Events

The Calendar API provides different flavors of event resources, more information can be found in About events.カレンダーAPIはさまざまな種類のイベントリソースを提供します。詳細については、イベントについてを参照してください。

For a list of methods for this resource, see the end of this page.このリソースのメソッドのリストについては、このページの終わりを参照してください。

Resource representationsリソース表現

{
  "kind": "calendar#event",
  "etag": etag,
  "id": string,
  "status": string,
  "htmlLink": string,
  "created": datetime,
  "updated": datetime,
  "summary": string,
  "description": string,
  "location": string,
  "colorId": string,
  "creator": {
    "id": string,
    "email": string,
    "displayName": string,
    "self": boolean
  },
  "organizer": {
    "id": string,
    "email": string,
    "displayName": string,
    "self": boolean
  },
  "start": {
    "date": date,
    "dateTime": datetime,
    "timeZone": string
  },
  "end": {
    "date": date,
    "dateTime": datetime,
    "timeZone": string
  },
  "endTimeUnspecified": boolean,
  "recurrence": [
    string
  ],
  "recurringEventId": string,
  "originalStartTime": {
    "date": date,
    "dateTime": datetime,
    "timeZone": string
  },
  "transparency": string,
  "visibility": string,
  "iCalUID": string,
  "sequence": integer,
  "attendees": [
    {
      "id": string,
      "email": string,
      "displayName": string,
      "organizer": boolean,
      "self": boolean,
      "resource": boolean,
      "optional": boolean,
      "responseStatus": string,
      "comment": string,
      "additionalGuests": integer
    }
  ],
  "attendeesOmitted": boolean,
  "extendedProperties": {
    "private": {
      (key): string
    },
    "shared": {
      (key): string
    }
  },
  "hangoutLink": string,
  "conferenceData": {
    "createRequest": {
      "requestId": string,
      "conferenceSolutionKey": {
        "type": string
      },
      "status": {
        "statusCode": string
      }
    },
    "entryPoints": [
      {
        "entryPointType": string,
        "uri": string,
        "label": string,
        "pin": string,
        "accessCode": string,
        "meetingCode": string,
        "passcode": string,
        "password": string
      }
    ],
    "conferenceSolution": {
      "key": {
        "type": string
      },
      "name": string,
      "iconUri": string
    },
    "conferenceId": string,
    "signature": string,
    "notes": string,
    "gadget": {
    "type": string,
    "title": string,
    "link": string,
    "iconLink": string,
    "width": integer,
    "height": integer,
    "display": string,
    "preferences": {
      (key): string
    }
  },
  "anyoneCanAddSelf": boolean,
  "guestsCanInviteOthers": boolean,
  "guestsCanModify": boolean,
  "guestsCanSeeOtherGuests": boolean,
  "privateCopy": boolean,
  "locked": boolean,
  "reminders": {
    "useDefault": boolean,
    "overrides": [
      {
        "method": string,
        "minutes": integer
      }
    ]
  },
  "source": {
    "url": string,
    "title": string
  },
  "attachments": [
    {
      "fileUrl": string,
      "title": string,
      "mimeType": string,
      "iconLink": string,
      "fileId": string
    }
  ]
}
Property nameプロパティ名 Value Description説明 Notesノート
anyoneCanAddSelf boolean Whether anyone can invite themselves to the event (currently works for Google+ events only). Optional. The default is False.誰でも自分自身をイベントに招待できるかどうか(現在はGoogle+のイベントでのみ機能します)。オプションです。デフォルトはFalseです。 writable 書き込み可能
attachments[] list File attachments for the event. Currently only Google Drive attachments are supported.

In order to modify attachments the supportsAttachments request parameter should be set to true.

There can be at most 25 attachments per event,添付ファイルを修正するには、supportsAttachmentsrequestパラメータをに設定する必要がありますtrue

1イベントあたり最大25個の添付ファイルがあります。

attachments[].fileId string ID of the attached file. Read-only.

For Google Drive files, this is the ID of the corresponding Files resource entry in the Drive API.Google Driveファイルの場合、これはFilesDrive APIの対応するリソースエントリのIDです。

attachments[].fileUrl string URL link to the attachment.

For adding Google Drive file attachments use the same format as in alternateLink property of the Files resource in the Drive API.

Required when adding an attachment.Google Driveの添付ファイルを追加するには、Drive APIのリソースのalternateLinkプロパティと同じ形式を使用しFilesます。

