RFC4180 日本語訳

4180 Common Format and MIME Type for Comma-Separated Values (CSV)Files. Y. Shafranovich. October 2005. (Format: TXT=12931 bytes) (Status: INFORMATIONAL)
プログラムでの自動翻訳です。
英語原文

Network Working Group                                    Y. Shafranovich
Request for Comments: 4180                SolidMatrix Technologies, Inc.
Category: Informational                                     October 2005

Shafranovichがコメントのために要求するワーキンググループY.をネットワークでつないでください: 4180年のSolidMatrix技術Inc.カテゴリ: 情報の2005年10月

   Common Format and MIME Type for Comma-Separated Values (CSV) Files

コンマ区切り値(CSV)ファイルのための一般的な形式とMIMEの種類

Status of This Memo

このメモの状態

   This memo provides information for the Internet community.  It does
   not specify an Internet standard of any kind.  Distribution of this
   memo is unlimited.

このメモはインターネットコミュニティのための情報を提供します。 それはどんな種類のインターネット標準も指定しません。 このメモの分配は無制限です。

Copyright Notice

版権情報

   Copyright (C) The Internet Society (2005).

Copyright(C)インターネット協会(2005)。

Abstract

要約

   This RFC documents the format used for Comma-Separated Values (CSV)
   files and registers the associated MIME type "text/csv".

このRFCはCommaによって切り離されたValues(CSV)ファイルと関連MIMEの種類「テキスト/csv」というレジスタに使用される書式を記録します。

Table of Contents

目次

   1. Introduction ....................................................2
   2. Definition of the CSV Format ....................................2
   3. MIME Type Registration of text/csv ..............................4
   4. IANA Considerations .............................................5
   5. Security Considerations .........................................5
   6. Acknowledgments .................................................6
   7. References ......................................................6
      7.1. Normative References .......................................6
      7.2. Informative References .....................................6

1. 序論…2 2. CSV形式の定義…2 3. テキスト/csvのMIMEの種類Registration…4 4. IANA問題…5 5. セキュリティ問題…5 6. 承認…6 7. 参照…6 7.1. 標準の参照…6 7.2. 有益な参照…6

Shafranovich                 Informational                      [Page 1]

RFC 4180       Common Format and MIME Type for CSV Files    October 2005

CSVファイル2005年10月のためのShafranovichの情報[1ページ]のRFC4180の一般的な形式とMIMEの種類

1.  Introduction

1. 序論

   The comma separated values format (CSV) has been used for exchanging
   and converting data between various spreadsheet programs for quite
   some time.  Surprisingly, while this format is very common, it has
   never been formally documented.  Additionally, while the IANA MIME
   registration tree includes a registration for
   "text/tab-separated-values" type, no MIME types have ever been
   registered with IANA for CSV.  At the same time, various programs and
   operating systems have begun to use different MIME types for this
   format.  This RFC documents the format of comma separated values
   (CSV) files and formally registers the "text/csv" MIME type for CSV
   in accordance with RFC 2048 [1].

コンマ区切り値形式(CSV)は、長い間様々な表計算プログラムの間のデータを交換して、変換するのに使用されました。 驚いたことに、この形式が非常に一般的である間、それは正式に一度も記録されたことがありません。 さらに、IANA MIME登録木が「タブは値をテキスト/切り離している」タイプのための登録を含んでいる間、MIMEの種類が全く今までに、CSVのためにIANAに登録されたことがありません。 同時に、様々なプログラムとオペレーティングシステムはこの形式に異なったMIMEの種類を使用し始めました。 このRFCはコンマ区切り値(CSV)ファイルの書式を記録して、RFC2048[1]によると、CSVのために正式に「テキスト/csv」MIMEの種類を登録します。

2.  Definition of the CSV Format

2. CSV形式の定義

   While there are various specifications and implementations for the
   CSV format (for ex. [4], [5], [6] and [7]), there is no formal
   specification in existence, which allows for a wide variety of
   interpretations of CSV files.  This section documents the format that
   seems to be followed by most implementations:

CSV形式のための様々な仕様と実装がありますが(例えば [4]、[5]、[6]、および[7]), 現存するどんな形式仕様もありません。(それは、CSVファイルのさまざまな解釈を考慮します)。 このセクションはほとんどの実装があとに続くように思える書式を記録します:

   1.  Each record is located on a separate line, delimited by a line
       break (CRLF).  For example:

1. 各記録はラインブレイク(CRLF)によって区切られた別々の系列に位置しています。 例えば:

       aaa,bbb,ccc CRLF
       zzz,yyy,xxx CRLF

aaa、bbb、ccc CRLFグーグーグー、yyy、xxx CRLF

   2.  The last record in the file may or may not have an ending line
       break.  For example:

2. ファイルにおける最後の記録には、終わりのラインブレイクがあるかもしれません。 例えば:

       aaa,bbb,ccc CRLF
       zzz,yyy,xxx

aaa、bbb、ccc CRLFグーグーグー、yyy、xxx

   3.  There maybe an optional header line appearing as the first line
       of the file with the same format as normal record lines.  This
       header will contain names corresponding to the fields in the file
       and should contain the same number of fields as the records in
       the rest of the file (the presence or absence of the header line
       should be indicated via the optional "header" parameter of this
       MIME type).  For example:

3. そこでは、正常な同じ同じくらい形式があるファイルの最初の系列が記録するように多分任意のヘッダー系列排臨が立ち並んでいます。 このヘッダーは、ファイルの分野に対応する名前を含んで、ファイルの残りにおける記録と同じ数の分野を含むべきです(ヘッダー系列の存在か欠如がこのMIMEの種類の任意の「ヘッダー」パラメタで示されるべきです)。 例えば:

       field_name,field_name,field_name CRLF
       aaa,bbb,ccc CRLF
       zzz,yyy,xxx CRLF

分野_名、分野_名、分野_名前CRLF aaa、bbb、ccc CRLFグーグーグー、yyy、xxx CRLF

Shafranovich                 Informational                      [Page 2]

RFC 4180       Common Format and MIME Type for CSV Files    October 2005

CSVファイル2005年10月のためのShafranovichの情報[2ページ]のRFC4180の一般的な形式とMIMEの種類

   4.  Within the header and each record, there may be one or more
       fields, separated by commas.  Each line should contain the same
       number of fields throughout the file.  Spaces are considered part
       of a field and should not be ignored.  The last field in the
       record must not be followed by a comma.  For example:

4. ヘッダーと各記録の中に、コンマによって切り離された1つ以上の野原がいるかもしれません。 各系列はファイル中に同じ数の分野を含むべきです。 空間を分野の一部であると考えて、無視するべきではありません。 コンマは記録における最後の野原のあとに続いてはいけません。 例えば:

       aaa,bbb,ccc

aaa、bbb、ccc

   5.  Each field may or may not be enclosed in double quotes (however
       some programs, such as Microsoft Excel, do not use double quotes
       at all).  If fields are not enclosed with double quotes, then
       double quotes may not appear inside the fields.  For example:

5. 各分野は二重引用符で囲まれるかもしれません(しかしながら、Microsoft Excelなどのいくつかのプログラムは全く二重引用符を使用しません)。 分野が二重引用符まで囲まれないなら、二重引用符は分野の中に現れないかもしれません。 例えば:

       "aaa","bbb","ccc" CRLF
       zzz,yyy,xxx

"aaa"、"bbb"、"ccc"CRLFグーグーグー、yyy、xxx

   6.  Fields containing line breaks (CRLF), double quotes, and commas
       should be enclosed in double-quotes.  For example:

6. ラインブレイク(CRLF)、二重引用符、およびコンマを含む分野は二重引用符で囲まれるべきです。 例えば:

       "aaa","b CRLF
       bb","ccc" CRLF
       zzz,yyy,xxx

"aaa"、「b CRLF bb」、"ccc"CRLFグーグーグー、yyy、xxx

   7.  If double-quotes are used to enclose fields, then a double-quote
       appearing inside a field must be escaped by preceding it with
       another double quote.  For example:

7. 二重引用符が分野を囲むのに使用されるなら、別の二重引用文でそれに先行することによって、分野の中に現れる二重引用文から逃げなければなりません。 例えば:

       "aaa","b""bb","ccc"

"aaa"、「b」"bb""ccc"

   The ABNF grammar [2] appears as follows:

ABNF文法[2]は以下の通りに見えます:

   file = [header CRLF] record *(CRLF record) [CRLF]

ファイル=[ヘッダーCRLF]記録*(CRLFは記録します)[CRLF]

   header = name *(COMMA name)

