに毎日の、または、毎週のベースで住所を変更させるのは、ほとんどのプライバシーの問題を軽減するために十分である傾向があります。

   There are also client costs associated with having a large number of
   addresses associated with a node (e.g., in doing address lookups, the
   need to join many multicast groups, etc.).  Thus, changing addresses
   frequently (e.g., every few minutes) may have performance
   implications.

また、ノード(多くのマルチキャストグループなどを接合する例えば、しているアドレスルックアップにおける必要性)に関連している多くのアドレスを持つと関連しているクライアントコストがあります。 その結果、頻繁にアドレスを変える、(例えばあらゆる、数分) 性能意味を持っているかもしれません。

   Nodes following this specification SHOULD generate new temporary
   addresses on a periodic basis.  This can be achieved automatically by
   generating a new randomized interface identifier at least once every
   (TEMP_PREFERRED_LIFETIME - REGEN_ADVANCE - DESYNC_FACTOR) time units.
   As described above, generating a new temporary address REGEN_ADVANCE
   time units before a temporary address becomes deprecated produces
   addresses with a preferred lifetime no larger than
   TEMP_PREFERRED_LIFETIME.  The value DESYNC_FACTOR is a random value
   (different for each client) that ensures that clients don't
   synchronize with each other and generate new addresses at exactly the
   same time.  When the preferred lifetime expires, a new temporary
   address MUST be generated using the new randomized interface
   identifier.

この仕様SHOULDに続くノードが周期的ベースに関する新しい仮の住所を作ります。 少なくとも一度新しいランダマイズされたインタフェース識別子を生成することによって自動的にこれを達成できる、あらゆる、(TEMP_PREFERRED_LIFETIME--REGEN_ADVANCE--DESYNC_FACTOR)タイム・ユニット。 上で説明されるように、都合のよい寿命がTEMP_PREFERRED_LIFETIMEほど大きくない状態で仮の住所が推奨しなくなる前に新しい仮の住所がREGEN_ADVANCEタイム・ユニットであると生成するのがアドレスを製作します。 値のDESYNC_FACTORはクライアントがまさに同じ頃に互いに連動して、新しいアドレスを作らないのを確実にする無作為の値(各クライアントにとって、異なった)です。 都合のよい寿命が期限が切れるとき、新しいランダマイズされたインタフェース識別子を使用して、新しい仮の住所を作らなければなりません。

   Because the precise frequency at which it is appropriate to generate
   new addresses varies from one environment to another, implementations
   SHOULD provide end users with the ability to change the frequency at
   which addresses are regenerated.  The default value is given in
   TEMP_PREFERRED_LIFETIME and is one day.  In addition, the exact time
   at which to invalidate a temporary address depends on how
   applications are used by end users.  Thus, the suggested default
   value of one week (TEMP_VALID_LIFETIME) may not be appropriate in all
   environments.  Implementations SHOULD provide end users with the
   ability to override both of these default values.

新しいアドレスを作るのが適切である正確な頻度が1つの環境から別のものに異なるので、実装SHOULDはアドレスが作り直される頻度を変える能力をエンドユーザに提供します。 デフォルト値は、TEMP_PREFERRED_LIFETIMEの当然のことであり、ある日です。 さらに、仮の住所を無効にする正確な時はアプリケーションがエンドユーザによってどう使用されるかに依存します。 したがって、1週間(TEMP_VALID_LIFETIME)の提案されたデフォルト値はすべての環境で適切でないかもしれません。 実装SHOULDはこれらのデフォルト値の両方をくつがえす能力をエンドユーザに提供します。

Narten, et al.              Standards Track                    [Page 15]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[15ページ]。

   Finally, when an interface connects to a new link, a new randomized
   interface identifier SHOULD be generated immediately together with a
   new set of temporary addresses.  If a device moves from one ethernet
   to another, generating a new set of temporary addresses from a
   different randomized interface identifier ensures that the device
   uses different randomized interface identifiers for the temporary
   addresses associated with the two links, making it more difficult to
   correlate addresses from the two different links as being from the
   same node.  The node MAY follow any process available to it, to
   determine that the link change has occurred.  One such process is
   described by Detecting Network Attachment [DNA].