添付ファイルを追加するときに必要です。

writable 書き込み可能
attachments[].mimeType string Internet media type (MIME type) of the attachment.添付ファイルのインターネットメディアタイプ(MIMEタイプ)。
attachments[].title string Attachment title.添付ファイルのタイトル。
attendeesOmitted boolean Whether attendees may have been omitted from the event's representation. When retrieving an event, this may be due to a restriction specified by the maxAttendee query parameter. When updating an event, this can be used to only update the participant's response. Optional. The default is False.出席者がイベントの表現から省略された可能性があるかどうか。イベントを取得するとき、これはmaxAttendeequeryパラメータで指定された制限が原因である可能性があります。イベントを更新するとき、これは参加者の応答を更新するためだけに使用できます。オプションです。デフォルトはFalseです。 writable 書き込み可能
attendees[] list The attendees of the event. See the Events with attendees guide for more information on scheduling events with other calendar users.イベントの参加者 他のカレンダユーザとのイベントのスケジュール設定の詳細については、参加者とイベントガイドを参照してください。 writable 書き込み可能
attendees[].additionalGuests integer Number of additional guests. Optional. The default is 0.追加ゲストの数 オプションです。デフォルトは0です。 writable 書き込み可能
attendees[].comment string The attendee's response comment. Optional.参加者の回答コメント。オプションです。 writable 書き込み可能
attendees[].displayName string The attendee's name, if available. Optional.利用可能な場合は出席者の名前。オプションです。 writable 書き込み可能
attendees[].email string The attendee's email address, if available. This field must be present when adding an attendee. It must be a valid email address as per RFC5322.

Required when adding an attendee.出席者を追加するときに必要です。

writable 書き込み可能
attendees[].id string The attendee's Profile ID, if available. It corresponds to the id field in the People collection of the Google+ API出席者のプロフィールID(利用可能な場合)。Google+ APIのPeopleコレクションのidフィールドに対応しています
attendees[].optional boolean Whether this is an optional attendee. Optional. The default is False.これがオプションの参加者かどうか。オプションです。デフォルトはFalseです。 writable 書き込み可能
attendees[].organizer boolean Whether the attendee is the organizer of the event. Read-only. The default is False.出席者がイベントの開催者であるかどうか。読み取り専用 デフォルトはFalseです。
attendees[].resource boolean Whether the attendee is a resource. Can only be set when the attendee is added to the event for the first time. Subsequent modifications are ignored. Optional. The default is False.出席者がリソースかどうか 参加者が初めてイベントに追加されたときにのみ設定できます。それ以降の変更は無視されます。オプションです。デフォルトはFalseです。 writable 書き込み可能
attendees[].responseStatus string The attendee's response status. Possible values are:
  • "needsAction" - The attendee has not responded to the invitation." needsAction" - 出席者は招待状に返信していません。
  • "declined" - The attendee has declined the invitation." declined" - 出席者は招待を辞退しました。
  • "tentative" - The attendee has tentatively accepted the invitation." tentative" - 出席者は招待状を暫定的に承認しました。
  • "accepted" - The attendee has accepted the invitation." accepted" - 出席者は招待を承認しました。
writable 書き込み可能
attendees[].self boolean Whether this entry represents the calendar on which this copy of the event appears. Read-only. The default is False.このエントリがイベントのコピーが表示されるカレンダーを表すかどうか。読み取り専用 デフォルトはFalseです。
colorId string The color of the event. This is an ID referring to an entry in the event section of the colors definition (see the colors endpoint). Optional.イベントの色 これはevent色の定義のセクションのエントリを参照するIDです(色の終点を参照)。オプションです。 writable 書き込み可能
conferenceData nested object The conference-related information, such as details of a Hangouts Meet conference. To create new conference details use the createRequest field. To persist your changes, remember to set the conferenceDataVersion request parameter to 1 for all event modification requests.ハングアウト会議の詳細など、会議関連の情報。新しい会議の詳細を作成するには、このcreateRequestフィールドを使用します。変更を保持するには、すべてのイベント変更要求に対してconferenceDataVersionrequestパラメータをに設定することを忘れないでください1 writable 書き込み可能
conferenceData.conferenceId string The ID of the conference.

Can be used by developers to keep track of conferences, should not be displayed to users.

Values for solution types:

  • "eventHangout": unset.
  • "eventNamedHangout": the name of the Hangout.
  • "hangoutsMeet": the 10-letter meeting code, for example "aaa-bbbb-ccc". "eventHangout":未設定。
  • "eventNamedHangout":ハングアウトの名前
  • "hangoutsMeet"たとえば、10文字の会議コード"aaa-bbbb-ccc"です。
Optional.

conferenceData.conferenceSolution nested object The conference solution, such as Hangouts or Hangouts Meet.

Unset for a conference with a failed create request.

Either conferenceSolution and at least one entryPoint, or createRequest is required.どちらかconferenceSolutionと少なくとも1つentryPoint、またはcreateRequest必須です。

conferenceData.conferenceSolution.iconUri string The user-visible icon for this solution.このソリューションのユーザーに見えるアイコン。
conferenceData.conferenceSolution.key nested object The key which can uniquely identify the conference solution for this event.このイベントの会議ソリューションを一意に識別できるキー。
conferenceData.conferenceSolution.key.type string The conference solution type.

If a client encounters an unfamiliar or empty type, it should still be able to display the entry points. However, it should disallow modifications.

