RFC2822 日本語訳

2822 Internet Message Format. P. Resnick, Ed.. April 2001. (Format: TXT=110695 bytes) (Obsoletes RFC0822) (Obsoleted by RFC5322) (Updated by RFC5335, RFC5336) (Status: PROPOSED STANDARD)
プログラムでの自動翻訳です。
英語原文

Network Working Group                                 P. Resnick, Editor
Request for Comments: 2822                         QUALCOMM Incorporated
Obsoletes: 822                                                April 2001
Category: Standards Track

ワーキンググループのP.レズニック、コメントを求めるエディタ要求をネットワークでつないでください: 2822年の法人組織のクアルコムは以下を時代遅れにします。 822 2001年4月のカテゴリ: 標準化過程

                        Internet Message Format

インターネットメッセージ・フォーマット

Status of this Memo

このMemoの状態

   This document specifies an Internet standards track protocol for the
   Internet community, and requests discussion and suggestions for
   improvements.  Please refer to the current edition of the "Internet
   Official Protocol Standards" (STD 1) for the standardization state
   and status of this protocol.  Distribution of this memo is unlimited.

このドキュメントは、インターネットコミュニティにインターネット標準化過程プロトコルを指定して、改良のために議論と提案を要求します。 このプロトコルの標準化状態と状態への「インターネット公式プロトコル標準」(STD1)の現行版を参照してください。 このメモの分配は無制限です。

Copyright Notice

版権情報

   Copyright (C) The Internet Society (2001).  All Rights Reserved.

Copyright(C)インターネット協会(2001)。 All rights reserved。

Abstract

要約

   This standard specifies a syntax for text messages that are sent
   between computer users, within the framework of "electronic mail"
   messages.  This standard supersedes the one specified in Request For
   Comments (RFC) 822, "Standard for the Format of ARPA Internet Text
   Messages", updating it to reflect current practice and incorporating
   incremental changes that were specified in other RFCs.

この規格はコンピュータユーザの間に送られるテキスト・メッセージに構文を指定します、「電子メール」メッセージの枠組みの中で。 この規格はRequest For Comments(RFC)822で指定されたものに取って代わります、「アルパインターネットテキスト・メッセージの形式において標準です」、現在の習慣を反映するためにそれをアップデートして、他のRFCsで指定された漸進的変化を取り入れて。

Table of Contents

目次

   1. Introduction ............................................... 3
   1.1. Scope .................................................... 3
   1.2. Notational conventions ................................... 4
   1.2.1. Requirements notation .................................. 4
   1.2.2. Syntactic notation ..................................... 4
   1.3. Structure of this document ............................... 4
   2. Lexical Analysis of Messages ............................... 5
   2.1. General Description ...................................... 5
   2.1.1. Line Length Limits ..................................... 6
   2.2. Header Fields ............................................ 7
   2.2.1. Unstructured Header Field Bodies ....................... 7
   2.2.2. Structured Header Field Bodies ......................... 7
   2.2.3. Long Header Fields ..................................... 7
   2.3. Body ..................................................... 8
   3. Syntax ..................................................... 9
   3.1. Introduction ............................................. 9
   3.2. Lexical Tokens ........................................... 9

1. 序論… 3 1.1. 範囲… 3 1.2. 記号法のコンベンション… 4 1.2.1. 要件記法… 4 1.2.2. 構文の記法… 4 1.3. このドキュメントの構造… 4 2. メッセージの字句解析… 5 2.1. 一般記述… 5 2.1.1. 長さの限界を裏打ちしてください… 6 2.2. ヘッダー分野… 7 2.2.1. 不統一なヘッダーフィールド本体… 7 2.2.2. ヘッダーフィールド本体を構造化します… 7 2.2.3. 長いヘッダーフィールド… 7 2.3. ボディー… 8 3. 構文… 9 3.1. 序論… 9 3.2. 字句… 9

Resnick                     Standards Track                     [Page 1]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[1ページ]。

   3.2.1. Primitive Tokens ....................................... 9
   3.2.2. Quoted characters ......................................10
   3.2.3. Folding white space and comments .......................11
   3.2.4. Atom ...................................................12
   3.2.5. Quoted strings .........................................13
   3.2.6. Miscellaneous tokens ...................................13
   3.3. Date and Time Specification ..............................14
   3.4. Address Specification ....................................15
   3.4.1. Addr-spec specification ................................16
   3.5 Overall message syntax ....................................17
   3.6. Field definitions ........................................18
   3.6.1. The origination date field .............................20
   3.6.2. Originator fields ......................................21
   3.6.3. Destination address fields .............................22
   3.6.4. Identification fields ..................................23
   3.6.5. Informational fields ...................................26
   3.6.6. Resent fields ..........................................26
   3.6.7. Trace fields ...........................................28
   3.6.8. Optional fields ........................................29
   4. Obsolete Syntax ............................................29
   4.1. Miscellaneous obsolete tokens ............................30
   4.2. Obsolete folding white space .............................31
   4.3. Obsolete Date and Time ...................................31
   4.4. Obsolete Addressing ......................................33
   4.5. Obsolete header fields ...................................33
   4.5.1. Obsolete origination date field ........................34
   4.5.2. Obsolete originator fields .............................34
   4.5.3. Obsolete destination address fields ....................34
   4.5.4. Obsolete identification fields .........................35
   4.5.5. Obsolete informational fields ..........................35
   4.5.6. Obsolete resent fields .................................35
   4.5.7. Obsolete trace fields ..................................36
   4.5.8. Obsolete optional fields ...............................36
   5. Security Considerations ....................................36
   6. Bibliography ...............................................37
   7. Editor's Address ...........................................38
   8. Acknowledgements ...........................................39
   Appendix A. Example messages ..................................41
   A.1. Addressing examples ......................................41
   A.1.1. A message from one person to another with simple
          addressing .............................................41
   A.1.2. Different types of mailboxes ...........................42
   A.1.3. Group addresses ........................................43
   A.2. Reply messages ...........................................43
   A.3. Resent messages ..........................................44
   A.4. Messages with trace fields ...............................46
   A.5. White space, comments, and other oddities ................47
   A.6. Obsoleted forms ..........................................47

3.2.1. 原始の象徴… 9 3.2.2. キャラクタは引用しました…10 3.2.3. 折りたたみの余白とコメント…11 3.2.4. 原子…12 3.2.5. 引用文字列…13 3.2.6. 種々雑多な象徴…13 3.3. 日時の仕様…14 3.4. 仕様を記述してください…15 3.4.1. Addr-仕様仕様…16 3.5の総合的なメッセージ構文…17 3.6. 定義をさばいてください…18 3.6.1. 創作年月日欄…20 3.6.2. 創始者分野…21 3.6.3. 目的地アドレス・フィールド…22 3.6.4. 識別分野…23 3.6.5. 情報の分野…26 3.6.6. 分野に憤慨してください…26 3.6.7. 野原をたどってください…28 3.6.8. 任意の分野…29 4. 構文を時代遅れにしてください…29 4.1. 種々雑多な時代遅れの象徴…30 4.2. 折りたたみの余白を時代遅れにしてください…31 4.3. 日時を時代遅れにしてください…31 4.4. アドレシングを時代遅れにしてください…33 4.5. ヘッダーフィールドを時代遅れにしてください…33 4.5.1. 創作年月日欄を時代遅れにしてください…34 4.5.2. 創始者分野を時代遅れにしてください…34 4.5.3. 目的地アドレス・フィールドを時代遅れにしてください…34 4.5.4. 識別分野を時代遅れにしてください…35 4.5.5. 情報の分野を時代遅れにしてください…35 4.5.6. 野原を再送して、時代遅れにします。35 4.5.7. 跡の分野を時代遅れにしてください…36 4.5.8. 任意の分野を時代遅れにしてください…36 5. セキュリティ問題…36 6. 図書目録…37 7. エディタのアドレス…38 8. 承認…39 付録A.Exampleメッセージ…41 A.1。 例を記述します…41 A.1.1。 簡単なアドレシングがある1人の人からもう1人の人までのメッセージ…41 A.1.2。 異なったタイプのメールボックス…42 A.1.3。 アドレスを分類してください…43 A.2。 回答メッセージ…43 A.3。 メッセージに憤慨してください…44 A.4。 跡の分野があるメッセージ…46 A.5。 白いスペース、コメント、および他の奇異…47 A.6。 フォームは時代遅れにしました…47

Resnick                     Standards Track                     [Page 2]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[2ページ]。

   A.6.1. Obsolete addressing ....................................48
   A.6.2. Obsolete dates .........................................48
   A.6.3. Obsolete white space and comments ......................48
   Appendix B. Differences from earlier standards ................49
   Appendix C. Notices ...........................................50
   Full Copyright Statement ......................................51

A.6.1。 アドレシングを時代遅れにしてください…48 A.6.2。 日付を時代遅れにしてください…48 A.6.3。 余白とコメントを時代遅れにしてください…48 以前の規格からの付録B.Differences…49 付録C.通知…50 完全な著作権宣言文…51

1. Introduction

1. 序論

1.1. Scope

1.1. 範囲

   This standard specifies a syntax for text messages that are sent
   between computer users, within the framework of "electronic mail"
   messages.  This standard supersedes the one specified in Request For
   Comments (RFC) 822, "Standard for the Format of ARPA Internet Text
   Messages" [RFC822], updating it to reflect current practice and
   incorporating incremental changes that were specified in other RFCs
   [STD3].

この規格はコンピュータユーザの間に送られるテキスト・メッセージに構文を指定します、「電子メール」メッセージの枠組みの中で。 この規格はRequest For Comments(RFC)822で指定されたものに取って代わります、「アルパインターネットテキスト・メッセージの形式において標準である」[RFC822]、現在の習慣を反映するためにそれをアップデートして、他のRFCs[STD3]で指定された漸進的変化を取り入れて。

   This standard specifies a syntax only for text messages.  In
   particular, it makes no provision for the transmission of images,
   audio, or other sorts of structured data in electronic mail messages.
   There are several extensions published, such as the MIME document
   series [RFC2045, RFC2046, RFC2049], which describe mechanisms for the
   transmission of such data through electronic mail, either by
   extending the syntax provided here or by structuring such messages to
   conform to this syntax.  Those mechanisms are outside of the scope of
   this standard.

この規格はテキスト・メッセージだけに構文を指定します。 特に、それはイメージ(電子メールメッセージのオーディオ、または他の種類の構造化されたデータ)の伝達に備えません。 MIMEドキュメントシリーズ[RFC2045、RFC2046、RFC2049]などのようにここに提供された構文を広げるか、またはこの構文に従うそのようなメッセージを構造化することによって発行されたいくつかの拡大があります。シリーズは電子メールを通したそのようなデータの伝達のためにメカニズムについて説明します。 それらのメカニズムがこの規格の範囲の外にあります。

   In the context of electronic mail, messages are viewed as having an
   envelope and contents.  The envelope contains whatever information is
   needed to accomplish transmission and delivery.  (See [RFC2821] for a
   discussion of the envelope.)  The contents comprise the object to be
   delivered to the recipient.  This standard applies only to the format
   and some of the semantics of message contents.  It contains no
   specification of the information in the envelope.

電子メールの文脈では、メッセージは封筒とコンテンツを持っていると見なされます。 封筒はトランスミッションと配送を実行するのに必要であるどんな情報も含んでいます。 (封筒の議論に関して[RFC2821]を見てください。) 内容は受取人に届けられる物を包括します。 この規格は形式とメッセージ内容の意味論のいくつかだけに適用されます。 それは封筒に情報の仕様を全く含んでいません。

   However, some message systems may use information from the contents
   to create the envelope.  It is intended that this standard facilitate
   the acquisition of such information by programs.

しかしながら、いくつかのメッセージシステムが、封筒を作成するのにコンテンツからの情報を使用するかもしれません。 この規格がプログラムによるそのような情報の獲得を容易にすることを意図します。

   This specification is intended as a definition of what message
   content format is to be passed between systems.  Though some message
   systems locally store messages in this format (which eliminates the
   need for translation between formats) and others use formats that
   differ from the one specified in this standard, local storage is
   outside of the scope of this standard.

この仕様は、どんなメッセージ内容形式の定義がシステムの間で通過されることであるかので、意図します。いくつかのメッセージシステムがこの形式(形式の間の翻訳の必要性を排除する)とこの規格で指定されたものと異なっている使用がフォーマットする他のものに局所的にメッセージを格納しますが、地方の格納がこの規格の範囲の外にあります。

Resnick                     Standards Track                     [Page 3]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[3ページ]。

   Note: This standard is not intended to dictate the internal formats
   used by sites, the specific message system features that they are
   expected to support, or any of the characteristics of user interface
   programs that create or read messages.  In addition, this standard
   does not specify an encoding of the characters for either transport
   or storage; that is, it does not specify the number of bits used or
   how those bits are specifically transferred over the wire or stored
   on disk.

以下に注意してください。 この規格がサイトによって使用される内部の形式、それらが支持すると予想される特定のメッセージシステム機能、またはメッセージを作成するか、または読むユーザーインタフェースプログラムの特性のどれかを書き取ることを意図しません。 さらに、この規格は輸送か格納のどちらかにキャラクタのコード化を指定しません。 すなわち、それはそれらのビットを中古であるビット明確にワイヤの上に移すか、またはディスクの上にどう格納するかに関する数を指定しません。

1.2. Notational conventions

1.2. 記号法のコンベンション

1.2.1. Requirements notation

1.2.1. 要件記法

   This document occasionally uses terms that appear in capital letters.
   When the terms "MUST", "SHOULD", "RECOMMENDED", "MUST NOT", "SHOULD
   NOT", and "MAY" appear capitalized, they are being used to indicate
   particular requirements of this specification.  A discussion of the
   meanings of these terms appears in [RFC2119].

このドキュメントは時折大文字で現れる用語を使用します。 “MUST"という用語(“SHOULD")が、「必須NOT」と「推薦した」とき「」 「5月」は大文字で書かれるように見えて、それらは、この仕様の特定の要件を示すのに使用されるべきです。 これらの用語の意味の議論は[RFC2119]に現れます。

1.2.2. Syntactic notation

1.2.2. 構文の記法

   This standard uses the Augmented Backus-Naur Form (ABNF) notation
   specified in [RFC2234] for the formal definitions of the syntax of
   messages.  Characters will be specified either by a decimal value
   (e.g., the value %d65 for uppercase A and %d97 for lowercase A) or by
   a case-insensitive literal value enclosed in quotation marks (e.g.,
   "A" for either uppercase or lowercase A).  See [RFC2234] for the full
   description of the notation.

この規格は[RFC2234]でメッセージの構文の公式の定義に指定されたAugmented BN記法(ABNF)記法を使用します。 キャラクターはデシマル値(大文字Aのための例えば、値の%d65と小文字のAのための%d97)か引用符の大文字と小文字を区別しない文字通りの同封の値によって指定されるでしょう。(例えば、大文字しているか小文字のa)のための「A。」 記法の余すところのない解説に関して[RFC2234]を見てください。

1.3. Structure of this document

1.3. このドキュメントの構造

   This document is divided into several sections.

このドキュメントは数人のセクションに分割されます。

   This section, section 1, is a short introduction to the document.

このセクション(セクション1)はドキュメントへの短い序論です。

   Section 2 lays out the general description of a message and its
   constituent parts.  This is an overview to help the reader understand
   some of the general principles used in the later portions of this
   document.  Any examples in this section MUST NOT be taken as
   specification of the formal syntax of any part of a message.

セクション2はメッセージの概説とその構成している部品を広げます。 これは読者がこのドキュメントの後の部分で使用される綱領のいくつかを理解しているのを助ける概観です。 メッセージのどんな部分の正式な構文の仕様としてもこのセクションのどんな例もみなしてはいけません。

   Section 3 specifies formal ABNF rules for the structure of each part
   of a message (the syntax) and describes the relationship between
   those parts and their meaning in the context of a message (the
   semantics).  That is, it describes the actual rules for the structure
   of each part of a message (the syntax) as well as a description of
   the parts and instructions on how they ought to be interpreted (the
   semantics).  This includes analysis of the syntax and semantics of

セクション3は、メッセージ(構文)のそれぞれの部分の構造に正式なABNF規則を指定して、メッセージ(意味論)の文脈でのそれらの部品とそれらの意味との関係について説明します。 すなわち、それは部品の記述と同様にメッセージ(構文)とそれらがどう解釈されるべきであるかに関する指示(意味論)のそれぞれの部分の構造に実際の規則について説明します。 これは構文と意味論の分析を含んでいます。

Resnick                     Standards Track                     [Page 4]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[4ページ]。

   subparts of messages that have specific structure.  The syntax
   included in section 3 represents messages as they MUST be created.
   There are also notes in section 3 to indicate if any of the options
   specified in the syntax SHOULD be used over any of the others.

特定の構造を持っているメッセージの下位区分。 セクション3に構文を含んでいると、それらを作成しなければならないとき、メッセージは表されます。 構文SHOULDで指定されたオプションのどれかが他のもののどれかの上で使用されているなら、注意も示すセクション3にあります。

   Both sections 2 and 3 describe messages that are legal to generate
   for purposes of this standard.

両方のセクション2と3はこの規格の目的のために発生するように法的なメッセージについて説明します。

   Section 4 of this document specifies an "obsolete" syntax.  There are
   references in section 3 to these obsolete syntactic elements.  The
   rules of the obsolete syntax are elements that have appeared in
   earlier revisions of this standard or have previously been widely
   used in Internet messages.  As such, these elements MUST be
   interpreted by parsers of messages in order to be conformant to this
   standard.  However, since items in this syntax have been determined
   to be non-interoperable or to cause significant problems for
   recipients of messages, they MUST NOT be generated by creators of
   conformant messages.

このドキュメントのセクション4は「時代遅れ」の構文を指定します。 参照がこれらの時代遅れの構文の要素へのセクション3にあります。 時代遅れの構文の規則はこの規格の以前の改正に現れたか、または以前にインターネットメッセージで広く使用された要素です。 そういうものとして、この規格へのconformantになるようにメッセージのパーサでこれらの要素を解釈しなければなりません。 しかしながら、この構文による項目が非共同利用できるか、またはメッセージの受取人のために重大な問題を引き起こすのにおいて決定しているので、それらはconformantメッセージの創造者によって発生してはいけません。

   Section 5 details security considerations to take into account when
   implementing this standard.

セクション5はこの規格を実行するとき考慮に入れるセキュリティ問題を詳しく述べます。

   Section 6 is a bibliography of references in this document.

セクション6は本書では参照の図書目録です。

   Section 7 contains the editor's address.

セクション7はエディタのアドレスを含みます。

   Section 8 contains acknowledgements.

セクション8は承認を含みます。

   Appendix A lists examples of different sorts of messages.  These
   examples are not exhaustive of the types of messages that appear on
   the Internet, but give a broad overview of certain syntactic forms.

付録Aは異なった種類に関するメッセージに関する例をリストアップします。 これらの例はインターネットに現れるメッセージのタイプでは徹底的ではありませんが、ある構文のフォームの広い概観をお願いします。

   Appendix B lists the differences between this standard and earlier
   standards for Internet messages.

付録Bはインターネットメッセージのこの標準の、そして、以前の規格の違いを記載します。

   Appendix C has copyright and intellectual property notices.

付録Cには、著作権と知的所有権通知があります。

2. Lexical Analysis of Messages

2. メッセージの字句解析

2.1. General Description

2.1. 概説

   At the most basic level, a message is a series of characters.  A
   message that is conformant with this standard is comprised of
   characters with values in the range 1 through 127 and interpreted as
   US-ASCII characters [ASCII].  For brevity, this document sometimes
   refers to this range of characters as simply "US-ASCII characters".

最も基本的なレベルでは、メッセージは一連のキャラクタです。 この規格があるconformantであるメッセージは、値が範囲にある状態でキャラクタから1〜127に成って、米国のASCII文字であると解釈されます[ASCII]。 簡潔さについて、このドキュメントは時々単に「米国のASCII文字」であるとこの範囲のキャラクタを呼びます。

Resnick                     Standards Track                     [Page 5]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[5ページ]。

   Note: This standard specifies that messages are made up of characters
   in the US-ASCII range of 1 through 127.  There are other documents,
   specifically the MIME document series [RFC2045, RFC2046, RFC2047,
   RFC2048, RFC2049], that extend this standard to allow for values
   outside of that range.  Discussion of those mechanisms is not within
   the scope of this standard.

以下に注意してください。 この規格は、メッセージが1〜127の米国-ASCII範囲にキャラクタで作られると指定します。 他のドキュメント(明確に考慮するこの規格を広げる[RFC2045、RFC2046、RFC2047、RFC2048、RFC2049]がその外で及ぶのを評価するMIMEドキュメントシリーズ)があります。 この規格の範囲の中にそれらのメカニズムの議論がありません。

   Messages are divided into lines of characters.  A line is a series of
   characters that is delimited with the two characters carriage-return
   and line-feed; that is, the carriage return (CR) character (ASCII
   value 13) followed immediately by the line feed (LF) character (ASCII
   value 10).  (The carriage-return/line-feed pair is usually written in
   this document as "CRLF".)

メッセージはキャラクタの線に分割されます。 線は2キャラクタ復帰と改行で区切られる一連のキャラクタです。 すぐ改行(LF)キャラクタ(ASCII値10)ですなわち、復帰(CR)キャラクタ(ASCII値13)は続きました。 (通常、復帰/改行組は本書では"CRLF"として書かれています。)

   A message consists of header fields (collectively called "the header
   of the message") followed, optionally, by a body.  The header is a
   sequence of lines of characters with special syntax as defined in
   this standard. The body is simply a sequence of characters that
   follows the header and is separated from the header by an empty line
   (i.e., a line with nothing preceding the CRLF).

メッセージはボディーが任意にあとに続いたヘッダーフィールド(まとめて「メッセージのヘッダー」と呼ばれる)から成ります。 ヘッダーはこの規格で定義されるように特別な構文があるキャラクタの線の系列です。 ボディーは単にヘッダーに続けて、人影のない線(すなわち、何もCRLFに先行していない線)によってヘッダーと切り離されるキャラクタの系列です。

2.1.1. Line Length Limits

2.1.1. 行長限界

   There are two limits that this standard places on the number of
   characters in a line. Each line of characters MUST be no more than
   998 characters, and SHOULD be no more than 78 characters, excluding
   the CRLF.

この規格がキャラクタの数に並んでいる置く2つの限界があります。 キャラクタの各線は998未満のキャラクタであるに違いありません、そして、SHOULDは78のキャラクタよりキャラクタです、CRLFを除いて。

   The 998 character limit is due to limitations in many implementations
   which send, receive, or store Internet Message Format messages that
   simply cannot handle more than 998 characters on a line. Receiving
   implementations would do well to handle an arbitrarily large number
   of characters in a line for robustness sake. However, there are so
   many implementations which (in compliance with the transport
   requirements of [RFC2821]) do not accept messages containing more
   than 1000 character including the CR and LF per line, it is important
   for implementations not to create such messages.

998キャラクタ限界は998以上のキャラクタを絶対に扱うことができないインターネットMessage Formatメッセージを線に送るか、受け取るか、または格納する多くの実現における制限のためです。 実現は、丈夫さ目的のために並んで任意に多くのキャラクタを扱うために上手に受けられるでしょう。 しかしながら、1線あたりのCRとLFを含む1000年以上のキャラクタを含むメッセージを受け入れない([RFC2821]の輸送要件に従って)とても多くの実現があるので、実現がそのようなメッセージを作成しないのは、重要です。

   The more conservative 78 character recommendation is to accommodate
   the many implementations of user interfaces that display these
   messages which may truncate, or disastrously wrap, the display of
   more than 78 characters per line, in spite of the fact that such
   implementations are non-conformant to the intent of this
   specification (and that of [RFC2821] if they actually cause
   information to be lost). Again, even though this limitation is put on
   messages, it is encumbant upon implementations which display messages

78キャラクタ推薦は1線あたり78以上のキャラクタの表示を先端を切るか、または惨めに包装するかもしれないこれらのメッセージを表示するユーザインタフェースの多くの実現を収容するのが、より保守的です、そのような実現がこの仕様の意図に非conformantであるという([RFC2821]のもので、それらであるなら実際に情報を失います)事実にもかかわらず。 一方、この制限はメッセージに載せられますが、それはメッセージを表示する実現でのencumbantです。

Resnick                     Standards Track                     [Page 6]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[6ページ]。

   to handle an arbitrarily large number of characters in a line
   (certainly at least up to the 998 character limit) for the sake of
   robustness.