インタフェースは新しいリンクに接続します、新しいランダマイズされたインタフェース識別子SHOULD。最終的にいつ、すぐに、新しい仮の住所と共に生成されてくださいか。 デバイスが1つのイーサネットから別のイーサネットまで移行するなら、異なったランダマイズされたインタフェース識別子からの新しい仮の住所を作るのは、デバイスが2個のリンクに関連している仮の住所に異なったランダマイズされたインタフェース識別子を使用するのを確実にします、同じノードからあるとしてアドレスを関連させるのを2個の異なったリンクから、より難しくして。 ノードは、リンク変化が起こったことを決定するためにそれに利用可能などんなプロセスにも続くかもしれません。 そのようなプロセスの1つはDetecting Network Attachment[DNA]によって説明されます。

3.6.  Deployment Considerations

3.6. 展開問題

   Devices implementing this specification MUST provide a way for the
   end user to explicitly enable or disable the use of temporary
   addresses.  In addition, a site might wish to disable the use of
   temporary addresses in order to simplify network debugging and
   operations.  Consequently, implementations SHOULD provide a way for
   trusted system administrators to enable or disable the use of
   temporary addresses.

この仕様を履行するデバイスはエンドユーザが明らかに仮の住所の使用を可能にするか、または無効にする方法を提供しなければなりません。 さらに、サイトは、ネットワークデバッグと操作を簡素化するために仮の住所の使用を無効にしたがっているかもしれません。 その結果、実装SHOULDは信じられたシステム管理者が仮の住所の使用を可能にするか、または無効にする方法を提供します。

   Additionally, sites might wish to selectively enable or disable the
   use of temporary addresses for some prefixes.  For example, a site
   might wish to disable temporary address generation for "Unique local"
   [ULA] prefixes while still generating temporary addresses for all
   other global prefixes.  Another site might wish to enable temporary
   address generation only for the prefixes 2001::/16 and 2002::/16,
   while disabling it for all other prefixes.  To support this behavior,
   implementations SHOULD provide a way to enable and disable generation
   of temporary addresses for specific prefix subranges.  This per-
   prefix setting SHOULD override the global settings on the node with
   respect to the specified prefix subranges.  Note that the pre-prefix
   setting can be applied at any granularity, and not necessarily on a
   per-subnet basis.

さらに、サイトは、選択的に仮の住所のいくつかの接頭語の使用を可能にしたいか、または無効にしたがっているかもしれません。 例えば、サイトはまだ他のすべてのグローバルな接頭語のための仮の住所を作っている間、「ユニークなローカル」[ULA]接頭語のための一時的なアドレス・ジェネレーションを無効にしたがっているかもしれません。 別のサイトは接頭語のためだけの2001年の仮の住所世代を可能にしたがっているかもしれません:、:/16と2002:、:他のすべての接頭語のためにそれを無効にしている間の/16。 この振舞いをサポートするために、実装SHOULDは特定の接頭語サブレンジへの仮の住所の世代を可能にして、無効にする方法を提供します。 これ、-、接頭語設定SHOULDは指定された接頭語サブレンジに関してノードのグローバル設定をくつがえします。 必ず1サブネットあたり1個のベースで適用されるのではなく、どんな粒状でもプレ接頭語設定を適用できることに注意してください。

   The use of temporary addresses may cause unexpected difficulties with
   some applications.  As described below, some servers refuse to accept
   communications from clients for which they cannot map the IP address
   into a DNS name.  In addition, some applications may not behave
   robustly if temporary addresses are used and an address expires
   before the application has terminated, or if it opens multiple
   sessions, but expects them to all use the same addresses.
   Consequently, the use of temporary addresses SHOULD be disabled by
   default in order to minimize potential disruptions.  Individual
   applications, which have specific knowledge about the normal duration
   of connections, MAY override this as appropriate.

仮の住所の使用はいくつかのアプリケーションにおける予期していなかった困難を引き起こすかもしれません。 以下で説明されるように、いくつかのサーバが、彼らがIPアドレスをDNS名に写像できないクライアントからコミュニケーションを受け入れるのを拒否します。 さらに、仮の住所が使用されていて、アプリケーションが終わる前にアドレスが期限が切れるか、複数のセッションに開きますが、または同じアドレスを使用すると予想するなら、いくつかのアプリケーションは強壮に振る舞わないかもしれません。 その結果、仮の使用はSHOULDを扱います。潜在的分裂を最小にするためにデフォルトで障害があってください。 個々のアプリケーション(接続の正常な持続時間に関する特定の知識を持っている)は適宜これをくつがえすかもしれません。

Narten, et al.              Standards Track                    [Page 16]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[16ページ]。

   If a very small number of nodes (say, only one) use a given prefix
   for extended periods of time, just changing the interface identifier
   part of the address may not be sufficient to ensure privacy, since
   the prefix acts as a constant identifier.  The procedures described
   in this document are most effective when the prefix is reasonably non
   static or is used by a fairly large number of nodes.