ヘッダー=名*(COMMA名)

   record = field *(COMMA field)

=分野*を記録してください。(COMMA分野)

   name = field

名前=分野

   field = (escaped / non-escaped)

分野=(逃げられたか非逃げられた)

   escaped = DQUOTE *(TEXTDATA / COMMA / CR / LF / 2DQUOTE) DQUOTE

逃げられた=DQUOTE*(TEXTDATA/COMMA/CR/LF/2DQUOTE)DQUOTE

   non-escaped = *TEXTDATA

非逃げられた=*TEXTDATA

   COMMA = %x2C

コンマ=%x2C

   CR = %x0D ;as per section 6.1 of RFC 2234 [2]

CR=%x0D; RFC2234のセクション6.1に従って[2]

Shafranovich                 Informational                      [Page 3]

RFC 4180       Common Format and MIME Type for CSV Files    October 2005

CSVファイル2005年10月のためのShafranovichの情報[3ページ]のRFC4180の一般的な形式とMIMEの種類

   DQUOTE =  %x22 ;as per section 6.1 of RFC 2234 [2]

DQUOTE=%x22; RFC2234のセクション6.1に従って[2]

   LF = %x0A ;as per section 6.1 of RFC 2234 [2]

LF=%x0A; RFC2234のセクション6.1に従って[2]

   CRLF = CR LF ;as per section 6.1 of RFC 2234 [2]

CRLF=CR LF; RFC2234のセクション6.1に従って[2]

   TEXTDATA =  %x20-21 / %x23-2B / %x2D-7E

TEXTDATA=%x20-21/%x23-2B/%x2D-7E

3.  MIME Type Registration of text/csv

3. テキスト/csvのMIMEの種類Registration

   This section provides the media-type registration application (as per
   RFC 2048 [1].

このセクションはメディアタイプ登録申請を提供します。(RFC2048[1]に従って。

   To: ietf-types@iana.org

To: ietf-types@iana.org

   Subject: Registration of MIME media type text/csv

Subject: MIMEメディアタイプテキスト/csvの登録

   MIME media type name: text

MIMEメディア型名: テキスト

   MIME subtype name: csv

MIME「副-タイプ」は以下を命名します。 csv

   Required parameters: none

必要なパラメタ: なし

   Optional parameters: charset, header

任意のパラメタ: charset、ヘッダー

      Common usage of CSV is US-ASCII, but other character sets defined
      by IANA for the "text" tree may be used in conjunction with the
      "charset" parameter.

CSVの一般的な使用法は米国-ASCIIですが、「テキスト」木のためにIANAによって定義された他の文字集合は"charset"パラメタに関連して使用されるかもしれません。

      The "header" parameter indicates the presence or absence of the
      header line.  Valid values are "present" or "absent".
      Implementors choosing not to use this parameter must make their
      own decisions as to whether the header line is present or absent.

「ヘッダー」パラメタはヘッダー系列の存在か欠如を示します。 有効値は、「現在」か「休んでいます」。 ヘッダー系列が現在である、または欠けているかに関してこのパラメタを使用しないのを選ぶ作成者はそれら自身のを決定に作らなければなりません。

   Encoding considerations:

問題をコード化します:

      As per section 4.1.1. of RFC 2046 [3], this media type uses CRLF
      to denote line breaks.  However, implementors should be aware that
      some implementations may use other values.

に従って、セクション4.1 .1 RFC2046[3]では、このメディアタイプは、ラインブレイクを指示するのにCRLFを使用します。 しかしながら、作成者はいくつかの実装が他の値を使用するかもしれないのを意識しているべきです。

   Security considerations:

セキュリティ問題:

      CSV files contain passive text data that should not pose any
      risks.  However, it is possible in theory that malicious binary
      data may be included in order to exploit potential buffer overruns
      in the program processing CSV data.  Additionally, private data
      may be shared via this format (which of course applies to any text
      data).

CSVファイルは少しの危険も引き起こすべきでない受け身のテキストデータを含んでいます。 しかしながら、その悪意があるバイナリ・データがプログラム処理CSVデータにおける潜在的バッファ超過を利用するために含まれているのは、理論上可能です。 さらに、この形式(もちろんどんなテキストデータにも適用される)で個人的なデータは共有されるかもしれません。

Shafranovich                 Informational                      [Page 4]

RFC 4180       Common Format and MIME Type for CSV Files    October 2005

CSVファイル2005年10月のためのShafranovichの情報[4ページ]のRFC4180の一般的な形式とMIMEの種類

   Interoperability considerations:

相互運用性問題:

      Due to lack of a single specification, there are considerable
      differences among implementations.  Implementors should "be
      conservative in what you do, be liberal in what you accept from
      others" (RFC 793 [8]) when processing CSV files.  An attempt at a
      common definition can be found in Section 2.