丈夫さのために線(少なくとも確かに998キャラクタ限界までの)で任意に多くのキャラクタを扱うために。

2.2. Header Fields

2.2. ヘッダーフィールド

   Header fields are lines composed of a field name, followed by a colon
   (":"), followed by a field body, and terminated by CRLF.  A field
   name MUST be composed of printable US-ASCII characters (i.e.,
   characters that have values between 33 and 126, inclusive), except
   colon.  A field body may be composed of any US-ASCII characters,
   except for CR and LF.  However, a field body may contain CRLF when
   used in header "folding" and  "unfolding" as described in section
   2.2.3.  All field bodies MUST conform to the syntax described in
   sections 3 and 4 of this standard.

ヘッダーフィールドがコロンがあとに続いたフィールド名で構成された線である、(「:」、)、分野本体であとに続かれて、CRLFによって終えられます。 印刷可能な米国-ASCII文字でフィールド名を構成しなければなりません(すなわち、そうしたキャラクタは33〜126を評価します、包括的です)、コロンを除いて。 分野本体はCRとLF以外のどんな米国-ASCII文字でも構成されるかもしれません。 しかしながら、セクション2.2.3で説明されるように「折り重なヘッダーの」と「開き」に使用されると、分野本体はCRLFを含むかもしれません。 すべての分野本体がこの規格のセクション3と4で説明された構文に従わなければなりません。

2.2.1. Unstructured Header Field Bodies

2.2.1. 不統一なヘッダーフィールド本体

   Some field bodies in this standard are defined simply as
   "unstructured" (which is specified below as any US-ASCII characters,
   except for CR and LF) with no further restrictions.  These are
   referred to as unstructured field bodies.  Semantically, unstructured
   field bodies are simply to be treated as a single line of characters
   with no further processing (except for header "folding" and
   "unfolding" as described in section 2.2.3).

この規格におけるいくつかの分野本体がさらなる制限なしで「不統一(CRとLF以外のどんな米国-ASCII文字としても以下で指定される)」と単に定義されます。 これらは不統一な分野本体と呼ばれます。 意味的に、不統一な分野本体はさらなる処理(「折り重なヘッダーの」とセクション2.2.3で説明されるように「開き」であるのを除いた)なしでキャラクタの単線として単に扱われることになっています。

2.2.2. Structured Header Field Bodies

2.2.2. 構造化されたヘッダーフィールド本体

   Some field bodies in this standard have specific syntactical
   structure more restrictive than the unstructured field bodies
   described above. These are referred to as "structured" field bodies.
   Structured field bodies are sequences of specific lexical tokens as
   described in sections 3 and 4 of this standard.  Many of these tokens
   are allowed (according to their syntax) to be introduced or end with
   comments (as described in section 3.2.3) as well as the space (SP,
   ASCII value 32) and horizontal tab (HTAB, ASCII value 9) characters
   (together known as the white space characters, WSP), and those WSP
   characters are subject to header "folding" and "unfolding" as
   described in section 2.2.3.  Semantic analysis of structured field
   bodies is given along with their syntax.

この規格におけるいくつかの分野本体で、特定の統語構造は上で説明された不統一な分野本体より制限するようになります。 これらは「構造化された」分野本体と呼ばれます。 構造化された分野本体はこの規格のセクション3と4で説明されるように特定の字句の系列です。 スペース(SP、ASCII値32)と水平タブ(HTAB、ASCII値9)キャラクタと同様に導入するか、またはこれらの象徴の多くがコメントで終わることができる、(それらの構文によると)(セクション3.2.3で説明されるように)(一緒にいる、余白キャラクタ、WSPとして知られている、)、それらのWSPキャラクタはセクション2.2で.3に説明されるように「折り重なヘッダーの」と「開き」を受けることがあります。 それらの構文と共に構造化された分野本体の意味解析を与えます。

2.2.3. Long Header Fields

2.2.3. 長いヘッダーフィールド

   Each header field is logically a single line of characters comprising
   the field name, the colon, and the field body.  For convenience
   however, and to deal with the 998/78 character limitations per line,
   the field body portion of a header field can be split into a multiple
   line representation; this is called "folding".  The general rule is

各ヘッダーフィールドは論理的にそうです。キャラクタがフィールド名、コロン、および分野本体を包括する単線。 しかしながら1線あたり998/78のキャラクタ制限との取引への便利において、ヘッダーフィールドの分野のボディー部分を複数の線表現に分けることができます。 これは「折りたたみである」と呼ばれます。 一般的な規則はそうです。

Resnick                     Standards Track                     [Page 7]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[7ページ]。

   that wherever this standard allows for folding white space (not
   simply WSP characters), a CRLF may be inserted before any WSP.  For
   example, the header field:

この規格がどこで折りたたみの余白(単にWSPキャラクタでない)を考慮しても、CRLFはどんなWSPの前にも挿入されるかもしれません。 例えば、ヘッダーフィールド:

           Subject: This is a test

Subject: これはテストです。

   can be represented as:

以下として表すことができます。

           Subject: This
            is a test

Subject: これはテストです。

   Note: Though structured field bodies are defined in such a way that
   folding can take place between many of the lexical tokens (and even
   within some of the lexical tokens), folding SHOULD be limited to
   placing the CRLF at higher-level syntactic breaks.  For instance, if
   a field body is defined as comma-separated values, it is recommended
   that folding occur after the comma separating the structured items in
   preference to other places where the field could be folded, even if
   it is allowed elsewhere.

以下に注意してください。 構造化された分野本体は折り重なりが字句(そしていくつかの字句の中でさえ)の多くの間の場所を取ることができるような方法で定義されますが、SHOULDを折り重ねて、よりハイレベルの構文の中断にCRLFを置くのに制限されてください。 例えば、分野本体がコンマ区切り値と定義されるなら、折り重なりが分野を折り重ねることができた他の場所に優先して構造化された商品を切り離すコンマの後に起こるのは、お勧めです、それがほかの場所に許容されていても。

   The process of moving from this folded multiple-line representation
   of a header field to its single line representation is called
   "unfolding". Unfolding is accomplished by simply removing any CRLF
   that is immediately followed by WSP.  Each header field should be
   treated in its unfolded form for further syntactic and semantic
   evaluation.

ヘッダーフィールドのこの折り重ねられた複数の線表現から単線表現まで動く過程は「開き」と呼ばれます。 開きは、単にすぐにWSPによって続かれているどんなCRLFも取り外すことによって、実行されます。 各ヘッダーフィールドはさらなる構文的、そして、意味的な評価のための繰り広げられたフォームで扱われるべきです。

2.3. Body

2.3. ボディー

   The body of a message is simply lines of US-ASCII characters.  The
   only two limitations on the body are as follows:

メッセージのボディーは単に米国-ASCII文字の列です。 ボディーにおける唯一の2つの制限は以下の通りです:

   - CR and LF MUST only occur together as CRLF; they MUST NOT appear
     independently in the body.

- CRとLF MUSTはCRLFとして一緒に起こるだけです。 彼らはボディーに独自に現れてはいけません。

   - Lines of characters in the body MUST be limited to 998 characters,
     and SHOULD be limited to 78 characters, excluding the CRLF.

- ボディーのキャラクタの線を998のキャラクタ、および78のキャラクタに制限されて、CRLFを除くSHOULDに制限しなければなりません。

   Note: As was stated earlier, there are other standards documents,
   specifically the MIME documents [RFC2045, RFC2046, RFC2048, RFC2049]
   that extend this standard to allow for different sorts of message
   bodies.  Again, these mechanisms are beyond the scope of this
   document.

以下に注意してください。 より早く述べられたように、他の規格文書(明確に異なった種類のメッセージ本体を考慮するためにこの規格を広げるMIMEドキュメント[RFC2045、RFC2046、RFC2048、RFC2049])があります。 一方、これらのメカニズムはこのドキュメントの範囲を超えています。

Resnick                     Standards Track                     [Page 8]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[8ページ]。

3. Syntax

3. 構文

3.1. Introduction

3.1. 序論

   The syntax as given in this section defines the legal syntax of
   Internet messages.  Messages that are conformant to this standard
   MUST conform to the syntax in this section.  If there are options in
   this section where one option SHOULD be generated, that is indicated
   either in the prose or in a comment next to the syntax.

このセクションで与えられている構文はインターネットメッセージの法的な構文を定義します。 この規格へのconformantであるメッセージはこのセクションの構文に従わなければなりません。 オプションが構文の横に1つのオプションのSHOULDが発生して、それが散文かコメントで示されるこのセクションにあれば。

   For the defined expressions, a short description of the syntax and
   use is given, followed by the syntax in ABNF, followed by a semantic
   analysis.  Primitive tokens that are used but otherwise unspecified
   come from [RFC2234].

定義された表現において、構文と使用の短い記述を与えます、意味解析があとに続いたABNFの構文があとに続いていて。 中古の、しかし、そうでなければ不特定の原始の象徴は[RFC2234]から来ます。

   In some of the definitions, there will be nonterminals whose names
   start with "obs-".  These "obs-" elements refer to tokens defined in
   the obsolete syntax in section 4.  In all cases, these productions
   are to be ignored for the purposes of generating legal Internet
   messages and MUST NOT be used as part of such a message.  However,
   when interpreting messages, these tokens MUST be honored as part of
   the legal syntax.  In this sense, section 3 defines a grammar for
   generation of messages, with "obs-" elements that are to be ignored,
   while section 4 adds grammar for interpretation of messages.

定義のいくつかには、名前が"obs"から始まる「非-端末」があるでしょう。 これらの"obs"要素は時代遅れの構文でセクション4で定義された象徴について言及します。 すべての場合では、これらの創作が法的なインターネットメッセージを発生させる目的のために無視することであり、そのようなメッセージの一部として使用してはいけません。 しかしながら、メッセージを解釈するとき、これらの象徴は法的な構文の一部として光栄に思っているに違いありません。 この意味で、セクション3はメッセージの世代のために文法を定義します、無視されることになっている"obs"要素で、セクション4はメッセージの解釈のために文法を加えますが。

3.2. Lexical Tokens

3.2. 字句

   The following rules are used to define an underlying lexical
   analyzer, which feeds tokens to the higher-level parsers.  This
   section defines the tokens used in structured header field bodies.

以下の規則は、基本的な語彙分析器を定義するのに使用されます。(分析器は、よりハイレベルのパーサに象徴を提供します)。 このセクションは構造化されたヘッダーフィールド本体で使用される象徴を定義します。

   Note: Readers of this standard need to pay special attention to how
   these lexical tokens are used in both the lower-level and
   higher-level syntax later in the document.  Particularly, the white
   space tokens and the comment tokens defined in section 3.2.3 get used
   in the lower-level tokens defined here, and those lower-level tokens
   are in turn used as parts of the higher-level tokens defined later.
   Therefore, the white space and comments may be allowed in the
   higher-level tokens even though they may not explicitly appear in a
   particular definition.

以下に注意してください。 この規格の読者は、これらの字句が後でドキュメントで低レベルと、よりハイレベルの構文の両方でどう使用されるかに関する特別な注意を向ける必要があります。 特に、余白象徴とセクション3.2.3で定義されたコメント象徴はここで定義された低レベル象徴で使用されます、そして、それらの低レベル象徴は後で定義されたよりハイレベルの象徴の部分として順番に使用されます。 したがって、特定の定義では明らかに現れないかもしれませんが、余白とコメントは、よりハイレベルの象徴に許容されるかもしれません。

3.2.1. Primitive Tokens

3.2.1. 原始の象徴

   The following are primitive tokens referred to elsewhere in this
   standard, but not otherwise defined in [RFC2234].  Some of them will
   not appear anywhere else in the syntax, but they are convenient to
   refer to in other parts of this document.

↓これはこの規格におけるほかの場所に言及されますが、別の方法で[RFC2234]では定義されなかった原始の象徴です。 彼らの何人かが構文で他のどこかに見えないでしょうが、彼らは、このドキュメントの他の部分で言及するのに便利です。

Resnick                     Standards Track                     [Page 9]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[9ページ]。

   Note: The "specials" below are just such an example.  Though the
   specials token does not appear anywhere else in this standard, it is
   useful for implementers who use tools that lexically analyze
   messages.  Each of the characters in specials can be used to indicate
   a tokenization point in lexical analysis.

以下に注意してください。 以下の「特別番組」はただそのような例です。 特別番組象徴はこの規格における他のどこかに現れませんが、それは辞書的にメッセージを分析するツールを使用するimplementersの役に立ちます。 字句解析でトークン化ポイントを示すのに特別番組のキャラクタ各人を使用できます。

NO-WS-CTL       =       %d1-8 /         ; US-ASCII control characters
                        %d11 /          ;  that do not include the
                        %d12 /          ;  carriage return, line feed,
                        %d14-31 /       ;  and white space characters
                        %d127

WS-CTLがない=%d1-8/。 米国-ASCII制御文字%d11/。 それは%d12/を含んでいません。 復帰、改行、%d14-31/。 そして、間隔文字%d127を空白にしてください。

text            =       %d1-9 /         ; Characters excluding CR and LF
                        %d11 /
                        %d12 /
                        %d14-127 /
                        obs-text

テキスト=%d1-9/。 CRとLF%d11/%d12/%d14-127 / obs-テキストを除いたキャラクター

specials        =       "(" / ")" /     ; Special characters used in
                        "<" / ">" /     ;  other parts of the syntax
                        "[" / "]" /
                        ":" / ";" /
                        "@" / "\" /
                        "," / "." /
                        DQUOTE

特別番組は「(「/」)」/と等しいです。 特殊文字は"<"/">"で/を使用しました。 「「[「/」]」という構文/の他の部品」:、」 / ";" / "@" / "\" / "," / "." /DQUOTE

   No special semantics are attached to these tokens.  They are simply
   single characters.

どんな特別な意味論もこれらの象徴に付けられていません。 それらは単に単独のキャラクタです。

3.2.2. Quoted characters

3.2.2. 引用されたキャラクタ

   Some characters are reserved for special interpretation, such as
   delimiting lexical tokens.  To permit use of these characters as
   uninterpreted data, a quoting mechanism is provided.

字句を区切ることなどの特別な解釈のために予約されるキャラクタもあります。 非解釈されたデータとしてこれらのキャラクタの使用を可能にするために、引用メカニズムを提供します。

quoted-pair     =       ("\" text) / obs-qp

引用された組=(「\」テキスト)/obs-qp

   Where any quoted-pair appears, it is to be interpreted as the text
   character alone.  That is to say, the "\" character that appears as
   part of a quoted-pair is semantically "invisible".

どんな引用された組も現れるところでは、それはテキストキャラクタとして単独で解釈されることになっています。 すなわち、引用された組の一部として現れる「\」キャラクタは意味的に「目に見えません」。

   Note: The "\" character may appear in a message where it is not part
   of a quoted-pair.  A "\" character that does not appear in a
   quoted-pair is not semantically invisible.  The only places in this
   standard where quoted-pair currently appears are ccontent, qcontent,
   dcontent, no-fold-quote, and no-fold-literal.

以下に注意してください。 「\」キャラクタはそれが引用された組の一部でないメッセージに現れるかもしれません。 引用された組で現れない「\」キャラクタは意味的に目に見えなくはありません。 この規格における引用された組が現在現れる唯一の場所がccontent、qcontent、いいえ倍の引用文の、そして、倍の文字通りでないdcontentです。

Resnick                     Standards Track                    [Page 10]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[10ページ]。

3.2.3. Folding white space and comments

3.2.3. 折りたたみの余白とコメント

   White space characters, including white space used in folding
   (described in section 2.2.3), may appear between many elements in
   header field bodies.  Also, strings of characters that are treated as
   comments may be included in structured field bodies as characters
   enclosed in parentheses.  The following defines the folding white
   space (FWS) and comment constructs.

折り重なる際に(セクション2.2.3では、説明されます)使用される余白を含む余白キャラクタはヘッダーフィールド本体の多くの要素の間に現れるかもしれません。 また、コメントとして扱われるキャラクタのストリングは括弧に同封されたキャラクタとして構造化された分野本体に含まれるかもしれません。 以下は折りたたみの余白(FWS)とコメント構造物を定義します。

   Strings of characters enclosed in parentheses are considered comments
   so long as they do not appear within a "quoted-string", as defined in
   section 3.2.5.  Comments may nest.

「引用文字列」の中に現れない限り、括弧に同封されたキャラクタのストリングはコメントであると考えられます、セクション3.2.5で定義されるように。 コメントは巣がそうするかもしれません。

   There are several places in this standard where comments and FWS may
   be freely inserted.  To accommodate that syntax, an additional token
   for "CFWS" is defined for places where comments and/or FWS can occur.
   However, where CFWS occurs in this standard, it MUST NOT be inserted
   in such a way that any line of a folded header field is made up
   entirely of WSP characters and nothing else.

処々方々がコメントとFWSが自由に挿入されるかもしれないところにこの規格にあります。 その構文に対応するために、「CFWS」のための追加象徴はコメント、そして/または、FWSが起こることができる場所と定義されます。 しかしながら、CFWSがこの規格で起こるところに、折り重ねられたヘッダーフィールドのどんな線も完全に作られるWSPキャラクタと他に何ものそのような方法でそれを挿入してはいけません。

FWS             =       ([*WSP CRLF] 1*WSP) /   ; Folding white space
                        obs-FWS

FWSは/と等しいです([*WSP CRLF]1*WSP)。 折りたたみの余白obs-FWS

ctext           =       NO-WS-CTL /     ; Non white space controls

ctextはWS-CTLがない/と等しいです。 非余白コントロール

                        %d33-39 /       ; The rest of the US-ASCII
                        %d42-91 /       ;  characters not including "(",
                        %d93-126        ;  ")", or "\"

%d33-39/。 米国-ASCII%d42-91/の残り。 包含ではなく、キャラクタ、「(「%d93-126;、」、)、」 「\」

ccontent        =       ctext / quoted-pair / comment

ccontentは引用されたctext/組の/コメントと等しいです。

comment         =       "(" *([FWS] ccontent) [FWS] ")"

コメントは「(「*([FWS]ccontent)[FWS]」)」と等しいです。

CFWS            =       *([FWS] comment) (([FWS] comment) / FWS)

CFWSは*([FWS]コメント)と等しいです。(([FWS]コメント)/FWS)

   Throughout this standard, where FWS (the folding white space token)
   appears, it indicates a place where header folding, as discussed in
   section 2.2.3, may take place.  Wherever header folding appears in a
   message (that is, a header field body containing a CRLF followed by
   any WSP), header unfolding (removal of the CRLF) is performed before
   any further lexical analysis is performed on that header field
   according to this standard.  That is to say, any CRLF that appears in
   FWS is semantically "invisible."

この規格中では、FWS(折りたたみの余白象徴)が現れるところでそれはセクション2.2.3で議論するヘッダーの折り重なりが行われるかもしれない場所を示します。 ヘッダーの折り重なりがメッセージでどこに見えても(すなわち、CRLFを含むヘッダーフィールド本体はどんなWSPでも続きました)、この規格に従ってどんなさらなる字句解析もそのヘッダーフィールドに実行される前にヘッダーの開き(CRLFの解任)は実行されます。 すなわち、FWSに現れるどんなCRLFも意味的に「目に見えません」。

   A comment is normally used in a structured field body to provide some
   human readable informational text.  Since a comment is allowed to
   contain FWS, folding is permitted within the comment.  Also note that
   since quoted-pair is allowed in a comment, the parentheses and

通常、コメントは、何らかの人間の読み込み可能な情報のテキストを提供するのに構造化された分野本体で使用されます。 コメントがFWSを含むことができるので、折り重なりはコメントの中で受入れられます。 そしてまた、引用された組がコメント、括弧に許容されているのでそれに注意してください。

Resnick                     Standards Track                    [Page 11]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[11ページ]。

   backslash characters may appear in a comment so long as they appear
   as a quoted-pair.  Semantically, the enclosing parentheses are not
   part of the comment; the comment is what is contained between the two
   parentheses.  As stated earlier, the "\" in any quoted-pair and the
   CRLF in any FWS that appears within the comment are semantically
   "invisible" and therefore not part of the comment either.

彼らが引用された組として現れる限り、バックスラッシュキャラクタはコメントに現れるかもしれません。 同封括弧は意味的に、コメントの一部ではありません。 コメントは2つの括弧の間に保管されていることです。 より早く述べられるように、どんな引用された組の「\」とコメントの中に現れるどんなFWSのCRLFもコメントの意味的に「目に見えません」、そしてしたがって、そうしていない部分です。

   Runs of FWS, comment or CFWS that occur between lexical tokens in a
   structured field header are semantically interpreted as a single
   space character.

構造化された分野ヘッダーに字句の間に起こるFWS、コメントまたはCFWSの走行はシングルスペースキャラクタとして意味的に解釈されます。

3.2.4. Atom

3.2.4. 原子

   Several productions in structured header field bodies are simply
   strings of certain basic characters.  Such productions are called
   atoms.

構造化されたヘッダーフィールド本体のいくつかの創作が単に確信している基本的なキャラクタのストリングです。 そのような創作は原子と呼ばれます。

   Some of the structured header field bodies also allow the period
   character (".", ASCII value 46) within runs of atext.  An additional
   "dot-atom" token is defined for those purposes.

また、いくつかの構造化されたヘッダーフィールド本体が期間のキャラクタを許容する、(「」、ASCII値46) atextの走行の中で。 追加「ドット原子」象徴はそれらの目的のために定義されます。

atext           =       ALPHA / DIGIT / ; Any character except controls,
                        "!" / "#" /     ;  SP, and specials.
                        "$" / "%" /     ;  Used for atoms
                        "&" / "'" /
                        "*" / "+" /
                        "-" / "/" /
                        "=" / "?" /
                        "^" / "_" /
                        "`" / "{" /
                        "|" / "}" /
                        "~"

atextはアルファー/ DIGIT /と等しいです。 コントロール、“!"以外のどんなキャラクタ / "#" / ; SP、および特別番組。 "$" / "%" / ; 原子“&"/「'「/「*」/「+」/「-」/」/」/「=」 /“?"'のために、使用されます。 / "^" / "_" / "`" / "{" / "|" / "}" / "~"

atom            =       [CFWS] 1*atext [CFWS]

原子=[CFWS]1*atext[CFWS]

dot-atom        =       [CFWS] dot-atom-text [CFWS]

ドット原子=[CFWS]ドット原子テキスト[CFWS]

dot-atom-text   =       1*atext *("." 1*atext)

ドット原子テキストは1*atext*と等しいです。(「. 」 1*atext、)

   Both atom and dot-atom are interpreted as a single unit, comprised of
   the string of characters that make it up.  Semantically, the optional
   comments and FWS surrounding the rest of the characters are not part
   of the atom; the atom is only the run of atext characters in an atom,
   or the atext and "." characters in a dot-atom.

原子とドット原子の両方がそれを作るキャラクタのストリングから成る単一の単位として解釈されます。 任意のコメントとキャラクタの残りを囲むFWSは意味的に、原子の一部ではありません。 「唯一の原子は」 . 」 原子、またはatextのatextキャラクタとドット原子のキャラクタの走行です。

Resnick                     Standards Track                    [Page 12]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[12ページ]。

3.2.5. Quoted strings

3.2.5. 引用文字列

   Strings of characters that include characters other than those
   allowed in atoms may be represented in a quoted string format, where
   the characters are surrounded by quote (DQUOTE, ASCII value 34)
   characters.