非常に少ない数のノード(たとえば、1だけ)が延ばされた期間に当然のことの接頭語を使用するなら、ただアドレスのインタフェース識別子部分を変えるのは秘密を守るために十分でないかもしれません、接頭語が一定の識別子として機能するので。 接頭語が合理的に非静的であるか、またはかなり多くのノードによって使用されるとき、本書では説明される中で手順は最も効果的です。

4.  Implications of Changing Interface Identifiers

4. 変化の含意は識別子を連結します。

   The IPv6 addressing architecture goes to some lengths to ensure that
   interface identifiers are likely to be globally unique where easy to
   do so.  The widespread use of temporary addresses may result in a
   significant fraction of Internet traffic not using addresses in which
   the interface identifier portion is globally unique.  Consequently,
   usage of the algorithms in this document may complicate providing
   such a future flexibility, if global uniqueness is necessary.

IPv6アドレッシング体系は、インタフェース識別子がそうするのが簡単であるところでグローバルに特有である傾向があることを保証するためにどんなことでもします。 仮の住所の普及使用は、インタフェース識別子部分がグローバルにユニークであるアドレスを使用しないことでインターネットトラフィックの重要な部分をもたらすかもしれません。 その結果、グローバルなユニークさが必要であるなら、アルゴリズムの用法は、そのような将来の柔軟性を提供しながら、本書では複雑にされるかもしれません。

   The desires of protecting individual privacy versus the desire to
   effectively maintain and debug a network can conflict with each
   other.  Having clients use addresses that change over time will make
   it more difficult to track down and isolate operational problems.
   For example, when looking at packet traces, it could become more
   difficult to determine whether one is seeing behavior caused by a
   single errant machine, or by a number of them.

事実上、願望に対して個人のプライバシーを保護するのがネットワークを維持して、デバッグする願望は互いと衝突できます。 クライアントに時間がたつにつれて変化するアドレスを使用させるのに運転上の問題を捜し出して、隔離するのは、より難しくなるでしょう。パケット跡を見るとき、例えば、人が振舞いが単一の誤ったマシン、またはそれらの数によって引き起こされるのが見えているかどうか決定するのをより難しくなることができました。

   Some servers refuse to grant access to clients for which no DNS name
   exists.  That is, they perform a DNS PTR query to determine the DNS
   name, and may then also perform an AAAA query on the returned name to
   verify that the returned DNS name maps back into the address being
   used.  Consequently, clients not properly registered in the DNS may
   be unable to access some services.  As noted earlier, however, a
   node's DNS name (if non-changing) serves as a constant identifier.
   The wide deployment of the extension described in this document could
   challenge the practice of inverse-DNS-based "authentication," which
   has little validity, though it is widely implemented.  In order to
   meet server challenges, nodes could register temporary addresses in
   the DNS using random names (for example, a string version of the
   random address itself).

いくつかのサーバが、DNS名が全く存在しないクライアントへのアクセスを承諾するのを拒否します。 すなわち、彼らはDNS名を決定するためにDNS PTR質問を実行します、そして、次に、また、返されたDNS名前地図が使用されるアドレスに後退することを確かめるために返された名前にAAAA質問を実行するかもしれません。 その結果、DNSに適切に登録されなかったクライアントはいくつかのサービスにアクセスできないかもしれません。 しかしながら、より早く注意されるように、ノードのDNS名(非変化するなら)は一定の識別子として機能します。 本書では説明された拡大の広い展開はほとんど正当性を持っていない逆さのDNSベースの「認証」の習慣に挑戦するかもしれません、それは広く実装されますが。 サーバ挑戦を満たすために、ノードは無作為の名前(例えば、無作為のアドレスのストリングバージョン自体)を使用することでDNSの仮の住所を登録するかもしれません。

   Use of the extensions defined in this document may complicate
   debugging and other operational troubleshooting activities.
   Consequently, it may be site policy that temporary addresses should
   not be used.  Consequently, implementations MUST provide a method for
   the end user or trusted administrator to override the use of
   temporary addresses.

本書では定義された拡張子の使用はデバッグと他の操作上のトラブルシューティング活動を複雑にするかもしれません。 その結果、仮の住所を使用するべきでないのは、サイト方針であるかもしれません。 その結果、実装はエンドユーザか信じられた管理者が仮の住所の使用をくつがえすメソッドを提供しなければなりません。

Narten, et al.              Standards Track                    [Page 17]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[17ページ]。

5.  Defined Constants

5. 定義された定数

   Constants defined in this document include:

本書では定義された定数は:

   TEMP_VALID_LIFETIME -- Default value: 1 week.  Users should be able
   to override the default value.