The possible values are:

  • "eventHangout" for Hangouts for consumers (http://hangouts.google.com)
  • "eventNamedHangout" for classic Hangouts for G Suite users (http://hangouts.google.com)
  • "hangoutsMeet" for Hangouts Meet (http://meet.google.com) "eventHangout" 消費者向けハングアウト用(http://hangouts.google.co.jp)
  • "eventNamedHangout" G Suiteユーザーの従来のハングアウト(http://hangouts.google.co.jp)
  • "hangoutsMeet" ハングアウトミーティングのために(http://meet.google.com)

conferenceData.conferenceSolution.name string The user-visible name of this solution. Not localized.このソリューションのユーザーに見える名前。ローカライズされていません。
conferenceData.createRequest nested object A request to generate a new conference and attach it to the event. The data is generated asynchronously. To see whether the data is present check the status field.

Either conferenceSolution and at least one entryPoint, or createRequest is required.どちらかconferenceSolutionと少なくとも1つentryPoint、またはcreateRequest必須です。

conferenceData.createRequest.conferenceSolutionKey nested object The conference solution, such as Hangouts or Hangouts Meet.ハングアウトやハングアウトミートなどの会議ソリューション。
conferenceData.createRequest.conferenceSolutionKey.type string The conference solution type.

If a client encounters an unfamiliar or empty type, it should still be able to display the entry points. However, it should disallow modifications.

The possible values are:

  • "eventHangout" for Hangouts for consumers (http://hangouts.google.com)
  • "eventNamedHangout" for classic Hangouts for G Suite users (http://hangouts.google.com)
  • "hangoutsMeet" for Hangouts Meet (http://meet.google.com) "eventHangout" 消費者向けハングアウト用(http://hangouts.google.co.jp)
  • "eventNamedHangout" G Suiteユーザーの従来のハングアウト(http://hangouts.google.co.jp)
  • "hangoutsMeet" ハングアウトミーティングのために(http://meet.google.com)

conferenceData.createRequest.requestId string The client-generated unique ID for this request.

Clients should regenerate this ID for every new request. If an ID provided is the same as for the previous request, the request is ignored.クライアントは新しい要求ごとにこのIDを再生成する必要があります。提供されたIDが前の要求と同じである場合、その要求は無視されます。

conferenceData.createRequest.status nested object The status of the conference create request.会議作成要求のステータス。
conferenceData.createRequest.status.statusCode string The current status of the conference create request. Read-only.

The possible values are:

  • "pending": the conference create request is still being processed.
  • "success": the conference create request succeeded, the entry points are populated.
  • "failure": the conference create request failed, there are no entry points. "pending":会議作成要求はまだ処理中です。
  • "success":会議作成要求が成功した場合は、エントリポイントが移入されています。
  • "failure":会議の作成要求が失敗しました。エントリポイントはありません。

conferenceData.entryPoints[] list Information about individual conference entry points, such as URLs or phone numbers.

All of them must belong to the same conference.

Either conferenceSolution and at least one entryPoint, or createRequest is required.どちらかconferenceSolutionと少なくとも1つentryPoint、またはcreateRequest必須です。

conferenceData.entryPoints[].accessCode string The access code to access the conference. The maximum length is 128 characters.

When creating new conference data, populate only the subset of {meetingCode, accessCode, passcode, password, pin} fields that match the terminology that the conference provider uses. Only the populated fields should be displayed.

Optional.新しい会議データを作成する場合、{のサブセットのみ移入meetingCodeaccessCodepasscodepasswordpin会議プロバイダが使用している用語と一致}フィールドを。入力されたフィールドだけが表示されます。

オプションです。

conferenceData.entryPoints[].entryPointType string The type of the conference entry point.

Possible values are:

  • "video" - joining a conference over HTTP. A conference can have zero or one video entry point.
  • "phone" - joining a conference by dialing a phone number. A conference can have zero or more phone entry points.
  • "sip" - joining a conference over SIP. A conference can have zero or one sip entry point.
  • "more" - further conference joining instructions, for example additional phone numbers. A conference can have zero or one more entry point. A conference with only a more entry point is not a valid conference. "video" - HTTPを介して会議に参加する。会議には0個または1個のvideoエントリポイントを設定できます。
  • "phone" - 電話番号をダイヤルして会議に参加する。会議は0個以上のphoneエントリポイントを持つことができます。
  • "sip" - SIPを介して会議に参加する。会議には0個または1個のsipエントリポイントを設定できます。
  • "more" - 追加の電話番号など、追加の会議参加指示。会議には0個または1個のmoreエントリポイントを設定できます。moreエントリポイントのみを持つ会議は有効な会議ではありません。

conferenceData.entryPoints[].label string The label for the URI. Visible to end users. Not localized. The maximum length is 512 characters.

Examples:

  • for video: meet.google.com/aaa-bbbb-ccc
  • for phone: +1 123 268 2601
  • for sip: 12345678@altostrat.com
  • for more: should not be filled のためにvideo:meet.google.com/aaa-bbbb-ccc
  • phone:+1 123 268 2601
  • のためにsip:12345678@altostrat.com
  • for more:記入しないでください

Optional.

conferenceData.entryPoints[].meetingCode string The meeting code to access the conference. The maximum length is 128 characters.