ただ一つの仕様の不足のために、実装の中にかなりの相違があります。 作成者は「あなたがそうすることで保守的であり、あなたが他のものから受け入れるもので寛容であるべきです」。(処理CSVがファイルするRFC793[8])。 セクション2で一般的な定義への試みを見つけることができます。

      Implementations deciding not to use the optional "header"
      parameter must make their own decision as to whether the header is
      absent or present.

任意の「ヘッダー」パラメタを使用しないと決める実装はヘッダーが欠けるか、または出席しているかに関してそれら自身の決定をしなければなりません。

   Published specification:

広められた仕様:

      While numerous private specifications exist for various programs
      and systems, there is no single "master" specification for this
      format.  An attempt at a common definition can be found in Section
      2.

多数の個人的な仕様は様々なプログラムとシステムのために存在していますが、この形式のためのどんなただ一つの「マスター」仕様もありません。 セクション2で一般的な定義への試みを見つけることができます。

   Applications that use this media type:

このメディアタイプを使用するアプリケーション:

      Spreadsheet programs and various data conversion utilities

表計算プログラムと様々なデータ変換ユーティリティ

   Additional information:

追加情報:

      Magic number(s): none

マジックナンバー(s): なし

      File extension(s): CSV

ファイル拡張子(s): CSV

      Macintosh File Type Code(s): TEXT

マッキントッシュファイルタイプは(s)をコード化します: テキスト

   Person & email address to contact for further information:

詳細のために連絡する人とEメールアドレス:

      Yakov Shafranovich <ietf@shaftek.org>

ヤコフ Shafranovich <ietf@shaftek.org 、gt。

   Intended usage: COMMON

意図している用法: 一般的

   Author/Change controller: IESG

コントローラを書くか、または変えてください: IESG

4.  IANA Considerations

4. IANA問題

   The IANA has registered the MIME type "text/csv" using the
   application provided in Section 3 of this document.

IANAは、このドキュメントのセクション3に提供された利用を使用することでMIMEの種類「テキスト/csv」を登録しました。

5.  Security Considerations

5. セキュリティ問題

   See discussion above in section 3.

セクション3で議論が上であることを見てください。

Shafranovich                 Informational                      [Page 5]

RFC 4180       Common Format and MIME Type for CSV Files    October 2005

CSVファイル2005年10月のためのShafranovichの情報[5ページ]のRFC4180の一般的な形式とMIMEの種類

6.  Acknowledgments

6. 承認

   The author would like to thank Dave Crocker, Martin Duerst, Joel M.
   Halpern, Clyde Ingram, Graham Klyne, Bruce Lilly, Chris Lilley, and
   members of the IESG for their helpful suggestions.  A special word of
   thanks goes to Dave for helping with the ABNF grammar.

作者は彼らの役立つ提案についてIESGのデーヴ・クロッカー、マーチンDuerst、ジョエル・M.アルペルン、Clydeイングラム、グラハムKlyne、ブルース・リリー、クリス・リリー、およびメンバーに感謝したがっています。 感謝の特別な単語は、ABNF文法で助けるためにデーヴのものになります。

   The author would also like to thank Henrik Lefkowetz, Marshall Rose,
   and the folks at xml.resource.org for providing many of the tools
   used for preparing RFCs and Internet drafts.

また、作者は、ツールの多くがRFCsとインターネットを準備するのに草稿を使用したのを提供するためのxml.resource.orgのHenrik Lefkowetz、マーシャル・ローズ、および人々に感謝したがっています。

   A special thank you goes to L.T.S.

特別番組はありがとうございます。L.T.Sに行きます。

7.  References

7. 参照

7.1.  Normative References

7.1. 引用規格

   [1]  Freed, N., Klensin, J., and J. Postel, "Multipurpose Internet
        Mail Extensions (MIME) Part Four: Registration Procedures", BCP
        13, RFC 2048, November 1996.