TEMP_VALID_LIFETIME--デフォルト値: 1週間。 ユーザはデフォルト値をくつがえすことができるべきです。

   TEMP_PREFERRED_LIFETIME -- Default value: 1 day.  Users should be
   able to override the default value.

TEMP_PREFERRED_LIFETIME--デフォルト値: 1日。 ユーザはデフォルト値をくつがえすことができるべきです。

   REGEN_ADVANCE -- 5 seconds

REGEN_ADVANCE--5秒

   MAX_DESYNC_FACTOR -- 10 minutes.  Upper bound on DESYNC_FACTOR.

マックス_DESYNC_FACTOR--10 書き留めます。 DESYNC_FACTORの上の上限。

   DESYNC_FACTOR -- A random value within the range 0 -
   MAX_DESYNC_FACTOR.  It is computed once at system start (rather than
   each time it is used) and must never be greater than
   (TEMP_VALID_LIFETIME - REGEN_ADVANCE).

DESYNC_FACTOR--範囲0の中の無作為の値--マックス_DESYNC_FACTOR。 それがシステム始め(それが使用されている各回よりむしろ)でかつて計算されて、決してすばらしくないに違いない、(TEMP_VALID_LIFETIME--REGEN_ADVANCE)。

   TEMP_IDGEN_RETRIES -- Default value: 3

TEMP_IDGEN_RETRIES--デフォルト値: 3

6.  Future Work

6. 今後の活動

   An implementation might want to keep track of which addresses are
   being used by upper layers so as to be able to remove a deprecated
   temporary address from internal data structures once no upper layer
   protocols are using it (but not before).  This is in contrast to
   current approaches where addresses are removed from an interface when
   they become invalid [ADDRCONF], independent of whether or not upper
   layer protocols are still using them.  For TCP connections, such
   information is available in control blocks.  For UDP-based
   applications, it may be the case that only the applications have
   knowledge about what addresses are actually in use.  Consequently, an
   implementation generally will need to use heuristics in deciding when
   an address is no longer in use.

実装はアドレスがどんな上側の層のプロトコルもいったん、それ(以前でない)を使用していないと内部のデータ構造から推奨しない仮の住所を取り除くことができるように上側の層によって使用されている道を保ちたがっているかもしれません。 無効に[ADDRCONF]なるとき、これはアドレスがインタフェースから移されるところに現在のアプローチと対照的になっています、上側の層のプロトコルがまだそれらを使用しているかどうかの如何にかかわらず。 TCP接続において、そのような情報は制御ブロックで利用可能です。 UDPベースのアプリケーションのために、どんなアドレスが実際に使用中であるかに関してアプリケーションだけが心得があるのは、事実であるかもしれません。 その結果、一般に、実装は、アドレスがいつもう使用中でないかを決める際に発見的教授法を使用する必要があるでしょう。

   The determination as to whether to use public versus temporary
   addresses can in some cases only be made by an application.  For
   example, some applications may always want to use temporary
   addresses, while others may want to use them only in some
   circumstances or not at all.  Suitable API extensions will likely
   need to be developed to enable individual applications to indicate
   with sufficient granularity their needs with regards to the use of
   temporary addresses.  Recommendations on DNS practices to avoid the
   problem described in Section 4 when reverse DNS lookups fail may be
   needed.  [DNSOP] contains a more detailed discussion of the DNS-
   related issues.

いくつかの場合、アプリケーションで仮の住所に対して公衆を使用するかどうかに関する決断をすることができるだけです。 例えば、いくつかのアプリケーションがいつも仮の住所を使用したがっているかもしれません、他のものは彼らをいくつかの事情だけか全く使用したがっていないかもしれませんが。 適当なAPI拡張子は、おそらく個々のアプリケーションが十分な粒状であいさつがある彼らの必要性を仮の住所の使用に示すのを可能にするために開発される必要があるでしょう。 逆のDNSルックアップが失敗するとセクション4で説明された問題を避けるというDNS習慣における推薦が必要であるかもしれません。 [DNSOP]はDNSの関連する問題の、より詳細な議論を含んでいます。

Narten, et al.              Standards Track                    [Page 18]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[18ページ]。

   While this document discusses ways of obscuring a user's permanent IP
   address, the method described is believed to be ineffective against
   sophisticated forms of traffic analysis.  To increase effectiveness,
   one may need to consider use of more advanced techniques, such as
   Onion Routing [ONION].