原子の中に許容されたもの以外のキャラクタを含んでいるキャラクタのストリングは引用文字列形式で表されるかもしれません、キャラクタが引用文(DQUOTE、ASCII値34)のキャラクタによって囲まれるところで。

qtext           =       NO-WS-CTL /     ; Non white space controls

qtextはWS-CTLがない/と等しいです。 非余白コントロール

                        %d33 /          ; The rest of the US-ASCII
                        %d35-91 /       ;  characters not including "\"
                        %d93-126        ;  or the quote character

%d33/。 米国-ASCII%d35-91/の残り。 「\」%d93-126を含まないキャラクタ。 または、引用文字

qcontent        =       qtext / quoted-pair

引用されたqcontent=qtext/組です。

quoted-string   =       [CFWS]
                        DQUOTE *([FWS] qcontent) [FWS] DQUOTE
                        [CFWS]

引用文字列=[CFWS]DQUOTE*([FWS]qcontent)[FWS]DQUOTE[CFWS]

   A quoted-string is treated as a unit.  That is, quoted-string is
   identical to atom, semantically.  Since a quoted-string is allowed to
   contain FWS, folding is permitted.  Also note that since quoted-pair
   is allowed in a quoted-string, the quote and backslash characters may
   appear in a quoted-string so long as they appear as a quoted-pair.

引用文字列は一体にして扱われます。 すなわち、引用文字列は原子と意味的に同じです。 引用文字列がFWSを含むことができるので、折り重なりは受入れられます。 また、引用された組が引用文字列に許容されているので彼らが引用された組として現れる限り、引用文とバックスラッシュキャラクタが引用文字列に現れるかもしれないことに注意してください。

   Semantically, neither the optional CFWS outside of the quote
   characters nor the quote characters themselves are part of the
   quoted-string; the quoted-string is what is contained between the two
   quote characters.  As stated earlier, the "\" in any quoted-pair and
   the CRLF in any FWS/CFWS that appears within the quoted-string are
   semantically "invisible" and therefore not part of the quoted-string
   either.

引用文字における外部の任意のCFWSも引用文字自身も意味的に、引用文字列の一部ではありません。 引用文字列は2人の引用文字の間に含まれていることです。 より早く述べられるように、どんな引用された組の「\」と引用文字列の中に現れるどんなFWS/CFWSのCRLFも引用文字列の意味的に「目に見えません」、そしてしたがって、そうしていない部分です。

3.2.6. Miscellaneous tokens

3.2.6. 種々雑多な象徴

   Three additional tokens are defined, word and phrase for combinations
   of atoms and/or quoted-strings, and unstructured for use in
   unstructured header fields and in some places within structured
   header fields.

3つの追加象徴が、原子、そして/または、引用文字列と、中の不統一なヘッダーがさばく使用に不統一で中で所々構造化されたヘッダーの組み合わせのために分野を定義されて、言い表して、言葉で表します。

word            =       atom / quoted-string

単語=原子/引用文字列

phrase          =       1*word / obs-phrase

句=obs1*単語/句

Resnick                     Standards Track                    [Page 13]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[13ページ]。

utext           =       NO-WS-CTL /     ; Non white space controls
                        %d33-126 /      ; The rest of US-ASCII
                        obs-utext

utextはWS-CTLがない/と等しいです。 非余白は%d33-126/を制御します。 米国-ASCII obs-utextの残り

unstructured    =       *([FWS] utext) [FWS]

不統一な=*([FWS]utext)[FWS]

3.3. Date and Time Specification

3.3. 日時の仕様

   Date and time occur in several header fields.  This section specifies
   the syntax for a full date and time specification.  Though folding
   white space is permitted throughout the date-time specification, it
   is RECOMMENDED that a single space be used in each place that FWS
   appears (whether it is required or optional); some older
   implementations may not interpret other occurrences of folding white
   space correctly.

日付と時間はいくつかのヘッダーフィールドで現れます。 このセクションは完全な日時の仕様に構文を指定します。 折りたたみの余白は日付-時間仕様中で受入れられますが、シングルスペースがそのFWSが現れる各場所で使用されるのは、RECOMMENDED(それが必要であるか、または任意であることにかかわらず)です。 いくつかの、より古い実現は正しく折りたたみの余白の他の発生を解釈しないかもしれません。

date-time       =       [ day-of-week "," ] date FWS time [CFWS]

「日付-時間が等しい、[週の曜日、」、」、]、FWS時間の日付を入れてください。[CFWS]

day-of-week     =       ([FWS] day-name) / obs-day-of-week

週の週の曜日の=([FWS]日名)/obs曜日

day-name        =       "Mon" / "Tue" / "Wed" / "Thu" /
                        "Fri" / "Sat" / "Sun"

日名の=「月曜日」/「火曜日」/「水曜日」/「木曜日」/「金曜日」/「土曜日」/「Sun」

date            =       day month year

=日の月の年の日付

year            =       4*DIGIT / obs-year

4*DIGIT / obs-年年=

month           =       (FWS month-name FWS) / obs-month

月=(FWS月名のFWS)/obs-月

month-name      =       "Jan" / "Feb" / "Mar" / "Apr" /
                        "May" / "Jun" / "Jul" / "Aug" /
                        "Sep" / "Oct" / "Nov" / "Dec"

月名=「1月」/「2月」/「3月」/「4月」/「5月」/「6月」/「7月」/「8月」/「9月」/「10月」/「11月」/「12月」

day             =       ([FWS] 1*2DIGIT) / obs-day

日=([FWS]1*2DIGIT)/obs-日

time            =       time-of-day FWS zone

時間は時刻FWSゾーンと等しいです。

time-of-day     =       hour ":" minute [ ":" second ]

「時刻=時間」:、」 分[「:」 2番目]

hour            =       2DIGIT / obs-hour

=2DIGIT / obs-一時間の時間

minute          =       2DIGIT / obs-minute

微小な=2DIGIT / obs-分

second          =       2DIGIT / obs-second

2=番目の2DIGIT / obs-2番目

zone            =       (( "+" / "-" ) 4DIGIT) / obs-zone

ゾーン=((「+」/「-」)4DIGIT)/obs-ゾーン

Resnick                     Standards Track                    [Page 14]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[14ページ]。

   The day is the numeric day of the month.  The year is any numeric
   year 1900 or later.

日は月の数値日です。 年はあらゆる1900の数値年以降です。

   The time-of-day specifies the number of hours, minutes, and
   optionally seconds since midnight of the date indicated.

時刻は、分間数時間を指定して、以来、任意に示された日付の真夜中を後援します。

   The date and time-of-day SHOULD express local time.

現地時間の日の日付と時間SHOULD急行。

   The zone specifies the offset from Coordinated Universal Time (UTC,
   formerly referred to as "Greenwich Mean Time") that the date and
   time-of-day represent.  The "+" or "-" indicates whether the
   time-of-day is ahead of (i.e., east of) or behind (i.e., west of)
   Universal Time.  The first two digits indicate the number of hours
   difference from Universal Time, and the last two digits indicate the
   number of minutes difference from Universal Time.  (Hence, +hhmm
   means +(hh * 60 + mm) minutes, and -hhmm means -(hh * 60 + mm)
   minutes).  The form "+0000" SHOULD be used to indicate a time zone at
   Universal Time.  Though "-0000" also indicates Universal Time, it is
   used to indicate that the time was generated on a system that may be
   in a local time zone other than Universal Time and therefore
   indicates that the date-time contains no information about the local
   time zone.

ゾーンは日の日付と時間が表す協定世界時(以前「グリニッジ標準時」と呼ばれたUTC)からオフセットを指定します。 「+」か「-」が、(すなわち、東)か背中(すなわち、西の)の前に、時刻があるか否かに関係なく、普遍が調節されるのを示します。 最初の2ケタは世界標準時から何時間もの差の数を示します、そして、下2ケタは世界標準時から数分差の数を示します。 (+ したがって、+ (hh*60+mm)が書き留めて、-hhmmが意味するhhmm手段--(hh*60+mm)分)。 「+0000」が使用されているべきであるフォームは世界標準時における時間帯を示します。 「-また、0インチが世界標準時を示して、時間が世界標準時以外の現地時間の1時が区分するコネであるかもしれないシステムの上で発生したのを示すのに使用されて、したがって、日付-時間が現地時間のゾーンの情報を全く含まないのを示します」が。

   A date-time specification MUST be semantically valid.  That is, the
   day-of-the-week (if included) MUST be the day implied by the date,
   the numeric day-of-month MUST be between 1 and the number of days
   allowed for the specified month (in the specified year), the
   time-of-day MUST be in the range 00:00:00 through 23:59:60 (the
   number of seconds allowing for a leap second; see [STD12]), and the
   zone MUST be within the range -9959 through +9959.

日付-時間仕様は意味的に有効でなければなりません。 すなわち、曜日(含まれているなら)は日付までに暗示している日でなければなりません、そして、指定された月(指定された年間で)に許容された何日もの1と数の間には、月の数値日があるに違いありません、そして、23:59:60まで時刻が範囲00:00:00にあるに違いありません、そして、(閏秒を考慮する秒数; [STD12]を見てください)+9959を通して範囲-9959の中にゾーンがあるに違いありません。

3.4. Address Specification

3.4. アドレス指定

   Addresses occur in several message header fields to indicate senders
   and recipients of messages.  An address may either be an individual
   mailbox, or a group of mailboxes.

アドレスは、メッセージの送付者と受取人を示すためにいくつかのメッセージヘッダーフィールドで起こります。 アドレスは、個々のメールボックス、またはメールボックスのグループのどちらかであるかもしれません。

address         =       mailbox / group

アドレス=メールボックス/グループ

mailbox         =       name-addr / addr-spec

メールボックス=名前addr / addr仕様

name-addr       =       [display-name] angle-addr

名前-addrは[表示名]角度-addrと等しいです。

angle-addr      =       [CFWS] "<" addr-spec ">" [CFWS] / obs-angle-addr

角度-addr=[CFWS]"<"addr-仕様obs角度">"[CFWS]/addr

group           =       display-name ":" [mailbox-list / CFWS] ";"
                        [CFWS]

「グループ=表示名」:、」 「[メールボックスリスト/CFWS]」;、」 [CFWS]

Resnick                     Standards Track                    [Page 15]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[15ページ]。

display-name    =       phrase

表示名=句

mailbox-list    =       (mailbox *("," mailbox)) / obs-mbox-list

メールボックスリスト=、(メールボックス*、(「」、メールボックス) /obs-mbox-リスト

address-list    =       (address *("," address)) / obs-addr-list

住所録が等しい、(*を記述してください、(「」、アドレス) /obs-addr-リスト

   A mailbox receives mail.  It is a conceptual entity which does not
   necessarily pertain to file storage.  For example, some sites may
   choose to print mail on a printer and deliver the output to the
   addressee's desk.  Normally, a mailbox is comprised of two parts: (1)
   an optional display name that indicates the name of the recipient
   (which could be a person or a system) that could be displayed to the
   user of a mail application, and (2) an addr-spec address enclosed in
   angle brackets ("<" and ">").  There is also an alternate simple form
   of a mailbox where the addr-spec address appears alone, without the
   recipient's name or the angle brackets.  The Internet addr-spec
   address is described in section 3.4.1.

メールボックスはメールを受け取ります。 それは必ずファイル記憶装置に関係するというわけではない概念的な実体です。 例えば、いくつかのサイトが、プリンタにメールを印刷して、受け取り人の机に出力を届けるのを選ぶかもしれません。 通常、メールボックスは2つの部品から成ります: (1) メールアプリケーションのユーザに表示できた受取人(人かシステムであるかもしれない)、およびaddr-仕様アドレスが角ブラケットに同封した(2)("<"と">")の名前を示す任意の表示名。 また、メールボックスの交互の単純形がaddr-仕様アドレスが単独に見えるところにあります、受取人の名前も角ブラケットなしで。 インターネットaddr-仕様アドレスはセクション3.4.1で説明されます。

   Note: Some legacy implementations used the simple form where the
   addr-spec appears without the angle brackets, but included the name
   of the recipient in parentheses as a comment following the addr-spec.
   Since the meaning of the information in a comment is unspecified,
   implementations SHOULD use the full name-addr form of the mailbox,
   instead of the legacy form, to specify the display name associated
   with a mailbox.  Also, because some legacy implementations interpret
   the comment, comments generally SHOULD NOT be used in address fields
   to avoid confusing such implementations.

以下に注意してください。 いくつかの遺産実現が、addr-仕様が角ブラケットなしで現れるところで単純形を使用しましたが、addr-仕様に続いて、コメントとして括弧に受取人の名前を含んでいました。 コメントにおける情報の意味が不特定であるので、実現SHOULDはメールボックスに関連している表示名を指定するのに遺産フォームの代わりにメールボックスの完全な名前-addrフォームを使用します。 また、いくつかの遺産実現がコメントを解釈するので、アドレスが混乱させるのを避けるためにさばく中古のコネがそのような実現であったなら一般にSHOULD NOTについて論評します。

   When it is desirable to treat several mailboxes as a single unit
   (i.e., in a distribution list), the group construct can be used.  The
   group construct allows the sender to indicate a named group of
   recipients. This is done by giving a display name for the group,
   followed by a colon, followed by a comma separated list of any number
   of mailboxes (including zero and one), and ending with a semicolon.
   Because the list of mailboxes can be empty, using the group construct
   is also a simple way to communicate to recipients that the message
   was sent to one or more named sets of recipients, without actually
   providing the individual mailbox address for each of those
   recipients.

単一の単位(すなわち、発送先リストにおける)として数個のメールボックスを扱うのが望ましいときに、グループ構造物を使用できます。 グループ構造物で、送付者は受取人の命名されたグループを示すことができます。 グループのために表示名を与えることによって、これをします、コロンがあとに続いていて、いろいろなメールボックス(ゼロと1つを含んでいる)のコンマの切り離されたリストがあとに続いていて、セミコロンで終わって。 メールボックスのリストが空である場合があるので、グループ構造物を使用して、メッセージを1つに送ったか、または以上が命名した受取人に交信する簡単な方法も実際に個々のメールボックスアドレスをそれらの受取人各人に提供することのない受取人のセットですか?

3.4.1. Addr-spec specification

3.4.1. Addr-仕様仕様

   An addr-spec is a specific Internet identifier that contains a
   locally interpreted string followed by the at-sign character ("@",
   ASCII value 64) followed by an Internet domain.  The locally
   interpreted string is either a quoted-string or a dot-atom.  If the
   string can be represented as a dot-atom (that is, it contains no
   characters other than atext characters or "." surrounded by atext

addr-仕様は符号文字で続かれる局所的に解釈されたストリング("@"、ASCII値64)を含む特定のインターネット識別子がインターネットドメインで従ったということです。 局所的に解釈されたストリングは、引用文字列かドット原子のどちらかです。 ストリングであるなら、ドット原子として表すことができます。または、「(それがそう、atextキャラクタ以外のキャラクタを全く含んでいない、」、」、atextによって囲まれます。

Resnick                     Standards Track                    [Page 16]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[16ページ]。

   characters), then the dot-atom form SHOULD be used and the
   quoted-string form SHOULD NOT be used. Comments and folding white
   space SHOULD NOT be used around the "@" in the addr-spec.

使用されてください。そうすれば、引用文字列はSHOULD NOTを形成します。キャラクタ)、次に、ドット原子がSHOULDを形成する、使用されます。 余白SHOULDを論評して、折り重ねて、addr-仕様の"@"の周りで使用されないでください。

addr-spec       =       local-part "@" domain

addr-仕様=地方の部分"@"ドメイン

local-part      =       dot-atom / quoted-string / obs-local-part

地方の部分はobsの地方のドット原子/引用文字列/部分と等しいです。

domain          =       dot-atom / domain-literal / obs-domain

ドメインドメイン=ドット原子/文字通りの/obs-ドメイン

domain-literal  =       [CFWS] "[" *([FWS] dcontent) [FWS] "]" [CFWS]

ドメイン文字通りの=[CFWS]「[「*([FWS]dcontent)[FWS]」]」という[CFWS]

dcontent        =       dtext / quoted-pair

引用されたdcontent=dtext/組です。

dtext           =       NO-WS-CTL /     ; Non white space controls

dtextはWS-CTLがない/と等しいです。 非余白コントロール

                        %d33-90 /       ; The rest of the US-ASCII
                        %d94-126        ;  characters not including "[",
                                        ;  "]", or "\"

%d33-90/。 米国-ASCII%d94-126の残り。 「[「;」]」、または「\」を含まないキャラクタ

   The domain portion identifies the point to which the mail is
   delivered. In the dot-atom form, this is interpreted as an Internet
   domain name (either a host name or a mail exchanger name) as
   described in [STD3, STD13, STD14].  In the domain-literal form, the
   domain is interpreted as the literal Internet address of the
   particular host.  In both cases, how addressing is used and how
   messages are transported to a particular host is covered in the mail
   transport document [RFC2821].  These mechanisms are outside of the
   scope of this document.

ドメイン部分はメールが配達されるポイントを特定します。 ドット原子フォームでは、これは[STD3、STD13、STD14]で説明されるようにインターネットドメイン名として解釈されます(ホスト名かメール交換器名のどちらか)。 ドメイン文字通りのフォームでは、ドメインは特定のホストの文字通りのインターネット・アドレスとして解釈されます。 アドレシングは使用されています、そして、どちらの場合も、メッセージがどう特定のホストに輸送されるかはメール運送書類[RFC2821]でどう扱われているか。 これらのメカニズムがこのドキュメントの範囲の外にあります。

   The local-part portion is a domain dependent string.  In addresses,
   it is simply interpreted on the particular host as a name of a
   particular mailbox.

地方の部分の部分はドメインに依存するストリングです。 アドレスでは、それが特定のメールボックスの名前として特定のホストの上で単に解釈されます。

3.5 Overall message syntax

3.5の総合的なメッセージ構文

   A message consists of header fields, optionally followed by a message
   body.  Lines in a message MUST be a maximum of 998 characters
   excluding the CRLF, but it is RECOMMENDED that lines be limited to 78
   characters excluding the CRLF.  (See section 2.1.1 for explanation.)
   In a message body, though all of the characters listed in the text
   rule MAY be used, the use of US-ASCII control characters (values 1
   through 8, 11, 12, and 14 through 31) is discouraged since their
   interpretation by receivers for display is not guaranteed.

メッセージはメッセージ本体が任意にあとに続いたヘッダーフィールドから成ります。 メッセージの線はCRLFを除いた最大998のキャラクタであるに違いありませんが、線がCRLFを除いた78のキャラクタに制限されるのは、RECOMMENDEDです。 (説明に関してセクション2.1.1を見てください。) メッセージ本体では、テキスト規則で記載されたキャラクタのすべてが使用されるかもしれませんが、表示のための受信機による彼らの解釈が保証されないので、米国-ASCII制御文字(値1〜8、11、12、および14〜31)の使用はお勧めできないです。

Resnick                     Standards Track                    [Page 17]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[17ページ]。

message         =       (fields / obs-fields)
                        [CRLF body]

メッセージ=(obs分野/分野)[CRLFボディー]

body            =       *(*998text CRLF) *998text

ボディー=*(*998text CRLF)*998text

   The header fields carry most of the semantic information and are
   defined in section 3.6.  The body is simply a series of lines of text
   which are uninterpreted for the purposes of this standard.

ヘッダーフィールドは、意味情報の大部分を運んで、セクション3.6で定義されます。 ボディーは単にこの規格の目的のために非解釈されるテキストの一連の線です。

3.6. Field definitions

3.6. フィールド定義

   The header fields of a message are defined here.  All header fields
   have the same general syntactic structure: A field name, followed by
   a colon, followed by the field body.  The specific syntax for each
   header field is defined in the subsequent sections.

メッセージのヘッダーフィールドはここで定義されます。 すべてのヘッダーフィールドには、同じ一般的な統語構造があります: フィールド名は分野本体で従いました、続いて、コロンに従います。 各ヘッダーフィールドのための特定の構文はその後のセクションで定義されます。

   Note: In the ABNF syntax for each field in subsequent sections, each
   field name is followed by the required colon.  However, for brevity
   sometimes the colon is not referred to in the textual description of
   the syntax.  It is, nonetheless, required.

以下に注意してください。 その後のセクションの各分野へのABNF構文で、必要なコロンは各フィールド名のあとに続いています。 しかしながら、簡潔さについて、時々、コロンは構文の原文の記述で示されません。 それがそれにもかかわらず、必要です。

   It is important to note that the header fields are not guaranteed to
   be in a particular order.  They may appear in any order, and they
   have been known to be reordered occasionally when transported over
   the Internet.  However, for the purposes of this standard, header
   fields SHOULD NOT be reordered when a message is transported or
   transformed.  More importantly, the trace header fields and resent
   header fields MUST NOT be reordered, and SHOULD be kept in blocks
   prepended to the message.  See sections 3.6.6 and 3.6.7 for more
   information.

ヘッダーフィールドが特定のオーダーにあるように保証されないことに注意するのは重要です。 彼らは順不同に見えるかもしれません、そして、インターネットの上で輸送されると、時折彼らが再命令されるのが知られています。 しかしながら、この標準のヘッダーフィールドSHOULD NOTの目的には、メッセージが輸送されると再命令されているか、または変成してください。 より重要に、ヘッダーフィールドがさばいて、再送された跡のヘッダーを再命令してはいけない、SHOULD、メッセージにprependedされたブロックで、保たれてください。 セクション3.6.6と3.6を見てください。.7 詳しい情報のために。

   The only required header fields are the origination date field and
   the originator address field(s).  All other header fields are
   syntactically optional.  More information is contained in the table
   following this definition.

唯一の必要なヘッダーフィールドが、創作年月日欄と創始者アドレス・フィールドです。 他のすべてのヘッダーフィールドがシンタクス上任意です。 この定義に続いて、詳しい情報はテーブルに含まれています。

fields          =       *(trace
                          *(resent-date /
                           resent-from /
                           resent-sender /
                           resent-to /
                           resent-cc /
                           resent-bcc /
                           resent-msg-id))
                        *(orig-date /
                        from /
                        sender /
                        reply-to /

分野が*と等しい、(*をたどってください、(日付に憤慨している/、憤慨、-、/、送付者に憤慨している/、憤慨、-、/、msgにイドに憤慨しているccに憤慨しているか、またはbccに憤慨している/) *、(/送付者/からのorig期日の/は/に答えます。

Resnick                     Standards Track                    [Page 18]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[18ページ]。

                        to /
                        cc /
                        bcc /
                        message-id /
                        in-reply-to /
                        references /
                        subject /
                        comments /
                        keywords /
                        optional-field)

/任意の参照/対象/コメント/キーワード/分野に対する/cc/ bcc / message-イド/)

   The following table indicates limits on the number of times each
   field may occur in a message header as well as any special
   limitations on the use of those fields.  An asterisk next to a value
   in the minimum or maximum column indicates that a special restriction
   appears in the Notes column.