解放された[1]、N.、Klensin、J.、およびJ.ポステル、「マルチパーパスインターネットメールエクステンション(MIME)は4を分けます」。 「登録手順」、BCP13、RFC2048、1996年11月。

   [2]  Crocker, D. and P. Overell, "Augmented BNF for Syntax
        Specifications: ABNF", RFC 2234, November 1997.

[2] クロッカー、D.、およびP.Overell、「構文仕様のための増大しているBNF:」 "ABNF"、1997年11月のRFC2234。

   [3]  Freed, N. and N. Borenstein, "Multipurpose Internet Mail
        Extensions (MIME) Part Two: Media Types", RFC 2046, November
        1996.

解放された[3]、N.、およびN.Borenstein、「マルチパーパスインターネットメールエクステンション(MIME)は2を分けます」。 「メディアタイプ」、RFC2046、1996年11月。

7.2.  Informative References

7.2. 有益な参照

   [4]  Repici, J., "HOW-TO: The Comma Separated Value (CSV) File
        Format", 2004,
        <http://www.creativyst.com/Doc/Articles/CSV/CSV01.htm>.

[4]Repici、J.、「ハウツーもの:、」 「CSV形式(CSV)ファイル形式」、2004、<http://www.creativyst.com/Doc/記事/CSV/CSV01.htm>。

   [5]  Edoceo, Inc., "CSV Standard File Format", 2004,
        <http://www.edoceo.com/utilis/csv-file-format.php>.

[5]Edoceo Inc.、「CSV標準ファイル形式」、2004、<csv-ファイルhttp://www.edoceo.com/utilis/format.php>。

   [6]  Rodger, R. and O. Shanaghy, "Documentation for Ricebridge CSV
        Manager", February 2005,
        <http://www.ricebridge.com/products/csvman/reference.htm>.

[6] ロジャーとR.とO.Shanaghy、「Ricebridge CSVマネージャのためのドキュメンテーション」、2005年2月、<http://www.ricebridge.com/製品/csvman/reference.htm>。

   [7]  Raymond, E., "The Art of Unix Programming, Chapter 5", September
        2003,
        <http://www.catb.org/~esr/writings/taoup/html/ch05s02.html>.

[7] レイモンド、E.、「unixが章の5インチと、2003年9月に<http://www.catb.org/~esr/文章/taoup/html/ch05s02.html>をプログラムする芸術。」

   [8]  Postel, J., "Transmission Control Protocol", STD 7, RFC 793,
        September 1981.

[8] ポステル、J.、「通信制御プロトコル」、STD7、RFC793、1981年9月。

Shafranovich                 Informational                      [Page 6]

RFC 4180       Common Format and MIME Type for CSV Files    October 2005

CSVファイル2005年10月のためのShafranovichの情報[6ページ]のRFC4180の一般的な形式とMIMEの種類

Author's Address

作者のアドレス

   Yakov Shafranovich
   SolidMatrix Technologies, Inc.

ヤコフShafranovich SolidMatrix技術Inc.

   EMail: ietf@shaftek.org
   URI:   http://www.shaftek.org

メール: ietf@shaftek.org ユリ: http://www.shaftek.org

Shafranovich                 Informational                      [Page 7]

RFC 4180       Common Format and MIME Type for CSV Files    October 2005

CSVファイル2005年10月のためのShafranovichの情報[7ページ]のRFC4180の一般的な形式とMIMEの種類

Full Copyright Statement

完全な著作権宣言文

   Copyright (C) The Internet Society (2005).

Copyright(C)インターネット協会(2005)。

   This document is subject to the rights, licenses and restrictions
   contained in BCP 78, and except as set forth therein, the authors
   retain all their rights.

このドキュメントはBCP78に含まれた権利、ライセンス、および制限を受けることがあります、そして、そこに詳しく説明されるのを除いて、作者は彼らのすべての権利を保有します。

   This document and the information contained herein are provided on an
   "AS IS" basis and THE CONTRIBUTOR, THE ORGANIZATION HE/SHE REPRESENTS
   OR IS SPONSORED BY (IF ANY), THE INTERNET SOCIETY AND THE INTERNET
   ENGINEERING TASK FORCE DISCLAIM ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED,
   INCLUDING BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE
   INFORMATION HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED
   WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