When creating new conference data, populate only the subset of {meetingCode, accessCode, passcode, password, pin} fields that match the terminology that the conference provider uses. Only the populated fields should be displayed.

Optional.新しい会議データを作成する場合、{のサブセットのみ移入meetingCodeaccessCodepasscodepasswordpin会議プロバイダが使用している用語と一致}フィールドを。入力されたフィールドだけが表示されます。

オプションです。

conferenceData.entryPoints[].passcode string The passcode to access the conference. The maximum length is 128 characters.

When creating new conference data, populate only the subset of {meetingCode, accessCode, passcode, password, pin} fields that match the terminology that the conference provider uses. Only the populated fields should be displayed.新しい会議データを作成する場合、{のサブセットのみ移入meetingCodeaccessCodepasscodepasswordpin会議プロバイダが使用している用語と一致}フィールドを。入力されたフィールドだけが表示されます。

conferenceData.entryPoints[].password string The password to access the conference. The maximum length is 128 characters.

When creating new conference data, populate only the subset of {meetingCode, accessCode, passcode, password, pin} fields that match the terminology that the conference provider uses. Only the populated fields should be displayed.

Optional.新しい会議データを作成する場合、{のサブセットのみ移入meetingCodeaccessCodepasscodepasswordpin会議プロバイダが使用している用語と一致}フィールドを。入力されたフィールドだけが表示されます。

オプションです。

conferenceData.entryPoints[].pin string The PIN to access the conference. The maximum length is 128 characters.

When creating new conference data, populate only the subset of {meetingCode, accessCode, passcode, password, pin} fields that match the terminology that the conference provider uses. Only the populated fields should be displayed.

Optional.新しい会議データを作成する場合、{のサブセットのみ移入meetingCodeaccessCodepasscodepasswordpin会議プロバイダが使用している用語と一致}フィールドを。入力されたフィールドだけが表示されます。

オプションです。

conferenceData.entryPoints[].uri string The URI of the entry point. The maximum length is 1300 characters.

Format:

  • for video, http: or https: schema is required.
  • for phone, tel: schema is required. The URI should include the entire dial sequence (e.g., tel:+12345678900,,,123456789;1234).
  • for sip, sip: schema is required, e.g., sip:12345678@myprovider.com.
  • for more, http: or https: schema is required. for videohttp:またはhttps:schemaが必要です。
  • ためphonetel:スキーマが必要です。URIには、ダイヤルシーケンス全体を含める必要があります(例:tel:+ 12345678900 ,,, 123456789; 1234)。
  • ためsipsip:スキーマが必要とされ、例えば、SIP:12345678@myprovider.com。
  • for morehttp:またはhttps:schemaが必要です。

conferenceData.notes string Additional notes (such as instructions from the domain administrator, legal notices) to display to the user. Can contain HTML. The maximum length is 2048 characters. Optional.ユーザーに表示するための追加の注意事項(ドメイン管理者からの指示、法的通知など)。HTMLを含めることができます。最大長は2048文字です。オプションです。
conferenceData.signature string The signature of the conference data.

Genereated on server side. Must be preserved while copying the conference data between events, otherwise the conference data will not be copied.

Unset for a conference with a failed create request.

Optional for a conference with a pending create request.サーバー側で生成されました。イベント間で会議データをコピーしている間は保存する必要があります。そうしないと会議データはコピーされません。