以下のテーブルは各分野がそれらの分野の使用のどんな特別な制限と同様にメッセージヘッダーに起こるかもしれないという回の数における限界を示します。 最小の、または、最大のコラムの値の横のアスタリスクは、特別な制限がNotesコラムに現れるのを示します。

Field           Min number      Max number      Notes

分野Min数のマックス番号Notes

trace           0               unlimited       Block prepended - see
                                                3.6.7

0の無制限なBlock prependedをたどってください--3.6に.7を見てください。

resent-date     0*              unlimited*      One per block, required
                                                if other resent fields
                                                present - see 3.6.6

1再送して、他なら必要であるブロックあたりの日付に憤慨している0*無制限な*1はプレゼントをさばきます--3.6に.6を見てください。

resent-from     0               unlimited*      One per block - see
                                                3.6.6

憤慨、-、1ブロックあたりの0無制限な*もの--3.6に.6を見てください。

resent-sender   0*              unlimited*      One per block, MUST
                                                occur with multi-address
                                                resent-from - see 3.6.6

1ブロックあたりの送付者に憤慨している0*無制限な*1、マルチアドレスで起こらなければならない、憤慨、-、--3.6に.6を見てください

resent-to       0               unlimited*      One per block - see
                                                3.6.6

憤慨、-、1ブロックあたりの0無制限な*もの--3.6に.6を見てください。

resent-cc       0               unlimited*      One per block - see
                                                3.6.6

1ブロックあたりのccに憤慨している0無制限な*もの--3.6に.6を見てください。

resent-bcc      0               unlimited*      One per block - see
                                                3.6.6

1ブロックあたりのbccに憤慨している0無制限な*もの--3.6に.6を見てください。

resent-msg-id   0               unlimited*      One per block - see
                                                3.6.6

1ブロックあたりのmsgイドに憤慨している0無制限な*もの--3.6に.6を見てください。

orig-date       1               1

orig-日付の1 1

from            1               1               See sender and 3.6.2

1 1See送付者と3.6.2から

Resnick                     Standards Track                    [Page 19]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[19ページ]。

sender          0*              1               MUST occur with multi-
                                                address from - see 3.6.2

0*1がマルチアドレスで起こらなければならない送付者--3.6に.2を見てください。

reply-to        0               1

0 1に答えてください。

to              0               1

0 1に

cc              0               1

cc0 1

bcc             0               1

bcc0 1

message-id      0*              1               SHOULD be present - see
                                                3.6.4

メッセージイド0*1SHOULD、存在してください--3.6に.4を見てください。

in-reply-to     0*              1               SHOULD occur in some
                                                replies - see 3.6.4

0*1SHOULDに対して、いくつかの回答で起こってください--3.6に.4を見てください。

references      0*              1               SHOULD occur in some
                                                replies - see 3.6.4

参照0*1SHOULDはいくつかの回答で起こります--3.6に.4を見てください。

subject         0               1

対象の0 1

comments        0               unlimited

無制限な状態で0について論評します。

keywords        0               unlimited

キーワード0、無制限

optional-field  0               unlimited

任意の分野0、無制限

   The exact interpretation of each field is described in subsequent
   sections.

それぞれの分野の正確な解釈はその後のセクションで説明されます。

3.6.1. The origination date field

3.6.1. 創作年月日欄

   The origination date field consists of the field name "Date" followed
   by a date-time specification.

創作年月日欄は「日付」という日付-時間仕様があとに続いたフィールド名から成ります。

orig-date       =       "Date:" date-time CRLF

orig-日付は「日付:」と等しいです。 日付-時間CRLF

   The origination date specifies the date and time at which the creator
   of the message indicated that the message was complete and ready to
   enter the mail delivery system.  For instance, this might be the time
   that a user pushes the "send" or "submit" button in an application
   program.  In any case, it is specifically not intended to convey the
   time that the message is actually transported, but rather the time at
   which the human or other creator of the message has put the message
   into its final form, ready for transport.  (For example, a portable
   computer user who is not connected to a network might queue a message

創作日付はメッセージの創造者がメッセージが完全であって、郵便配達システムを入れる準備ができているのを示した日時を指定します。 例えば、これはユーザがアプリケーション・プログラムで「発信してください」か「提出してください」ボタンを押す時間であるかもしれません。 どのような場合でも、メッセージが実際に輸送される時間、しかし、むしろメッセージの人間か他の創造者が最終形態にメッセージを入れた時を伝えることを明確に意図しません、輸送の、準備ができています。 (例えば、ネットワークに接続されないポータブル・コンピュータユーザはメッセージを列に並ばせるかもしれません。

Resnick                     Standards Track                    [Page 20]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[20ページ]。

   for delivery.  The origination date is intended to contain the date
   and time that the user queued the message, not the time when the user
   connected to the network to send the message.)

配送のために。 創作日付がユーザがメッセージを送るためにネットワークに接続した時ではなく、ユーザがメッセージを列に並ばせた日時を含むことを意図します。)

3.6.2. Originator fields

3.6.2. 創始者分野

   The originator fields of a message consist of the from field, the
   sender field (when applicable), and optionally the reply-to field.
   The from field consists of the field name "From" and a
   comma-separated list of one or more mailbox specifications.  If the
   from field contains more than one mailbox specification in the
   mailbox-list, then the sender field, containing the field name
   "Sender" and a single mailbox specification, MUST appear in the
   message.  In either case, an optional reply-to field MAY also be
   included, which contains the field name "Reply-To" and a
   comma-separated list of one or more addresses.

メッセージの創始者分野が成る、分野から、送付者が(適切ないつ)を任意にさばくか、分野に答えてください。 分野から、“From"と1つ以上のメールボックス仕様のコンマで切り離されたリストはフィールド名から成っています。 分野から、メールボックスリスト(「送付者」というフィールド名を含む送付者野原とただ一つのメールボックス仕様がメッセージに現れなければならないその時)の1つ以上のメールボックス仕様を含んでいます。 分野に答えてください。どちらかの場合で任意である、また、含められてもよい、どれ、含有、フィールド名は「答え」て、1以上のコンマで切り離されたリストは記述するか。

from            =       "From:" mailbox-list CRLF

=「From:」から メールボックスリストCRLF

sender          =       "Sender:" mailbox CRLF

送付者が等しい、「送付者:」 メールボックスCRLF

reply-to        =       "Reply-To:" address-list CRLF

=「Reply-To」に答えてください。 住所録CRLF

   The originator fields indicate the mailbox(es) of the source of the
   message.  The "From:" field specifies the author(s) of the message,
   that is, the mailbox(es) of the person(s) or system(s) responsible
   for the writing of the message.  The "Sender:" field specifies the
   mailbox of the agent responsible for the actual transmission of the
   message.  For example, if a secretary were to send a message for
   another person, the mailbox of the secretary would appear in the
   "Sender:" field and the mailbox of the actual author would appear in
   the "From:" field.  If the originator of the message can be indicated
   by a single mailbox and the author and transmitter are identical, the
   "Sender:" field SHOULD NOT be used.  Otherwise, both fields SHOULD
   appear.

創始者分野はメッセージの源のメールボックス(es)を示します。 「From:」 分野はメッセージメッセージの書くことに原因となる人かシステムのすなわち、メールボックス(es)の作者を指定します。 「送付者:」 分野はメッセージの実際の伝達に責任があるエージェントのメールボックスを指定します。 例えば、秘書が別の人のためにメッセージを送るなら、秘書のメールボックスが中に現れる、「送付者:」 実際の作者の分野とメールボックスは「From:」に現れるでしょう。 さばきます。 単一のメールボックスでメッセージの創始者を示すことができるか、そして、作者と送信機が同じである、「送付者:」 SHOULD NOTをさばいてください。使用されます。 さもなければ、両方の分野SHOULDは現れます。

   The originator fields also provide the information required when
   replying to a message.  When the "Reply-To:" field is present, it
   indicates the mailbox(es) to which the author of the message suggests
   that replies be sent.  In the absence of the "Reply-To:" field,
   replies SHOULD by default be sent to the mailbox(es) specified in the
   "From:" field unless otherwise specified by the person composing the
   reply.

また、創始者分野はメッセージに答えるとき必要である情報を提供します。 時は「Reply-To」です。 分野が存在している、それは送った状態でメッセージの作者が示す回答があるメールボックス(es)を示します。 「Reply-To」が不在のとき 分野、回答SHOULD、デフォルトで「From:」で指定されたメールボックス(es)に送ってください。 別の方法で回答を構成する人によって指定されない場合、さばきます。

   In all cases, the "From:" field SHOULD NOT contain any mailbox that
   does not belong to the author(s) of the message.  See also section
   3.6.3 for more information on forming the destination addresses for a
   reply.

ケース、すべての「From:」で 分野SHOULD NOTはメッセージの作者のものでないどんなメールボックスも含んでいます。 また、目的地が回答のために記述する形成の詳しい情報に関してセクション3.6.3を見てください。

Resnick                     Standards Track                    [Page 21]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[21ページ]。

3.6.3. Destination address fields

3.6.3. 目的地アドレス・フィールド

   The destination fields of a message consist of three possible fields,
   each of the same form: The field name, which is either "To", "Cc", or
   "Bcc", followed by a comma-separated list of one or more addresses
   (either mailbox or group syntax).

メッセージのあて先フィールドは3つの可能な分野、それぞれの同じフォームから成ります: “To"、「cc」か"Bcc"のどちらかがどれであるかというフィールド名は1つ以上のアドレス(メールボックスかグループ構文のどちらか)のコンマで切り離されたリストで従いました。

to              =       "To:" address-list CRLF

「To:」と等しいように 住所録CRLF

cc              =       "Cc:" address-list CRLF

ccは「Cc:」と等しいです。 住所録CRLF

bcc             =       "Bcc:" (address-list / [CFWS]) CRLF

bccは「Bcc:」と等しいです。 (住所録/[CFWS]) CRLF

   The destination fields specify the recipients of the message.  Each
   destination field may have one or more addresses, and each of the
   addresses indicate the intended recipients of the message.  The only
   difference between the three fields is how each is used.

あて先フィールドはメッセージの受取人を指定します。 各あて先フィールドで、1つ以上のアドレス、およびそれぞれのアドレスはメッセージの意図している受取人を示すかもしれません。 3つの分野の唯一の違いはそれぞれがどう使用されているかということです。

   The "To:" field contains the address(es) of the primary recipient(s)
   of the message.

「To:」 分野はメッセージの第一の受取人のアドレス(es)を含んでいます。

   The "Cc:" field (where the "Cc" means "Carbon Copy" in the sense of
   making a copy on a typewriter using carbon paper) contains the
   addresses of others who are to receive the message, though the
   content of the message may not be directed at them.

「Cc:」 分野(「cc」がタイプライタの上にカーボン紙を使用することで複写するという意味における「カーボンコピー」を意味するところ)はメッセージを受け取ることになっている他のもののアドレスを含んでいます、彼らがメッセージの内容に向けられないかもしれませんが。

   The "Bcc:" field (where the "Bcc" means "Blind Carbon Copy") contains
   addresses of recipients of the message whose addresses are not to be
   revealed to other recipients of the message.  There are three ways in
   which the "Bcc:" field is used.  In the first case, when a message
   containing a "Bcc:" field is prepared to be sent, the "Bcc:" line is
   removed even though all of the recipients (including those specified
   in the "Bcc:" field) are sent a copy of the message.  In the second
   case, recipients specified in the "To:" and "Cc:" lines each are sent
   a copy of the message with the "Bcc:" line removed as above, but the
   recipients on the "Bcc:" line get a separate copy of the message
   containing a "Bcc:" line.  (When there are multiple recipient
   addresses in the "Bcc:" field, some implementations actually send a
   separate copy of the message to each recipient with a "Bcc:"
   containing only the address of that particular recipient.) Finally,
   since a "Bcc:" field may contain no addresses, a "Bcc:" field can be
   sent without any addresses indicating to the recipients that blind
   copies were sent to someone.  Which method to use with "Bcc:" fields
   is implementation dependent, but refer to the "Security
   Considerations" section of this document for a discussion of each.

「Bcc:」 分野("Bcc"が「盲目のカーボンコピー」を意味するところ)はメッセージの他の受取人に明らかにされないアドレスがことであるメッセージの受取人のアドレスを含んでいます。 3つの方法で、どの「Bcc:」であるか。 分野は使用されています。 「Bcc:」を含むメッセージであることの最初の場合で 分野が送られるように準備される、「Bcc:」 受取人(「Bcc:」分野で指定されたものを含んでいます)のすべてにメッセージのコピーを送りますが、線を取り外します。 2番目の場合では、受取人は「To:」で指定しました。 そして、「Cc:」 「Bcc:」があるメッセージのコピーをそれぞれ線に送ります。 しかし、同じくらい上に取り外された線、「Bcc:」の受取人 線は「Bcc:」を含むメッセージの別々のコピーを手に入れます。 立ち並んでください。 (複数の受取人アドレスが「Bcc:」分野にあるとき、いくつかの実現が実際に「Bcc:」がその特定の受取人のアドレスだけを含んでいる各受取人にメッセージの別々のコピーを送ります。) 最終的である、「Bcc:」 分野はアドレスがない、「Bcc:」を含むかもしれません。 どんなアドレスも、盲目のコピーがだれかに送られたのを受取人に示さない、野原を送ることができます。 「Bcc:」と共にどの方法を使用したらよいですか。 分野は実現に依存していますが、それぞれの議論についてこのドキュメントの「セキュリティ問題」セクションを参照してください。

Resnick                     Standards Track                    [Page 22]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[22ページ]。

   When a message is a reply to another message, the mailboxes of the
   authors of the original message (the mailboxes in the "From:" field)
   or mailboxes specified in the "Reply-To:" field (if it exists) MAY
   appear in the "To:" field of the reply since these would normally be
   the primary recipients of the reply.  If a reply is sent to a message
   that has destination fields, it is often desirable to send a copy of
   the reply to all of the recipients of the message, in addition to the
   author.  When such a reply is formed, addresses in the "To:" and
   "Cc:" fields of the original message MAY appear in the "Cc:" field of
   the reply, since these are normally secondary recipients of the
   reply.  If a "Bcc:" field is present in the original message,
   addresses in that field MAY appear in the "Bcc:" field of the reply,
   but SHOULD NOT appear in the "To:" or "Cc:" fields.

オリジナルのメッセージ(「From:」分野のメールボックス)かメールボックスの作者のメールボックスが、「Reply-To」でメッセージが別のメッセージに関する回答であると指定したとき 野原(存在しているなら)は「To:」に現れるかもしれません。 通常、これら以来の回答の分野は回答の第一の受取人でしょう。 あて先フィールドを持っているメッセージに回答を送るなら、メッセージの受取人のすべてに回答のコピーを送るのはしばしば望ましいです、作者に加えて。 そのようなものであるときに、回答は形成されて、中のアドレスは「To:」です。 そして、「Cc:」 オリジナルのメッセージの野原は「Cc:」に現れるかもしれません。 通常、これらが回答の二次受取人である時から回答の分野。 「Bcc:」です。 分野がオリジナルのメッセージに存在している、その分野のアドレスは「Bcc:」に現れるかもしれません。 しかし、回答の分野、SHOULD NOTは「To:」に現れます。 または、「Cc:」 分野。

   Note: Some mail applications have automatic reply commands that
   include the destination addresses of the original message in the
   destination addresses of the reply.  How those reply commands behave
   is implementation dependent and is beyond the scope of this document.
   In particular, whether or not to include the original destination
   addresses when the original message had a "Reply-To:" field is not
   addressed here.

以下に注意してください。 いくつかのメールアプリケーションには、回答の送付先アドレスにオリジナルのメッセージの送付先アドレスを含んでいる自動返信命令があります。 それらの応答コマンドがどう振る舞うかは、実現に依存していて、このドキュメントの範囲を超えています。 オリジナルのメッセージであるときに、オリジナルの送付先アドレスを含むかどうかにおいて、特に、「Reply-To」がありました。 分野はここに記述されません。

3.6.4. Identification fields

3.6.4. 識別分野

   Though optional, every message SHOULD have a "Message-ID:" field.
   Furthermore, reply messages SHOULD have "In-Reply-To:" and
   "References:" fields as appropriate, as described below.

任意ですが、あらゆるメッセージSHOULDにはaがある、「Message ID:」 さばきます。 その上、応答メッセージSHOULDには、「以下に対して」があります。 「以下に参照をつけます」 適宜、以下で説明されるように、さばきます。

   The "Message-ID:" field contains a single unique message identifier.
   The "References:" and "In-Reply-To:" field each contain one or more
   unique message identifiers, optionally separated by CFWS.

「Message ID:」 分野はただ一つのユニークなメッセージ識別子を含んでいます。 「参照:」 そして、「以下に対して」 分野はそれぞれCFWSによって任意に切り離された1つ以上のユニークなメッセージ識別子を含んでいます。

   The message identifier (msg-id) is similar in syntax to an angle-addr
   construct without the internal CFWS.

メッセージ識別子(msg-イド)は内部のCFWSなしで構文において角度-addr構造物と同様です。

message-id      =       "Message-ID:" msg-id CRLF

メッセージイド=、「Message ID:」 msg-イドCRLF

in-reply-to     =       "In-Reply-To:" 1*msg-id CRLF

「以下に対して」=に対して 1*msg-イドCRLF

references      =       "References:" 1*msg-id CRLF

参照=は「以下に参照をつけます」。 1*msg-イドCRLF

msg-id          =       [CFWS] "<" id-left "@" id-right ">" [CFWS]

msg-イド=[CFWS]"<"イドによる左の"@"イド権利">"[CFWS]

id-left         =       dot-atom-text / no-fold-quote / obs-id-left

イドによる左のobsいいえ倍の=ドット原子テキスト/引用文/イドは残っています。

id-right        =       dot-atom-text / no-fold-literal / obs-id-right

いいえ倍に文字通りの/obsイドイド正しい=ドット原子テキスト/権利

no-fold-quote   =       DQUOTE *(qtext / quoted-pair) DQUOTE

いいえ倍の引用文=のDQUOTE*(引用されたqtext/組の)DQUOTE

Resnick                     Standards Track                    [Page 23]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[23ページ]。

no-fold-literal =       "[" *(dtext / quoted-pair) "]"

「[「*(引用されたdtext/組の)」]」という倍に文字通りの=がありません。

   The "Message-ID:" field provides a unique message identifier that
   refers to a particular version of a particular message.  The
   uniqueness of the message identifier is guaranteed by the host that
   generates it (see below).  This message identifier is intended to be
   machine readable and not necessarily meaningful to humans.  A message
   identifier pertains to exactly one instantiation of a particular
   message; subsequent revisions to the message each receive new message
   identifiers.

「Message ID:」 分野は特定のメッセージの特定のバージョンを示すユニークなメッセージ識別子を提供します。 メッセージ識別子のユニークさはそれがそれを発生させるのが(以下を見てください)ホストによって保証されます。 このメッセージ識別子は読み込み可能で人間には、必ず重要であるというわけではないマシンであることを意図します。 メッセージ識別子はまさに特定のメッセージの1つの具体化に関係します。 メッセージへのその後の改正はそれぞれ新しいメッセージ識別子を受け取ります。

   Note: There are many instances when messages are "changed", but those
   changes do not constitute a new instantiation of that message, and
   therefore the message would not get a new message identifier.  For
   example, when messages are introduced into the transport system, they
   are often prepended with additional header fields such as trace
   fields (described in section 3.6.7) and resent fields (described in
   section 3.6.6).  The addition of such header fields does not change
   the identity of the message and therefore the original "Message-ID:"
   field is retained.  In all cases, it is the meaning that the sender
   of the message wishes to convey (i.e., whether this is the same
   message or a different message) that determines whether or not the
   "Message-ID:" field changes, not any particular syntactic difference
   that appears (or does not appear) in the message.

以下に注意してください。 それらの変化はそのメッセージの新しい具体化を構成しません、そして、メッセージが「変えられる」とき、多くの例がありますが、したがって、メッセージは新しいメッセージ識別子を得ないでしょう。 例えば、メッセージが輸送システムに取り入れられるとき、彼らは、しばしば跡の分野などの追加ヘッダーフィールドでprependedされて(セクション3.6.7では、説明されます)、分野に憤慨します(セクション3.6.6では、説明されます)。 そのようなヘッダーフィールドの添加がメッセージとしたがって、オリジナルのアイデンティティを変えない、「Message ID:」 分野は保有されます。 すべての場合では、それがメッセージ送信者がそれが決定する(すなわち、これは同じメッセージであるか、そして、異なったメッセージ)を運びたがっている意味である、「Message ID:」 メッセージに現れる(または、現れません)どんな特定の構文の違いではなく、変化もさばいてください。

   The "In-Reply-To:" and "References:" fields are used when creating a
   reply to a message.  They hold the message identifier of the original
   message and the message identifiers of other messages (for example,
   in the case of a reply to a message which was itself a reply).  The
   "In-Reply-To:" field may be used to identify the message (or
   messages) to which the new message is a reply, while the
   "References:" field may be used to identify a "thread" of
   conversation.

「以下に対して」 「以下に参照をつけます」 回答をメッセージに作成するとき、分野は使用されています。 彼らはオリジナルのメッセージに関するメッセージ識別子と他のメッセージに関するメッセージ識別子(例えばそれ自体で回答であったメッセージに関する回答の場合で)を保持します。 「以下に対して」 分野が新しいメッセージが回答であるメッセージ(または、メッセージ)を特定するのに使用されるかもしれない、「参照:」 分野は、会話の「糸」を特定するのに使用されるかもしれません。

   When creating a reply to a message, the "In-Reply-To:" and
   "References:" fields of the resultant message are constructed as
   follows:

時は回答をメッセージに作成する「以下に対して」です。 「以下に参照をつけます」 結果のメッセージの分野は以下の通り構成されます:

   The "In-Reply-To:" field will contain the contents of the "Message-
   ID:" field of the message to which this one is a reply (the "parent
   message").  If there is more than one parent message, then the "In-
   Reply-To:" field will contain the contents of all of the parents'
   "Message-ID:" fields.  If there is no "Message-ID:" field in any of
   the parent messages, then the new message will have no "In-Reply-To:"
   field.

「以下に対して」 分野がコンテンツを含む、「Message ID:」 これが回答(「親メッセージ」)であるメッセージの分野。 1つ以上の親メッセージがあって、その時は「コネReply-To」です。 分野が両親のすべてのコンテンツを含む、「Message ID:」 分野。 いいえがある、「Message ID:」 次に、親メッセージのどれかの分野、新しいメッセージには、どんな「以下に対して」もないでしょう。 さばきます。

Resnick                     Standards Track                    [Page 24]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[24ページ]。

   The "References:" field will contain the contents of the parent's
   "References:" field (if any) followed by the contents of the parent's
   "Message-ID:" field (if any).  If the parent message does not contain
   a "References:" field but does have an "In-Reply-To:" field
   containing a single message identifier, then the "References:" field
   will contain the contents of the parent's "In-Reply-To:" field
   followed by the contents of the parent's "Message-ID:" field (if
   any).  If the parent has none of the "References:", "In-Reply-To:",
   or "Message-ID:" fields, then the new message will have no
   "References:" field.

「参照:」 分野は「以下に参照をつける」という親のものの内容を含むでしょう。 (もしあれば)の野原が親のもののコンテンツで続いた、「Message ID:」 さばきます(もしあれば)。 親メッセージがaを含んでいない、「参照:」 さばきますが、「以下に対して」を持っています。 次に、ただ一つのメッセージ識別子を含む分野、「参照:」 分野は「以下に対して」親のもののコンテンツを含むでしょう。 野原が親のもののコンテンツで続いた、「Message ID:」 さばきます(もしあれば)。 または、親がなにも持っていない、「以下に対して」「以下に参照をつける」、「Message ID:」 次に、分野、新しいメッセージはそうしてしまうでしょう。いいえは「以下に参照をつけます」。 さばきます。

   Note: Some implementations parse the "References:" field to display
   the "thread of the discussion".  These implementations assume that
   each new message is a reply to a single parent and hence that they
   can walk backwards through the "References:" field to find the parent
   of each message listed there.  Therefore, trying to form a
   "References:" field for a reply that has multiple parents is
   discouraged and how to do so is not defined in this document.

以下に注意してください。 いくつかの実現が分析される、「参照:」 「議論の糸」を表示としてさばいてください。 これらの実現が、それぞれの新しいメッセージがそれらが後方に下稽古できる片親としたがって、それに関する回答であると仮定する、「参照:」 そこにリストアップされたそれぞれのメッセージの親を掘り出し物としてさばいてください。 したがって、aを形成しようとするのは「以下に参照をつけます」。 複数の両親がいる回答のための分野はがっかりしています、そして、どうそうするかは本書では定義されません。

   The message identifier (msg-id) itself MUST be a globally unique
   identifier for a message.  The generator of the message identifier
   MUST guarantee that the msg-id is unique.  There are several
   algorithms that can be used to accomplish this.  Since the msg-id has
   a similar syntax to angle-addr (identical except that comments and
   folding white space are not allowed), a good method is to put the
   domain name (or a domain literal IP address) of the host on which the
   message identifier was created on the right hand side of the "@", and
   put a combination of the current absolute date and time along with
   some other currently unique (perhaps sequential) identifier available
   on the system (for example, a process id number) on the left hand
   side.  Using a date on the left hand side and a domain name or domain
   literal on the right hand side makes it possible to guarantee
   uniqueness since no two hosts use the same domain name or IP address
   at the same time.  Though other algorithms will work, it is
   RECOMMENDED that the right hand side contain some domain identifier
   (either of the host itself or otherwise) such that the generator of
   the message identifier can guarantee the uniqueness of the left hand
   side within the scope of that domain.