このドキュメントがユーザの永久的なIPアドレスをあいまいにする方法について議論している間、説明されたメソッドが洗練された形式のトラヒック分析に対して効力がないと信じられています。 有効性を増強するために、Onionルート設定などの、より高度なテクニック[ONION]の使用を考える必要があるかもしれません。

7.  Security Considerations

7. セキュリティ問題

   Ingress filtering has been and is being deployed as a means of
   preventing the use of spoofed source addresses in Distributed Denial
   of Service (DDoS) attacks.  In a network with a large number of
   nodes, new temporary addresses are created at a fairly high rate.
   This might make it difficult for ingress filtering mechanisms to
   distinguish between legitimately changing temporary addresses and
   spoofed source addresses, which are "in-prefix" (using a
   topologically correct prefix and non-existent interface ID).  This
   can be addressed by using access control mechanisms on a per-address
   basis on the network egress point.

分散型サービス妨害(DDoS)における偽造しているソースアドレスの使用を防ぐ手段が攻撃されるとき、イングレスフィルタリングは、あって、配布されています。 多くのノードがあるネットワークでは、新しい仮の住所はかなり高いレートで作成されます。 これで、それは合法的に仮の住所を変える見分けるメカニズムをフィルターにかけて、「接頭語」であるソースアドレスであると偽造された(aを使用して、接頭語と実在しないインタフェースIDを位相的に修正してください)イングレスに難しくなるかもしれません。 ネットワーク出口ポイントの1アドレスあたり1個のベースでアクセス管理機構を使用することによって、これを扱うことができます。

8.  Significant Changes from RFC 3041

8. RFC3041からの著しい変化

   This section summarizes the changes in this document relative to RFC
   3041 that an implementer of RFC 3041 should be aware of.

このセクションは本書ではRFC3041のimplementerが意識しているべきであるRFC3041に比例して変化をまとめます。

   1.  Excluded certain interface identifiers from the range of
       acceptable interface identifiers.  Interface IDs such as those
       for reserved anycast addresses [RFC2526], etc.

1. 許容できるインタフェース識別子の範囲に、あるインタフェース識別子を入れないようにしました。 予約されたanycastアドレス[RFC2526]などのためのそれらなどのインタフェースID

   2.  Added a configuration knob that provides the end user with a way
       to enable or disable the use of temporary addresses on a per-
       prefix basis.

2. aにおける仮の住所の使用を可能にするか、または無効にする方法をエンドユーザに提供する構成ノブを加える、-、接頭語基礎。

   3.  Added a check for denial of service attacks using low valid
       lifetimes in router advertisements.

3. ルータ通知で低い有効な生涯を費やすことでサービス不能攻撃のためのチェックを加えました。

   4.  DAD is now run on all temporary addresses, not just the first one
       generated from an interface identifier.

4. 現在、DADは1つがインタフェース識別子から生成した1番目だけではなく、すべての仮の住所における走行です。

   5.  Changed the default setting for usage of temporary addresses to
       be disabled.

5. 仮の住所の用法が無効にされる既定の設定を変えました。

   6.  The node is now allowed to generate different interface
       identifiers for different prefixes, if it so desires.

6. そう望んでいるなら、ノードは現在、異なった接頭語のための異なったインタフェース識別子を生成することができます。

   7.  The algorithm used for generating random interface identifiers is
       no longer restricted to just MD5.

7. 無作為のインタフェース識別子を生成するのに使用されるアルゴリズムはもうまさしくMD5に制限されません。

Narten, et al.              Standards Track                    [Page 19]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[19ページ]。

   8.  Reduced default number of retries to 3 and added a configuration
       variable.

8. 再試行のデフォルト番号を3まで減少させて、構成変数を加えました。

   9.  Router advertisement (RA) processing algorithm is no longer
       included in the document, and is replaced by a reference to
       [ADDRCONF].

9. ルータ通知(RA)処理アルゴリズムをもうドキュメントで含めないで、[ADDRCONF]の参照に取り替えます。

9.  Acknowledgments

9. 承認

   Rich Draves and Thomas Narten were the authors of RFC 3041.  They
   would like to acknowledge the contributions of the ipv6 working group
   and, in particular, Ran Atkinson, Matt Crawford, Steve Deering,
   Allison Mankin, and Peter Bieringer.