このドキュメントと「そのままで」という基礎と貢献者、その人が代表する組織で提供するか、または後援されて、インターネット協会とインターネット・エンジニアリング・タスク・フォースはすべての保証を放棄します、と急行ORが含意したということであり、他を含んでいて、ここに含まれて、情報の使用がここに侵害しないどんな保証も少しもまっすぐになるという情報か市場性か特定目的への適合性のどんな黙示的な保証。

Intellectual Property

知的所有権

   The IETF takes no position regarding the validity or scope of any
   Intellectual Property Rights or other rights that might be claimed to
   pertain to the implementation or use of the technology described in
   this document or the extent to which any license under such rights
   might or might not be available; nor does it represent that it has
   made any independent effort to identify any such rights.  Information
   on the procedures with respect to rights in RFC documents can be
   found in BCP 78 and BCP 79.

IETFはどんなIntellectual Property Rightsの正当性か範囲、実装に関係すると主張されるかもしれない他の権利、本書では説明された技術の使用またはそのような権利の下におけるどんなライセンスも利用可能であるかもしれない、または利用可能でないかもしれない範囲に関しても立場を全く取りません。 または、それはそれを表しません。どんなそのような権利も特定するどんな独立している取り組みも作りました。 BCP78とBCP79でRFCドキュメントの権利に関する手順に関する情報を見つけることができます。

   Copies of IPR disclosures made to the IETF Secretariat and any
   assurances of licenses to be made available, or the result of an
   attempt made to obtain a general license or permission for the use of
   such proprietary rights by implementers or users of this
   specification can be obtained from the IETF on-line IPR repository at
   http://www.ietf.org/ipr.

IPR公開のコピーが利用可能に作られるべきライセンスの保証、または一般的な免許を取得するのが作られた試みの結果をIETF事務局といずれにもしたか、または http://www.ietf.org/ipr のIETFのオンラインIPR倉庫からこの仕様のimplementersかユーザによるそのような所有権の使用のために許可を得ることができます。

   The IETF invites any interested party to bring to its attention any
   copyrights, patents or patent applications, or other proprietary
   rights that may cover technology that may be required to implement
   this standard.  Please address the information to the IETF at ietf-
   ipr@ietf.org.

IETFはこの規格を実装するのに必要であるかもしれない技術をカバーするかもしれないどんな著作権もその注目していただくどんな利害関係者、特許、特許出願、または他の所有権も招待します。 ietf ipr@ietf.org のIETFに情報を扱ってください。

Acknowledgement

承認

   Funding for the RFC Editor function is currently provided by the
   Internet Society.

RFC Editor機能のための基金は現在、インターネット協会によって提供されます。

Shafranovich                 Informational                      [Page 8]

Shafranovich情報です。[8ページ]

スポンサーリンク

一覧

 RFC 1〜100  RFC 1401〜1500  RFC 2801〜2900  RFC 4201〜4300 
 RFC 101〜200  RFC 1501〜1600  RFC 2901〜3000  RFC 4301〜4400 
 RFC 201〜300  RFC 1601〜1700  RFC 3001〜3100  RFC 4401〜4500 
 RFC 301〜400  RFC 1701〜1800  RFC 3101〜3200  RFC 4501〜4600 
 RFC 401〜500  RFC 1801〜1900  RFC 3201〜3300  RFC 4601〜4700 
 RFC 501〜600  RFC 1901〜2000  RFC 3301〜3400  RFC 4701〜4800 
 RFC 601〜700  RFC 2001〜2100  RFC 3401〜3500  RFC 4801〜4900 
 RFC 701〜800  RFC 2101〜2200  RFC 3501〜3600  RFC 4901〜5000 
 RFC 801〜900  RFC 2201〜2300  RFC 3601〜3700  RFC 5001〜5100 
 RFC 901〜1000  RFC 2301〜2400  RFC 3701〜3800  RFC 5101〜5200 
 RFC 1001〜1100  RFC 2401〜2500  RFC 3801〜3900  RFC 5201〜5300 
 RFC 1101〜1200  RFC 2501〜2600  RFC 3901〜4000  RFC 5301〜5400 
 RFC 1201〜1300  RFC 2601〜2700  RFC 4001〜4100  RFC 5401〜5500 
 RFC 1301〜1400  RFC 2701〜2800  RFC 4101〜4200 

スポンサーリンク

assetsフォルダのファイルを扱う方法 AssetManager

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る