作成要求が失敗した会議の設定を解除します。

保留中の作成要求がある会議の場合はオプションです。

created datetime Creation time of the event (as a RFC3339 timestamp). Read-only.イベントの作成時刻(RFC3339タイムスタンプとして)読み取り専用
creator object The creator of the event. Read-only.イベントの作成者。読み取り専用
creator.displayName string The creator's name, if available.作成者の名前(もしあれば)。
creator.email string The creator's email address, if available.作成者のEメールアドレス(もしあれば)。
creator.id string The creator's Profile ID, if available. It corresponds to the id field in the People collection of the Google+ API作成者のプロフィールID(もしあれば)。Google+ APIのPeopleコレクションのidフィールドに対応しています
creator.self boolean Whether the creator corresponds to the calendar on which this copy of the event appears. Read-only. The default is False.作成者がこのイベントのコピーが表示されるカレンダーに対応するかどうか。読み取り専用 デフォルトはFalseです。
description string Description of the event. Optional.イベントの説明 オプションです。 writable 書き込み可能
end nested object The (exclusive) end time of the event. For a recurring event, this is the end time of the first instance.イベントの(排他的)終了時刻。定期的なイベントの場合、これは最初のインスタンスの終了時刻です。
end.date date The date, in the format "yyyy-mm-dd", if this is an all-day event.終日イベントの場合は "yyyy-mm-dd"の形式の日付。 writable 書き込み可能
end.dateTime datetime The time, as a combined date-time value (formatted according to RFC3339). A time zone offset is required unless a time zone is explicitly specified in timeZone.日付と時刻の組み合わせの値としての時刻(RFC 3339に従ってフォーマットされたもの)。でタイムゾーンが明示的に指定されていない限り、タイムゾーンオフセットが必要ですtimeZone writable 書き込み可能
end.timeZone string The time zone in which the time is specified. (Formatted as an IANA Time Zone Database name, e.g. "Europe/Zurich".) For recurring events this field is required and specifies the time zone in which the recurrence is expanded. For single events this field is optional and indicates a custom time zone for the event start/end.時間が指定されているタイムゾーン。(IANAタイムゾーンデータベース名としてフォーマットされます、例えば、 "Europe / Zurich")。定期的なイベントの場合、このフィールドは必須であり、繰り返しが展開されるタイムゾーンを指定します。単一イベントの場合、このフィールドはオプションであり、イベントの開始/終了のカスタムタイムゾーンを示します。 writable 書き込み可能
endTimeUnspecified boolean Whether the end time is actually unspecified. An end time is still provided for compatibility reasons, even if this attribute is set to True. The default is False.終了時刻が実際には指定されていないかどうか。この属性がTrueに設定されていても、互換性の理由から終了時間は提供されます。デフォルトはFalseです。
etag etag ETag of the resource.リソースのETag。
extendedProperties object Extended properties of the event.イベントの拡張プロパティ
extendedProperties.private object Properties that are private to the copy of the event that appears on this calendar.このカレンダーに表示されるイベントのコピーに固有のプロパティ。 writable 書き込み可能
extendedProperties.private.(key) string The name of the private property and the corresponding value.プライベートプロパティの名前と対応する値。
extendedProperties.shared object Properties that are shared between copies of the event on other attendees' calendars.他の出席者のカレンダーの予定のコピー間で共有されるプロパティ。 writable 書き込み可能
extendedProperties.shared.(key) string The name of the shared property and the corresponding value.共有プロパティの名前とそれに対応する値。
gadget object A gadget that extends this event.このイベントを拡張するガジェット。
gadget.display string The gadget's display mode. Optional. Possible values are:
  • "icon" - The gadget displays next to the event's title in the calendar view." icon" - ガジェットはカレンダービューで予定のタイトルの横に表示されます。
  • "chip" - The gadget displays when the event is clicked." chip" - イベントがクリックされるとガジェットが表示されます。
writable 書き込み可能
gadget.height integer The gadget's height in pixels. The height must be an integer greater than 0. Optional.ガジェットの高さ(ピクセル単位)。高さは0より大きい整数でなければなりません。 writable 書き込み可能
gadget.preferences object Preferences.設定 writable 書き込み可能
gadget.preferences.(key) string The preference name and corresponding value.設定名とそれに対応する値。
gadget.title string The gadget's title.ガジェットのタイトル。 writable 書き込み可能
gadget.type string The gadget's type.ガジェットの種類。 writable 書き込み可能
gadget.width integer The gadget's width in pixels. The width must be an integer greater than 0. Optional.ガジェットの幅(ピクセル単位)。幅は0より大きい整数でなければなりません。 writable 書き込み可能
guestsCanInviteOthers boolean Whether attendees other than the organizer can invite others to the event. Optional. The default is True.開催者以外の出席者が他の人をイベントに招待できるかどうか。オプションです。デフォルトはTrueです。 writable 書き込み可能
guestsCanModify boolean Whether attendees other than the organizer can modify the event. Optional. The default is False.開催者以外の出席者が予定を変更できるかどうか。オプションです。デフォルトはFalseです。 writable 書き込み可能
guestsCanSeeOtherGuests boolean Whether attendees other than the organizer can see who the event's attendees are. Optional. The default is True.開催者以外の出席者が、イベントの出席者が誰であるかを確認できるかどうか。オプションです。デフォルトはTrueです。 writable 書き込み可能
iCalUID string Event unique identifier as defined in RFC5545. It is used to uniquely identify events accross calendaring systems and must be supplied when importing events via the import method.

Note that the icalUID and the id are not identical and only one of them should be supplied at event creation time. One difference in their semantics is that in recurring events, all occurrences of one event have different ids while they all share the same icalUIDs.ことに注意してくださいicalUIDid同じだけそのうちの一つは、イベントの作成時に提供されるべきではありません。セマンティクスの違いの1つは、繰り返しイベントでは、1つのイベントのすべての発生が異なるidsを持ち、それらがすべて同じicalUIDsを共有することです。

id string Opaque identifier of the event. When creating new single or recurring events, you can specify their IDs. Provided IDs must follow these rules:
  • characters allowed in the ID are those used in base32hex encoding, i.e. lowercase letters a-v and digits 0-9, see section 3.1.2 in RFC2938IDに使用できる文字は、base32hexエンコーディングで使用されている文字、つまり、小文字のavと数字0-9、RFC 2938のセクション3.1.2を参照してください。
  • the length of the ID must be between 5 and 1024 charactersIDの長さは5〜1024文字でなければなりません
  • the ID must be unique per calendarIDはカレンダーごとに一意である必要があります
Due to the globally distributed nature of the system, we cannot guarantee that ID collisions will be detected at event creation time. To minimize the risk of collisions we recommend using an established UUID algorithm such as one described in RFC4122.