メッセージ識別子(msg-イド)自体はメッセージのためのグローバルにユニークな識別子でなければなりません。 メッセージ識別子のジェネレータは、msg-イドがユニークであることを保証しなければなりません。 これを達成するのに使用できるいくつかのアルゴリズムがあります。 msg-イドが角度-addrに同様の構文を持っているので(同じで折りたたみの余白は許容されていません)、良い方法は、メッセージ識別子が"@"右手側で作成されたホストのドメイン名(または、ドメインの文字通りのIPアドレス)を置いて、左側でシステム(例えば、過程イド番号)の上で利用可能なある他の現在ユニークな(恐らく連続した)識別子に伴う現在の絶対日時の組み合わせを置くことです。 右手側の文字通りの左側に関する期日とドメイン名かドメインを使用するのに、ホストが同時に同じドメイン名かIPアドレスを使用するのを2がないの以来のユニークさに保証するのが可能になります。 他のアルゴリズムは利くでしょうが、メッセージ識別子のジェネレータがそのドメインの範囲の中で左側のユニークさを保証できるように、右手側が何らかのドメイン識別子(ホスト自身かそうでなのどちらかさ)を含んでいるのは、RECOMMENDEDです。

   Semantically, the angle bracket characters are not part of the
   msg-id; the msg-id is what is contained between the two angle bracket
   characters.

角ブラケットキャラクタは意味的に、msg-イドの一部ではありません。 msg-イドは2つの角ブラケットキャラクタの間に含まれていることです。

Resnick                     Standards Track                    [Page 25]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[25ページ]。

3.6.5. Informational fields

3.6.5. 情報の分野

   The informational fields are all optional.  The "Keywords:" field
   contains a comma-separated list of one or more words or
   quoted-strings. The "Subject:" and "Comments:" fields are
   unstructured fields as defined in section 2.2.1, and therefore may
   contain text or folding white space.

情報の分野はすべて任意です。 「キーワード:」 分野は1つ以上の単語か引用文字列のコンマで切り離されたリストを含んでいます。 「Subject:」 「以下について論評します」 分野は、セクション2.2.1で定義されるように不統一な分野であり、したがって、テキストか折りたたみの余白を含むかもしれません。

subject         =       "Subject:" unstructured CRLF

対象の=「Subject:」 不統一なCRLF

comments        =       "Comments:" unstructured CRLF

=が「以下について論評する」というコメント 不統一なCRLF

keywords        =       "Keywords:" phrase *("," phrase) CRLF

キーワードが等しい、「キーワード:」 *を言葉で表してください、(「」、句) CRLF

   These three fields are intended to have only human-readable content
   with information about the message.  The "Subject:" field is the most
   common and contains a short string identifying the topic of the
   message.  When used in a reply, the field body MAY start with the
   string "Re: " (from the Latin "res", in the matter of) followed by
   the contents of the "Subject:" field body of the original message.
   If this is done, only one instance of the literal string "Re: " ought
   to be used since use of other strings or more than one instance can
   lead to undesirable consequences.  The "Comments:" field contains any
   additional comments on the text of the body of the message.  The
   "Keywords:" field contains a comma-separated list of important words
   and phrases that might be useful for the recipient.

これらの3つの分野にはメッセージの情報がある人間読み込み可能な内容しかないことを意図します。 「Subject:」 分野は、最も一般的であり、メッセージの話題を特定する脆いストリングを含んでいます。 回答に使用されると、分野本体はストリング「Re:」から始まるかもしれません。 「(ラテン語がその件に関する"resする"である、)、「Subject:」のコンテンツがあとに続いている、」 オリジナルのメッセージのボディーをさばいてください。 これが完了しているなら、文字通りの1つの例だけが「Re:」を結びます。 「他のストリングか1つ以上の例の使用が望ましくない結果につながることができるので、使用されるべきです。」 「コメント:」 分野はメッセージ欄のテキストのどんな追加コメントも含んでいます。 「キーワード:」 分野は受取人の役に立つかもしれない重要な字句のコンマで切り離されたリストを含んでいます。

3.6.6. Resent fields

3.6.6. 分野に憤慨してください。

   Resent fields SHOULD be added to any message that is reintroduced by
   a user into the transport system.  A separate set of resent fields
   SHOULD be added each time this is done.  All of the resent fields
   corresponding to a particular resending of the message SHOULD be
   together.  Each new set of resent fields is prepended to the message;
   that is, the most recent set of resent fields appear earlier in the
   message.  No other fields in the message are changed when resent
   fields are added.

分野SHOULDを再送して、ユーザによって輸送システムを再紹介されるあらゆるメッセージに追加されてください。 分野SHOULDを再送して、セットされて、Aを切り離します。その都度加えられて、これをするということになってください。 再送のすべてが特定の再送との対応をさばきます。メッセージSHOULDでは、一緒にいてください。 それぞれ新しい、再送して、セットされて、分野はメッセージにprependedされます。 すなわち、最新である、再送して、セットされて、野原は、より早くメッセージに現れます。 再送して、分野を加えるとき、メッセージの他の分野を全く変えません。

   Each of the resent fields corresponds to a particular field elsewhere
   in the syntax.  For instance, the "Resent-Date:" field corresponds to
   the "Date:" field and the "Resent-To:" field corresponds to the "To:"
   field.  In each case, the syntax for the field body is identical to
   the syntax given previously for the corresponding field.

それぞれ、再送では、分野は構文によるほかの場所の特定の分野に対応しています。 例えば、「日付:に憤慨する、」 分野は「日付:」に対応しています。 そして、分野、「To:に憤慨する、」 分野は「To:」に対応しています。 さばきます。 その都度、対応する分野には、分野本体のための構文が以前に、与えられた構文と同じです。

   When resent fields are used, the "Resent-From:" and "Resent-Date:"
   fields MUST be sent.  The "Resent-Message-ID:" field SHOULD be sent.
   "Resent-Sender:" SHOULD NOT be used if "Resent-Sender:" would be
   identical to "Resent-From:".

再送すると分野が使用されている、「From:に憤慨する、」 そして、「日付:に憤慨する、」 野原を送らなければなりません。 「Message IDに憤慨してください」 SHOULDをさばいてください。送ります。 「送付者に憤慨します:、」 SHOULD NOT、使用されてください、「送付者に憤慨します:、」 同じであるだろう、「From:に憤慨する、」

Resnick                     Standards Track                    [Page 26]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[26ページ]。

resent-date     =       "Resent-Date:" date-time CRLF

日付に憤慨している=、「日付:に憤慨する、」 日付-時間CRLF

resent-from     =       "Resent-From:" mailbox-list CRLF

憤慨、-、等しさ、「From:に憤慨する、」 メールボックスリストCRLF

resent-sender   =       "Resent-Sender:" mailbox CRLF

送付者に憤慨している=、「送付者に憤慨します:、」 メールボックスCRLF

resent-to       =       "Resent-To:" address-list CRLF

憤慨、-、等しさ、「To:に憤慨する、」 住所録CRLF

resent-cc       =       "Resent-Cc:" address-list CRLF

ccに憤慨している=、「Cc:に憤慨する、」 住所録CRLF

resent-bcc      =       "Resent-Bcc:" (address-list / [CFWS]) CRLF

bccに憤慨している=、「Bcc:に憤慨する、」 (住所録/[CFWS]) CRLF

resent-msg-id   =       "Resent-Message-ID:" msg-id CRLF

= 「Message IDに憤慨してください」msgイドを再送して、 msg-イドCRLF

   Resent fields are used to identify a message as having been
   reintroduced into the transport system by a user.  The purpose of
   using resent fields is to have the message appear to the final
   recipient as if it were sent directly by the original sender, with
   all of the original fields remaining the same.  Each set of resent
   fields correspond to a particular resending event.  That is, if a
   message is resent multiple times, each set of resent fields gives
   identifying information for each individual time.  Resent fields are
   strictly informational.  They MUST NOT be used in the normal
   processing of replies or other such automatic actions on messages.

再送して、分野は、メッセージがユーザによって輸送システムを再紹介したことにされるのであると認識するのに使用されます。 野原を再送して、使用する目的はメッセージをまるでそれが直接元の送り主によって送られるかのように最終的な受取人にとって見えさせることです、元の分野のすべてが同じままで残っていて。 野原を再送して、セットされたそれぞれが特定の再送出来事に対応しています。 すなわち、複数の回をメッセージに再送するなら、野原を再送して、セットされたそれぞれが個々の毎回の間、身元が分かる情報を与えます。 再送して、分野は厳密に情報です。 回答の正常処理かメッセージへの他のそのような自動動作にそれらを使用してはいけません。

   Note: Reintroducing a message into the transport system and using
   resent fields is a different operation from "forwarding".
   "Forwarding" has two meanings: One sense of forwarding is that a mail
   reading program can be told by a user to forward a copy of a message
   to another person, making the forwarded message the body of the new
   message.  A forwarded message in this sense does not appear to have
   come from the original sender, but is an entirely new message from
   the forwarder of the message.  On the other hand, forwarding is also
   used to mean when a mail transport program gets a message and
   forwards it on to a different destination for final delivery.  Resent
   header fields are not intended for use with either type of
   forwarding.

以下に注意してください。 輸送システムと使用へのメッセージが野原を再送した再紹介は「推進」からの異なった操作です。 「推進」には、2つの意味があります: 推進の1つの感覚はユーザが、メール読み込みプログラムが別の人へのメッセージのコピーを進めると言うことができるということです、転送されたメッセージを新しいメッセージのボディーにして。 転送されたメッセージは、元の送り主から来たようにこの意味で見えませんが、メッセージの混載業者からの完全に新しいメッセージです。 他方では、推進は、また、メール輸送プログラムがいつメッセージを得るかを意味するのに使用されて、最終的な配送のために異なった目的地にそれを送ります。 再送して、ヘッダーフィールドはどちらかのタイプの推進による使用のために意図しません。

   The resent originator fields indicate the mailbox of the person(s) or
   system(s) that resent the message.  As with the regular originator
   fields, there are two forms: a simple "Resent-From:" form which
   contains the mailbox of the individual doing the resending, and the
   more complex form, when one individual (identified in the
   "Resent-Sender:" field) resends a message on behalf of one or more
   others (identified in the "Resent-From:" field).

創始者がさばく再送はメッセージに憤慨する人かシステムのメールボックスを示します。 通常の創始者分野のように、2つのフォームがあります: a簡単である、「From:に憤慨する、」 どれが再送をしている個人のメールボックスを含んでいるか、そして、より複雑なフォームを形成してください、1人の個人であるときに(特定される、「送付者に憤慨します:、」、分野)、1人以上の他のものを代表してメッセージを再送する、(特定される、「From:に憤慨する、」、分野)

   Note: When replying to a resent message, replies behave just as they
   would with any other message, using the original "From:",

以下に注意してください。 メッセージが再送されたaに答えるとき、オリジナルの「From:」を使用して、回答はちょうどいかなる他のメッセージでも振る舞うように振る舞います。

Resnick                     Standards Track                    [Page 27]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[27ページ]。

   "Reply-To:", "Message-ID:", and other fields.  The resent fields are
   only informational and MUST NOT be used in the normal processing of
   replies.

「Reply-To」、「Message ID: 」 他の分野。 再送して、分野は、情報であるだけであり、回答の正常処理に使用されてはいけません。

   The "Resent-Date:" indicates the date and time at which the resent
   message is dispatched by the resender of the message.  Like the
   "Date:" field, it is not the date and time that the message was
   actually transported.

「日付:に憤慨する、」 再送が通信する日時がメッセージの「再-送付者」によって派遣されるのを示します。 「日付:」のように 分野、メッセージが実際に輸送されたという日時ではありません。

   The "Resent-To:", "Resent-Cc:", and "Resent-Bcc:" fields function
   identically to the "To:", "Cc:", and "Bcc:" fields respectively,
   except that they indicate the recipients of the resent message, not
   the recipients of the original message.

「To:に憤慨する、」、「Cc:に憤慨する、」、「Bcc:に憤慨する、」 分野は同様に「To:」、「Cc:」、および「Bcc:」に機能します。 再送は通信します。彼らが受取人を示す以外に、それぞれさばく、オリジナルのメッセージの受取人でない。

   The "Resent-Message-ID:" field provides a unique identifier for the
   resent message.

「Message IDに憤慨してください」 分野は再送のためのユニークな識別子にメッセージを提供します。

3.6.7. Trace fields

3.6.7. 跡の分野

   The trace fields are a group of header fields consisting of an
   optional "Return-Path:" field, and one or more "Received:" fields.
   The "Return-Path:" header field contains a pair of angle brackets
   that enclose an optional addr-spec.  The "Received:" field contains a
   (possibly empty) list of name/value pairs followed by a semicolon and
   a date-time specification.  The first item of the name/value pair is
   defined by item-name, and the second item is either an addr-spec, an
   atom, a domain, or a msg-id.  Further restrictions may be applied to
   the syntax of the trace fields by standards that provide for their
   use, such as [RFC2821].

跡の分野がヘッダーのグループが成ることをさばくということである、任意である、「リターンパス:」 分野と、1以上、「受け取りました」。 分野。 「リターンパス:」 ヘッダーフィールドは任意のaddr-仕様を同封する1組の角ブラケットを含んでいます。 「受け取りました」 分野はセミコロンがあとに続いた名前/値の組と日付-時間仕様の(ことによると空)のリストを含んでいます。 第2項目は、名前/値の組の最初の項目が項目名によって定義されて、addr-仕様、原子、ドメイン、またはmsg-イドです。 さらなる制限は彼らの使用に備える規格によって跡の分野の構文に適用されるかもしれません、[RFC2821]などのように。

trace           =       [return]
                        1*received

*が受け取った跡=[リターン]の1

return          =       "Return-Path:" path CRLF

=を返してください、「リターンパス:」 経路CRLF

path            =       ([CFWS] "<" ([CFWS] / addr-spec) ">" [CFWS]) /
                        obs-path

経路=(addr[CFWS]"<"[CFWS]/仕様)obs">"[CFWS)/経路

received        =       "Received:" name-val-list ";" date-time CRLF

= 受け取って、「受け取りました」。 「valをリストと命名してください」;、」 日付-時間CRLF

name-val-list   =       [CFWS] [name-val-pair *(CFWS name-val-pair)]

名前valリスト=[CFWS][名前val組*(CFWS名前val組)]

name-val-pair   =       item-name CFWS item-value

名前val組=項目名CFWS項目価値

item-name       =       ALPHA *(["-"] (ALPHA / DIGIT))

項目名=アルファー*([「-」](アルファー/ケタ))

item-value      =       1*angle-addr / addr-spec /
                         atom / domain / msg-id

項目値はmsg1*角度-addr / addr仕様/原子/ドメイン/イドと等しいです。

Resnick                     Standards Track                    [Page 28]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[28ページ]。

   A full discussion of the Internet mail use of trace fields is
   contained in [RFC2821].  For the purposes of this standard, the trace
   fields are strictly informational, and any formal interpretation of
   them is outside of the scope of this document.

跡の分野のインターネット・メール使用の十分な議論は[RFC2821]に含まれています。 この規格の目的のために、跡の分野は厳密に情報です、そして、それらのどんな正式な解釈もこのドキュメントの範囲の外にあります。

3.6.8. Optional fields

3.6.8. 任意の分野

   Fields may appear in messages that are otherwise unspecified in this
   standard.  They MUST conform to the syntax of an optional-field.
   This is a field name, made up of the printable US-ASCII characters
   except SP and colon, followed by a colon, followed by any text which
   conforms to unstructured.

野原はそうでなければこの規格で不特定のメッセージに現れるかもしれません。 それらは任意の分野の構文に従わなければなりません。 これはSPを除いて、印刷可能な米国-ASCII文字で作られたフィールド名です、そして、コロンは不統一に従うどんなテキストでも従いました、続いて、コロンに従います。

   The field names of any optional-field MUST NOT be identical to any
   field name specified elsewhere in this standard.

どんな任意の分野のフィールド名もこの規格におけるほかの場所で指定されたどんなフィールド名とも同じであるはずがありません。

optional-field  =       field-name ":" unstructured CRLF

「任意の分野=フィールド名」:、」 不統一なCRLF

field-name      =       1*ftext

フィールド名=1*ftext

ftext           =       %d33-57 /               ; Any character except
                        %d59-126                ;  controls, SP, and
                                                ;  ":".

ftext=%d33-57/。 %d59-126以外のどんなキャラクタも。 そして、コントロール、SP、。 ":".

   For the purposes of this standard, any optional field is
   uninterpreted.

この規格の目的のために、どんな任意の分野も非解釈されます。

4. Obsolete Syntax

4. 時代遅れの構文

   Earlier versions of this standard allowed for different (usually more
   liberal) syntax than is allowed in this version.  Also, there have
   been syntactic elements used in messages on the Internet whose
   interpretation have never been documented.  Though some of these
   syntactic forms MUST NOT be generated according to the grammar in
   section 3, they MUST be accepted and parsed by a conformant receiver.
   This section documents many of these syntactic elements.  Taking the
   grammar in section 3 and adding the definitions presented in this
   section will result in the grammar to use for interpretation of
   messages.

前に、この規格のバージョンはこのバージョンに許容されているのと異なった(通常より寛容な)構文を考慮しました。 また、メッセージで使用される構文の要素が解釈が一度も記録されたことがないインターネットにありました。 文法によると、セクション3でこれらのいくつかの構文のフォームを作ってはいけませんが、conformant受信機は、それらを受け入れられて、分析しなければなりません。このセクションはこれらの構文の要素の多くを記録します。 セクション3で文法を取って、このセクションに示された定義を加えると、メッセージの解釈に使用する文法はもたらされるでしょう。

   Note: This section identifies syntactic forms that any implementation
   MUST reasonably interpret.  However, there are certainly Internet
   messages which do not conform to even the additional syntax given in
   this section.  The fact that a particular form does not appear in any
   section of this document is not justification for computer programs
   to crash or for malformed data to be irretrievably lost by any
   implementation.  To repeat an example, though this document requires
   lines in messages to be no longer than 998 characters, silently

以下に注意してください。 このセクションはどんな実現も合理的に解釈しなければならない構文のフォームを特定します。 しかしながら、確かに、このセクションで与えられた追加構文にさえ従わないインターネットメッセージがあります。 特定のフォームがこのドキュメントのどんなセクションにも現れないという事実はコンピュータ・プログラムがダウンするか、または奇形のデータが取り返しがつかないほどどんな実現でも失われる正当化ではありません。 このドキュメントが998のキャラクタよりもうであるメッセージで線を必要としますが、静かに例を繰り返すために

Resnick                     Standards Track                    [Page 29]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[29ページ]。

   discarding the 999th and subsequent characters in a line without
   warning would still be bad behavior for an implementation.  It is up
   to the implementation to deal with messages robustly.

並んで999番目の、そして、その後のキャラクタを捨てるのは、いきなりまだ実現のための悪い振舞いでしょう。 メッセージに強壮に対処するのは実現まで達しています。

   One important difference between the obsolete (interpreting) and the
   current (generating) syntax is that in structured header field bodies
   (i.e., between the colon and the CRLF of any structured header
   field), white space characters, including folding white space, and
   comments can be freely inserted between any syntactic tokens.  This
   allows many complex forms that have proven difficult for some
   implementations to parse.

時代遅れの(解釈)と(発生します)現在の構文の1つの重要な違いは構造化されたヘッダーフィールド本体(すなわち、どんな構造化されたヘッダーフィールドのコロンとCRLFの間の)では、折りたたみの余白を含む間隔文字を空白にしてください。そうすれば、自由にどんな構文の象徴の間にもコメントは挿入できるということです。 これで、いくつかの実現に難しいと判明した多くの複雑なフォームが分析されます。

   Another key difference between the obsolete and the current syntax is
   that the rule in section 3.2.3 regarding lines composed entirely of
   white space in comments and folding white space does not apply.  See
   the discussion of folding white space in section 4.2 below.

時代遅れの構文と現在の構文の別の主要な違いはコメントと折りたたみの余白で完全な余白で構成された線に関するセクション3.2.3における規則が適用されないということです。 下のセクション4.2の折りたたみの余白の議論を見てください。

   Finally, certain characters that were formerly allowed in messages
   appear in this section.  The NUL character (ASCII value 0) was once
   allowed, but is no longer for compatibility reasons.  CR and LF were
   allowed to appear in messages other than as CRLF; this use is also
   shown here.

最終的に、以前メッセージに許容された確信しているキャラクタはこのセクションに現れます。 NULキャラクタ(ASCII値0)は、一度許容されましたが、もうどんな互換性理由でもありません。 CRとLFはCRLF以外のメッセージに現れることができました。 また、この使用はここに示されます。

   Other differences in syntax and semantics are noted in the following
   sections.

以下のセクションで構文と意味論の他の違いは注意されます。

4.1. Miscellaneous obsolete tokens

4.1. 種々雑多な時代遅れの象徴

   These syntactic elements are used elsewhere in the obsolete syntax or
   in the main syntax.  The obs-char and obs-qp elements each add ASCII
   value 0. Bare CR and bare LF are added to obs-text and obs-utext.
   The period character is added to obs-phrase. The obs-phrase-list
   provides for "empty" elements in a comma-separated list of phrases.

これらの構文の要素は時代遅れの構文か主な構文によるほかの場所で使用されます。 obs-炭とobs-qp要素はそれぞれASCII価値0を高めます。 むき出しのCRとむき出しのLFはobs-テキストとobs-utextに追加されます。 期間のキャラクタはobs-句に追加されます。 obs句のリストは句のコンマで切り離されたリストに「空」の要素に備えます。

   Note: The "period" (or "full stop") character (".") in obs-phrase is
   not a form that was allowed in earlier versions of this or any other
   standard.  Period (nor any other character from specials) was not
   allowed in phrase because it introduced a parsing difficulty
   distinguishing between phrases and portions of an addr-spec (see
   section 4.4).  It appears here because the period character is
   currently used in many messages in the display-name portion of
   addresses, especially for initials in names, and therefore must be
   interpreted properly.  In the future, period may appear in the
   regular syntax of phrase.

以下に注意してください。 「期間」(または、「終止符」)キャラクタ、(「」、)、obs-句には、これかいかなる他の規格の以前のバージョンにも許容されたフォームがありません。 addr-仕様の句と部分を見分けることにおける構文解析苦労を導入したので(セクション4.4を見てください)、期間(または、特別番組からのいかなる他のキャラクタも)は句に許容されませんでした。 それは、期間のキャラクタを現在特に名前のイニシャルにアドレスの表示名の部分の多くのメッセージで使用されて、したがって、適切に解釈しなければならないので、ここに現れます。 将来、期間は句の通常の構文で現れるかもしれません。

obs-qp          =       "\" (%d0-127)

obs-qpは「\」と等しいです。(%d0-127)

obs-text        =       *LF *CR *(obs-char *LF *CR)

*LF*CR obs-テキスト=*(obs-炭の*LF*CR)

Resnick                     Standards Track                    [Page 30]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[30ページ]。

obs-char        =       %d0-9 / %d11 /          ; %d0-127 except CR and
                        %d12 / %d14-127         ;  LF

obs-炭=%d0-9/%d11/。 CR以外の%d0-127と%d12/%d14-127。 LF

obs-utext       =       obs-text

obs-utextはobs-テキストと等しいです。

obs-phrase      =       word *(word / "." / CFWS)

obs-句=単語*「(単語/」 . 」 /CFWS)

obs-phrase-list =       phrase / 1*([phrase] [CFWS] "," [CFWS]) [phrase]

」 「obs句のリスト=句/1*[句][CFWS]」、[CFWS)[句]

   Bare CR and bare LF appear in messages with two different meanings.
   In many cases, bare CR or bare LF are used improperly instead of CRLF
   to indicate line separators.  In other cases, bare CR and bare LF are
   used simply as ASCII control characters with their traditional ASCII
   meanings.