豊かなDravesとトーマスNartenはRFC3041の作者でした。 彼らは特にipv6ワーキンググループ、Ranアトキンソン、マット・クロフォード、スティーブ・デアリング、アリソン・マンキン、およびピーターBieringerの貢献を承諾したがっています。

   Suresh Krishnan was the sole author of this version of the document.
   He would like to acknowledge the contributions of the ipv6 working
   group and, in particular, Jari Arkko, Pekka Nikander, Pekka Savola,
   Francis Dupont, Brian Haberman, Tatuya Jinmei, and Margaret Wasserman
   for their detailed comments.

Sureshクリシュナンはドキュメントのこのバージョンの唯一の作者でした。 彼は彼らの詳細なコメントのために特にipv6ワーキンググループ、ヤリArkko、ペッカNikander、ペッカSavola、フランシス・デュポン、ブライアン・ハーバーマン、Tatuya Jinmei、およびマーガレット・ワッサーマンの貢献を承諾したがっています。

10.  References

10. 参照

10.1.  Normative References

10.1. 引用規格

   [ADDRARCH]     Hinden, R. and S. Deering, "IP Version 6 Addressing
                  Architecture", RFC 4291, February 2006.

[ADDRARCH] HindenとR.とS.デアリング、「IPバージョン6アドレッシング体系」、RFC4291、2006年2月。

   [ADDRCONF]     Thomson, S., Narten, T., and T. Jinmei, "IPv6
                  Stateless Address Autoconfiguration", RFC 4862,
                  September 2007.

[ADDRCONF] トムソンとS.とNarten、T.とT.Jinmei、「IPv6の状態がないアドレス自動構成」、RFC4862、2007年9月。

   [DISCOVERY]    Narten, T., Nordmark, E., Simpson, W., and H. Soliman,
                  "Neighbor Discovery for IP version 6 (IPv6)",
                  RFC 4861, September 2007.

[ディスカバリー] Narten、T.、Nordmark、E.、シンプソン、W.、およびH.ソリマン、「IPバージョン6のための隣人ディスカバリー(IPv6)」、RFC4861(2007年9月)。

   [MD5]          Rivest, R., "The MD5 Message-Digest Algorithm",
                  RFC 1321, April 1992.

[MD5] Rivest、R.、「MD5メッセージダイジェストアルゴリズム」、RFC1321、1992年4月。

   [RFC2119]      Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate
                  Requirement Levels", RFC 2119, March 1997.

[RFC2119] ブラドナー、S.、「Indicate Requirement LevelsへのRFCsにおける使用のためのキーワード」、RFC2119、1997年3月。

10.2.  Informative References

10.2. 有益な参照

   [ADDR_SELECT]  Draves, R., "Default Address Selection for Internet
                  Protocol version 6 (IPv6)", RFC 3484, February 2003.

[ADDR_SELECT]Draves、R.、「インターネットプロトコルバージョン6(IPv6)のためのデフォルトAddress Selection」、RFC3484、2003年2月。

   [CGA]          Aura, T., "Cryptographically Generated Addresses
                  (CGA)", RFC 3972, March 2005.

[CGA] 香気、T.、「アドレス(CGA)であると暗号で生成された」RFC3972、2005年3月。

Narten, et al.              Standards Track                    [Page 20]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[20ページ]。

   [COOKIES]      Kristol, D. and L. Montulli, "HTTP State Management
                  Mechanism", RFC 2965, October 2000.

[クッキー] クリストルとD.とL.Montulli、「HTTP国家管理メカニズム」、RFC2965、2000年10月。

   [DDNS]         Vixie, P., Thomson, S., Rekhter, Y., and J. Bound,
                  "Dynamic Updates in the Domain Name System (DNS
                  UPDATE)", RFC 2136, April 1997.

Vixie、P.、トムソン、S.、Rekhter、Y.、およびJ.が縛った[DDNS]、「ドメインネームシステムにおけるダイナミックなアップデート(DNSアップデート)」、RFC2136(1997年4月)。

   [DHCP]         Droms, R., "Dynamic Host Configuration Protocol",
                  RFC 2131, March 1997.

[DHCP] Droms、R.、「ダイナミックなホスト構成プロトコル」、RFC2131、1997年3月。

   [DHCPV6]       Droms, R., Bound, J., Volz, B., Lemon, T., Perkins,
                  C., and M. Carney, "Dynamic Host Configuration
                  Protocol for IPv6 (DHCPv6)", RFC 3315, July 2003.