If you do not specify an ID, it will be automatically generated by the server.

Note that the icalUID and the id are not identical and only one of them should be supplied at event creation time. One difference in their semantics is that in recurring events, all occurrences of one event have different ids while they all share the same icalUIDs.ことに注意してくださいicalUIDid同じだけそのうちの一つは、イベントの作成時に提供されるべきではありません。セマンティクスの違いの1つは、繰り返しイベントでは、1つのイベントのすべての発生が異なるidsを持ち、それらがすべて同じicalUIDsを共有することです。

writable 書き込み可能
kind string Type of the resource ("calendar#event").リソースの種類( " calendar#event")。
location string Geographic location of the event as free-form text. Optional.自由形式のテキストとしてのイベントの地理的位置。オプションです。 writable 書き込み可能
locked boolean Whether this is a locked event copy where no changes can be made to the main event fields "summary", "description", "location", "start", "end" or "recurrence". The default is False. Read-Only.これがロックされたイベントコピーであるかどうかは、メインイベントフィールド「summary」、「description」、「location」、「start」、「end」、または「recurrence」に変更を加えることはできません。デフォルトはFalseです。読み取り専用
organizer object The organizer of the event. If the organizer is also an attendee, this is indicated with a separate entry in attendees with the organizer field set to True. To change the organizer, use the move operation. Read-only, except when importing an event.イベントの主催者。開催者も出席者である場合、これは、Trueに設定されattendeesorganizerフィールドを持つ別のエントリで示されます。開催者を変更するには、移動操作を使用します。イベントをインポートする場合を除き、読み取り専用です。 writable 書き込み可能
organizer.displayName string The organizer's name, if available.開催者の名前(もしあれば)。 writable 書き込み可能
organizer.email string The organizer's email address, if available. It must be a valid email address as per RFC5322.開催者のEメールアドレス(もしあれば)。それはRFC5322に従って有効なEメールアドレスでなければなりません。 writable 書き込み可能
organizer.id string The organizer's Profile ID, if available. It corresponds to the id field in the People collection of the Google+ API開催者のプロフィールID(利用可能な場合)。Google+ APIのPeopleコレクションのidフィールドに対応しています
organizer.self boolean Whether the organizer corresponds to the calendar on which this copy of the event appears. Read-only. The default is False.開催者が、この予定のコピーが表示されているカレンダーに対応しているかどうか。読み取り専用 デフォルトはFalseです。
originalStartTime nested object For an instance of a recurring event, this is the time at which this event would start according to the recurrence data in the recurring event identified by recurringEventId. It uniquely identifies the instance within the recurring event series even if the instance was moved to a different time. Immutable.繰り返しイベントのインスタンスの場合、これはrecurringEventIdによって識別される繰り返しイベント内の繰り返しデータに従ってこのイベントが開始する時刻です。インスタンスが異なる時間に移動された場合でも、定期的なイベントシリーズ内でインスタンスを一意に識別します。不変。
originalStartTime.date date The date, in the format "yyyy-mm-dd", if this is an all-day event.終日イベントの場合は "yyyy-mm-dd"の形式の日付。 writable 書き込み可能
originalStartTime.dateTime datetime The time, as a combined date-time value (formatted according to RFC3339). A time zone offset is required unless a time zone is explicitly specified in timeZone.日付と時刻の組み合わせの値としての時刻(RFC 3339に従ってフォーマットされたもの)。でタイムゾーンが明示的に指定されていない限り、タイムゾーンオフセットが必要ですtimeZone writable 書き込み可能
originalStartTime.timeZone string The time zone in which the time is specified. (Formatted as an IANA Time Zone Database name, e.g. "Europe/Zurich".) For recurring events this field is required and specifies the time zone in which the recurrence is expanded. For single events this field is optional and indicates a custom time zone for the event start/end.時間が指定されているタイムゾーン。(IANAタイムゾーンデータベース名としてフォーマットされます、例えば、 "Europe / Zurich")。定期的なイベントの場合、このフィールドは必須であり、繰り返しが展開されるタイムゾーンを指定します。単一イベントの場合、このフィールドはオプションであり、イベントの開始/終了のカスタムタイムゾーンを示します。 writable 書き込み可能
privateCopy boolean Whether this is a private event copy where changes are not shared with other copies on other calendars. Optional. Immutable. The default is False.変更が他のカレンダーの他のコピーと共有されていないプライベートイベントコピーかどうか。オプションです。不変。デフォルトはFalseです。
recurrence[] list List of RRULE, EXRULE, RDATE and EXDATE lines for a recurring event, as specified in RFC5545. Note that DTSTART and DTEND lines are not allowed in this field; event start and end times are specified in the start and end fields. This field is omitted for single events or instances of recurring events.RFC5545で指定されているように、繰り返しイベントのRRULE、EXRULE、RDATEおよびEXDATE行のリスト。DTSTART行とDTEND行はこのフィールドには使用できないことに注意してください。イベントの開始時間と終了時間はstartand endフィールドで指定します。このフィールドは、単一のイベントまたは定期的なイベントのインスタンスでは省略されます。 writable 書き込み可能
recurringEventId string For an instance of a recurring event, this is the id of the recurring event to which this instance belongs. Immutable.繰り返しイベントのインスタンスの場合、これはidこのインスタンスが属する繰り返しイベントのインスタンスです。不変。
reminders object Information about the event's reminders for the authenticated user.認証されたユーザーに対するイベントの通知に関する情報。
reminders.overrides[] list If the event doesn't use the default reminders, this lists the reminders specific to the event, or, if not set, indicates that no reminders are set for this event. The maximum number of override reminders is 5.イベントでデフォルトのアラームが使用されていない場合は、イベントに固有のアラームが一覧表示されます。設定されていない場合は、このイベントにアラームが設定されていないことを示します。上書きアラームの最大数は5です。 writable 書き込み可能
reminders.overrides[].method string The method used by this reminder. Possible values are:
  • "email" - Reminders are sent via email." email" - リマインダは電子メールで送信されます。
  • "sms" - Deprecated. Once this feature is shutdown, the API will no longer return reminders using this method. Any newly added SMS reminders will be ignored. See Google Calendar SMS notifications to be removed for more information.