むき出しのCRとむき出しのLFは2つの異なった意味と共にメッセージに現れます。 多くの場合、むき出しのCRかむき出しのLFが、CRLFの代わりにラインセパレータを示すのに不適切に使用されます。 他の場合では、むき出しのCRとむき出しのLFは単にASCII制御文字としてそれらの伝統的なASCII意味で使用されます。

4.2. Obsolete folding white space

4.2. 時代遅れの折りたたみの余白

   In the obsolete syntax, any amount of folding white space MAY be
   inserted where the obs-FWS rule is allowed.  This creates the
   possibility of having two consecutive "folds" in a line, and
   therefore the possibility that a line which makes up a folded header
   field could be composed entirely of white space.

時代遅れの構文で、どんな量の折りたたみの余白もobs-FWS規則が許容されているところに挿入されるかもしれません。 これは、並んで2連続した「折り目」を持っている可能性を作成して、したがって、完全な余白で折り重ねられたヘッダーフィールドを作る線は構成できた可能性を作成します。

   obs-FWS         =       1*WSP *(CRLF 1*WSP)

obs-FWSは1*WSP*と等しいです。(CRLF1*WSP)

4.3. Obsolete Date and Time

4.3. 時代遅れの日時

   The syntax for the obsolete date format allows a 2 digit year in the
   date field and allows for a list of alphabetic time zone
   specifications that were used in earlier versions of this standard.
   It also permits comments and folding white space between many of the
   tokens.

時代遅れの日付の形式のための構文は、年月日欄に2ケタ年を許容して、この規格の以前のバージョンで使用されたアルファベット時間帯の仕様のリストを考慮します。 また、それは象徴の多くの間のコメントと折りたたみの余白を可能にします。

obs-day-of-week =       [CFWS] day-name [CFWS]

週のobs曜日の=[CFWS]日名[CFWS]

obs-year        =       [CFWS] 2*DIGIT [CFWS]

obs-年=[CFWS]2*DIGIT[CFWS]

obs-month       =       CFWS month-name CFWS

obs-月はCFWS月名のCFWSと等しいです。

obs-day         =       [CFWS] 1*2DIGIT [CFWS]

obs-日=[CFWS]1*2DIGIT[CFWS]

obs-hour        =       [CFWS] 2DIGIT [CFWS]

obs-時間=[CFWS]2DIGIT[CFWS]

obs-minute      =       [CFWS] 2DIGIT [CFWS]

obs-分=[CFWS]2DIGIT[CFWS]

obs-second      =       [CFWS] 2DIGIT [CFWS]

obs-第2=[CFWS]2DIGIT[CFWS]

obs-zone        =       "UT" / "GMT" /          ; Universal Time

obs-ゾーンは「グリニッジ標準時」の「ユタ」//と等しいです。 世界標準時

Resnick                     Standards Track                    [Page 31]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[31ページ]。

                                                ; North American UT
                                                ; offsets
                        "EST" / "EDT" /         ; Eastern:  - 5/ - 4
                        "CST" / "CDT" /         ; Central:  - 6/ - 5
                        "MST" / "MDT" /         ; Mountain: - 7/ - 6
                        "PST" / "PDT" /         ; Pacific:  - 8/ - 7

; ノース・アメリカンユタ。 「米国東部標準時」/「東部夏時間」/を相殺します。 イースタン: - 5 /--4 "CST"/"CDT"/。 中央: - 6 /--5 "MST"/"MDT"/。 山: - 7 /--6 「太平洋標準時」/「太平洋夏時間」/。 太平洋: - 8/ - 7

                        %d65-73 /               ; Military zones - "A"
                        %d75-90 /               ; through "I" and "K"
                        %d97-105 /              ; through "Z", both
                        %d107-122               ; upper and lower case

%d65-73/。 軍事のゾーン--「A」%d75-90/。 「私」と「K」%d97-105/を通して。 「Z」、両方の%d107-122を通して。 大文字と小文字

   Where a two or three digit year occurs in a date, the year is to be
   interpreted as follows: If a two digit year is encountered whose
   value is between 00 and 49, the year is interpreted by adding 2000,
   ending up with a value between 2000 and 2049.  If a two digit year is
   encountered with a value between 50 and 99, or any three digit year
   is encountered, the year is interpreted by adding 1900.

ケタ2年か3年が日付に起こるところでは、年は以下の通り解釈されることです: 値が00〜49である2ケタ年が遭遇するなら、1年は2000を加えることによって、解釈されます、2000年と2049年の間ときの値で終わって。 値が50と99の間ある状態で2ケタ年が遭遇するか、または何か3ケタ年が遭遇するなら、1年は、1900を加えることによって、解釈されます。

   In the obsolete time zone, "UT" and "GMT" are indications of
   "Universal Time" and "Greenwich Mean Time" respectively and are both
   semantically identical to "+0000".

時代遅れの時間帯では、「ユタ」と「グリニッジ標準時」は、それぞれ「世界標準時」と「グリニッジ標準時」のしるしであり、「+0000」と意味的にともに同じです。

   The remaining three character zones are the US time zones.  The first
   letter, "E", "C", "M", or "P" stands for "Eastern", "Central",
   "Mountain" and "Pacific".  The second letter is either "S" for
   "Standard" time, or "D" for "Daylight" (or summer) time.  Their
   interpretations are as follows:

3つの残っているキャラクタゾーンが米国の時間帯です。 「E」、「M」、または「P」という「C」という最初の手紙は「東」の、そして、「中央」の「山」と「太平洋」を表します。 2番目の手紙は、「標準」の時間の「S」か「日光」(または、夏)時間の「D」のどちらかです。 彼らの解釈は以下の通りです:

   EDT is semantically equivalent to -0400
   EST is semantically equivalent to -0500
   CDT is semantically equivalent to -0500
   CST is semantically equivalent to -0600
   MDT is semantically equivalent to -0600
   MST is semantically equivalent to -0700
   PDT is semantically equivalent to -0700
   PST is semantically equivalent to -0800

東部夏時間は、東部標準時0400に意味的に同等であるのが、中部夏時間0500に意味的に同等であるのが、中部標準時0500に意味的に同等であるのが、山地夏時間0600に意味的に同等であるのが、山地標準時0600に意味的に同等であるのが、太平洋夏時間0700に意味的に同等であるのが、意味的に、太平洋標準時0700と同等物が-0800に意味的に同等であるということであるということであるということであるということであるということであるということであるということです。

   The 1 character military time zones were defined in a non-standard
   way in [RFC822] and are therefore unpredictable in their meaning.
   The original definitions of the military zones "A" through "I" are
   equivalent to "+0100" through "+0900" respectively; "K", "L", and "M"
   are equivalent to  "+1000", "+1100", and "+1200" respectively; "N"
   through "Y" are equivalent to "-0100" through "-1200" respectively;
   and "Z" is equivalent to "+0000".  However, because of the error in
   [RFC822], they SHOULD all be considered equivalent to "-0000" unless
   there is out-of-band information confirming their meaning.

1のキャラクタの軍事の時間帯は、標準的でない入口[RFC822]で定義されて、したがって、それらの意味で予測できません。 「私」を通した軍事のゾーン「A」のオリジナルの定義は「+0900」を通してそれぞれ「+0100」に同等です。 「K」、「L」、および「M」はそれぞれ「+1000」、「+1100」、および「+1200」に同等です。 「Y」を通した「N」は「-1200」を通してそれぞれ「-0100」に同等です。 そして、「Z」は「+0000」に同等です。 しかしながら、[RFC822]の誤りによるそれら、SHOULD、「-そこでないなら、0インチはそれらの意味を裏付けるバンドで出ている情報です」に同等であるとすべて考えられます。

Resnick                     Standards Track                    [Page 32]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[32ページ]。

   Other multi-character (usually between 3 and 5) alphabetic time zones
   have been used in Internet messages.  Any such time zone whose
   meaning is not known SHOULD be considered equivalent to "-0000"
   unless there is out-of-band information confirming their meaning.

他のマルチキャラクタ(通常3〜5)のアルファベット時間帯はインターネットメッセージで使用されました。 「-そこでないなら、0インチはそれらの意味を裏付けるバンドで出ている情報です」に同等な状態で考えられて、意味が知られているSHOULDでないどんなそのような時間帯。

4.4. Obsolete Addressing

4.4. 時代遅れのアドレシング

   There are three primary differences in addressing.  First, mailbox
   addresses were allowed to have a route portion before the addr-spec
   when enclosed in "<" and ">".  The route is simply a comma-separated
   list of domain names, each preceded by "@", and the list terminated
   by a colon.  Second, CFWS were allowed between the period-separated
   elements of local-part and domain (i.e., dot-atom was not used).  In
   addition, local-part is allowed to contain quoted-string in addition
   to just atom.  Finally, mailbox-list and address-list were allowed to
   have "null" members.  That is, there could be two or more commas in
   such a list with nothing in between them.

アドレシングの3つの第一の違いがあります。 まず最初に、"<"と">"に同封されると、メールボックスアドレスはaddr-仕様の前にルート部分を持つことができました。 ルートは単にドメイン名のコンマで切り離されたリストです、そして、それぞれが"@"で先行しました、そして、リストはコロンで終わりました。 2番目に、CFWSは地方の部分とドメインの期間で切り離された要素の間に許容されました(すなわち、ドット原子は使用されませんでした)。 さらに、地方の部分はまさしく原子に加えて引用文字列を含むことができます。 最終的に、メールボックスリストと住所録は「ヌル」のメンバーを持つことができました。 すなわち、そのようなリストにはそれらの間には、何もない状態で、2つ以上のコンマがあるかもしれません。

obs-angle-addr  =       [CFWS] "<" [obs-route] addr-spec ">" [CFWS]

obs角度addrは">"という[CFWS]"<"[obs-ルート]addr-仕様と等しいです。[CFWS]

obs-route       =       [CFWS] obs-domain-list ":" [CFWS]

「obs-ルート=[CFWS]obsドメインリスト」:、」 [CFWS]

obs-domain-list =       "@" domain *(*(CFWS / "," ) [CFWS] "@" domain)

obsドメインリスト="@"ドメイン*「(*、(CFWS/、」、」、)、[CFWS]"@"ドメイン)

obs-local-part  =       word *("." word)

obsの地方の部分は単語*と等しいです。(「. 」 単語、)

obs-domain      =       atom *("." atom)

obs-ドメイン=原子*(「. 」 原子、)

obs-mbox-list   =       1*([mailbox] [CFWS] "," [CFWS]) [mailbox]

」 「obs-mbox-リスト=1*[メールボックス][CFWS]」、[CFWS)[メールボックス]

obs-addr-list   =       1*([address] [CFWS] "," [CFWS]) [address]

」 「obs-addr-リスト=1*[アドレス][CFWS]」、[CFWS)[アドレス]

   When interpreting addresses, the route portion SHOULD be ignored.

アドレスを解釈するルートがSHOULDを分配するときには、無視されてください。

4.5. Obsolete header fields

4.5. 時代遅れのヘッダーフィールド

   Syntactically, the primary difference in the obsolete field syntax is
   that it allows multiple occurrences of any of the fields and they may
   occur in any order.  Also, any amount of white space is allowed
   before the ":" at the end of the field name.

シンタクス上、時代遅れの分野構文の第一の違いは分野のどれかの複数の発生を許容して、順不同に起こるかもしれないということです。 「また、どんな量の余白も以前許容されている、」、:、」 フィールド名の終わりで。

obs-fields      =       *(obs-return /
                        obs-received /
                        obs-orig-date /
                        obs-from /
                        obs-sender /
                        obs-reply-to /
                        obs-to /

obs-分野が*と等しい、(obsにobs-リターン/容認された/obs-orig-日付/、obs、-、/obs送付者/、obsに答える、/、obs、-、/

Resnick                     Standards Track                    [Page 33]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[33ページ]。

                        obs-cc /
                        obs-bcc /
                        obs-message-id /
                        obs-in-reply-to /
                        obs-references /
                        obs-subject /
                        obs-comments /
                        obs-keywords /
                        obs-resent-date /
                        obs-resent-from /
                        obs-resent-send /
                        obs-resent-rply /
                        obs-resent-to /
                        obs-resent-cc /
                        obs-resent-bcc /
                        obs-resent-mid /
                        obs-optional)

に対してobs-cc/obsメッセージobs-bcc/イド/、obs、-、obsに再送されたobs obs obs/obs-参照/対象/コメント/キーワード/期日の/、obsに再送する、/、再送されたobsが発信している/、obsが再送されたrply / obsを再送した、obs中間で再送されたobsに再送されたccが再送された/obs/bcc / obs/任意である、)

   Except for destination address fields (described in section 4.5.3),
   the interpretation of multiple occurrences of fields is unspecified.
   Also, the interpretation of trace fields and resent fields which do
   not occur in blocks prepended to the message is unspecified as well.
   Unless otherwise noted in the following sections, interpretation of
   other fields is identical to the interpretation of their non-obsolete
   counterparts in section 3.

目的地アドレス・フィールド(セクション4.5.3では、説明される)を除いて、分野の複数の発生の解釈は不特定です。 また、また、メッセージにprependedされたブロックに起こらない野原がさばいて、再送された跡の解釈も不特定です。 別の方法で以下のセクションで注意されない場合、他の分野の解釈はセクション3が彼らの非時代遅れの対応者の解釈と同じです。

4.5.1. Obsolete origination date field

4.5.1. 時代遅れの創作年月日欄

obs-orig-date   =       "Date" *WSP ":" date-time CRLF

「obs-orig-日付の=は「」 *WSPとデートします」」 日付-時間CRLF

4.5.2. Obsolete originator fields

4.5.2. 時代遅れの創始者分野

obs-from        =       "From" *WSP ":" mailbox-list CRLF

「obs、-、=“From"*WSP、」、:、」 メールボックスリストCRLF

obs-sender      =       "Sender" *WSP ":" mailbox CRLF

「obs-送付者は「送付者」 *WSP」と等しいです」 メールボックスCRLF

obs-reply-to    =       "Reply-To" *WSP ":" mailbox-list CRLF

「obsに答える、= 「」 *WSPに答えてください」:、」 メールボックスリストCRLF

4.5.3. Obsolete destination address fields

4.5.3. 時代遅れの目的地アドレス・フィールド

obs-to          =       "To" *WSP ":" address-list CRLF

「obs、-、=“To"*WSP、」、:、」 住所録CRLF

obs-cc          =       "Cc" *WSP ":" address-list CRLF

「obs-ccは「cc」 *WSP」と等しいです」 住所録CRLF

obs-bcc         =       "Bcc" *WSP ":" (address-list / [CFWS]) CRLF

「obs-bccは"Bcc"*WSPと等しい」:、」 (住所録/[CFWS]) CRLF

Resnick                     Standards Track                    [Page 34]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[34ページ]。

   When multiple occurrences of destination address fields occur in a
   message, they SHOULD be treated as if the address-list in the first
   occurrence of the field is combined with the address lists of the
   subsequent occurrences by adding a comma and concatenating.

目的地の複数の発生がいつ分野を記述するかはメッセージに起こって、それらはSHOULDです。まるで分野の最初の発生における住所録がコンマを加えて、連結することによってその後の発生に関する住所録に結合されるかのように、扱われてください。

4.5.4. Obsolete identification fields

4.5.4. 時代遅れの識別分野

   The obsolete "In-Reply-To:" and "References:" fields differ from the
   current syntax in that they allow phrase (words or quoted strings) to
   appear.  The obsolete forms of the left and right sides of msg-id
   allow interspersed CFWS, making them syntactically identical to
   local-part and domain respectively.

「以下に対して」時代遅れ 「以下に参照をつけます」 分野はそれらが句(単語か引用文字列)を現れさせるという点において現在の構文と異なっています。 msg-イドの左右の側の時代遅れのフォームは点在しているCFWSを許容します、それぞれ彼らをシンタクス上地方の部分とドメインと同じにして。

obs-message-id  =       "Message-ID" *WSP ":" msg-id CRLF

「obsメッセージイドは「Message ID」 *WSP」と等しいです」 msg-イドCRLF

obs-in-reply-to =       "In-Reply-To" *WSP ":" *(phrase / msg-id) CRLF

に対して「obs、-、「」 *WSPに対する」=:、」 *(msg句/イド) CRLF

obs-references  =       "References" *WSP ":" *(phrase / msg-id) CRLF

「obs-参照は「参照」 *WSP」と等しいです」 *(msg句/イド) CRLF

obs-id-left     =       local-part

あとobsイドは地方の部分と等しいです。

obs-id-right    =       domain

obsイド権利=ドメイン

   For purposes of interpretation, the phrases in the "In-Reply-To:" and
   "References:" fields are ignored.

解釈の目的、「以下に対して」句のために 「以下に参照をつけます」 分野は無視されます。

   Semantically, none of the optional CFWS surrounding the local-part
   and the domain are part of the obs-id-left and obs-id-right
   respectively.

地方の部分の任意のCFWS周辺とドメインのいずれはそれぞれ意味的に、あとobsイドとobsイド権利の一部ではありません。

4.5.5. Obsolete informational fields

4.5.5. 時代遅れの情報の分野

obs-subject     =       "Subject" *WSP ":" unstructured CRLF

「obs-対象は「対象」 *WSP」と等しいです」 不統一なCRLF

obs-comments    =       "Comments" *WSP ":" unstructured CRLF

「obs-コメント=は「」 *WSPについて論評します」」 不統一なCRLF

obs-keywords    =       "Keywords" *WSP ":" obs-phrase-list CRLF

「obs-キーワードは「キーワード」 *WSP」と等しいです」 obs句のリストCRLF

4.5.6. Obsolete resent fields

4.5.6. 野原を再送して、時代遅れにします。

   The obsolete syntax adds a "Resent-Reply-To:" field, which consists
   of the field name, the optional comments and folding white space, the
   colon, and a comma separated list of addresses.

時代遅れの構文がaを加える、「Reply-Toに憤慨する、」 分野(フィールド名、任意のコメント、折りたたみの余白、コロン、およびコンマから成る)は住所録を切り離しました。

obs-resent-from =       "Resent-From" *WSP ":" mailbox-list CRLF

「obsに再送する、等しさ、「憤慨、-、」 *WSP、」、:、」 メールボックスリストCRLF

obs-resent-send =       "Resent-Sender" *WSP ":" mailbox CRLF

「再送されたobsが発信している=、「送付者に憤慨する、」 *WSP、」、:、」 メールボックスCRLF

Resnick                     Standards Track                    [Page 35]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[35ページ]。

obs-resent-date =       "Resent-Date" *WSP ":" date-time CRLF

「= 「-再送して、デートしてください」というobsに再送された期日の*WSP」:、」 日付-時間CRLF

obs-resent-to   =       "Resent-To" *WSP ":" address-list CRLF

「obsに再送する、等しさ、「憤慨、-、」 *WSP、」、:、」 住所録CRLF

obs-resent-cc   =       "Resent-Cc" *WSP ":" address-list CRLF

「obsに再送されたccが等しい、「ccに憤慨する、」 *WSP、」、:、」 住所録CRLF

obs-resent-bcc  =       "Resent-Bcc" *WSP ":"
                         (address-list / [CFWS]) CRLF

「obsに再送されたbccが等しい、「Bccに憤慨する、」 *WSP、」、:、」 (住所録/[CFWS]) CRLF

obs-resent-mid  =       "Resent-Message-ID" *WSP ":" msg-id CRLF

「中間で再送されたobsは「Message IDに憤慨してください」*WSPと等しい」:、」 msg-イドCRLF

obs-resent-rply =       "Resent-Reply-To" *WSP ":" address-list CRLF

「obsに再送されたrplyが等しい、「回答に憤慨する、」 *WSP、」、:、」 住所録CRLF

   As with other resent fields, the "Resent-Reply-To:" field is to be
   treated as trace information only.

他によって、分野に憤慨してください、「Reply-Toに憤慨する、」 分野はトレース情報だけとして扱われることです。

4.5.7. Obsolete trace fields

4.5.7. 時代遅れの跡の分野

   The obs-return and obs-received are again given here as template
   definitions, just as return and received are in section 3.  Their
   full syntax is given in [RFC2821].

テンプレート定義としてちょうどリターンとして再びここに与えられていて、受けられたobs-リターンとobsによる受け取られているのがセクション3にあります。 [RFC2821]でそれらの完全な構文を与えます。

obs-return      =       "Return-Path" *WSP ":" path CRLF

「obs-リターンは「リターンパス」 *WSP」と等しいです」 経路CRLF

obs-received    =       "Received" *WSP ":" name-val-list CRLF

「obsによって容認された=は「」 *WSPを受けました」」 名前valリストCRLF

obs-path        =       obs-angle-addr

obs-経路=obs角度addr

4.5.8. Obsolete optional fields

4.5.8. 時代遅れの任意の分野

obs-optional    =       field-name *WSP ":" unstructured CRLF

「obs任意の=フィールド名*WSP」:、」 不統一なCRLF

5. Security Considerations

5. セキュリティ問題

   Care needs to be taken when displaying messages on a terminal or
   terminal emulator.  Powerful terminals may act on escape sequences
   and other combinations of ASCII control characters with a variety of
   consequences.  They can remap the keyboard or permit other
   modifications to the terminal which could lead to denial of service
   or even damaged data.  They can trigger (sometimes programmable)
   answerback messages which can allow a message to cause commands to be
   issued on the recipient's behalf.  They can also effect the operation
   of terminal attached devices such as printers.  Message viewers may
   wish to strip potentially dangerous terminal escape sequences from
   the message prior to display.  However, other escape sequences appear
   in messages for useful purposes (cf. [RFC2045, RFC2046, RFC2047,
   RFC2048, RFC2049, ISO2022]) and therefore should not be stripped
   indiscriminately.

注意は、端末か端末エミュレータに関するメッセージを表示するとき、取られる必要があります。 強力な端末はさまざまな結果でASCII制御文字のエスケープシーケンスと他の組み合わせに影響するかもしれません。 それらはサービスの否定に通じることができたか、またはデータを破損さえした端末へのremapのキーボードの、または、許可証他の変更をそうすることができます。 それらは受取人に代わって発行されるべきコマンドを引き起こすメッセージを許容できる(時々プログラマブル)のアンサーバックメッセージの引き金となることができます。 また、それらはプリンタなどの端末の付属装置の操作に作用できます。 メッセージビューアーは表示の前にメッセージから潜在的に危険な端末のエスケープシーケンスを剥取りたがっているかもしれません。 しかしながら、他のエスケープシーケンスは役に立つ目的へのメッセージに現れます。(Cf。 [RFC2045、RFC2046、RFC2047、RFC2048、RFC2049、ISO2022]) そして、したがって、無差別に剥取るべきではありません。

Resnick                     Standards Track                    [Page 36]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[36ページ]。

   Transmission of non-text objects in messages raises additional
   security issues.  These issues are discussed in [RFC2045, RFC2046,
   RFC2047, RFC2048, RFC2049].