[DHCPV6]Droms(R.)はバウンドしています、J.、フォルツ、B.、レモン、パーキンス、C.とM.カーニー、「IPv6(DHCPv6)のためのダイナミックなホスト構成プロトコル」RFC3315、T.、2003年7月。

   [DNA]          Choi, JH. and G. Daley, "Goals of Detecting Network
                  Attachment in IPv6", RFC 4135, August 2005.

[DNA] JHチェ、G.デイリー、「検出の目標は2005年8月にIPv6"、RFC4135で付属をネットワークでつなぎます」。

   [DNSOP]        Durand, A., Ihren, J., and P. Savola, "Operational
                  Considerations and Issues with IPv6 DNS", RFC 4472,
                  April 2006.

[DNSOP] ジュランド、A.、Ihren、J.、P.Savola、および「IPv6 DNSの操作上の問題と問題」、RFC4472、4月2006日

   [ONION]        Reed, MGR., Syverson, PFS., and DMG. Goldschlag,
                  "Proxies for Anonymous Routing",  Proceedings of the
                  12th Annual Computer Security Applications Conference,
                  San Diego, CA, December 1996.

[たまねぎ] リード、MGR、PFS Syverson、DMG。 Goldschlag、「匿名のルート設定のためのプロキシ」、第12年に一度のコンピュータセキュリティアプリケーションコンファレンスの議事、サンディエゴ(カリフォルニア)1996年12月。

   [RANDOM]       Eastlake, D., Schiller, J., and S. Crocker,
                  "Randomness Requirements for Security", BCP 106,
                  RFC 4086, June 2005.

イーストレークとD.とシラー、J.とS.クロッカー、「セキュリティのための偶発性要件」[無作為]のBCP106、2005年6月のRFC4086。

   [RFC2526]      Johnson, D. and S. Deering, "Reserved IPv6 Subnet
                  Anycast Addresses", RFC 2526, March 1999.

[RFC2526] ジョンソンとD.とS.デアリング、「予約されたIPv6サブネットAnycastアドレス」、RFC2526、1999年3月。

   [SEND]         Arkko, J., Kempf, J., Zill, B., and P. Nikander,
                  "SEcure Neighbor Discovery (SEND)", RFC 3971,
                  March 2005.

[発信します] ArkkoとJ.とケンフとJ.とZill、B.とP.Nikander、「安全な隣人発見(発信する)」、RFC3971、2005年3月。

   [ULA]          Hinden, R. and B. Haberman, "Unique Local IPv6 Unicast
                  Addresses", RFC 4193, October 2005.

[ULA] HindenとR.とB.ハーバーマン、「ユニークなローカルのIPv6ユニキャストアドレス」、RFC4193、2005年10月。

Narten, et al.              Standards Track                    [Page 21]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[21ページ]。

Authors' Addresses

作者のアドレス

   Thomas Narten
   IBM Corporation
   P.O. Box 12195
   Research Triangle Park, NC
   USA

トーマスNarten IBM社のP.O. Box12195リサーチトライアングル公園、NC米国

   EMail: narten@us.ibm.com

メール: narten@us.ibm.com

   Richard Draves
   Microsoft Research
   One Microsoft Way
   Redmond, WA
   USA

リチャードDravesマイクロソフトは1つのマイクロソフト方法でワシントンレッドモンド(米国)について研究します。

   EMail: richdr@microsoft.com

メール: richdr@microsoft.com

   Suresh Krishnan
   Ericsson Research
   8400 Decarie Blvd.
   Town of Mount Royal, QC
   Canada

SureshクリシュナンエリクソンResearch8400Decarie Blvd. 王立のQCカナダ山の町

   EMail: suresh.krishnan@ericsson.com

メール: suresh.krishnan@ericsson.com

Narten, et al.              Standards Track                    [Page 22]

RFC 4941             Privacy Extensions to Autoconf       September 2007

Narten、他 規格は2007年9月にRFC4941プライバシー拡張子をAutoconfに追跡します[22ページ]。

Full Copyright Statement

完全な著作権宣言文

   Copyright (C) The IETF Trust (2007).

IETFが信じる著作権(C)(2007)。

   This document is subject to the rights, licenses and restrictions
   contained in BCP 78, and except as set forth therein, the authors
   retain all their rights.