    Reminders are sent via SMS. These are only available for G Suite customers. Requests to set SMS reminders for other account types are ignored.通知はSMS経由で送信されます。これらはG Suiteのお客様のみご利用いただけます。他の種類のアカウントにSMSリマインダーを設定する要求は無視されます。

  • "popup" - Reminders are sent via a UI popup." popup" - リマインダーはUIポップアップを介して送信されます。

Required when adding a reminder.アラームを追加するときに必要です。

writable 書き込み可能
reminders.overrides[].minutes integer Number of minutes before the start of the event when the reminder should trigger. Valid values are between 0 and 40320 (4 weeks in minutes).

Required when adding a reminder.アラームを追加するときに必要です。

writable 書き込み可能
reminders.useDefault boolean Whether the default reminders of the calendar apply to the event.カレンダーのデフォルトのアラームが予定に適用されるかどうか。 writable 書き込み可能
sequence integer Sequence number as per iCalendar.iCalendarによるシーケンス番号 writable 書き込み可能
source object Source from which the event was created. For example, a web page, an email message or any document identifiable by an URL with HTTP or HTTPS scheme. Can only be seen or modified by the creator of the event.イベントの作成元のソース。たとえば、Webページ、電子メールメッセージ、またはHTTPまたはHTTPS方式のURLで識別可能な任意の文書です。イベントの作成者のみが表示または変更できます。
source.title string Title of the source; for example a title of a web page or an email subject.ソースのタイトル たとえば、Webページのタイトルや電子メールの件名などです。 writable 書き込み可能
source.url string URL of the source pointing to a resource. The URL scheme must be HTTP or HTTPS.リソースを指しているソースのURL。URLスキームはHTTPまたはHTTPSでなければなりません。 writable 書き込み可能
start nested object The (inclusive) start time of the event. For a recurring event, this is the start time of the first instance.イベントの(包括的な)開始時刻。定期的な予定の場合、これは最初のインスタンスの開始時間です。
start.date date The date, in the format "yyyy-mm-dd", if this is an all-day event.終日イベントの場合は "yyyy-mm-dd"の形式の日付。 writable 書き込み可能
start.dateTime datetime The time, as a combined date-time value (formatted according to RFC3339). A time zone offset is required unless a time zone is explicitly specified in timeZone.日付と時刻の組み合わせの値としての時刻(RFC 3339に従ってフォーマットされたもの)。でタイムゾーンが明示的に指定されていない限り、タイムゾーンオフセットが必要ですtimeZone writable 書き込み可能
start.timeZone string The time zone in which the time is specified. (Formatted as an IANA Time Zone Database name, e.g. "Europe/Zurich".) For recurring events this field is required and specifies the time zone in which the recurrence is expanded. For single events this field is optional and indicates a custom time zone for the event start/end.時間が指定されているタイムゾーン。(IANAタイムゾーンデータベース名としてフォーマットされます、例えば、 "Europe / Zurich")。定期的なイベントの場合、このフィールドは必須であり、繰り返しが展開されるタイムゾーンを指定します。単一イベントの場合、このフィールドはオプションであり、イベントの開始/終了のカスタムタイムゾーンを示します。 writable 書き込み可能
status string Status of the event. Optional. Possible values are:
  • "confirmed" - The event is confirmed. This is the default status." confirmed" - イベントは確認されました。これがデフォルトのステータスです。
  • "tentative" - The event is tentatively confirmed." tentative" - このイベントは暫定的に確認されています。
  • "cancelled" - The event is cancelled (deleted). The list method returns cancelled events only on incremental sync (when syncToken or updatedMin are specified) or if the showDeleted flag is set to true. The get method always returns them.