メッセージにおける、非テキストオブジェクトの送信は追加担保問題を提起します。 [RFC2045、RFC2046、RFC2047、RFC2048、RFC2049]でこれらの問題について議論します。

   Many implementations use the "Bcc:" (blind carbon copy) field
   described in section 3.6.3 to facilitate sending messages to
   recipients without revealing the addresses of one or more of the
   addressees to the other recipients.  Mishandling this use of "Bcc:"
   has implications for confidential information that might be revealed,
   which could eventually lead to security problems through knowledge of
   even the existence of a particular mail address.  For example, if
   using the first method described in section 3.6.3, where the "Bcc:"
   line is removed from the message, blind recipients have no explicit
   indication that they have been sent a blind copy, except insofar as
   their address does not appear in the message header.  Because of
   this, one of the blind addressees could potentially send a reply to
   all of the shown recipients and accidentally reveal that the message
   went to the blind recipient.  When the second method from section
   3.6.3 is used, the blind recipient's address appears in the "Bcc:"
   field of a separate copy of the message. If the "Bcc:" field sent
   contains all of the blind addressees, all of the "Bcc:" recipients
   will be seen by each "Bcc:" recipient.  Even if a separate message is
   sent to each "Bcc:" recipient with only the individual's address,
   implementations still need to be careful to process replies to the
   message as per section 3.6.3 so as not to accidentally reveal the
   blind recipient to other recipients.

多くの実現が「Bcc:」を使用します。 (盲目のカーボンコピー) 受け取り人のより多くのひとりのアドレスを他の受取人に明らかにしないでメッセージを受取人に送るのを容易にするためにセクション3.6.3で説明された分野。 「Bcc:」のこの使用を誤って扱います。 明らかにされるかもしれない秘密情報のための意味を持っています。(意味は結局、特定の郵便の宛先の存在さえに関する知識を通して警備上の問題につながることができました)。 例えば、1番目を使用するなら、方法はセクション3.6.3、どこで「Bcc:」について説明したか。 盲目の受取人には、線はメッセージから取り外されて、盲目のコピーを彼らに送ったというどんな明白な指示もありません、彼らのアドレスがメッセージヘッダーに現れない限り。 これのために、盲目の受け取り人のひとりは、潜在的に示された受取人のすべてに返信して、偶然メッセージが盲目の受取人のものになったのを明らかにするかもしれません。 セクション3.6.3からの2番目の方法が使用されているとき、盲目の受取人のアドレスは「Bcc:」に現れます。 メッセージの別々のコピーの分野。 「Bcc:」です。 送られた野原は盲目の受け取り人、「Bcc:」のすべてのすべてを含んでいます。 受取人は各「Bcc:」によって会われるでしょう。 受取人。 各「Bcc:」に別々のメッセージを送る場合 個人のアドレスだけをもっている受取人、実現はまだセクション3.6.3に従って偶然他の受取人に盲目の受取人を明らかにしないようにメッセージに回答を処理するのに慎重である必要があります。

6. Bibliography

6. 図書目録

   [ASCII]    American National Standards Institute (ANSI), Coded
              Character Set - 7-Bit American National Standard Code for
              Information Interchange, ANSI X3.4, 1986.

[ASCII]American National Standards Institut(ANSI)、7ビットの情報交換用米国標準コード、ANSI X3.4、コード化文字集合--1986。

   [ISO2022] International Organization for Standardization (ISO),
              Information processing - ISO 7-bit and 8-bit coded
              character sets - Code extension techniques, Third edition
              - 1986-05-01, ISO 2022, 1986.

[ISO2022]国際標準化機構(ISO)、情報処理--ISOの7ビットの、そして、8ビットのコード化文字集合--コード拡張のテクニック、Third版--1986年5月1日(ISO2022、1986)。

   [RFC822]   Crocker, D., "Standard for the Format of ARPA Internet
              Text Messages", RFC 822, August 1982.

[RFC822] クロッカー、D.、「アルパインターネットテキスト・メッセージの形式の規格」、RFC822、1982年8月。

   [RFC2045]  Freed, N. and  N. Borenstein, "Multipurpose Internet Mail
              Extensions (MIME) Part One: Format of Internet Message
              Bodies", RFC 2045, November 1996.

解放された[RFC2045]、N.、およびN.Borenstein、「マルチパーパスインターネットメールエクステンション(MIME)は1つを分けます」。 「インターネットメッセージ本体の形式」、RFC2045、1996年11月。

   [RFC2046]  Freed, N. and N. Borenstein, "Multipurpose Internet Mail
              Extensions (MIME) Part Two: Media Types", RFC 2046,
              November 1996.

解放された[RFC2046]、N.、およびN.Borenstein、「マルチパーパスインターネットメールエクステンション(MIME)は2を分けます」。 「メディアタイプ」、RFC2046、1996年11月。

Resnick                     Standards Track                    [Page 37]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[37ページ]。

   [RFC2047]  Moore, K., "Multipurpose Internet Mail Extensions (MIME)
              Part Three: Message Header Extensions for Non-ASCII Text",
              RFC 2047, November 1996.

[RFC2047]ムーア、K.、「マルチパーパスインターネットメールエクステンション(MIME)は3を分けます」。 「非ASCIIテキストのためのメッセージヘッダー拡張子」、RFC2047、1996年11月。

   [RFC2048]  Freed, N., Klensin, J. and J. Postel, "Multipurpose
              Internet Mail Extensions (MIME) Part Four: Format of
              Internet Message Bodies", RFC 2048, November 1996.

解放された[RFC2048]、N.、Klensin、J.、およびJ.ポステル、「マルチパーパスインターネットメールエクステンション(MIME)は4を分けます」。 「インターネットメッセージ本体の形式」、RFC2048、1996年11月。

   [RFC2049]  Freed, N. and N. Borenstein, "Multipurpose Internet Mail
              Extensions (MIME) Part Five: Conformance Criteria and
              Examples", RFC 2049, November 1996.

解放された[RFC2049]、N.、およびN.Borenstein、「マルチパーパスインターネットメールエクステンション(MIME)は5を分けます」。 「順応評価基準と例」、RFC2049、11月1996日

   [RFC2119]  Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate
              Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, March 1997.

[RFC2119] ブラドナー、S.、「Indicate Requirement LevelsへのRFCsにおける使用のためのキーワード」、BCP14、RFC2119、1997年3月。

   [RFC2234]  Crocker, D., Editor, and P. Overell, "Augmented BNF for
              Syntax Specifications: ABNF", RFC 2234, November 1997.

[RFC2234] クロッカー、D.、エディタ、およびP.Overell、「構文仕様のための増大しているBNF:」 "ABNF"、1997年11月のRFC2234。

   [RFC2821]  Klensin, J., Editor, "Simple Mail Transfer Protocol", RFC
              2821, March 2001.

[RFC2821] Klensin、J.、エディタ、「簡単なメール転送プロトコル」、RFC2821、2001年3月。

   [STD3]     Braden, R., "Host Requirements", STD 3, RFC 1122 and RFC
              1123, October 1989.

[STD3] ブレーデンとR.と「ホスト要件」とSTD3とRFC1122とRFC1123、1989年10月。

   [STD12]    Mills, D., "Network Time Protocol", STD 12, RFC 1119,
              September 1989.

[STD12] 工場、D.、「ネットワーク時間プロトコル」、STD12、RFC1119、1989年9月。

   [STD13]    Mockapetris, P., "Domain Name System", STD 13, RFC 1034
              and RFC 1035,  November 1987.

[STD13]MockapetrisとP.と「ドメインネームシステム」とSTD13とRFC1034とRFC1035、1987年11月。

   [STD14]    Partridge, C., "Mail Routing and the Domain System", STD
              14, RFC 974, January 1986.

[STD14] ヤマウズラ、C.が「ルート設定とドメインシステムを郵送する」、STD14、RFC974、1月1986日

7. Editor's Address

7. エディタのアドレス

   Peter W. Resnick
   QUALCOMM Incorporated
   5775 Morehouse Drive
   San Diego, CA 92121-1714
   USA

ピーター・W.レズニック・クアルコムの法人組織の5775モアハウス・Driveカリフォルニア92121-1714サンディエゴ(米国)

   Phone: +1 858 651 4478
   Fax:   +1 858 651 1102
   EMail: presnick@qualcomm.com

以下に電話をしてください。 +1 858 651、4478Fax: +1 1102年の858 651メール: presnick@qualcomm.com

Resnick                     Standards Track                    [Page 38]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[38ページ]。

8. Acknowledgements

8. 承認

   Many people contributed to this document.  They included folks who
   participated in the Detailed Revision and Update of Messaging
   Standards (DRUMS) Working Group of the Internet Engineering Task
   Force (IETF), the chair of DRUMS, the Area Directors of the IETF, and
   people who simply sent their comments in via e-mail.  The editor is
   deeply indebted to them all and thanks them sincerely.  The below
   list includes everyone who sent e-mail concerning this document.
   Hopefully, everyone who contributed is named here:

多くの人々がこのドキュメントに貢献しました。 彼らはMessaging Standards(DRUMS)インターネット・エンジニアリング・タスク・フォース作業部会(IETF)、DRUMSのいす、IETFのAreaディレクターのDetailed RevisionとUpdateに参加した人々、およびメールで単に彼らのコメントを送った人々を含んでいました。 エディタは、心から深くそれらのすべての世話になって、彼らに感謝します。 以下のリストはこのドキュメントに関してメールを送った皆を含んでいます。 うまくいけば、貢献した皆がここで命名されます:

   Matti Aarnio              Barry Finkel           Larry Masinter
   Tanaka Akira              Erik Forsberg          Denis McKeon
   Russ Allbery              Chuck Foster           William P McQuillan
   Eric Allman               Paul Fox               Alexey Melnikov
   Harald Tveit Alvestrand   Klaus M. Frank         Perry E. Metzger
   Ran Atkinson              Ned Freed              Steven Miller
   Jos Backus                Jochen Friedrich       Keith Moore
   Bruce Balden              Randall C. Gellens     John Gardiner Myers
   Dave Barr                 Sukvinder Singh Gill   Chris Newman
   Alan Barrett              Tim Goodwin            John W. Noerenberg
   John Beck                 Philip Guenther        Eric Norman
   J. Robert von Behren      Tony Hansen            Mike O'Dell
   Jos den Bekker            John Hawkinson         Larry Osterman
   D. J. Bernstein           Philip Hazel           Paul Overell
   James Berriman            Kai Henningsen         Jacob Palme
   Norbert Bollow            Robert Herriot         Michael A. Patton
   Raj Bose                  Paul Hethmon           Uzi Paz
   Antony Bowesman           Jim Hill               Michael A. Quinlan
   Scott Bradner             Paul E. Hoffman        Eric S. Raymond
   Randy Bush                Steve Hole             Sam Roberts
   Tom Byrer                 Kari Hurtta            Hugh Sasse
   Bruce Campbell            Marco S. Hyman         Bart Schaefer
   Larry Campbell            Ofer Inbar             Tom Scola
   W. J. Carpenter           Olle Jarnefors         Wolfgang Segmuller
   Michael Chapman           Kevin Johnson          Nick Shelness
   Richard Clayton           Sudish Joseph          John Stanley
   Maurizio Codogno          Maynard Kang           Einar Stefferud
   Jim Conklin               Prabhat Keni           Jeff Stephenson
   R. Kelley Cook            John C. Klensin        Bernard Stern
   Steve Coya                Graham Klyne           Peter Sylvester
   Mark Crispin              Brad Knowles           Mark Symons
   Dave Crocker              Shuhei Kobayashi       Eric Thomas
   Matt Curtin               Peter Koch             Lee Thompson
   Michael D'Errico          Dan Kohn               Karel De Vriendt
   Cyrus Daboo               Christian Kuhtz        Matthew Wall
   Jutta Degener             Anand Kumria           Rolf Weber
   Mark Delany               Steen Larsen           Brent B. Welch

マッティ・Aarnio Barryフィンケル・ラリー・Masinter田中・Akiraエリック・フォルスバーグ・デニス・マッケオン・ラス・Allbery Chuck Foster・ウィリアム・Pマッキラン・エリック・オールマン・ポール・フォックスのAlexeyメリニコフ・ハラルド・Tveit AlvestrandクラウスM.フランク・ペリーE.メッツガーはアトキンソン・ネッドのために解放されたスティーブン・ミラー・ジョン・べック・フィリップ・グンサー・エリック・ジョスバッカスヨッヒェンフリードリヒキースムーアブルースBaldenランドルC.GellensジョンガーディナーマイアーズデーヴバールSukvinderシンGillクリスニューマンアランバーレットティムグッドウィンジョンW.NoerenbergノーマンJを車で送りました; ロバート・フォン・Behrenトニー・ハンセン・マイク・オデル・ジョスはベッケル・ジョン・Hawkinsonラリー・オスターマン・D.J.バーンスタイン・フィリップ・ヘイゼル・ポール・Overellジェームス・Berrimanカイ・ヘニングセン・ヤコブ・パルメ・ノーバート・Bollowロバート・エリオ・マイケル・A.パットン・Rajボーズ・ポール・ヘスマン・Uziパス・アントニウス・Bowesmanジム・ヒル・マイケルAを穴に追い込みます; クィンラン・スコット・ブラドナーポール・E.ホフマン・エリック・S.レイモンド・ランディ・ブッシュ・スティーブ・Holeサム・ロバーツ・トム・Byrerカリ・Hurttaヒュー・ザッセ・ブルース・キャンベル・マルコのS.ハイマン・Bart Schaeferラリー・キャンベル・オフェル・Inbarトム・スコラ・W.J.大工のオッレ・Jarneforsウォルフギャング・Segmullerマイケルチャップマン・ケビン・ジョンソン・ニック・シェル・リチャード・クレイトン・Sudishジョゼフ・ジョン・スタンリー・マウリジオ・コドーニョメイナード・カン・Einar Stefferudジム・コンクリン・Prabhat Keniジェフ・スティーヴンソン・R.ケリー・クック・ジョンC; Klensinバーナード・スターン・スティーブ・Coyaグラハム・Klyneピーター・シルベスター・マーククリスピン・ブラッド・ノウルズ・マークシモンズ・デーヴ・Crocker Shuhei小林・エリック・トーマス・マット・カーティン・ピーター・コッホ・リー・トンプソンマイケル・D'Erricoダン・コーン・カレル・De Vriendtサイラス・DabooクリスチャンKuhtzマシュー・Wallユッタ・Degenerアナンド・Kumriaロルフ・ウェーバー・マークディラニー・ステーン・ラーセン・ブレント・B.ウェルチ

Resnick                     Standards Track                    [Page 39]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[39ページ]。

   Steve Dorner              Eliot Lear             Dan Wing
   Harold A. Driscoll        Barry Leiba            Jack De Winter
   Michael Elkins            Jay Levitt             Gregory J. Woodhouse
   Robert Elz                Lars-Johan Liman       Greg A. Woods
   Johnny Eriksson           Charles Lindsey        Kazu Yamamoto
   Erik E. Fair              Pete Loshin            Alain Zahm
   Roger Fajman              Simon Lyall            Jamie Zawinski
   Patrik Faltstrom          Bill Manning           Timothy S. Zurcher
   Claus Andre Farber        John Martin

ティモシー・S.チュルシェ・クラウス・アンドレ・ファーバー・ジョン・マーチンを配置するスティーブデルナーエリオットリアダン翼のハロルドA.ドリスコルバリトンサックスLeibaジャックDe冬のマイケルエルキンズジェイレビットグレゴリーJ.ウッドハウスロバートElzラース-ジョハンライマングレッグA.ウッズジョニーエリクソンチャールズリンジーKazu山本エリックE.フェアピートLoshinアランZahmロジャーFajmanサイモンライアルジェイミーZawinskiパトリクFaltstrom法案

Resnick                     Standards Track                    [Page 40]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[40ページ]。

Appendix A. Example messages

付録A.Exampleメッセージ

   This section presents a selection of messages.  These are intended to
   assist in the implementation of this standard, but should not be
   taken as normative; that is to say, although the examples in this
   section were carefully reviewed, if there happens to be a conflict
   between these examples and the syntax described in sections 3 and 4
   of this document, the syntax in those sections is to be taken as
   correct.

このセクションはいくつかのメッセージを提示します。 これらをこの規格の実現を助けるつもりですが、標準としてみなすべきではありません。 すなわち、慎重にこのセクションの例を再検討しましたが、それらのセクションの構文はこのドキュメントのセクション3と4で説明されたこれらの例と構文との闘争がたまたまあれば、同じくらい正しい状態で取ることです。

   Messages are delimited in this section between lines of "----".  The
   "----" lines are not part of the message itself.

「メッセージは間のこのセクションが立ち並ぶ区切られたコネです」----". 「The」----「線はメッセージ自体の一部ではありません。」

A.1. Addressing examples

A.1。 例を記述します。

   The following are examples of messages that might be sent between two
   individuals.

↓これは2人の個人の間に送られるかもしれないメッセージに関する例です。

A.1.1. A message from one person to another with simple addressing

A.1.1。 簡単なアドレシングがある1人の人からもう1人の人までのメッセージ

   This could be called a canonical message.  It has a single author,
   John Doe, a single recipient, Mary Smith, a subject, the date, a
   message identifier, and a textual message in the body.

これを正準なメッセージと呼ぶことができました。 それはボディーに独身の作者、ジョン・ドウ、独身の受取人、メアリ・スミス、対象、日付、メッセージ識別子、および原文のメッセージを持っています。

----
From: John Doe <jdoe@machine.example>
To: Mary Smith <mary@example.net>
Subject: Saying Hello
Date: Fri, 21 Nov 1997 09:55:06 -0600
Message-ID: <1234@local.machine.example>

---- From: ジョン Doe <jdoe@machine.example 、gt;、To: メアリ Smith <mary@example.net 、gt;、Subject: こんにちはと言う、日付: 金曜日、1997年11月21日の09:55:06 -0600メッセージID: <1234@local.machine.example>。

This is a message just to say hello.
So, "Hello".
----

これはまさしくこんにちはと言うメッセージです。 それで、「こんにちは。」 ----

Resnick                     Standards Track                    [Page 41]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[41ページ]。

   If John's secretary Michael actually sent the message, though John
   was the author and replies to this message should go back to him, the
   sender field would be used:

ジョンが作者であり、このメッセージに関する回答が彼に戻るべきですが、ジョンの秘書のマイケルが実際にメッセージを送るなら、送付者分野は使用されるでしょうに:

----
From: John Doe <jdoe@machine.example>
Sender: Michael Jones <mjones@machine.example>
To: Mary Smith <mary@example.net>
Subject: Saying Hello
Date: Fri, 21 Nov 1997 09:55:06 -0600
Message-ID: <1234@local.machine.example>

---- From: ジョン Doe <jdoe@machine.example 、gt;、送付者: マイケル Jones <mjones@machine.example 、gt;、To: メアリ Smith <mary@example.net 、gt;、Subject: こんにちはと言う、日付: 金曜日、1997年11月21日の09:55:06 -0600メッセージID: <1234@local.machine.example>。

This is a message just to say hello.
So, "Hello".
----

これはまさしくこんにちはと言うメッセージです。 それで、「こんにちは。」 ----

A.1.2. Different types of mailboxes

A.1.2。 異なったタイプのメールボックス

   This message includes multiple addresses in the destination fields
   and also uses several different forms of addresses.

このメッセージは、あて先フィールドの複数のアドレスを含んで、また、いくつかの異なったフォームのアドレスを使用します。

----
From: "Joe Q. Public" <john.q.public@example.com>
To: Mary Smith <mary@x.test>, jdoe@example.org, Who? <one@y.test>
Cc: <boss@nil.test>, "Giant; \"Big\" Box" <sysservices@example.net>
Date: Tue, 1 Jul 2003 10:52:37 +0200
Message-ID: <5678.21-Nov-1997@example.com>

---- From: 「ジョーQ.公衆、「 <john.q.public@example.com 、gt;、To:、」 メアリ Smith <mary@x.test 、gt;、jdoe@example.org、Who? <1@y.テスト>Cc: <ボス@nil.test>、「巨人」。 \「大きい\」箱、「 <sysservices@example.net 、gt;、日付:、」 火曜日、2003年7月1日の10:52:37+0200Message ID: @example<5678.21-1997年11月の.com>。

Hi everyone.
----

こんにちは、皆。 ----

   Note that the display names for Joe Q. Public and Giant; "Big" Box
   needed to be enclosed in double-quotes because the former contains
   the period and the latter contains both semicolon and double-quote
   characters (the double-quote characters appearing as quoted-pair
   construct).  Conversely, the display name for Who? could appear
   without them because the question mark is legal in an atom.  Notice
   also that jdoe@example.org and boss@nil.test have no display names
   associated with them at all, and jdoe@example.org uses the simpler
   address form without the angle brackets.

表示がQ.PublicとGiantをジョーにちなんで命名することに注意してください。 「大きい」Boxは、前者が期間を含んでいて、後者がセミコロンと二重引用文字(引用された同じくらい組であるのに見える二重引用文字構造物)の両方を含んでいるので二重引用符に同封される必要がありました。 逆に、疑問符が原子の中で法的であるので、Who?のための表示名はそれらなしで現れることができました。 また、 jdoe@example.org と boss@nil.test にはそれらに関連している表示名が全くないのに注意してください。そうすれば、 jdoe@example.org は角ブラケットなしで、より簡単なアドレスフォームを使用します。

Resnick                     Standards Track                    [Page 42]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[42ページ]。

A.1.3. Group addresses

A.1.3。 グループアドレス

----
From: Pete <pete@silly.example>
To: A Group:Chris Jones <c@a.test>,joe@where.test,John <jdoe@one.test>;
Cc: Undisclosed recipients:;
Date: Thu, 13 Feb 1969 23:32:54 -0330
Message-ID: <testabcd.1234@silly.example>

---- From: Pete <pete@silly.example 、gt;、To: グループ: クリス Jones <c@a.test 、gt;、 joe@where.test 、ジョンの<のjdoe@1.testの>。 Cc: 明かされていない受取人:、。 日付: 木曜日、1969年2月13日の23:32:54 -0330メッセージID: <testabcd.1234@silly.example>。

Testing.
----

テスト。 ----

   In this message, the "To:" field has a single group recipient named A
   Group which contains 3 addresses, and a "Cc:" field with an empty
   group recipient named Undisclosed recipients.

このメッセージ、「To:」で 分野には、3つのアドレスを含むA Group、および「Cc:」という独身のグループの受取人がいます。 空のグループの受取人がUndisclosedと命名されている状態で、受取人をさばいてください。

A.2. Reply messages

A.2。 応答メッセージ

   The following is a series of three messages that make up a
   conversation thread between John and Mary.  John firsts sends a
   message to Mary, Mary then replies to John's message, and then John
   replies to Mary's reply message.

↓これはジョンとメアリの間の会話糸を作る一連の3つのメッセージです。 ジョンは初にメッセージをメアリに送ります、そして、次に、メアリはジョンのメッセージに答えます、そして、次に、ジョンはメアリの応答メッセージに答えます。

   Note especially the "Message-ID:", "References:", and "In-Reply-To:"
   fields in each message.

特に注意、「Message ID:」、「以下に参照をつけ」て、「以下に対して」 各メッセージの分野。

----
From: John Doe <jdoe@machine.example>
To: Mary Smith <mary@example.net>
Subject: Saying Hello
Date: Fri, 21 Nov 1997 09:55:06 -0600
Message-ID: <1234@local.machine.example>

---- From: ジョン Doe <jdoe@machine.example 、gt;、To: メアリ Smith <mary@example.net 、gt;、Subject: こんにちはと言う、日付: 金曜日、1997年11月21日の09:55:06 -0600メッセージID: <1234@local.machine.example>。

This is a message just to say hello.
So, "Hello".
----

これはまさしくこんにちはと言うメッセージです。 それで、「こんにちは。」 ----

Resnick                     Standards Track                    [Page 43]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[43ページ]。

   When sending replies, the Subject field is often retained, though
   prepended with "Re: " as described in section 3.6.5.