このドキュメントはBCP78に含まれた権利、ライセンス、および制限を受けることがあります、そして、そこに詳しく説明されるのを除いて、作者は彼らのすべての権利を保有します。

   This document and the information contained herein are provided on an
   "AS IS" basis and THE CONTRIBUTOR, THE ORGANIZATION HE/SHE REPRESENTS
   OR IS SPONSORED BY (IF ANY), THE INTERNET SOCIETY, THE IETF TRUST AND
   THE INTERNET ENGINEERING TASK FORCE DISCLAIM ALL WARRANTIES, EXPRESS
   OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF
   THE INFORMATION HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED
   WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

このドキュメントとここに含まれた情報はその人が代理をするか、または(もしあれば)後援される組織、インターネットの振興発展を目的とする組織、「そのままで」という基礎と貢献者の上で提供していて、IETFはそして、インターネット・エンジニアリング・タスク・フォースがすべての保証を放棄すると信じます、急行である、または暗示していて、他を含んでいて、情報の使用がここに侵害しないどんな保証も少しもまっすぐになるということであるかいずれが市場性か特定目的への適合性の黙示的な保証です。

Intellectual Property

知的所有権

   The IETF takes no position regarding the validity or scope of any
   Intellectual Property Rights or other rights that might be claimed to
   pertain to the implementation or use of the technology described in
   this document or the extent to which any license under such rights
   might or might not be available; nor does it represent that it has
   made any independent effort to identify any such rights.  Information
   on the procedures with respect to rights in RFC documents can be
   found in BCP 78 and BCP 79.

IETFはどんなIntellectual Property Rightsの正当性か範囲、実装に関係すると主張されるかもしれない他の権利、本書では説明された技術の使用またはそのような権利の下におけるどんなライセンスも利用可能であるかもしれない、または利用可能でないかもしれない範囲に関しても立場を全く取りません。 または、それはそれを表しません。どんなそのような権利も特定するどんな独立している取り組みも作りました。 BCP78とBCP79でRFCドキュメントの権利に関する手順に関する情報を見つけることができます。

   Copies of IPR disclosures made to the IETF Secretariat and any
   assurances of licenses to be made available, or the result of an
   attempt made to obtain a general license or permission for the use of
   such proprietary rights by implementers or users of this
   specification can be obtained from the IETF on-line IPR repository at
   http://www.ietf.org/ipr.

IPR公開のコピーが利用可能に作られるべきライセンスの保証、または一般的な免許を取得するのが作られた試みの結果をIETF事務局といずれにもしたか、または http://www.ietf.org/ipr のIETFのオンラインIPR倉庫からこの仕様のimplementersかユーザによるそのような所有権の使用のために許可を得ることができます。

   The IETF invites any interested party to bring to its attention any
   copyrights, patents or patent applications, or other proprietary
   rights that may cover technology that may be required to implement
   this standard.  Please address the information to the IETF at
   ietf-ipr@ietf.org.

IETFはこの規格を実装するのに必要であるかもしれない技術をカバーするかもしれないどんな著作権もその注目していただくどんな利害関係者、特許、特許出願、または他の所有権も招待します。 ietf-ipr@ietf.org のIETFに情報を扱ってください。

Narten, et al.              Standards Track                    [Page 23]

Narten、他 標準化過程[23ページ]

スポンサーリンク

一覧

 RFC 1〜100  RFC 1401〜1500  RFC 2801〜2900  RFC 4201〜4300 
 RFC 101〜200  RFC 1501〜1600  RFC 2901〜3000  RFC 4301〜4400 
 RFC 201〜300  RFC 1601〜1700  RFC 3001〜3100  RFC 4401〜4500 
 RFC 301〜400  RFC 1701〜1800  RFC 3101〜3200  RFC 4501〜4600 
 RFC 401〜500  RFC 1801〜1900  RFC 3201〜3300  RFC 4601〜4700 
 RFC 501〜600  RFC 1901〜2000  RFC 3301〜3400  RFC 4701〜4800 
 RFC 601〜700  RFC 2001〜2100  RFC 3401〜3500  RFC 4801〜4900 
 RFC 701〜800  RFC 2101〜2200  RFC 3501〜3600  RFC 4901〜5000 
 RFC 801〜900  RFC 2201〜2300  RFC 3601〜3700  RFC 5001〜5100 
 RFC 901〜1000  RFC 2301〜2400  RFC 3701〜3800  RFC 5101〜5200 
 RFC 1001〜1100  RFC 2401〜2500  RFC 3801〜3900  RFC 5201〜5300 
 RFC 1101〜1200  RFC 2501〜2600  RFC 3901〜4000  RFC 5301〜5400 
 RFC 1201〜1300  RFC 2601〜2700  RFC 4001〜4100  RFC 5401〜5500 
 RFC 1301〜1400  RFC 2701〜2800  RFC 4101〜4200 

スポンサーリンク

blur X線効果のフィルタ効果を指定する

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る