    A cancelled status represents two different states depending on the event type:

    1. Cancelled exceptions of an uncancelled recurring event indicate that this instance should no longer be presented to the user. Clients should store these events for the lifetime of the parent recurring event.

      Cancelled exceptions are only guaranteed to have values for the id, recurringEventId and originalStartTime fields populated. The other fields might be empty. キャンセル済みステータスは、イベントタイプに応じて2つの異なるステータスを表します。

      原文


      1. キャンセルされていない繰り返しイベントのキャンセルされた例外は、このインスタンスがユーザに提示されなくなったことを示します。クライアントは、親の定期的な予定の存続期間中、これらの予定を保存する必要があります。

        キャンセルされた例外はidrecurringEventIdおよびoriginalStartTimeフィールドの値が設定されていることだけが保証されています。他のフィールドは空の可能性があります。

      2. All other cancelled events represent deleted events. Clients should remove their locally synced copies. Such cancelled events will eventually disappear, so do not rely on them being available indefinitely.

        Deleted events are only guaranteed to have the id field populated. 削除されたイベントは、そのidフィールドにデータが取り込まれることだけが保証されています。

      On the organizer's calendar, cancelled events continue to expose event details (summary, location, etc.) so that they can be restored (undeleted). Similarly, the events to which the user was invited and that they manually removed continue to provide details. However, incremental sync requests with showDeleted set to false will not return these details.

      If an event changes its organizer (for example via the move operation) and the original organizer is not on the attendee list, it will leave behind a cancelled event where only the id field is guaranteed to be populated. 予定の開催者が変更され(移動操作などによって)、元の開催者が出席者リストに含まれていない場合は、idフィールドのみの入力が保証されているキャンセルされた予定が残ります。

writable 書き込み可能
summary string Title of the event.イベントのタイトル writable 書き込み可能
transparency string Whether the event blocks time on the calendar. Optional. Possible values are:
  • "opaque" - Default value. The event does block time on the calendar. This is equivalent to setting Show me as to Busy in the Calendar UI." opaque" - デフォルト値。イベントはカレンダーの時間をブロックします。これは、カレンダーのUIで[ 自分を表示]を[ 通話中] に設定するのと同じです。
  • "transparent" - The event does not block time on the calendar. This is equivalent to setting Show me as to Available in the Calendar UI." transparent" - 予定はカレンダーの時間をブロックしません。これは、カレンダーUIで[ 自分に表示]を[ 使用可能]に設定するのと同じです。
writable 書き込み可能
updated datetime Last modification time of the event (as a RFC3339 timestamp). Read-only.イベントの最終更新時刻(RFC 3339タイムスタンプとして)。読み取り専用
visibility string Visibility of the event. Optional. Possible values are:
  • "default" - Uses the default visibility for events on the calendar. This is the default value." default" - カレンダー上の予定のデフォルトの表示設定を使用します。これがデフォルト値です。
  • "public" - The event is public and event details are visible to all readers of the calendar." public" - 予定は公開されており、予定の詳細はカレンダーのすべての読者に表示されます。
  • "private" - The event is private and only event attendees may view event details." private" - 予定は非公開で、予定の出席者だけが予定の詳細を閲覧できます。
  • "confidential" - The event is private. This value is provided for compatibility reasons." confidential" - 予定は非公開です。この値は互換性のために提供されています。
writable 書き込み可能

Methods方法

delete削除する
Deletes an event.イベントを削除します。
get取得する
Returns an event.イベントを返します。
importインポート
Imports an event. This operation is used to add a private copy of an existing event to a calendar.イベントをインポートします。この操作は、既存の予定のプライベートコピーをカレンダーに追加するために使用されます。
insertインサート
Creates an event.イベントを作成します。
instancesインスタンス
Returns instances of the specified recurring event.指定された繰り返しイベントのインスタンスを返します。
listリスト
Returns events on the specified calendar.指定されたカレンダーの予定を返します。
move動く
Moves an event to another calendar, i.e. changes an event's organizer.予定を別のカレンダーに移動します。つまり、予定の開催者を変更します。
patchパッチ
Updates an event. This method supports patch semantics. The field values you specify replace the existing values. Fields that you don’t specify in the request remain unchanged. Array fields, if specified, overwrite the existing arrays; this discards any previous array elements.イベントを更新します。このメソッドはパッチのセマンティクスをサポートしています。指定したフィールド値は既存の値を置き換えます。リクエストで指定していないフィールドは変更されません。配列フィールドを指定すると、既存の配列が上書きされます。これにより、以前の配列要素はすべて破棄されます。
quickAdd
Creates an event based on a simple text string.単純なテキスト文字列に基づいてイベントを作成します。
update更新
Updates an event.イベントを更新します。
watch時計
Watch for changes to Events resources.イベントリソースへの変更を監視します。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

CGIの設置

ホームページ製作・web系アプリ系の製作案件募集中です。

上に戻る