回答を送るとき、「Re:」でprependedされますが、Subject分野はしばしば保有されます。 「セクション3.6.5で説明されるように。」

----
From: Mary Smith <mary@example.net>
To: John Doe <jdoe@machine.example>
Reply-To: "Mary Smith: Personal Account" <smith@home.example>
Subject: Re: Saying Hello
Date: Fri, 21 Nov 1997 10:01:10 -0600
Message-ID: <3456@example.net>
In-Reply-To: <1234@local.machine.example>
References: <1234@local.machine.example>

---- From: メアリ Smith <mary@example.net 、gt;、To: ジョン Doe <jdoe@machine.example 、gt;、Reply-To 「メアリ・スミス:」 個人口座、「 <smith@home.example 、gt;、Subject:、」 Re: こんにちはと言う、日付: 金曜日、1997年11月21日の10:01:10 -0600メッセージID: 以下に対して<3456@example.net>。 <1234@local.machine.example>参照: <1234@local.machine.example>。

This is a reply to your hello.
----

これが回答である、あなた、こんにちは。 ----

   Note the "Reply-To:" field in the above message.  When John replies
   to Mary's message above, the reply should go to the address in the
   "Reply-To:" field instead of the address in the "From:" field.

「Reply-To」に注意してください。 上記のメッセージでは、さばきます。 ジョンがメアリのメッセージに答えると、上では、回答が「Reply-To」のアドレスに行くべきです。 「From:」のアドレスの代わりに分野 さばきます。

----
To: "Mary Smith: Personal Account" <smith@home.example>
From: John Doe <jdoe@machine.example>
Subject: Re: Saying Hello
Date: Fri, 21 Nov 1997 11:00:00 -0600
Message-ID: <abcd.1234@local.machine.tld>
In-Reply-To: <3456@example.net>
References: <1234@local.machine.example> <3456@example.net>

---- To: 「メアリ・スミス:」 個人口座、「 <smith@home.example 、gt;、From:、」 ジョン Doe <jdoe@machine.example 、gt;、Subject: Re: こんにちはと言う、日付: 金曜日、1997年11月21日の11:00:00 -0600メッセージID: 以下に対して<abcd.1234@local.machine.tld>。 <3456@example.net>参照: <1234@local.machine.example><3456@example.net>。

This is a reply to your reply.
----

これはあなたの回答に関する回答です。 ----

A.3. Resent messages

A.3。 メッセージに憤慨してください。

   Start with the message that has been used as an example several
   times:

例として何度か使用されたメッセージから始まってください:

----
From: John Doe <jdoe@machine.example>
To: Mary Smith <mary@example.net>
Subject: Saying Hello
Date: Fri, 21 Nov 1997 09:55:06 -0600
Message-ID: <1234@local.machine.example>

---- From: ジョン Doe <jdoe@machine.example 、gt;、To: メアリ Smith <mary@example.net 、gt;、Subject: こんにちはと言う、日付: 金曜日、1997年11月21日の09:55:06 -0600メッセージID: <1234@local.machine.example>。

This is a message just to say hello.
So, "Hello".
----

これはまさしくこんにちはと言うメッセージです。 それで、「こんにちは。」 ----

Resnick                     Standards Track                    [Page 44]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[44ページ]。

   Say that Mary, upon receiving this message, wishes to send a copy of
   the message to Jane such that (a) the message would appear to have
   come straight from John; (b) if Jane replies to the message, the
   reply should go back to John; and (c) all of the original
   information, like the date the message was originally sent to Mary,
   the message identifier, and the original addressee, is preserved.  In
   this case, resent fields are prepended to the message:

このメッセージを受け取るときメアリが(a) メッセージがジョンからまっすぐ来たように見えるようにメッセージのコピーをジェーンに送りたがっていると言ってください。 (b) ジェーンがメッセージに答えるなら、回答はジョンに戻るべきです。 (c) そして、メッセージが元々メアリに送られた日付のようなオリジナルの情報のすべて(メッセージ識別子、および元の受け取り人)が、保存されます。 この場合、再送して、分野はメッセージにprependedされます:

----
Resent-From: Mary Smith <mary@example.net>
Resent-To: Jane Brown <j-brown@other.example>
Resent-Date: Mon, 24 Nov 1997 14:22:01 -0800
Resent-Message-ID: <78910@example.net>
From: John Doe <jdoe@machine.example>
To: Mary Smith <mary@example.net>
Subject: Saying Hello
Date: Fri, 21 Nov 1997 09:55:06 -0600
Message-ID: <1234@local.machine.example>

---- From:に憤慨します。 メアリ Smith <mary@example.net 、gt;、To:に憤慨します。 ジェーン Brown <j-brown@other.example 、gt;、日付:に憤慨します。 月曜日、1997年11月24日の14:22: 01 -0800 Message IDに憤慨してください: <78910@example.net>From: ジョン Doe <jdoe@machine.example 、gt;、To: メアリ Smith <mary@example.net 、gt;、Subject: こんにちはと言う、日付: 金曜日、1997年11月21日の09:55:06 -0600メッセージID: <1234@local.machine.example>。

This is a message just to say hello.
So, "Hello".
----

これはまさしくこんにちはと言うメッセージです。 それで、「こんにちは。」 ----

   If Jane, in turn, wished to resend this message to another person,
   she would prepend her own set of resent header fields to the above
   and send that.

ジェーンが順番にこのメッセージを別の人に再送したいなら、彼女は彼女自身のが上記にヘッダーフィールドを再送して、セットして、それを送るprependを再送するでしょうに。

Resnick                     Standards Track                    [Page 45]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[45ページ]。

A.4. Messages with trace fields

A.4。 跡の分野があるメッセージ

   As messages are sent through the transport system as described in
   [RFC2821], trace fields are prepended to the message.  The following
   is an example of what those trace fields might look like.  Note that
   there is some folding white space in the first one since these lines
   can be long.

[RFC2821]で説明されるように輸送システムを通してメッセージを送るとき、跡の分野をメッセージにprependedします。 ↓これはそれらの跡の分野が似るかもしれないことに関する例です。 これらの線が長い場合があるので最初のものにおけるいくらかの折りたたみの余白があることに注意してください。

----
Received: from x.y.test
   by example.net
   via TCP
   with ESMTP
   id ABC12345
   for <mary@example.net>;  21 Nov 1997 10:05:43 -0600
Received: from machine.example by x.y.test; 21 Nov 1997 10:01:22 -0600
From: John Doe <jdoe@machine.example>
To: Mary Smith <mary@example.net>
Subject: Saying Hello
Date: Fri, 21 Nov 1997 09:55:06 -0600
Message-ID: <1234@local.machine.example>

---- 受け取られている: ESMTPイドABC12345 for <mary@example.net とTCPを通したexample.netによるx.y.テスト、gt;、。 1997年11月21日の10:05: 43 -0600は受信されました: x.y.によるmachine.exampleから、テストしてください。 1997年11月21日の10:01:22 -0600From: ジョン Doe <jdoe@machine.example 、gt;、To: メアリ Smith <mary@example.net 、gt;、Subject: こんにちはと言う、日付: 金曜日、1997年11月21日の09:55:06 -0600メッセージID: <1234@local.machine.example>。

This is a message just to say hello.
So, "Hello".
----

これはまさしくこんにちはと言うメッセージです。 それで、「こんにちは。」 ----

Resnick                     Standards Track                    [Page 46]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[46ページ]。

A.5. White space, comments, and other oddities

A.5。 余白、コメント、および他の奇異

   White space, including folding white space, and comments can be
   inserted between many of the tokens of fields.  Taking the example
   from A.1.3, white space and comments can be inserted into all of the
   fields.

折りたたみの余白を含む余白とコメントを分野の象徴の多くの間に挿入できます。 A.1.3、余白、およびコメントから例を取るのを分野のすべてに挿入できます。

----
From: Pete(A wonderful \) chap) <pete(his account)@silly.test(his host)>
To:A Group(Some people)
     :Chris Jones <c@(Chris's host.)public.example>,
         joe@example.org,
  John <jdoe@one.test> (my dear friend); (the end of the group)
Cc:(Empty list)(start)Undisclosed recipients  :(nobody(that I know))  ;
Date: Thu,
      13
        Feb
          1969
      23:32
               -0330 (Newfoundland Time)
Message-ID:              <testabcd.1234@silly.test>

---- From: ピート(素晴らしい\) やつ) <pete(彼のアカウント)@silly.test(彼のホスト)>To:はGroup(何人かの人々)です。 :クリスジョーンズ<c@(クリスのホスト)public.example>、 joe@example.org 、@ジョンの<のjdoeの1.testの>(私の親愛なる友)。 (グループの終わり) Cc:(空のリスト)(始める)の明かされていない受取人: (一人も(そのIは知っています)) ; 日付: 木曜日、1969年2月13日、23、: 32 -0330(ニューファンドランド時間) Message ID: <testabcd.1234@silly.test>。

Testing.
----

テスト。 ----

   The above example is aesthetically displeasing, but perfectly legal.
   Note particularly (1) the comments in the "From:" field (including
   one that has a ")" character appearing as part of a quoted-pair); (2)
   the white space absent after the ":" in the "To:" field as well as
   the comment and folding white space after the group name, the special
   character (".") in the comment in Chris Jones's address, and the
   folding white space before and after "joe@example.org,"; (3) the
   multiple and nested comments in the "Cc:" field as well as the
   comment immediately following the ":" after "Cc"; (4) the folding
   white space (but no comments except at the end) and the missing
   seconds in the time of the date field; and (5) the white space before
   (but not within) the identifier in the "Message-ID:" field.

上記の例は、美しく不愉快ですが、完全に法的です。 「From:」で(1) 特にコメントに注意してください。 「分野(a」) 」 キャラクタが引用された組の一部として現れるものを含んでいます)。 (2) 「余白が後に欠席する、」、:、」 「To:」で コメントと折りたたみの白と同様にグループ名の後のスペース、特殊文字をさばいてください、(「」、)、クリス・ジョーンズのアドレスにおけるコメント、および" joe@example.org "の前後に折りたたみの余白で。 (3) 「Cc:」の複数の、そして、入れ子にされたコメント 「すぐに続いて、コメントと同様にさばく、」、:、」 「cc」の後に。 (4) 折りたたみの余白(しかし、終わり以外のノーコメント)と年月日欄の時間のなくなった秒。 (5) 中の(中でない)識別子の前の余白、「Message ID:」 さばきます。

A.6. Obsoleted forms

A.6。 時代遅れにされたフォーム

   The following are examples of obsolete (that is, the "MUST NOT
   generate") syntactic elements described in section 4 of this
   document.

↓これが例である、時代遅れ、(そうする「発生してはいけない」、)、このドキュメントのセクション4で説明された構文の要素。

Resnick                     Standards Track                    [Page 47]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[47ページ]。

A.6.1. Obsolete addressing

A.6.1。 時代遅れのアドレシング

   Note in the below example the lack of quotes around Joe Q. Public,
   the route that appears in the address for Mary Smith, the two commas
   that appear in the "To:" field, and the spaces that appear around the
   "." in the jdoe address.

ジョーQ.Publicの周りに以下の例に引用文の不足を述べてください、メアリ・スミスのためにアドレスに現れるルート、「To:」に現れる大金 「野原、および周囲に現れる空間、」 . 」 jdoeアドレスで。

----
From: Joe Q. Public <john.q.public@example.com>
To: Mary Smith <@machine.tld:mary@example.net>, , jdoe@test   . example
Date: Tue, 1 Jul 2003 10:52:37 +0200
Message-ID: <5678.21-Nov-1997@example.com>

---- From: ジョーQ. Public <john.q.public@example.com 、gt;、To: メアリ Smith <@machine.tld : mary@example.net>、 jdoe@test 例日付: 火曜日、2003年7月1日の10:52:37+0200Message ID: @example<5678.21-1997年11月の.com>。

Hi everyone.
----

こんにちは、皆。 ----

A.6.2. Obsolete dates

A.6.2。 時代遅れの期日

   The following message uses an obsolete date format, including a non-
   numeric time zone and a two digit year.  Note that although the
   day-of-week is missing, that is not specific to the obsolete syntax;
   it is optional in the current syntax as well.

以下のメッセージは非数値の時間帯と2ケタ年を含む時代遅れの日付の形式を使用します。 週の曜日は、なくなって、すなわち、時代遅れの構文に特定ではありませんが、それに注意してください。 それはまた、現在の構文で任意です。

----
From: John Doe <jdoe@machine.example>
To: Mary Smith <mary@example.net>
Subject: Saying Hello
Date: 21 Nov 97 09:55:06 GMT
Message-ID: <1234@local.machine.example>

---- From: ジョン Doe <jdoe@machine.example 、gt;、To: メアリ Smith <mary@example.net 、gt;、Subject: こんにちはと言う、日付: 1997年11月21日のグリニッジ標準時9時55分6秒のメッセージID: <1234@local.machine.example>。

This is a message just to say hello.
So, "Hello".
----

これはまさしくこんにちはと言うメッセージです。 それで、「こんにちは。」 ----

A.6.3. Obsolete white space and comments

A.6.3。 時代遅れの余白とコメント

   White space and comments can appear between many more elements than
   in the current syntax.  Also, folding lines that are made up entirely
   of white space are legal.

余白とコメントは現在の構文よりずっと多くの要素の間に現れることができます。 また、完全な余白で作られる折りたたみの線も法的です。

Resnick                     Standards Track                    [Page 48]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[48ページ]。

----
From  : John Doe <jdoe@machine(comment).  example>
To    : Mary Smith
__
          <mary@example.net>
Subject     : Saying Hello
Date  : Fri, 21 Nov 1997 09(comment):   55  :  06 -0600
Message-ID  : <1234   @   local(blah)  .machine .example>

---- from: ジョン Doe <jdoe@machine (コメント)例の>To: メアリスミス __ <mary@example.net 、gt;、subject: こんにちはと言って、デートしてください: 金曜日、1997年11月21日、09 (コメント): 55 : 06 -0600メッセージID: <の@の地方(たわごと)の.machine .example1234>。

This is a message just to say hello.
So, "Hello".
----

これはまさしくこんにちはと言うメッセージです。 それで、「こんにちは。」 ----

   Note especially the second line of the "To:" field.  It starts with
   two space characters.  (Note that "__" represent blank spaces.)
   Therefore, it is considered part of the folding as described in
   section 4.2.  Also, the comments and white space throughout
   addresses, dates, and message identifiers are all part of the
   obsolete syntax.

特に「To:」のセカンドラインに注意してください。 さばきます。 それは2つの間隔文字から始まります。 ("__"が空白の空間を表すことに注意してください。) したがって、それはセクション4.2で説明される折り重なりの一部であると考えられます。 また、アドレス、日付、およびメッセージ識別子中のコメントと余白はすべて時代遅れの構文の一部です。

Appendix B. Differences from earlier standards

以前の規格からの付録B.Differences

   This appendix contains a list of changes that have been made in the
   Internet Message Format from earlier standards, specifically [RFC822]
   and [STD3].  Items marked with an asterisk (*) below are items which
   appear in section 4 of this document and therefore can no longer be
   generated.

この付録は以前の規格からのインターネットMessage Format、明確に[RFC822]、および[STD3]で行われた変更のリストを含んでいます。 アスタリスク(*)で以下にマークされた項目は、このドキュメントのセクション4に現れる商品であり、したがって、もう発生できません。

   1. Period allowed in obsolete form of phrase.
   2. ABNF moved out of document to [RFC2234].
   3. Four or more digits allowed for year.
   4. Header field ordering (and lack thereof) made explicit.
   5. Encrypted header field removed.
   6. Received syntax loosened to allow any token/value pair.
   7. Specifically allow and give meaning to "-0000" time zone.
   8. Folding white space is not allowed between every token.
   9. Requirement for destinations removed.
   10. Forwarding and resending redefined.
   11. Extension header fields no longer specifically called out.
   12. ASCII 0 (null) removed.*
   13. Folding continuation lines cannot contain only white space.*
   14. Free insertion of comments not allowed in date.*
   15. Non-numeric time zones not allowed.*
   16. Two digit years not allowed.*
   17. Three digit years interpreted, but not allowed for generation.
   18. Routes in addresses not allowed.*
   19. CFWS within local-parts and domains not allowed.*
   20. Empty members of address lists not allowed.*

1. 時代遅れのフォームに関する句に許容された期間。 2. ABNFは[RFC2234]にドキュメントから引っ越しました。 3. 年に許容された4ケタ以上。 4. 明白にされたヘッダーフィールド注文(そして、それの不足)。 5. 取り除かれたコード化されたヘッダーフィールド。 6. 容認された構文は、どんな象徴/値の組も許容するために緩和されました。 7. 明確に意味を許容して、与える、「-、0インチの時間帯、」 8. 折りたたみの余白はあらゆる象徴の間に許容されるというわけではありません。 9. 目的地のための要件は取り除かれました。 10. 推進と再定義された再送。 11. もう明確に呼び出されなかった拡大ヘッダーフィールド。 12. ASCII0(ヌル)は. *13を取り除きました。 折りたたみの継続行は余白*14だけ、を含むことができません。 コメントの無料の挿入は日付*に15を許容しませんでした。 非数値の時間帯は. *16を許容しませんでした。 2ケタ年は. *17を許容しませんでした。 3ケタは、年間解釈しましたが、世代を考慮しませんでした。 18. アドレスのルートは. *19を許容しませんでした。 地方の部分とドメインの中のCFWSは. *20を許容しませんでした。 . *が許容されなかった住所録の空のメンバー

Resnick                     Standards Track                    [Page 49]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[49ページ]。

   21. Folding white space between field name and colon not allowed.*
   22. Comments between field name and colon not allowed.
   23. Tightened syntax of in-reply-to and references.*
   24. CFWS within msg-id not allowed.*
   25. Tightened semantics of resent fields as informational only.
   26. Resent-Reply-To not allowed.*
   27. No multiple occurrences of fields (except resent and received).*
   28. Free CR and LF not allowed.*
   29. Routes in return path not allowed.*
   30. Line length limits specified.
   31. Bcc more clearly specified.

21. フィールド名とコロンの間の折りたたみの余白は. *22を許容しませんでした。 許容されなかったフィールド名とコロンの間のコメント。 23. に対して構文をきびしくする、参照*24 msg-イドの中のCFWSは. *25を許容しませんでした。 情報としての野原だけを再送して、意味論をきびしくします。 26. 回答に憤慨する. *27を許容しません。 分野(再送して、受け取るのを除いた)*28の複数の発生がありません。 自由なCRとLFは. *29を許容しませんでした。 リターンパスのルートは. *30を許容しませんでした。 行長限界は指定しました。 31. Bccは、より明確に指定しました。

Appendix C. Notices

付録C.通知

   Intellectual Property

知的所有権

   The IETF takes no position regarding the validity or scope of any
   intellectual property or other rights that might be claimed to
   pertain to the implementation or use of the technology described in
   this document or the extent to which any license under such rights
   might or might not be available; neither does it represent that it
   has made any effort to identify any such rights.  Information on the
   IETF's procedures with respect to rights in standards-track and
   standards-related documentation can be found in BCP-11.  Copies of
   claims of rights made available for publication and any assurances of
   licenses to be made available, or the result of an attempt made to
   obtain a general license or permission for the use of such
   proprietary rights by implementors or users of this specification can
   be obtained from the IETF Secretariat.

IETFはどんな知的所有権の正当性か範囲、実現に関係すると主張されるかもしれない他の権利、本書では説明された技術の使用またはそのような権利の下におけるどんなライセンスも利用可能であるかもしれない、または利用可能でないかもしれない範囲に関しても立場を全く取りません。 どちらも、それはそれを表しません。いずれもどんなそのような権利も特定するための努力にしました。 BCP-11で標準化過程の権利と規格関連のドキュメンテーションに関するIETFの手順に関する情報を見つけることができます。 権利のクレームのコピーで利用可能に作られるべきライセンスの保証、または一般的なライセンスか許可が作成者によるそのような所有権の使用に得させられた試みの結果が公表といずれにも利用可能になったか、またはIETF事務局からこの仕様のユーザを得ることができます。

Resnick                     Standards Track                    [Page 50]

RFC 2822                Internet Message Format               April 2001

レズニックStandardsはインターネットメッセージ・フォーマット2001年4月にRFC2822を追跡します[50ページ]。

Full Copyright Statement

完全な著作権宣言文

   Copyright (C) The Internet Society (2001).  All Rights Reserved.

Copyright(C)インターネット協会(2001)。 All rights reserved。

   This document and translations of it may be copied and furnished to
   others, and derivative works that comment on or otherwise explain it
   or assist in its implementation may be prepared, copied, published
   and distributed, in whole or in part, without restriction of any
   kind, provided that the above copyright notice and this paragraph are
   included on all such copies and derivative works.  However, this
   document itself may not be modified in any way, such as by removing
   the copyright notice or references to the Internet Society or other
   Internet organizations, except as needed for the purpose of
   developing Internet standards in which case the procedures for
   copyrights defined in the Internet Standards process must be
   followed, or as required to translate it into languages other than
   English.

それに関するこのドキュメントと翻訳は、コピーして、それが批評するか、またはそうでなければわかる他のもの、および派生している作品に提供するか、または準備されているかもしれなくて、コピーされて、発行されて、全体か一部広げられた実現を助けるかもしれません、どんな種類の制限なしでも、上の版権情報とこのパラグラフがそのようなすべてのコピーと派生している作品の上に含まれていれば。 しかしながら、このドキュメント自体は何らかの方法で変更されないかもしれません、インターネット協会か他のインターネット組織の版権情報か参照を取り除くのなどように、それを英語以外の言語に翻訳するのが著作権のための手順がインターネットStandardsの過程で定義したどのケースに従わなければならないか、必要に応じてさもなければ、インターネット標準を開発する目的に必要であるのを除いて。

   The limited permissions granted above are perpetual and will not be
   revoked by the Internet Society or its successors or assigns.

上に承諾された限られた許容は、永久であり、インターネット協会、後継者または案配によって取り消されないでしょう。

   This document and the information contained herein is provided on an
   "AS IS" basis and THE INTERNET SOCIETY AND THE INTERNET ENGINEERING
   TASK FORCE DISCLAIMS ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING
   BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION
   HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF
   MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

このドキュメントとそして、「そのままで」という基礎とインターネットの振興発展を目的とする組織に、インターネット・エンジニアリング・タスク・フォースが速達の、または、暗示しているすべての保証を放棄するかどうかというここにことであり、他を含んでいて、含まれて、情報の使用がここに侵害しないどんな保証も少しもまっすぐになるという情報か市場性か特定目的への適合性のどんな黙示的な保証。

Acknowledgement

承認

   Funding for the RFC Editor function is currently provided by the
   Internet Society.

RFC Editor機能のための基金は現在、インターネット協会によって提供されます。

Resnick                     Standards Track                    [Page 51]

レズニック標準化過程[51ページ]

スポンサーリンク

一覧

 RFC 1〜100  RFC 1401〜1500  RFC 2801〜2900  RFC 4201〜4300 
 RFC 101〜200  RFC 1501〜1600  RFC 2901〜3000  RFC 4301〜4400 
 RFC 201〜300  RFC 1601〜1700  RFC 3001〜3100  RFC 4401〜4500 
 RFC 301〜400  RFC 1701〜1800  RFC 3101〜3200  RFC 4501〜4600 
 RFC 401〜500  RFC 1801〜1900  RFC 3201〜3300  RFC 4601〜4700 
 RFC 501〜600  RFC 1901〜2000  RFC 3301〜3400  RFC 4701〜4800 
 RFC 601〜700  RFC 2001〜2100  RFC 3401〜3500  RFC 4801〜4900 
 RFC 701〜800  RFC 2101〜2200  RFC 3501〜3600  RFC 4901〜5000 
 RFC 801〜900  RFC 2201〜2300  RFC 3601〜3700  RFC 5001〜5100 
 RFC 901〜1000  RFC 2301〜2400  RFC 3701〜3800  RFC 5101〜5200 
 RFC 1001〜1100  RFC 2401〜2500  RFC 3801〜3900  RFC 5201〜5300 
 RFC 1101〜1200  RFC 2501〜2600  RFC 3901〜4000  RFC 5301〜5400 
 RFC 1201〜1300  RFC 2601〜2700  RFC 4001〜4100  RFC 5401〜5500 
 RFC 1301〜1400  RFC 2701〜2800  RFC 4101〜4200 

スポンサーリンク

インポート元のスタイルシートを認識しないことがある

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る